January 30, 2006

CM

CMについて

最近CMを見て思うことがあります。
とりわけ「洗浄」系のものによくあることなんです。

モデル図などを駆使してどれだけすごい洗浄力なのかをメーカー側は主張します。
ですが必ずそのモデル図には微小な汚れが残るようになっています。
これはおそらく補償やクレーム対策だと思われます。
つまりどんなにすばらしい製品でも完璧に汚れを落とすことは不可能だということです。
でもこの製品はいいですよということをアピールしなければ製品は売れません。
その矛盾の中の苦肉の策でしょう。
高い洗浄力を生み出した技術力は買いますが、そのような宣伝は購買意欲を駆り立てるものではありません。

このようなCMはほかのジャンルにもいえることです。
消費者がよくこうゆうところを見ていくことが大切だと思います。

fwkk7984 at 13:39|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

August 16, 2005

NHKについての意見

 NHKは総合テレビの人気公開番組「歌謡コンサート」の観客募集の際、受信料を支払っている人に限定する措置を取りました。受信料不払い対策の一環だそうです。これは試験的なものでこの制度を継続するかはまだわからないとされています。

 この制度で何が変わるのでしょうか。確かに不払いの人間が公開番組に参加するのは道理が違うとは思います。しかしこの制度を採っただけで不払いの問題それ自体が改善するわけではないとおもいます。逆に、こんな制度は姑息だという人たちの方が
多いのではないでしょうか。

 まず変えるべきは会社自体の体質の見直しであるはずなのに余計な事に手をつけていっては泥沼にはまり続けるだけです。NHKが変わっていく事を願っています。

 

fwkk7984 at 11:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

August 12, 2005

前回の続き

 tribniaさんの意見のように騒音問題というのは、確かに現状では「言ったもん勝ち」という状態です。結局こちら側から反論できるとしたら騒音の度合いを調べてくれ、みたいなことしかできません。大変残念な事ですが。

 こんな風に日常生活の中では法律によって保護されないことや、逆に、しなくてもいいのに保護されるのというものがあります。そういうものを区別していく力を自力で身につけていかないと今のご時勢生きていけなくなりそうな気がします。

fwkk7984 at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 09, 2005

こんにちわ!

はじめまして〜。これから少しずつ記事を書いていこうと思います。
 
 今日は騒音問題について少し。

 集合住宅で暮らしているとお隣さんがうるさいっていうことよくありますよね。もちろんお隣さんも同じこと思っていると思います。しかし人間て言うのは勝手なもんで、自分は大丈夫。家の隣だけがうるさいんだと思いたくなるものです。だから苦情って来るんですよね。

 そこで自分が苦情を受けた側にまわったとしましょう。なんとかして苦情を消したいと思いますよね。確かに普段から静かに生活するようにすればいいのかもしれませんが、限度ってものがありますし窮屈になって自宅が嫌いになっても嫌ですもんね。

 それではどう反論していくか。まずは先ほどいったように最低限、騒音は出さないように努力する。コレがやっぱり基本ですよね。それでもまだ苦情が来たら・・・。そうなったらこちら側だけが原因ではない可能性が出てきます。じゃあどうするか?

 それはまた次回に書きます。

fwkk7984 at 13:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)