ツベイバ劇場別館

日曜の中央競馬と、南関東重賞・交流重賞を予想しているブログです!!!





馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。


◎→印全て・▲→印全てへの馬連流し
◎▲→〇△・◎〇→▲△・▲〇→◎△への3連系馬券流し


↓↓↓↓↓の本館へもどうぞ!!


ツベイバ劇場本館
https://plaza.rakuten.co.jp/tubeiba/


競馬予想以外の事を書いた雑記ブログです♪




マーキュリーC予想(盛岡ダ2000)




まずは、日曜の函館記念の結果から。
天気・馬場があそこまで悪くなるとは、完全に見当違い。。。。
後はダンツ・レッド共、鞍上が酷かったし。


◎ダンツプリウス14着/10番人気
▲レッドソロモン8着/9番人気
〇マイネルミラノ11着/4番人気
△ナリタハリケーン
△ケイティープライド
△サトノアレス
△アングライフェン
△ツクバアズマオー



今日は、マーキュリーCを予想する。
本レースは盛岡のコースを2度坂越えするのでスタミナが必要なのだが、昨日の馬場は軽かった。
昨日が不良だったので、完全に回復するのは難しいだろう。
2012・2013年にそれぞれ不良・重で行われた時の勝ちタイムは、2分2~3秒台。
今年も時計が出そうだし、脚質も重要。ちょうど先々週の中京ダートのように、前に行く馬が有利になりそうだ。少なくとも勝つには4コーナーで先頭付近にいないと厳しそう。

そして、最近の交流重賞は、地方勢の食い込みがしばしばある。
もともとこのレースも3年連続で地方勢が馬券内に入っている。
そもそも今年のメンバーは、中央勢では重賞勝ち馬がクリノスターオーのみ。
要するに、メンバーが拮抗しているという事。伏兵の台頭を警戒したい。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




◎はクリノスターオー。実績上位のこの馬を素直に評価。悪馬場でも好走歴があるし、距離も問題なし。この馬は、揉まれずに競馬ができるかどうかがカギ。交流重賞は馬群がバラけやすいし、このレースはドリームキラリを行かせて番手が取れそう。癖を知っている鞍上が乗るのも心強い。


▲はドリームキラリ。単騎逃げが叶いそうで、それだけで注目。前走は競馬をしていないので参考外。逃げ馬は、惨敗した後が寧ろ狙い目だ。


〇はピオネロ。勝ち切れないが、中距離ダート戦ではどんな条件でも安定して走っている。鞍上も心強く、軸に最適だ。


以下、他の中央勢のミツバ・ディアデルレイと、ホッカイドウ競馬に移籍して復活した感がある実績馬のドラゴンエアルを抑える。


◎クリノスターオー
▲ドリームキラリ
〇ピオネロ
△ミツバ
△ディアデルレイ
△ドラゴンエアル


こちらのクリックもお願いします!

競馬ブログランキングへ

競馬ランキング






函館記念予想(函館芝2000)




本日は、函館記念の予想をする。
毎年このレースは内枠・先行有利。
今週からコースが変わってどうなるかと見ていたら、昨日も傾向は同様だった。
今年も同様のレースになるとみて良さそう。


展開だが、ヤマカツライデンが飛ばし気味に逃げて、その後にマイネルミラノら先行勢が続くとみた。
ただ、マイネルミラノは2走前のように4コーナーで早め先頭に立ちたいと考えているだろうから、スパートは早めだろう。そうなると、内でうまく立ち回った先行勢が有利。
大外を回しても届かないだろうから、徹底的に内枠の馬を狙いたい。



◎はダンツプリウス。
早い上がりは持っていないが、前走・3走前・5走前のようにソコソコ好走している馬。
今回はペースが速くなり、かつ全体のスパートが早くなるので、早い上がりは不要。
ジワジワ伸び続けられるこの馬の良さが出せそうだ。
この枠をゲットできたので、先行勢の一角につけ、4コーナーからジワジワ伸びて来れれば。
ちょうど、ニュージーランドTを勝った時のイメージだ。
また、今は雨が降っているので、時計が多少でもかかればなお良さそう。


▲はレッドソロモン。
この馬も早い上がりは持っていないが、ジワジワ伸びるタイプの馬。
前走は出遅れたが、それでも前残りの中、伸びていた。
鞍上も2戦目、今度はスタートを決めて好位をとれるはず。
コース実績も有るし、期待。


〇はマイネルミラノ。
前走はマイネルハニーに花をもたせたレースであり、参考外。
今回は連覇を目指して本気で勝負してくるはず。
2走前の再現をしようと3コーナーからスパートし、粘り込みを狙ってくるだろう。



以下、前走好走したのに人気の無いナリタハリケーン・昨年の2着馬のケイティープライド・巴賞上位馬で今回人気している馬は買いたくないが、内枠をゲットしたサトノアレスとアングライフェン、そして外枠だが昨年の3着馬のツクバアズマオーを抑える。


◎ダンツプリウス
▲レッドソロモン
〇マイネルミラノ
△ナリタハリケーン
△ケイティープライド
△サトノアレス
△アングライフェン
△ツクバアズマオー



こちらのクリックもお願いします!




ジャパンダートダービー的中!




今晩のジャパンダートダービー、先ほど終了した。
引越し後、▲△〇で抑えの馬券が的中!!
今日も熱い一日だった(しかも湿気満載)が、馬券が当たると熱さも吹っ飛ぶ!!


◎ローズプリンスダム8着/6番人気
▲ヒガシウィルウィン1着/5番人気 
〇タガノディグオ3着/2番人気 
△サンライズノヴァ
△サンライズソア2着/4番人気 
△リゾネーター
△ノーブルサターン


しかも、7年ぶりの地方馬によるJDD制覇。
そのレースを的中できた、、、
素直に嬉しいし、ヒガシウィルウィンが今後成長して中央勢と切磋琢磨してくれることを希望。
代打の本田も、120%の騎乗で言う事無し。


それにしても、サウスヴィグラス産駒は距離関係無いなぁ。
生産元のグランド牧場は、アサティスやスマートボーイの繁殖牝馬へ徹底的にサウスヴィグラスを配合させて強い馬を沢山出しているが、今回はブライアンズタイムの繫殖牝馬で大当たり!


本馬は440万円だったそうだが、既に1億以上稼いでいる。
これこそ、競馬の面白さ。安い馬が高額馬を蹴散らすのが、たまらない。



こちらのクリックもお願いします!

競馬ブログランキングへ

競馬ランキング







ジャパンダートダービー予想(大井2000)




まずは、日曜のプロキオンSの結果から。
差し追い込み決着となり、完全に見当違い。。。。
先行勢も、思ったよりだらしなかった。


◎メイショウウタゲ5着/7番人気
▲ナンチンノン10着/11番人気
〇アキトクレッセント12着/2番人気
△ブライトライン3着/6番人気
△トウケイタイガー
△レヴァンテライオン
△ベストマッチョ




今日は、ジャパンダートダービーを予想する。
過去5年を見ると、京都ダ1800を勝利して本レースを勝った馬が4頭もいる。
逆にユニコーンSを勝利して本レースに臨んだ馬は、ノンコノユメ以外勝っていない。
同じく、兵庫CSを勝利して本レースに臨んだ馬も、勝ち馬が出ていない。
よって、京都ダ1800を勝利した馬を中心に考えた。
なお脚質だが、勝ち切るには早い上がりが必要。勝ち馬は全て上がり最速だった。
上がりの脚があることも重視したい。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




◎はローズプリンスダム。前走で京都ダ1800を勝っていることを、シンプルに重視。前走が最低人気で勝利したせいで人気が上がっていないが、現在1番人気となっているサンライズノヴァに僅差ながら勝っているのだから、評価すべき。


▲はヒガシウィルウィン。東京ダービーの勝ち時計は、昨年のJDDで4着に入ったバルダッサーレと同一。しかもこちらは最後は流していた。まだ時計が詰まりそう。相手なりに走れる力があり、交流重賞の実績から軽視できない。


〇はタガノディグオ。兵庫CSを勝ち、しかも上がりの脚が安定して早い。鞍上は不安だが、軸に最適だ。


以下、勝ち切るまでは疑問だが上がりの脚は持っているサンライズノヴァ・ そのサンライズノヴァに先着したことのあるサンライズソアとリゾネーター・シゲルコングを行かせて楽な先行策に持ち込めそうなノーブルサターンを抑える。


◎ローズプリンスダム
▲ヒガシウィルウィン
〇タガノディグオ
△サンライズノヴァ
△サンライズソア
△リゾネーター
△ノーブルサターン


こちらのクリックもお願いします!

競馬ブログランキングへ

競馬ランキング






プロキオンS予想(中京ダ1400)



まずは、木曜のスパーキングレディーカップの結果から。
◎は2着に来たが、1着馬がいない。。。。


◎ララベル2着/4番人気
▲トーコーヴィーナス5着/6番人気
〇ホワイトフーガ4着/1番人気
△タマノブリュネット
△サクラフローラ
△タイニーダンサー3着/9番人気



本日は、プロキオンSの予想をする。
中京ダートは内枠・先行有利。先週はかなり極端な結果が出ていた。
昨日も極端ではなかったが、傾向は同様だった。
今年のメンバーは、人気馬に追い込み馬が多数。
バッサリ切って、逃げ・先行勢や内枠の馬を重視したい。



◎はメイショウウタゲ。
前走は前が詰まりながらも差し切った。4走前の東海Sも、内からスルスルと抜けて来る競馬で、このスタイルが合ってそう。出遅れは怖いが、それに見合うリターンがある。


▲はナンチンノン。
揉まれずにいけるならば、3走前のように一発があってもおかしくない。
内の馬を行かせて先行したい。


〇はアキトクレッセント。
内枠で馬込みを気にせず、前に付けて足を使える馬。
鞍上も内に拘る騎乗を示唆しており、これが軸に最適と見た。


以下、外枠はキツイが斤量面と揉まれない利点があるブライトライン・
逃げられれば2走前の再現があるトウケイタイガー・
芝からの変わり身がありそうなレヴァンテライオン・
内で揉まれなければ好走できそうなベストマッチョを抑える。


◎メイショウウタゲ
▲ナンチンノン
〇アキトクレッセント
△ブライトライン
△トウケイタイガー
△レヴァンテライオン
△ベストマッチョ



こちらのクリックもお願いします!
競馬ブログランキングでは、七夕賞の予想も掲載済みです!

競馬ブログランキングへ

競馬ランキング







スパーキングレディーカップ予想(川崎1600)




まずは、日曜のラジオNIKKEI賞の結果から。
◎が下手な騎乗でシンガリ負け。。。。


◎ニシノアップルパイ12着/4番人気
▲マイネルスフェーン5着/6番人気
〇ライジングリーズン11着/5番人気
△ロードリベラル3着/9番人気
△ビービーガウディ
△ウインガナドル2着/8番人気
△バルベーラ




今日は、スパーキングレディーカップを予想する。
過去5年を見ると、地方勢が馬券内に入ったのは3頭と少ない。但し、昨今の牝馬限定の交流重賞は、地方勢が非常に健闘している。これは中央勢が不安定になったといえるかもしれないが、、、。今年のメンバーを見ると、ホワイトフーガはさておき、他3頭はそれぞれ懸念点があるため、中央勢の馬券内独占は無さそう。ここも地方勢が馬券内に来ることを前提に予想したい。




予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




◎はララベル。 前走は休み明けで交流重賞2着。プラス25キロの馬体が、叩かれて良化しそう。揉まれづらい外枠を引いたのもプラス、トーコーヴィーナスを行かせて番手からの粘り込みがありそうだ。


▲はトーコーヴィーナス。この枠からでは行くだけ行くのだろうが、レースの過去傾向からはそれが好走に繋がる。ホワイトフーガの仕掛けは早いだろうが、少しでも遅れたら粘り込めそうだ。


〇はホワイトフーガ。58キロに揉まれ易い内枠と不安材料はあるが、恐らく蛯名は3コーナーから仕掛けてきてそのまま粘り込もうとするだろう。伏兵の台頭の可能性は有るが、この馬自身が馬券外となることは無さそう。


以下、57キロは辛いがコースロスなく差せそうなタマノブリュネット・ 交流重賞初挑戦だが前に行けそうで鞍上も魅力なサクラフローラ・ 最近不振だが前に行けそうなタイニーダンサーを抑える。


◎ララベル
▲トーコーヴィーナス
〇ホワイトフーガ
△タマノブリュネット
△サクラフローラ
△タイニーダンサー


こちらのクリックもお願いします!

競馬ブログランキングへ

競馬ランキング

ラジオNIKKEI賞予想(福島芝1800)




今まで楽天にて雑記ブログを書いていたが、本日から競馬予想のみをこちらで掲載する事に。
今まで以上に気合を入れて予想し、少しでも誰かの役に立つ事が出来れば。


掲載ペースとしては、毎週日曜と水曜、交流重賞があればプラスアルファで。
よろしくお願いします。
ちなみに私の予想のスタイルは、「ラップ・適正・血統・展開・近走内容・馬場」などを組み合わせていく、総合的なものだ。


なお、今まで書いていた本館はこちら



それでは本題に入る。
本日は、ラジオNIKKEI賞の予想をする。

このレースは、毎年先行力と立ち回り力が問われるレース。
しかも今年のメンバーは、逃げ・先行勢が明らかに手薄で、傾向通りのレースになる可能性が高い。
頭数は少ないが、枠順も非常に重要だ。
加えて、昨日の芝のレースでは好時計が出ており、ますます前に行ったほうが有利のよう。
有力馬も、小回り向きと言えなかったり外枠を引いたりと、不安要素が強いため、荒れそうで良い感じだ。


◎はニシノアップルパイ。
前走はレコードタイムが出て、先行勢はハイペースにより総崩れとなったレース。
その中で2番手から最後まで食い下がっており、非常にしぶとかった。
ここはウインガナドルが逃げて、本馬が2・3番手を取れそう。
「先行力と立ち回り力」を兼ね備えており、軸に最適だ。


▲はマイネルスフェーン。
古い記録になりつつあるが、ホープフルSではダービー馬レイデオロと僅差の2着。
京成杯でも3着と実績十分。この時に内をうまく回っており、「立ち回り力」がありそうだ。
今回も枠を活かして好走しそう。


〇はライジングリーズン。
今年の3歳牝馬がハイレベルというのは様々なメディアで報じられているとおり。
実質トップハンデタイだが唯一の重賞勝ち馬であり仕方ない。
この馬は小回りの中山マイルで3勝しており、器用さがある。
上がりがかかった方が良い馬なので、福島小回りも良いだろう。



以下、前走は骨折休養開けで度外視できるロードリベラル・
2走前はオークス2着馬と接戦しているビービーガウディ・
展開の利は有るウインガナドル・
〇と同様に牝馬のバルベーラを抑える。


◎ニシノアップルパイ
▲マイネルスフェーン
〇ライジングリーズン
△ロードリベラル
△ビービーガウディ
△ウインガナドル
△バルベーラ



こちらのクリックもお願いします!
競馬ブログランキングでは、CBC賞の予想も掲載済みです!

競馬ブログランキングへ

競馬ランキング
PR
楽天市場
Amazonライブリンク
PR2
アクセスカウンター

    記事検索
    アーカイブ
    PR3