ブログネタ
FX投資 に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は95.93-98.65(niftyファイナンスより)のレンジ。
前回予想「奇跡の95円割れ」予想レンジ「94.00-97.00」は、惨敗でした。

さて、来週の
ドル円相場のポイントは、以下のとおりです。
(1)FOMC議事録
(2)米経済指標
(3)エジプト問題

(1)金融緩和縮小の行方を占う意味でFOMC議事録に注目です。
縮小開始を延期する意見が少しでもあれば、米ドル安円高が進行すると思われます。
(2)米経済指標では、最近低迷している住宅関連指数が発表されます。
ある程度さえない結果を、市場はおりこみつつあり、それほど為替相場への影響がないと予想します。
逆にポジティブサプライズで98円台突入なら、ありうるかもしれません。
(3)エジプト騒動は、原油高、投資家のリスク回避志向の高まりにつながり、米ドル高円安抑制要因になりうつでしょう。
欧州経済・中国経済が、やや回復傾向で、投資家のリスクオン姿勢は着実に出来あがっているはずです。でも、その傾向が顕著になるのは、早くて再来週あたりでしょう

広告
 
来週の米ドル円相場は、「こう着」、予想レンジは、96.20-98.50


主な経済指標・イベント 
8/19:本邦貿易収支
8/20:
8/21:米中古住宅販売件数、FOMC議事録
8/22:中国8月HSBC製造業PMI・速報値
8/23:米新築住宅販売件数




「来週の米ドル円相場予想」バックナンバーはこちら


右サイドバーの2013年の米ドル円予想の投票もお待ちしてます。
(皆様のおかげで投票数ランキングが日々アップしております。) 応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

広告
    
                                                                                                                               最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。