ブログネタ
FX投資 に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は99.57-101.35(niftyファイナンスより)のレンジ。
前回「上値は重い」予想レンジ「99.30-100.90」は、まあまあの結果でした。
イエレン さて、来週の
ドル円相場のポイントは、
(1)米株高の影響
(2)米経済指標
(3)ヘッジファンドの動向

(1)米株高が投資家のリスク許容度を高めさせ、米ドル買円売りに拍車をかけています。
ある金融機関の調査によりますと、過去1年の米ドル円相場を分析すると米株のPERが1倍上昇すると、米ドル円相場が8円も米ドル高円安が進行するそうです。
そういう意味では、今般の米ドル円安局面は、ゆるやかではありますが意外に長続きするかもしれません。
(2)米政府機関閉鎖の影響もあり、米経済指標は、9月10月の2か月分が発表されるものもあります。
多少でも予想を上回れば、素直に米ドル買円売が起きるでしょう。
仮に予想を下回っても、短期投機筋のポジション調整程度の円高にしかならないでしょう。
(3)前回コラムに記載したとおり、ヘッジファンドが年末の決算期を意識した投資ポジションの調整は、引き続き注意が必要でしょう。
今年1年の米ドル高、株高の利益確定をするタイミングを探っているのですから、要注意です。

今週は、7月8日以来の101円台突入となった訳ですが、週間ベースでの変動を見ると4週間連続で始値を終値が上回る陽線が出てます。
これは、92円台で推移した2013年1月28日~2月1日以来です。
その後約3カ月半で103円台に突入しました。
最近の先進国株式上昇に比べて米ドル円が出遅れているだけに、相応の相場が来るかもしれません。
広告
 
来週の米ドル円相場は、「102円台突入」、予想レンジは、100.60-102.10


主な経済指標・イベント 
11/25:
11/26:S&Pケース・シラー住宅価格指数、米住宅着工件数
11/27:米耐久財受注、シカゴ購買部協会景気指数
11/28:
11/29:




「来週の米ドル円相場予想」バックナンバーはこちら


右サイドバーの2013年末の米ドル円予想の投票もお待ちしてます。
(皆様のおかげで投票数ランキングが日々アップしております。) 応援クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

広告
    
                                                                                                                               最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。