ブログネタ
FX投資 に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は90.33-92.96(niftyファイナンスより)のレンジ。
前回予想「もみ合い」、予想レンジ「89.70-91.90」は、前回予想とは対照的に残念な結果におわりました。
米雇用統計が予想を下回っても、米ドル高円安に進む展開は予想できませんでした。

さて、来週の
米ドル円相場のポイントは、以下のとおりです。
(1)米経済指標と株式動向
(2)米量的緩和縮小期待
(3)投機筋の動向とお約束のパターン

(1)2月1日の海外市場の動向が象徴的でしたが
米経済指標は、結果が悪くても、下落はほどほど、結果が良好であれば、大きく上昇。
この展開が定着しつつあります。
指標の注目度は二の次となっているようです。
(2)米経済指標と並んで要人による米金融緩和縮小期待、金利上昇期待は、新たな米ドル高円安要因であります。
2月末の「財政の崖」が楽観視されつつありますが、完全に解決していない以上、量的緩和の規模縮小といったサプライズはないと予想します。
(3)ここまで、一本調子の米ドル高円安が継続すると、投資家も利益確定の米ドル売り円買いをしながらも、米米ドル高円安のメリットをしっかり、獲得しているようです。
1月の面白い現象として、以下のものがあります。
週前半は、米ドル売り円高が進み、週後半は米ドル高円安が進行する。
そして、計ったような高値更新です。
88円台に突入したのが、1月4日。
89円台が1/11、90円台が1/17、91円台が1/25、92円台が2/1です。
そうなると、93円台が来週中で、94円台はさらに1週あとなのでしょうか?
来週の米ドル円相場は、「94円には届かず」、予想レンジは、91.50-93.90


主な経済指標・イベント 
2/05:米ISM非製造業景況指数
2/07:ECB(欧州中央銀行)理事会
   :米新規失業保険申請件数
2/08:米貿易収支




「来週の米ドル円相場予想」バックナンバーはこちら


右サイドバーの2013年の米ドル円予想の投票もお待ちしてます。
(皆様のおかげで投票数ランキングが日々アップしております。) 応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

広告
    
                                                                                                                               最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。