ブログネタ
株式投資 に参加中!
日曜日,恒例の
株価が約30%上昇が見込まれたアナリストレポートの推奨株の紹介です。
 今回の銘柄の予想上昇率は、32%です。
 何はともあれその銘柄とは
飯田グループホールディングス(3291)です。
某大手証券会社の12/13付最新アナリストレポートによれば、

以下〜アナリストレポートより
買い(新規)
12/13付株価は1,968円(前日比+8円)

目標株価は2,600円
算出根拠は以下のとおり
EPS:196円 × PER:13倍 = 2,548円 ≒ 2,600円
EPS:2014年3月期の証券会社予想EPS178円からのれん償却(52億円と予想)の影響を除いた値
PER:大手ハウスメーカー並みの水準を期待


株価上昇要因
(1)統合シナジーによる合理化期待。
(2)マーケットシェアが低い地方への拡大。
(3)住宅事業拡大及び海外展開。



ネガティブ要因
(1)消費税引き上げ後の需要端境期。
(2)首都圏では頭打ち感が台頭。



以上アナリストレポートより


2013年11月に発表された他社の目標株価は以下のとおりです。
11/06 2,500円 SMBC日興証券
11/05 2,800円 シティGr.



今回のアナリストレポートの目標株価は平均的な水準です。
2013年11月に6社のパワービルダーが統合したばかりの組織であり、各社の決算時期も異なる状況で予想は困難なはずです。
にもかかわらず、3社の株価予想がここまで似通ってくるのは不思議な印象を受けます。
どちらかというと庶民向けの安普請の住宅を手掛けるこの会社の受注が増加するのは、景気回復が始まってから相当後になると思われます。
まずは、消費税導入後の受注落ち込みによる株価下落を待ってから、買い始めても遅くはないと思われます。
結論として、個人的には、「投資後ろ向き」です。


過去の証券会社アナリストレポートのコラムはこちらです。


投資家のリスクオンを祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

 広告


                                                                                                                                 最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。