ブログネタ
株式投資 に参加中!
日曜日,恒例の
株価が約30%上昇が見込まれたアナリストレポートの推奨株の紹介です。
 今回の銘柄の予想上昇率は、たった13%です。
 何はともあれその銘柄とは
光通信(9435)です。
某大手証券会社の12/6付最新アナリストレポートによれば、

以下〜アナリストレポートより
買い(新規)
12/6付株価は7,930円(前日比▲60円)

目標株価は9,000円
算出根拠は以下のとおり
EPS:683.7円 × PER:13.2倍 = 9,025円 ≒ 9,000円
EPS:2016年3月期の証券会社予想EPS
(自社株買いを2014年3月期に170億円、2015年3月期に190億円行う仮定)
PER:2014年12月のTOPIX証券会社予想PER14.5倍に、データカードの戦略投資が収穫期入した2011年4月以降の当期予想TOPIX相対PER0.909倍を乗じ13.2倍


株価上昇要因
(1)アップセル事業への準備が完了し、同一チャネルに多くの商材を流す体制ができる。
(2)ストック粗利が今後3年で年平均14%成長。
(3)先行投資をカバーする成長分野がある(自社ISP、データカード、ITソリューション、保険、水)。



ネガティブ要因
(1)2000年の20営業日連続ストップ安のイメージ。
(2)強い販売力におけるレピュテーションリスク



以上アナリストレポートより


2013年10月に発表された他社の目標株価は以下のとおりです。
12/06 9,500円 UBS証券
11/18 9,000円 コスモ証券
11/12 7,410円 野村証券



今回のアナリストレポートの目標株価は平均的な水準です。
2000年の20営業日連続ストップ安の悪夢のイメージがあるので、けして近づいてはいけない銘柄と思ってました。
2006年の高値からの下落局面も、2012年から見事な右肩上がりの株価上昇を見せております。
でも、「寝かせ」のようなレピュテーションリスクを負ってまで投資する気持ちにはなれません。
身内に関係者がいれば、まだ別ですが。
株価が2~3倍に急騰する期待が持てないのであれば、素人が手を染める必要はないでしょう。

結論として、個人的には、「投資後ろ向き」です。


過去の証券会社アナリストレポートのコラムはこちらです。


投資家のリスクオンを祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

 広告


                                                                                                                                 最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。