昨年10月末の日銀異次元緩和を予想できずに、住宅ローンで66万円節約し損ないました。
9月23日のコラム「368万円節約」でご紹介しましたとおり、昨年9月30日に住宅ローン借換を実行し、見事に返済総額368万円の節約に成功しました。
しかし、その後、日銀の異次元緩和第2弾のおかげで、住宅ローン金利低下が進み、20年固定金利は、私が契約した1.38%から1.10%まで低下しました。
当時、私が借り入れた金額2219万円で比較すると、20年間の年間返済額は、 私が契約した金利1.38%なら2,539万円
それが今月契約すると、
金利1.10%で2,473万円
差額が66万円というわけです。

厳密な条件を勘案するのであれば、借換実行時期を4カ月先行させた事による金利負担軽減は約10万円ありましたので、66万円全額が損失ではありません。
結果論ですが、今月初めのように予想外に金利が上がってしまし、借換をし損なうリスクもあった訳ですから何とも言えません。


投資家のリスクオンを祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

 広告


                                                                                                                                 最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。