November 12, 2016

満を持してのデビュー

長年愛用してきたガラケーを卒業して、スマホデビューしました。
iPhone7 Plus Rosa Goldです。

キャリアがガラケー対応しなくなるまで
意地でもガラケーを使い続けようと思ってましたが、
メインバンクがガラケー非対応になり(メインバンクを変えて乗り越え)、
毎日覗いていた掲示板が非対応になり(PCで見る事で乗り越え)、
何度か危機を脱してきたのですが、もうこれにはマイッタ…。

YAHOO!のファイナンスのポートフォリオ(株価)のガラケー非対応へのお知らせ!
ガラケーでここをチェックするのは毎日のルーティンに組み込まれているので、
これをされたら流石に頑固な私も機種変更せざるを得ない。
で、悩んでいる時にiPhone7の発売のニュースを聞き、
あぁ、これは変え時だな、と決心しました。
発売直後は売切れ御免状態だろうなと暫く経ってから予約し、
秋も深まりつつある時についにiPhoneデビュー!

しかし、…使い方が全く分からないぃぃ!!!
説明書くれよぉぉぉ!!!
店頭で電話帳データだけは移行して貰えましたが、
店員さんは何の説明も無しに涼しい笑顔で「直ぐに使いこなせますよ」と。
「わぃふぁいてナニそれ、おいしいの」状態の私はマジ参りました(涙)
家は有線LANでそれをPC及びTVやBlu-rayに繋いでいるのですが、
無線LANに全て変えて設定しなおさなきゃなのか…と落胆し、
その設定直しの為の控えを取ろうとBlu-rayを弄っていたら、
Blu-rayがWi-Fiの親機になれる事を発見!
これで、Wi-Fi設定はクリア♪

問題は色々設定してあったサイトのIDとパスワードの再設定。
もうもう、どのサイトがどのIDなのかとか忘れてしまって、さぁ大変。
銀行や証券会社関係は控えを取っていたので大丈夫だけれど、
趣味系やBlu-rayの遠隔操作やmixiなど多岐に渡って忘れてる!
mixiに至っては登録アドレスどころか自分のニックネームまで忘れている(-_-;)
どなたか教えてくださいませ〜(泣)

色々入っているアプリもどれが必要でどれが不必要なのかは分からず仕舞い。
てか、入力速度も超遅いし、遣り難いし。
それでも家族や友人に使い方を教わりながら少しずつ慣れてきて、
家計簿アプリを追加し、カレンダーアプリを追加し、と色々弄っています。
最初の夜は、友人と呑んで帰ってから弄りだしたので、
キリが無くほぼ徹夜状態でiPhoneと格闘していました。
カレンダーアプリはアイコンの表示方法が分からず、
購入しなきゃいけないのかと約300円のアイコンを購入した後に、
それ以前に可愛いアイコンが標準装備されているのを発見し憤慨させられましたが、
なんやかんや少しずつカスタマイズしています。

写真やムービーもiCloudで移行できたし、
iPod nanoもiPhoneと一体化できたし、
これからiPhone Lifeを満喫していきたいと思います。
お薦めアプリがございましたら、是非お気軽にご一報を♪

October 09, 2016

愛犬の癌、急性腎不全

3年前の今日、2013年10月9日、
実家の愛犬「あずき」が亡くなりました。
急性腎不全でした。

その前に、あずきは癌を患っていました。
その事について語るべきか否か悩みましたが、
あずきの癌が判った時に大変励まされたBlogに出会えたので、
私達家族と同様にお悩みの方々のお役に立てたらと、書く事にしました。
しかし、感傷的でお見苦しい所や、
愛犬を家族と感じる事に拒否反応がある方、犬の病気にご興味ない方には
読み難い長文記事かと思いますので、ここでお引き返しください。

あずき遺影












全てのきっかけは父が亡くなった事でした。
父がいなくなってから、私達家族は様々な事を考えました。
父が生きた意味はなんだったんだろう
父が遺してくれたものは何なんだろう
人としての在り方、優しさ、思い遣り、背中。そして、繋いでくれた命。
その大きさに想いが溢れ、何かを遺したいと私は感じました。

そして、父がいなくなって淋しがっている愛犬あずきに赤ちゃんを…と考えました。
当時のあずきは五歳、高齢出産になります。
ですが家族全員があずきの子孫を望み、私達は繁殖をしてくれるブリーダーを捜し、
隣の市にあるダックス専門のブリーダーさんに相談しました。
あずきはスピッツとマルチーズとロングヘアーミニチュアダックスフンドのmixです。
ですがダックスの血が強いので、相手もダックスに決めました。
一度目の繁殖は残念ながら失敗。
しかし、ブリーダーさんが良心的な方で、
一度の料金(3万円)で二度まで繁殖行為をしてくださり、
あずきは二度目の繁殖でめでたく妊娠!
日に日に大きくなるお腹の写メを、
遠くに住んでいる私に家族が毎日のように送ってくれました。
近所の動物病院で定期的に診察を受け、
赤ちゃんが順調な事を確認していましたが、
予定日より1週間早くあずきは産気付きました。
私も帰省して仔犬の誕生を待ちましたが、あろうことか結果は死産…。
3匹の仔犬達は産声をあげませんでした。

その後のあずきの様子は可哀想すぎて書けません。
ご容赦ください。
ごめんね、あずき。

ですが、あずき自身の体調にも変化がありました。
自宅で死産し、仔犬達は出産と同時に動物病院に連れて行ったのですが、
あずきは少し落ち着いてからの三日目ぐらいに診察を受けに連れて行きました。
そこで陰部からの膿が止まらない事を獣医師に相談したのですが、
「死産の後はよくある事だから暫く様子見」との判断で。
それから1週間毎に診察に連れて行ったのですが、結果はいつも様子見。
しかし、2ヶ月が過ぎた頃「エコー診てみましょう」となり、
「脾臓が鮮明にみえない」と診察され、
「心配なら高額だが他の病院でCTかMRIを受ける事を奨める」と言われました。
近所のその動物病院には、そういった設備が無かったのです。
一旦家族で相談してからとなりましたが、皆「高額でも心配だし」と答えを出しました。

紹介された2つ隣の市の動物病院と連絡を早急にとり、
一番早くCTとMRIを受けれる日程を予約し電話で説明を受けました。
全身麻酔の為、当日は食事を与えず水も駄目。
費用は約7万円。結果はその日の午後に。

予約当日の朝、「ご飯くれないのぉ?」と言わんばかりのあずきを
大好きなドライブで誤魔化して動物病院に連れて行きました。
終わるまで時間が掛かる事が分かっていましたが長かった。
その間、私達は家で落ち着いている事が出来ず、
あちこちドライブしながら買い物をして時間が来るのを待ちました。
時間がようやくきて、あずきを迎えに動物病院に行き、
そして診断を受けました。

結果、あずきは卵巣癌でした。
通常なら数センチの卵巣がテニスボール程の大きさまでなっていて。
獣医師からそれを告げられた時、頭が真っ白になり、
片隅で妹が泣き崩れるのがみえました。
説明を丁寧にしてくださったのですが、何も頭に入ってきませんでした。
死産の原因はこれだったのです。

私達は獣医師に1日も早く癌摘出手術を依頼しました。
幸いにも翌日手術室が空いていたので、迷わず予約しました。
動物病院で「また明日来るのは大変だろうから」と、
あずきの入院を勧められましたが、一旦、家に連れて帰る事にしました。
そして翌日の手術。
結果はやはり右の卵巣癌。
足のリンパ腺にも転移がみられたが手術が難しく。
そして肺水&腹水からも同じ細胞が発見され、
全身に癌が転移している事が確認されました。

獣医師から「治療するか寿命を待つか」考えるよう言われましたが、
動物病院の待ち合い室の貼り紙で、そのキャミックと言う系列の動物病院では、
(リンクからは都内のみですが、キャミックは各都道府県にあるようです)
癌の免疫療法をやっている事を事前に知っていたので、
費用が掛かっても治療する事を私達家族は選択しました。
人にも、実費ですがこの癌の免疫療法は有効とされているようです。

そこから、あずきの癌闘病生活が始まりました。
2週間毎の抗がん剤の投与、
そして採血した血からあずきの白血球だけ培養してまた投与。
毎週のように動物病院通いが始まり、
道を覚えるのが得意なあずきは動物病院の近くに来るとブルブルと震えてました。
可哀想でしたが、少しでも長生きして欲しくて通いました。
抗がん剤は一種類だけではなく、色々と組み合わせて獣医師が選択してくれました。
治療費は疎らで一回につき3〜12万ぐらいでしょうか。
抗がん剤の種類によってばらつきがありました。
免疫療法は一回につき6万ぐらい。
それを2週間に一回全六回をワンクールで、回数を重ねました。
計算する気もありませんが、多分新車一台買えるぐらいになったと思います。
ですが、その治療の甲斐あって、
あずきの癌はそれ以上転移する事なく1年半が過ぎました。
動物病院に通う以外は、あずきの生活はそれまでと変わらず、
強いて言えば病院通いのご褒美に、帰りに大きな公園で走り回る事ぐらいです。

ですが、治療を続けても癌細胞を消す事は出来ず、
獣医師からこのまま治療を続けてるかどうするか聞かれ、
セカンドオピニオンを薦められました。
そして東京にある日本獣医生命科学大学付属動物医療センターに予約をとり、
腫瘍内科で診察を受けました。
私は東京で待っていましたが、実家から来る途中のサービスエリアのドックランで
楽しそうに走るあずきの写メが送られてきて、長旅でも元気なあずきに一安心。
そうして大学病院に向かい、検査をし、診察を受けたのですが、
「いま積極的に行っている治療が最先端でこれ以上は無い」との事でした。
希望を持って行ったので少々残念ではありましたが、
今の治療が間違っていない確信も頂き、安心しました。
地元の獣医師が言うには、獣医師雑誌に掲載されていた論文によると、
あずきと同じ状態で治療しなかったワンコは、
1年待たずに更に転移し亡くなったそうです。

そのように癌治療を続けていたのですが、
ある日あずきが嘔吐を繰り返し、
心配した家族が動物病院に急遽連れて行ったのですが、
担当獣医師が執刀中で院長が診察してくれました。
原因は解らず吐き気止めが注射されたとの事。
その日の夜、あずきは痙攣を起こし、翌日朝一で家族が病院に連れて行き、
担当獣医師に診て貰った所「もしかしたら脳に転移したかも」と。
即、入院し検査してもらい、母からきたメールで私は新幹線に飛び乗りました。

「あずき急性腎不全。危篤」

そのキャミック系列の動物病院は血液検査もやっており、
あずきの体調不良は癌転移では無かった事が判明しました。
夕方、動物病院に家族が集まり、
獣医師から既に効果的な点滴を二本打ったが改善せず、
「いつどうなってもおかしくない状態」と説明され、
意識が朦朧とするあずきの前で一時間近く悩み、家に連れて帰りました。
あずきが息を引き取ったのは翌朝でした。

何か形を遺したいと、紙粘土で足形をとりました。
今、あずきは父の眠るお寺の慰安碑に眠っています。

私が帰省すると、激しい抱っこ攻撃と痛いくらいのキスをくれて。
いつも夜眠る時は家族の部屋を回ってベッドに潜り込み、腕枕で眠って。
大好きなササミの入ったご飯を待つ時は、何故か首が斜めに傾いていて。
母がキッチンで包丁で何かを刻み始めると、
音がした瞬間キッチンに走っていって。
新聞を運ぶのがお仕事で。ご褒美のタマゴボールがお目当てで。
ドライブが大好きで車の扉を空けると一番に乗り込んで。
お散歩も大好きで出掛ける気配がすると自分からリードを持ってきて。
預けられるのが苦手でSMAPのコンサート中だけなのにご飯食べなくて、
お迎えに行ってご飯あげたらバクバク食べて。
家族が居れば何処でも平気で、
長野の父還暦祝旅行も、京都の母慰安旅行も、夜は腕枕でぐっすりで。
いつも家族の笑顔の中心で。
…こんなに「愛おしい」と感じた存在はあずきだけだよ。

こんな感傷的な長文をここまで読んでくださった方、有難うございます。
そして、もし貴方が愛犬の病気で悩んでおり、
このBlogが少しでもお役立て出来ていたら幸いです。

最後に。
もうワンコを家族にする事は無いだろうな。
別れが辛すぎるから。

あずき、私の人生が終わるその時まで、虹の橋で待っててね。

fwnp4154 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ワンコ | 雑談

September 09, 2016

断髪式

願掛けで、長年伸ばしてきた髪を30cm弱バッサリ切りました。
髪をこんなに短くするのは近年全くありません。

本当はもう少しキッチリパッツンとしたボブにしようと考えてたのですが、
美容師さんが私の髪質的にお手入れが大変になるから
もう少し長めでシャギー入れてと薦められ、お任せしました。
結果、肩につくかつかないかぐらいです。

髪を洗うのが大変でも、乾かすのに時間が掛かっても
背中の2/3までに長くしていた髪には
私的には色々な思い入れがありました。
単に好みの問題もありますが、
普段は束ねて楽チンで、お出掛けの時は巻いて可愛く、と
使い勝手が良かったのもあります。
でも、一番は幼い頃からの憧れでもありました。

幼少の頃から、母が髪を伸ばす事を許してくれなくて
ずっとショートヘアーでした。
清潔性の理由なのか、洗髪の理由なのか、単に母の好みなのか、
何故、髪を伸ばしてはいけないのか解らなかったけど、
母の言い付けを守って短い髪で過ごしました。
でも中学入学の頃から徐々に伸ばし始めて、
以来ずっとロングヘアーを保ってきました。

あ、でも学生時代に一度だけショートにしたなぁ。
失恋したと勝手に思い込んでバッサリいきました(笑)
(後に成就、そして破局)
それ以来のロングヘアーを切ったという事で
今回の私の想いを感じて頂ければ幸いです。

8月中旬、リオオリンピックの真っ最中、
真夏の深夜に私的に衝撃的な出来事が起こりました。
もう唖然として、茫然とするばかりでした。
打破しようにも難しい問題が立ちはだかり、
私にはどうする事も出来ません。
それでもと、少しずつ思う事を行動に移しましたが、
現状打破できないままで。

そこで、「禊」の意味も込め、断髪する事にしました。
痛んでケアが必要な部分はバッサリ切り落として、
新たに再生して伸びやかに長くなぁれ、と。
自己満足でもありますが。

でも、それでも、願いを込めて。
また長くなった髪を楽しめるように。
華麗なる逆襲を。
どうか届きますように。



August 07, 2016

残暑お見舞い申し上げます

毎日、本当に暑い日が続きますね。
私は早くも夏バテ気味です。

夏と冬とどちらが好きかと問われたら、迷わず「冬」と言うぐらい夏が苦手で、
この季節は毎年ゲンナリしちゃいます。
夏を満喫していた時期もあったのですが、年々暑さが身体に堪えます。

夜、眠る時もエアコンは切れません。
最初はタイマーにして眠っていたのですが、そうすると朝方暑さで目が覚めてしまうのですよね〜。
今は常時エアコン稼働中です。あぁ、電気代の請求が今から憂鬱(-_-;)

でも、梅雨明けの頃、そんな憂鬱を吹き飛ばす一枚の葉書が届きました。

160806_212741

甥っ子からの暑中見舞いです♪
ちっちゃなお手ての蟹さんに、ちっちゃなあんよのペンギンさん。
もうもう、眺めてるだけで伯母ちゃん頑張れるよp(^-^)q
…と思ったら蟹さんじゃ無くて、ニモだそうで(笑)

眺めていると余計甥っ子に会いたくなります。
一生懸命に覚えて甥っ子が喜んでくれた「おもちゃのチャチャチャ」フルバージョン(自己流振り付き)も
次に会った時も喜んでくれるといいのですが。
今は妹が送ってくれるムービーや写メを眺めながら癒されてます。

しかし暑いなぁ…。
子供の頃はこんなに暑く無かった気がするんですが。
夏休みも毎日外で遊んだりプール行ったり。
そう今、子供達は夏休みなんですよね。
高校二年生の親戚の子はバリにホームステイしに行っていて、
最近は海外に勉強しに行くのも早くなったもんだなぁと思ってたら、
友人の中学三年生になる娘ちゃんもニュージーランドにホームステイしに行っているそうで。

私も19歳の時にニュージーランドにホームステイ行ったなぁと懐かしくなりました。
ホストファミリーの家には四歳の女の子と二歳の男の子がいて。
大人達はゆっくりした英語を話してくれたので会話も出来たのですが、
子供達は超早いスピードの英語を矢継ぎ早に話してくるものだから、
聞き取りに苦労したのを今でも覚えています。
クライストチャーチの大学に午前中通って、
午後は学校がセッティングしてくれた予定をこなし(遊び)、
良い経験をさせて貰ったものです。
親戚の子も友人の娘ちゃんもそういった有意義な時間が過ごせていたらと願います。

夏は今からが本番。
…と思うと気が遠くなりそうですが、
夏バテ夏風邪熱中症には気をつけて過ごしましょ。
夏好きの方は、思いっきり焼けて満喫してくださいね(・∀・)ノ


fwnp4154 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

July 15, 2016

お施餓鬼@実家

お盆で帰省してます。
実家のある地区は新盆なので、7月がお盆です。
実家から車で約十分の父&母の本家は旧盆の8月なので、何処が境目なのか(笑)

元々は明治時代に西洋の新暦を取り入れた事で、
それに習う新盆の地区と
古くからの習わしだからとそのままの暦を使った旧盆の地区があるようで、
諸説ありでなかなか興味深いです。

幼い頃から、お盆は父&母の実家を回り(遊び)に行っていました。
「ご先祖さまが帰ってくるんだよ〜」と教わり、
帰って来る時は早く帰りたいから胡瓜のお馬さんで速く、
そして戻って行く時は戻りたくないから茄子のお牛さんでのろのろと。
おうちが分かるように迎え火を焚いて、
その火で花火をして遊んだものです。
お施餓鬼にはお寺に家族・親戚一同が集まって、
お坊様の唱えるお経を聞き、蓮の葉にお米・茄子・胡瓜を賽の目に切った物をお箸で弾き、
お昼には母の実家でお寿司をご馳走になり…
子供にとっては夏の一大イベントでした。

大人になってからは本家にも足を余り運ばなくなり、
お線香だけあげにお邪魔する程度になりました。

ですが、父が亡くなり、それから我が家にお仏壇ができ、
それからの夏は変わりました。
お墓をお掃除してミソハギとカヤをお供えし、盆棚を作り、
胡瓜の馬、茄子の牛、ぼた餅などを母が作り、
お施餓鬼では水向けのお米・茄子・胡瓜を盆棚に供え。
仏壇






元々、我が家は宗教に信仰があるわけではなく、
お墓も父が亡くなった時に慌てて近くのお寺にお願いしたくらいなので、
お盆も行事の一環として捉えていたぐらいですが、
今は幼い頃に祖母が言っていた「おじいちゃんが帰ってくるよ〜」を信じたい気持ちです。

亡くなった人の魂が、年に一度お盆の時期だけ帰ってくる。
父があずき達を連れて帰ってきてくれていたらいいなぁと思います。
そして、行事としてでは無く、年に一度、故人に思いを馳せてもよい時期として、
父達を偲びたいと思います。

妹も2月に産まれた甥っ子を連れて帰ってきています。
もうもう、伯母ちゃん(私)メロメロだよぉ(笑)
最初は「誰?このオバチャン?」的な眼差しだったのですが、
振り付きで歌ったりあやしている内に、
伯母ちゃんを見付けると笑いかけてくれるようになりました←相当嬉しい(笑)
キッチンで音楽をかけながら料理している時に、
SMAPのビートフルディがかかり、
この曲はコンサート終盤での最後の盛り上がる曲なので、
思わず全身で踊って盛り上がりを表現してしまったら、
妹に抱かれて伯母ちゃんを見ていた甥っ子がキャッキャッと声を上げて喜んで笑ってました。
いやん、こんなんで喜んでくれるなら、伯母ちゃん幾らでも踊っちゃうよ?(* ̄ー ̄)

そして、母が初孫の甥っ子をあやして色々な童謡を聞かせてあげてる姿を見て、
自分もこうやって可愛がられて育てられたんだなぁと
感慨深くなりました。
父にも逢って欲しかったな。

まだ寝返りは出来ませんが、随分と成長しました。
はると2






次に逢えるのは年末かな?
その頃にはハイハイができるかな?

それを楽しみに日々を乗り切ります。
暑い夏ですが、熱中症には気をつけて過ごしましょ。

fwnp4154 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

June 18, 2016

PC入院中@携帯

先月末、PC故障しました・゚・(つД`)・゚・
因って携帯からの更新ですので、
見辛い点や誤字脱字があるかもしれませんが
その辺はどうかご愛嬌で。

最初に違和感を感じたのはWindows10に更新してから約1ヶ月頃。
なんだか少し重いなぁと感じながらも、
まぁそれなりに快適なPC生活を送っていたのですが、
ある日何気なくPCが目に入って見たら、
電源がオレンジ色で点滅していて。

その時は使ってなかったので、
アレ?と思ってノートPCを開いたら、
画面は電源の入っていない状態の真っ黒な画面。
でも妙に嫌な予感がして電源を押したら、
起動画面をすっ飛ばして、ログイン画面に。
ログインしようとしたのですが、キーボードもマウスも無反応で、
画面には「ユーザーはロックされています」の表示(゜o゜)
えぇ?と慌てて強制終了しました。

数時間後、電源を入れてみたら、通常の起動画面で一安心。
でも、なんだか嫌な不安が拭いきれなかった為、
タスクマネージャーの詳細をチェックしたら、
csrss.exeが2つあって1000KB以上使ってて、
dwn.exeが10000〜50000KBと変動しながら多量に使っているのを発見!
ネットで検索したら、それはウィルス感染の可能性が高いと情報があり、
解決するには初期化が効果的とあったので、
初期化をしようとしたのですが、エラーが出てできなくて。
もう自分では手に負えないと思い、
サポートセンターに電話しました。

結果、キーボードでの初期化の方法を教えて貰い、なんとか解決。
csrss.exeとdwn.exeはタスクマネージャーから確認した所、
アプリケーションの保存先がsystem32だったので、
「気にはなりますが、多分大丈夫でしょう」との事。
で初期化したら消えると。
これで初期化終了したら、本当の一安心なのですが。

初期化終了して、立ち上げて色々設定し直して、
かなりの時間を消費して、私も疲労困憊で。
翌日になってからも設定その他諸々みたら、
消えてるはずのcsrss.exeとdwn.exeが消えてない!
あぁこれはもう一度初期化だぁとガックリ。

もう一度初期化して…。
ですが、初期化が五時間たっても終わらない!
もう深夜だったので放置して寝て翌朝の日曜。
電源が切れていたので、初期化終わったのかなと思ったら、
電源を入れても起動画面が「自動修復を準備しています」とずっとなっていて立ち上がらない。
でまたサポートセンターの方に頼って、
違うキーボード初期化の方法を試したのですが、

「ハードディスクがロックされていて初期化できません」とか
「PCを初期状態に戻せません」とか
「必要なドライブパーティションが見つかりません」とか。

サポートセンターの方も万策尽きたとの事で、
発売元に修理依頼する事になりました。
…私の数十時間は何だったのだろう(-_-)

PCではネットバンキングや証券口座にログインはしていましたが、
決済パスワードは入力した事が一度も無いので、
最悪ウィルス感染していても大丈夫なのが救いです。
携帯も未だスマホでは無くガラケーで、
銀行や株関係は全てガラケーなのでウィルス心配ないし。
Blu-rayの遠隔操作もガラケーからなので大丈夫。
てか、色々とガラケーに自動ログイン登録をしすぎて
スマホへの移行が面倒というだけ(笑)
でもPCが無い生活だと、ガラケーだけじゃ困る事多々。
まぁ一時的だし、故障するまでガラケー使います。

と話が逸れてしまいましたが、
PCの修理を依頼したメーカーから、
「Windows10への更新過程での故障を確認しました」
「Windowsの初期化ドライブの故障を確認しました」
と連絡がきて、ハードディスクの取り替えが必要との事でした。
修理代金、約3万円也。
幸い5年の長期補償に加入していた為、1万円で修繕できる事になりました。

はぁぁ〜、便利な物に頼り過ぎな生活も困りモノですね。
今までは@niftyの常時安全セキュリティをインストールしていたのですが、
念の為にセキュリティソフトを変えた方が良いかな。
お奨めのセキュリティソフトあります?
お心当たりのある方は、ぜひご教示くださいませ〜。


fwnp4154 at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

May 15, 2016

Happy Birthday to me♪ Part2

前回に引き続き、GW中に友人が誕生日を祝ってくれました♪
当日では無くても、お祝いしてくれる気持ちが本当に嬉しいです。

その友人とも、もう長い付き合いで、出逢ったのは18歳の時でした。
若かったなぁ(笑)
そうして一緒に歳を重ねて、未だに毎年お祝いしてくれる事に感謝です。

彼女とは、ここ10年の私の誕生日に毎年通っている
お気に入りのイタリアンのお店があって、
今年もそのお店で祝ってくれました。
とは言っても、昨年末にお店が移転して、
それから足を運んで無かったので、
どんな雰囲気のお店に変身したのか内心楽しみでした。

住宅街の中に、ひっそりとモダンな佇まい。
以前のお店の雰囲気とは打って変わって、シックなイメージになってました。
個人的には以前のアットホームな雰囲気のが好きだったかも(^-^;

でも、お味わいは変わって無くて。
フォアグラ
お気に入りのフォアグラのソティ、25年物バルサミコスソース添え。
相変わらずの濃厚な味わいで。私を魅了させる♪
添え物の茄子のソティもソースとよく絡んで美味。







鰻と茄子のトマトソース
一品のスパゲッティーニは、鰻と茄子のバルサミコトマトソース。
鰻の柔らかい事!
お口の中でほんわかと溶けていきました。
茄子との相性も抜群。






ゴルゴンゾーラのパスタ
二品目のパスタは、ゴルゴンゾーラソースのロングスパゲッティ。
私、ゴルゴンゾーラ大好きで、これも楽しみの一つでした。
ソースが美味すぎてパンが足りない。
でもお腹は満足。





子羊のロースト
セコンドは子羊のロースト何とか巻き(忘)バルサミコスソース添え。
柔らかな子羊のお肉が口の中で溶けていく〜。
そして、このお店定番のバルサミコスソースがよく合う。
何で巻かれているのか聞き取れなかったけど、
お肉の甘みをふんだんに活かした一品でした。





デザート
デザートは、ティラミスのズコット仕立てビスコッティのセミフレッド添え。
私、どうしても新しい一品にチャレンジ出来ず、
ここでもお馴染みのティラミス。
でもやっぱり好みだわ〜。
甘味控え目のティラミスが絶品。






コース終了して、お腹ははち切れそう(笑)。
友人も苦しいぐらいみたいで、横になりたいと(爆)
でも、こうやって美味しい食事に楽しい会話で、
また素敵に誕生日を祝って貰えて最高なひとときでした。

話が逸れると言うか、今回改めて感じた事があります。
私は昔から連続ドラマを観るのが気分転換の一環で、
それは未だに録画してまで観る程です。
最近では「重版出来!」というドラマに癒されています。

その第五話。
とても心に響きました。
自分の在り方を考えさせられました。
「運は貯まる」
要は、良い事をしていればいつかその分良い事が巡ってきて、
悪い事をすれば運が減っていく、と言うような。
新しい物が溢れる中で、廃棄されていく物がある事を忘れてはならない、と言うか。
上手く要約できませんが、
自分自身に起こる事は自分の行いから生まれているんだなぁと感じました。

何か良い事をしたら、それが積み重なり運が上がっていく。
悪い事をしたら自分に帰って来る。
父や母の教えに重なります。

満ち足りない不平不満が募り、
憤りを感じていたつい最近の日々も自分が招いていたんだなぁと。
誕生日に友人にお祝いして貰ってから気持ち一新して、
少しは変化した気分になっていたけど、
まだまだ足りて無かったなぁと思いました。

運を自分から引き寄せる為に行いを見直していきたいなぁ。
不平不満の原因は自分自身。
それが対人関係である場合は、相手に何か求めるよりも自分が変わった方が早いし、
生活面である場合は変化させていけば良い話だし。
うん、少し頑張ってみよう。

誕生日を祝って貰えた事に因って、なんだかそんな事が深く染みました。
祝って貰える事の有り難さに改めて感謝して、
恵まれている事を実感していきたいと思いました。
心から、ありがとう。

P,S.
生後4か月に突入した甥っ子は、ドレミの歌が好きらしいです。
帰省したら歌ってあげようと歌詞を検索したら、英語がいっぱい(;'∀')
ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」が原曲だそうで。
その後、NHKのみんなのうたで日本語ヴァージョンが広がり、
シングル発売にまで至ったそう。
さて、甥っ子には英語で教えるか、日本語で唄うか(笑)
悩ましい限りです♪

April 30, 2016

Happy Birthday to me♪

私事ですが、先日誕生日を迎えました。
家族や多くの友人達からお祝いメールを戴いて、
この年齢になっても祝って貰える事に感謝です。

当日は生憎の雨で。
私は雨が苦手なので「誕生日なのについてないなぁ」と
気持ち落ち込んでいたのですが、
友人達もそれを知ってか知らずか
「浄化の雨だね」
「雨降って地固まる」
とか、前向きな言葉を一緒に贈ってくれて。
自分がマイナス思考になってる事に気付かせてくれました。

そして夜。
20年来の付き合いになる友人が食事で祝ってくれました。
私の最寄り駅まで来てくれたのですが、
仕事帰りなのに鞄の他に紙袋を持っていて。
「仕事にそんなに荷物が必要なんだぁ」と
紙袋に自然と目が行ってしまったのですが、
その紙袋からなんと可愛らしい花束が!!!

ピンク色を中心とした花束を渡され、
思いがけないサプライズのプレゼントに
驚きと感激でいっぱいになりました。
本当に嬉しかったぁ涙

で、食事。
フレンチかイタリアンかで迷いましたが、
私どちらかというとイタリアンを選びがちなので、
たまにはフレンチで。
…て違いもパスタが出ないという事ぐらいしか分からないのだけど(笑)

お店は今まで気になってはいたものの入った事の無いお店。
落ち着いた雰囲気でゆったりと時間が流れていました。

まずはスパークリングワインで乾杯♪
普段はビール党の私ですが、誕生日ですしチャレンジ。
シュワシュワと口の中で弾けて喉越しが気持ち良い。


パン
そして、そこからコースが展開されていって。
温かなパンの盛り合わせから始まって。
そっか、パスタが無いからパンが沢山なのね〜なんて考えちゃいました。






ホタルイカとグレープフルーツのアミューズグールはホタルイカとグレープフルーツのナンチャラ忘
酸味が聞いていて美味。








フォアグラと筍の季節の野菜オードヴルは私の大好物、フォアグラのソティと旬の筍と季節の野菜。
口に広がる濃厚なファオグラが増々私を虜にしていく〜
食べ終わっちゃうのが勿体なくて、一口一口吟味しました。
あぁ本当に美味でした。





牛舌の赤ワイン煮メイン料理は牛舌の赤ワイン煮。
これでもかっと煮込まれた牛舌は蕩けるように柔らかくて。
ソースもパンによく絡んで最後まで飽きさせない美味しさ。






三種のケーキとシャーベットの盛り合わせ最後は、もうお腹いっぱい食べられないよ状態でも入ってしまう不思議なデザートへ。
三種のケーキとシャーベットの盛り合わせ。
上に飴を細工した鳥の巣が乗っていたのですが、どうやって食べて良いのか分からない(笑)
とりあえず口に頬ぼると綿あめみたいな甘さが口いっぱいに広がりました。
ケーキはフロマージュとオレンジとショコラ。
どれもそれぞれの特徴を活かされていておいし〜!
あっという間の完食でした。

食事も美味しかったけど、
それと共に友人と過ごせたゆっくりと流れた時間が何よりの癒しのひとときとなりました。
楽しい会話と共に、不意に気付かされる様々な想いに
本当に素敵な時間を過ごさせてくれた事に感謝です。

この年齢になって、年々重ねていく事へ
不安や焦りでいっぱいになってしまい、
普段マイナスへと自分を誘ってしまいがちですが、
素敵な誕生日が過ごせた事で気持ち新たにスタートが出来ました。

何気ない日常を過ごせる事に感謝し、
祝ってくれる家族や友人達が居てくれる事に有難味を感じ、
日々をゆっくりまったりとすごしていきたいと思います。

P.S.
今日コンビニの普段見ない菓子パンコーナーで、
昔好きだったすあまを発見。
子供の頃、父が招かれた結婚式の引き物で入っていて、
母に切り分けてもらい妹弟とよく食べたものです。
最近また食べたくなって近所の和菓子屋さんに足を運んだのですが無くて。
それが、こんな近くに!
小さな幸せを感じた瞬間でした。

GW、毎年帰省するのですが今年は東京で。
皆さま、それぞれのGWをご満喫くださいませ。

March 19, 2016

花は咲く

2月吉日、妹に2912gの元気な男の子が誕生しました。

本当に生命の誕生とは奇跡的な感動で。
妹の事とはいえ感動の嵐でした。

出産前、仕事と家事の両立からの疲れでお腹が張り、
不正出血があったりと不安な事もあったのですが、
無事に誕生してくれて感謝です。

出産も、逆子だったことから帝王切開になり、
予定日から10日早く…と思っていたら、
一週間早まりそれからまた一週間早まり…と、
番狂わせな想定以上早まった出産となったのですが、
元気に産まれてきてくれたから無問題。

病室には旦那と親しか入室できず、
私はガラス越しの初対面となったのですが、
赤ちゃんてお猿さんみたいかと思っていたら、
綺麗な顔で小さな身体を全身使って泣いてました。

退院して暫く実家で過ごすと言うことで、
妹も安堵したのか色々と母任せ(笑)
母も初孫という事もあって、
お風呂入れたり寝かしつけたり微笑ましい風景でした。
妹も頑張って慣れない育児に奮闘で、
痛みを堪えて母乳を睡眠時間を削って三時間おきに。
こりゃ大変だ(;^ω^)
世の中のお母さん方はこうやって頑張っているのねぇと
当たり前のことをつくづく感じました。


どんな風に育つのかな。
初めて話す言葉は何かな。
元気に成長してくれるよね。
スポーツ好きな活発な子に育てくれたら嬉しいな。
どんな大人になるのかな。
何はともあれ、健康で元気はつらつに。
笑顔で溢れた人生に。

160215_153157


握りしめた手に掴んでいる母の愛を抱えて、
大きな夢と光を追って。
早く大きくなあれ♪

fwnp4154 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

January 11, 2016

迎春

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

いやぁ、2016年始まっちゃいましたね。
年々と一年が過ぎるのが早くなっている気がします。
去った2015年を思い起こしつつも、
始まった2016年を過ごしていきたいと思います。

年末を実家で過ごすのは毎年の恒例行事。
大晦日は夕飯に母手作りの天ぷら蕎麦を食し、
23時頃から紅白を堪能し年越しを。
そしてCDTV♪
SMAPのメドレーを家族で見ながら弟が一言。
「頭いいんだね〜、歌や踊り凄いね。やっぱ普通の人と脳の作りが違うのかな」
だと(笑)

年始1月2日には実家より車で一時間ほどの神社へ家族で初詣に行ってきました。
地元では大変有名な神社なので、
混雑を避けるため7時半に出発したのですが、時既に遅し。

神社近くの国道から渋滞は始まっていて、
神社までの山道は車車車…。
一時間以上渋滞に巻き込まれながらも駐車して参道へ。


IMG_2257 (100x150) (100x150)ここでも混雑。
露店が左右にある細い参道に参拝する人の列。
この時点で午前10時。






160102_105136 (100x150) (100x150)
ようやくお社が見えてきました。
ここからも人でイッパイ。。。






160102_110628 (100x150) (100x150)
ようやく参拝して、毎年飾られている干支の銅像を拝みました。
毎年力作で感服。
参拝されている個人から奉納されている物のようです。
今年は申年という事で、猿が五郎丸ポーズをとってます(笑)
毎年ご苦労されて奉納されている方に感謝です。



昼食を食べ、近くのららぽーとでお買い物をし、映画を見て、
夜には弟のご馳走で焼き肉を堪能してきました。
朝からハードな一日でしたが、幸先の良い年のスタートが切れました。

2016年も始まった感が落ち着いて日常が戻ってきましたが、
今年はきっといい事あると信じて
一日一日頑張って過ごしていこうと思います。

変則的まったりペースでの更新になると思いますが、
本年もお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。
皆様にとって輝かしい年となりますよう…。


fwnp4154 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談