ブログネタ
為替チャート に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は78.16-79.57(niftyファイナンスより)のレンジ。
前回予想「77円台突入」、予想レンジ「77.70-78.70」は、玉砕されました。
米国経済指標の好結果、米金利上昇を予想できませんでした。
さて、「来週の米ドル円相場予想」ですが
米ドル円相場のポイントは、以下のとおりです。
(1)スペイン問題
(2)米経済指標
(3)米国金利動向

(1)時代は変わったようです。
「欧州委員会のレーン委 員が、スペイン政府がECB による国債買取り措置の 発動要請を検討していると述べた。」
少し前なら、スペインの財政難を嫌気して、ユーロ売りになっていましたが、これば逆に問題解決の進展ととれられているのです。
投資家達は、リスクオンへ始動し始めたのでしょう。
(2)ここのところ米国経済指標の結果がまずまずで、米ドル買い要因となってます。
サブプライム問題、米国債格下げと、ここ数年8月は散々の出来だっただけに大半の経済指標の予想水準が低いのでは、ないでしょうか?
結果として、経済指標の結果がよく見えている可能性があります。
5年半ぶりの好結果であったNAHB住宅市場指数の後で改善jが見込まれる住宅指標の結果をじっくりと待ちましょう。
(3)米ドル円相場と連動性が高い米国債2年物。
先週は0.29%まで上昇しましたが、今年の傾向として0.3%を上回れば80円台となってました。
そうなる可能性はあるでしょう。
半信半疑の米景気回復期待とドル金利上昇は今月いっぱい位は続くのではないでしょうか?。
来週の米ドル円相場は、「80円台に接近」、予想レンジは、78.80-80.10


経済指標・イベント 
 8/22:本邦貿易統計、米中古住宅販売、FOMC、8/23:米新築住宅販売、


「来週の米ドル円相場予想」バックナンバーはこちら


世界不況脱却を祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

広告
    
                                                                                                                               最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。