ブログネタ
FX入門 に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は76.58-77.32(Yahoo!ファイナンスより)のレンジ。
前回予想「上値が重い展開」、予想レンジ「75.90-77.30」は,惨敗でした。

さて、「来週のFX為替相場予想」ですが・・
米ドル円相場のポイントは、以下のとおりです。
(1)欧州債務問題
(2)米連銀総裁の発言
(3)日米首脳会談と為替介入

(1)欧州債務問題は、スペイン・イタリア国債入札、首脳会談(1/9:ドイツ・フランス、1/11:ドイツ・イタリア)。
ユーロ急落を誘発する要因が満載です。
特に、首脳会談で協議が進展しない都度、失望のユーロ売りが出そうです。
伏兵としてのユーロ売り要因は、S&Pの欧州各国の格下げ発表でしょう
ユーロ安は対円よりも対米ドルで進むので、米ドル円相場への影響は、多少 の米ドル高円安要因でしょう。 (2)回復がようやく注目された米経済。
経済指標が多少よいのは当たり前で、ちょっとでも予想を下回ると、米ドル安円高になりそうです。
経済指標以外では、FOMCの投票権を持つ連銀総裁の発言に注目したいものです。
11/9:ロックハート(アトランタ)、1/10:ウィリアムズ(サンフランシスコ)、1/13:ラッカー(リッチモンド)。
QE3実施の可能性がなくなるような発言があれば、米ドル円の上昇要因になるでしょう。
(3)イラン制裁の話題が中心となるのでしょうが、為替介入が裏で話し合われる事があるかもしれません。
まあ、可能性は低いでしょう。

米ドル円相場は、「こう着が続く」を予想します。

来週の米ドル円相場予想レンジは、76.60-77.50


経済指標・イベント 1/11:ベージュブック、1/12:ECB政策金利、米小売売上高、1/13:BOE政策金利

欧州問題解決を祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
おなじみの12月の為替相場の法則(21年間のデータは・・)
「来週のFX為替相場予想」バックナンバーはこちら
 

   
                                                         

                                                                                                                                 最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。