世の中はGWに突入したました。
概ね全国的に、天気にも恵まれてます。

「GW中はアジアタイムの取引が閑散となり、
FX為替相場が荒れる事があるので、要注意。」

「市場参加者が少なく、相場はほとんど動かない」

どちらのパターンが多いのでしょうか?




まずは、過去の10年間を単純に振り返ってみましょう。

過去10年のGW期間中のFX為替相場
5/5の翌営業日始値4/29の前営業日終値変動幅
2008104.92104.10+0.82
200998.9596.38+2.57
201093.8994.02▲0.13
201180.2481.50▲1.26
201278.7580.24▲1.49
201399.0698.03+1.03
2014102.12102.48▲0.36
2015119.84118.84+1.00
2016107.25108.08▲0.83
2017112.97111.53+1.44

いわゆる、荒れたGWのFX為替相場は2009年だけで、
それ以外の年は比較的静かな動きでした。
概ね1円弱の変動です。

また、2012年以降、米ドル高円安の年と米ドル安円高の年が、
交互に訪れているのは、偶然でしょうか?

2018年4月27日(4月29日の前営業日)の終値が109.03なので、
過去と似たパターンであれば、
2018年のGW明けのFX為替相場は108円台前半となるでしょう。

考えられるシナリオとしては、原油高、米ドル金利高を嫌気した米国株式下落が、
米ドル安につながる展開でしょうか??

武田薬品工業の買収案件の結論が長期化するシナリオも考えられます。
先回りして円売りをしていた連中が、ポジションを解消するために円買いに走る・・・
(ご参考コラム)



穏やかな相場を祈念します。


過去のコラム(米ドル安円高を思い出したい方向け)

1ドル96.51円の実現性
日銀が量的緩和終了し104円へ!
米ドル追加利上げ後は、まさかの105円割れ


過去のコラム(米ドル高円安を思い出したい方向け)

日銀の指値オペとFX為替相場の法則 120円越え
米国バランスシート縮小が開始すれば117円に届く!!




投資家のリスクオンを祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

よろしければ、投票願います。
最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。