ブログネタ
FX投資 に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は91.98-94.05(niftyファイナンスより)のレンジ。
前回予想「94円には届かず」予想レンジ「91.50-93.90」は、94円突破は想定外でしたが、まずまずの結果でありました。
上限予想の誤差15銭は十分な結果でした。

さて、来週の
米ドル円相場のポイントは、以下のとおりです。
(1)G20に向けた思惑
(2)ユーロ圏財務相会合及びEU財務相理事会
(3)米国大統領一般教書演説

(1)日本政府としては円安容認発言のトーンを一旦 弱めて、G20において円安が槍玉に上がるリスクを軽減しているのは、明らかです。
来週は、要人発言による米ドル高円安はないでしょう。
(2)欧州には、世界の投資家がリスク回避志向に逆戻りしたくなる材料がひそかにそろいつつあります。
・キプロスの金融機関に おける資金洗浄疑惑
・イタリア・ドイツ国債の利回り格差の再拡大
・イタリア総選挙
今週の首脳会議でこれらの材料に対して悲観的な発言が出ると、欧州通貨安円高が米ドル安円高を引き起こす可能性がります。
(3)米大統領の一般教書演説は、ノーマークでいいと思います。
ただ、輸出増強の部分で、投資家が米ドル安誘導と誤解するような発言をした場合は、リスクが高いでしょう。
今週は、米ドル高円安よりも、米ドル安円高のリスクが高いようです。
でも、G20を睨んで、こう着かなぁ・・・・。
1月4日以降、毎週更新してきた米ドル円高値ですが、来週は、更新記録(95円台突入)は無理でしょう。
来週の米ドル円相場は、「年初来の高値更新記録ストップ」、予想レンジは、91.60-93.50


主な経済指標・イベント 
2/11:ユーロ圏財務相会合
2/12:EU財務相理事会
   :米国大統領一般教書演説
2/13:日銀金融政策決定会合(~2/14)
2/15:G20(~2/16)




「来週の米ドル円相場予想」バックナンバーはこちら


右サイドバーの2013年の米ドル円予想の投票もお待ちしてます。
(皆様のおかげで投票数ランキングが日々アップしております。) 応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

広告
    
                                                                                                                               最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。