ブログネタ
FX に参加中!
怒涛の米ドル高円安。
中長期的に米ドル安円高局面は終焉を迎えたのでしょうか?
購買力平価で確認してみると・・・・・・
国際通貨研究所の「購買力平価の推移」を見てみると、21世紀以降、企業物価ベースの購買力平価と輸出物価ベースの購買力平価の間で推移しています。
直近で発表されたデータによれば
企業物価ベースの購買力平価が
97.48(前月比:0.64円円高、前年同月比:3.13円円高)
輸出物価ベースの購買力平価:
61.83(前月比:0.83円円高、前年同月比:1.83円円高)
となってます。
このデータを見る限り、米ドル円の中長期的レンジは61.83から97.48です。
購買力平価による米ドル安円高基調は、ゆるやかになっているものの、留まっていはいない。
こんな状況です。


「来週の米ドル円相場予想」バックナンバーはこちら


応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

広告
    
                                                                                                                               最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。