2018年4月3日、
シカゴIMMポジション非商業部門の円売りポジションが、
円買いポジションに変わりました。

2016年11月29日以降
約1年半、円売りポジションが継続しました。

今回は、シカゴIMMポジションが円売りから
円買い転換した場合に、
FX為替相場市場がどのような反応を見せたのかを
確認していきます。


シカゴIMM
















10万枚以上円売りポジションが蓄積した場合には、
米ドル高円安が進行しにくくなるなど、ある程度
FX為替相場(米ドル円相場)とシカゴIMMポジションの連動性があります。

今回と同様に
2016年1月に、円売りポジションが円買いポジションに展開してます。
2016年1月以降119円から100円まで米ドル安円高が進行しました。

当時は、1か月以内に40,000枚以上、円買いポジションが積み上がりました。
その後2016年11月末には、円買いポジションが解消されました。
投機筋の円売りの影響でFX為替相場も110円台を回復しました。
当時は、米トランプ大統領当選で、世の中が変わった時期でもありました。

今回は、4月以降、円買いポジションは拡大していませんので、
2016年と状況は異なります。
2016年同様に、投機筋の米ドル売円買いが活発となり
円買いポジションが50,000枚を超える水準になれば、
100円割れとなるでしょう。

一方で、短期間で、円買いポジションが解消されるような事があれば、
120円台も夢ではないでしょう。

穏やかな相場を祈念します。


過去のコラム(米ドル安円高を思い出したい方向け)

1ドル96.51円の実現性
日銀が量的緩和終了し104円へ!
米ドル追加利上げ後は、まさかの105円割れ


過去のコラム(米ドル高円安を思い出したい方向け)

日銀の指値オペとFX為替相場の法則 120円越え
米国バランスシート縮小が開始すれば117円に届く!!




投資家のリスクオンを祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

よろしければ、投票願います。
最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。