女装癖薔薇のない花屋2

2009年02月11日

タイヨウのうた

今朝、見た映画は『タイヨウのうた』。

YUIちゃんが初々しくて可愛い。
そして、歌も素晴らしい。
横浜でのストリートライブのシーンが最高。
まさにYUIちゃんのための映画。

難病を抱える少女の哀しい物語だが、何故か観終えたあとに
爽やかな気持ちが残る。
それは、彼女が短い生涯を精一杯生ききったからだろう。

当たり前の生活を望んでいた彼女。
当たり前の生活の有難さを感じたのと同時に、生きている限り人生
まだまだこれからだと思わせてくれる物語。


内容紹介
彼女はタイヨウに帰っていった。僕の心に、歌をのこして。

孤独な運命の中、限られた時間を歌と一緒に生きた16才の少女の物語・・・
月の下でしか生きられない少女。サーフィンの好きな陽に焼けた少年。
交わるはずのないふたりが出会い、奇跡の物語がはじまる―――。

映画初主演のYUIが歌う主題歌も大ヒット!
日本中を爽やかな涙で包んだ感動作が早くもDVDリリース!

DISC1内容(本編+特典)
●予告篇、TVスポット集
音声:1.日本語5.1chDD 2.日本語5.1chDTS 字幕:日本語(聴覚障害者向け) 画面サイズ:16:9LBビスタ
本篇収録時間:119分

<スタッフ>
原作・脚本:坂東賢治「タイヨウのうた」(ソニー・マガジンズ) 監督:小泉徳宏 音楽:YUI/椎名KAY太(オリジナルサウンドトラック「タイヨウのうた」Sony Music Records Inc.)
主題歌:「Good-bye days」YUI(Sony Music Records Inc.)

<キャスト>
YUI
塚本高史「木更津キャッツアイ」「ロッカーズ」
麻木久仁子「ALWAYS 三丁目の夕日」「ジュブナイル」 岸谷五朗「リターナー」「東京タワー」 通山愛里「鳶がクルリと」

Amazon.co.jp
   雨音薫16才。彼女はXP(色素性乾皮症)という難病のため太陽の光にあたることができない。深夜に駅前広場で歌うことが唯一の生きがいの薫は、日の出前にサーフボードを抱えて現れる少年、藤代孝治(塚本高史)に窓越しの恋をしていた。運命は2人を引き寄せるが、薫に残された時間は残りわずか。そんな薫のために、孝治はある約束をする…。    シンガーソングライターYUIの映画初主演作。命の灯を最後まで懸命に輝かせ続ける少女の役を熱演している。塚本高史も純情でまっすぐな少年役を好演。せつなさの中に生の喜びを力強く感じさせてくれる珠玉のラブストーリー。YUIの劇中歌は薫の気持ちが痛いほどに伝わり、思わず胸が熱くなる。(仲村英一郎)


タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]
タイヨウのうた スタンダード・エディション [DVD]
クチコミを見る



fwna6394 at 11:33│Comments(0)TrackBack(0) レヴュー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
女装癖薔薇のない花屋2