June 11, 2017

遅れながらのHappy birthday

先日、遅れながらも友人が誕生日を祝ってくれました♪
私が帰省していたり友人が海外に行っていたりで
少しズレてしまいましたが、
それでも祝ってくれる友人の気持ちが嬉しい

当日は私の好物をということでフォアグラを食べに行きました。
毎年行っていたお店はオーナーさんが変わってからと移転してから色々な面で私達の好みとは違ってきてしまったので、新規開拓してみました。

初めて訪れるそのお店は、
駅から少し歩いたはずれにこじんまりとした佇まいで、
中の雰囲気も落ち着いたアットホームな感じでした。
移転する前の以前のお気に入りだったお店に感じが似ていて、
とても居心地が良かったです。

いつもはイタリアンなのですが、そのお店はフレンチで。
てか、イタリアンとフレンチのお味の違いが今一つ分からないので問題無いのですが(笑)
個人的にパスタが好きなのでイタリアンに行きがちなのですが、フレンチも好きだしね〜。

食前酒は何にしようか迷いましたが、私はビールで。
友人はシャンパンを飲んでいました。
喉越しが心地よく美味しい!

最初はオードブル。
…お腹が空いていてガッついてしまったので写真は無し(笑)
ハムのムースが変わった食感でとても美味しかったです。

前菜はフォアグラとホワイトアスパラガスのソテー。
ホワイトアスパラとフォアグラのソテー
















う〜ん!やっぱりフォアグラは濃厚で美味〜〜!
口の中で溶けていく。
ホワイトアスパラガスも旬なのか甘みがあって良い感じ。

主菜は黒毛和牛のイチボのステーキ。
黒部和牛のイチボのステーキ















ネットで見た時はサーロインステーキがあって、
それをお目当てにしていたのですが、
その日はイチボということで。
これもまた和牛の味が凝縮されていて、美味〜!
友人は小羊のスモークされたお肉を注文していて
一口貰ったのですがこちらも甘みがあって美味かったです。
イベリコ豚も気になったので、
また行く機会が、あったら食べて見たいなぁ。

デザートはフロマージュの苺スープ。
ヨーグルトムースの苺スープ















苺の酸味と甘味がとても素敵なマリアージュで、
あっと言う間に口の中で溶けていく。
冷製スープが深みを増して、さっぱりといただきました。

最後はコーヒーで〆。
コーヒー















割とこういうお店て、ホットしかおいてないのですが、
こちらはアイスコーヒーもあり、
猫舌な私には有り難かったです。
お茶請けのグレープフルーツのドライフルーツは
個人的にドライフルーツ苦手な私は遠慮して、
ショコラを頂戴しました。
コーヒーに合う!

食事を堪能しながら、
友人と近況報告など会話をして、
楽しい時間が過ごせました。
お腹も心も、満足♪

毎年感じるのですが、
こうやって誕生日を祝って貰えることて本当に有難いと思います。
会えなくてもメールやラインで祝って貰えることも本当に嬉しいです。
その気持ちが、ね。なんか感激して泣けちゃうぐらい。

友人が言っていたのですが、
日本はロリコン国で若い事に重きを置いている、と。
けれど、
年齢を重ねていく素晴らしさも感じていきたいです。
色々な事を経験して感じて考えて、
深みのある人生を送れたらと思います。

夜空ノムコウじゃ無いけれど、
ホント全てが思う通りには行かなくて。
想像していた未来とはかけ離れているけれど、
それでも歯を食い縛って前に進んでいきたい。
もう猪突猛進にはなれなくて、
歩みはゆっくりだけど、
それでも様々な事を乗り越え喜びを感じられたらなぁ
と思います。

誕生日の度にこんな気持ちを思い出させてくれる恵まれてる周囲に感謝します。
ありがとう。
そして、この一年も穏やかにすごせますよう。

May 14, 2017

端午の節句

5月も中旬に入りましたが、
皆さまGWはいかがお過ごしでしたか?
私は昨年は東京で過ごしましたが、
今年はGW始めに弟が車で東京まで来たので
帰りに乗せて貰って帰省しました。

東名が混雑する事が予測されていたので夜中に東京を出発しました。
想像よりもスムーズに帰路につけました。
やはり新幹線より車のが負担が少なくて助かりました。
…て、私は助手席だったので(笑)
運転手の弟は眠気と闘いながらだったので、
なるべく話し掛けて私も眠らないようにしましたが💦

実家ではくつろぎながらも
自分のペースで過ごせない葛藤もありましたが、
お正月にはハイハイだった甥っ子がヨチヨチ歩いていて
感動と和やかさで癒され効果覿面でした。

丁度GWは甥っ子の節句も含まれていたので、
5日は公園でお弁当を食べながら鯉のぼりを堪能しました。
IMG_1681












雲ひとつ無い澄んだ青空を気持ち良さげに
鯉のぼりたちが泳いでいて晴れやかな気持ちになりました。

帰り道に柏餅を買って、五月人形にあげました。
五月人形には男の子が元気に育って欲しいという祈願があるらしく、去年の初節句に母が贈りました。
昨年は抱っこされている写真を送って貰いましたが、
今年は実物を見ることが出来ました♪

想像より神々しく立派な造りに驚愕。
艶よく奥深い漆がなんとも味わい深い。
甥っ子は周りをチョロチョロと動きまわって
大人しくしてくれないから写真が撮れない涙
折角の徳川ゆかりの兜との記念撮影が…。
IMG_1800















甥っ子も2月に無事一歳を迎え、すくすく成長しています。
まだキチンとした言葉は発しませんが、
「抱っこ」と唸りながら両手を広げて催促してくる姿が
なんとも可愛い(笑)
ハイ、メロメロです。

沖縄は既に梅雨入りしたそうで。
私の苦手な季節がもうすぐ到来です涙
偏頭痛持ちなので、気圧変化に弱いのです。
でも甥っ子写真に癒されながら乗り越えます。
恵みの雨でもありますしね^_^
皆さまも晴れの日も雨の日も、健やかでありますよう。

April 02, 2017

桜、舞う古都〜愛犬と行く京都旅行〜

2013の今日、私は京都にいました。
母の還暦祝いと定年退職慰労の家族旅行。
もちろん、あずきも一緒に♪

年明けからネットで下調べをし、
なるべくワンコも一緒に参拝できる場所を中心に
行ける場所を厳選していきました。

でも、宿の確保には苦労しました。
ペット可は何件かありましたが、
注意書きで「布団に入れないでください」が多くて…。
あずきは家族の誰かの腕枕で寝るので、
その注意書きが無い宿を探すのに苦労しました。

友人のわんこは泊りに行った時、
いつもと場所が変わると落ち着かずに
一晩中ウロウロとしていたようですが、
あずきは家族の誰かがいれば大人しくしてくれているので
旅行も一緒に連れていく事にしたのです。
ペットホテルに4時間程預けたことがあるのですが、
ご飯も食べず、大好きなおやつも食べず、
ひたすらじっとしていたようで…。
手術で入院した時もトイレを我慢してしまったりしたので、
預ける事は止めて一緒に行ってきました。

行きたい神社には全て電話して「わんこは可か」確認しました。
それを元に妹が張り切って由来などを纏めた旅の栞を作ってくれて。
地図等も添えて、どこがワンコ同伴可かなど力作してくれました。
分厚くてホッチキスで止まらないぐらい(笑)
それも旅の思い出です。

4月1日、朝早く車で自宅を出発。
途中、下調べしてあったドッグランのあるサービスエリアで休憩しつつ、京都を目指す。
お昼過ぎに京都到着。
調べてあったわんこ同伴OKなお店でランチを済ませ、嵐山方面へ。

一足目。野宮神社。
良縁・子宝・学問の神様として有名。源氏物語の宮。
竹林を抜けて、開ける神社という感じでした。
わんこはこういうの↓で一緒に参拝OKです。
110320_211633
















こじんまりとした神社でしたが、奥に秋篠宮さまがいらしたという小さなお社があります。
ここでは友人たちへのお土産に良縁のお守りを幾つかGET。
私のバックには今でもそのお守りが付いています。

二足目。美空ひばり座。
母が美空ひばりさんが好きで足を運びましたが、
母以外は興味が無かった事とわんこダメで、母と付き添いに妹のみ。
現在は閉館したようです。

三足目。天龍寺。
世界遺産。足利氏が後醍醐天皇の霊を慰めるため創建。
参道には脇にいくつもの神社があり、趣ある風景が。
残念ながら拝観時間をギリギリ過ぎてしまっていた為、庭園には入れず。
でも入口に四季折々の写真が飾られていて、気持ちも落ち着きました。

四足目。嵐山の渡月橋。
河川敷の桜が満開で、とても綺麗でした。
京都7
















亡くなった父が好きだった事もあって桜を見ると
幻想的で儚げで淡くて刹那的で美しくて、不思議な気持ちになります。

五足目。ますや旅館。
一日目はこちらで一泊です。
10帖+11帖の二部屋にバス・トイレ付。
楽しみにしていた夕飯が冷めていた事が残念でしたが、
ペット可のお部屋食だったので満足です。

二日目。六足目。京都御苑。
江戸時代は二百もの宮家や公家の邸宅が立ち並ぶ街だったそうです。
あずきとお散歩しながら、一周…しようかとしましたが、
あまりの広さに断念。
でもあちらこちらに桜や春の花々が咲いていて、朝の清らかな空気を満喫できました。

七足目。京都御所。
古来の内裏の形態を今日に保存してある由緒ある場所。
予約制で当然わんこ不可。
京都9
















でも、趣のある古来の建物を真近に拝見でき、
タイムスリップしたかのような錯覚に陥る事ができました。
風情ある空間で、贅沢な一時でした。

八足目。梨木神社。
御祭神・明治維新の功労者、三篠公。学問の神様。
ここはわんこ可。
京都の三名水の一つ、染井の井戸が美味しかった。
行かれる方は、是非ペットボトルをご用意する事をお勧めします。

昼食は近くの下調べしてあったペットカフェへ。

九足目。清明神社。
御祭神・安部清明御霊神。パワースポットとして有名みたいですね。
こちらはわんこ不可。
その代わりに通信でペットの御祈願をしてくれます。
清明の念力によって湧き出たとされる清明井戸は、
飲むと悪病難病が治るとされるそうです。
清明神社
















また写真を携帯の待ち受け画面にするとご利益があるそうです。
お持ち帰り、どうぞ〜。

十足目。金閣寺(鹿苑寺)
正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。
こちらはわんこ可です。
金閣寺1
















中学の修学旅行で来て以来ですが、
その時に感じなかった歴史の重みを感じました。
あいにくの雨模様でしたが、それも趣があって一興。
隅から隅まで味わえる場所が満載でした。

十一足目。晴鴨楼。
政府登録国際観光旅館。二泊目はこちらで。
老舗という事もあり、お値段は張りますが母慰安という事で奮発。
お部屋も歴史あるデラックス和室で一息。
こちらでお茶請けに戴いた麩饅頭の味が忘れられません。
この趣でペット可は本当に良心的です。
十二単体験も妹と一緒にさせて頂いて、とても良い体験が出来ました。
お料理も格別で、出来立ての温かい品を一品一品運んでくださいました。
御出汁がお上品で美味。京都ならではという感じでした。
ちなみに私たちが泊まったお部屋は、松嶋○々子さんや椎名○平さんもいらしたそうで。
バス・トイレが付いていて、お部屋も広く快適に過ごせました。

十二足目。清水寺。
本堂・舞台は国宝、その他重要文化財多数。
こちらもわんこ可。
音羽の滝、お寺の名の由来になった清らかな水はパワースポットとして、
長寿・恋愛・学業にご利益ありとの事です。
TVでよく目にする機会も多いですが、
やはりその場に立って自分の目と肌で感じると違いますね。
圧倒されました。
境内にはいくつか神社がありました。一つ一つ心を込めて参拝してきました。

十三足目。伏見稲荷大社。
全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮。
こちらもわんこ可。
心願成就のパワースポット。
有名な千本鳥居は偉巻でした。
そして、おもかる石はやはり重かった(笑)
お山巡りは4キロという事で断念。
いくつものご利益があるとされてますが、何といっても商売繁盛だそうです。

十四足目。丸山公園。
京都随一の桜の名所。明治19年開設の京都市最古の公園。
こちらであずきお散歩休憩。
公園内はお花見の方々で混み合ってました。

そして、またしてもペットカフェで一息ついて。
でも、注文した食事が出てくるまで約一時間かかり、時間ロス(-_-;)

十五足目。八木邸(新選組屯所)
京都市有形指定文化財。壬生浪士組屯所。のちの新選組屯所。
もちろん、ここはわんこ不可。
でもでも、ここ一番楽しみにしてたーーー!!!
沖田総司が芹沢鴨を暗殺した際の刀跡がぁぁぁ!!!
ガイドさんとお話が盛り上がりながら、時代を堪能しました。
あぁ、DVDまた観ようかな。

十六足目。壬生寺。
重要文化財多数。境内はわんこ可。
ここで新選組がお相撲大会を開いたんですね♪。
想像していたより広かったです。
壬生塚参拝は時間が間に合わず…涙。
沖田が境内で子供達を集めて遊んだり、
近藤さんをはじめ隊士が壬生狂言を鑑賞したり、
お寺の放生池の魚やすっぽんを料理したそうです。
そんな場所にこれて感無量でした。
本殿の右奥に咲いていた桜が一際綺麗でした。

十七足目。天下一品総本店。
弟の大希望で。天下一品好きなのです(笑)
それで、京都に来たらどうしても総本店で食べたいと。
うん、たいへん美味しくいただきました。
その後のおじゃマップで慎吾くんが座った席で私達食べました♪
なんて偶然!嬉しい〜!!
色んな意味で、ここも思い出深い場所になりました。

十八足目。京都駅。
家族がお土産を買い求めて行きました。
私はあずき番で近所をお散歩。

そして、帰路へ。
時間があれば、西本願寺や二条城にも行きたかったのですが、タイムアウト。
本当に残念。京都を堪能するには三日じゃ足りないですね。
でも桜が舞う京都を満喫でき、とても濃い旅行になりました。
幸せな思い出がいっぱいです。


以下、ペット可およびペット不可の一覧。
わんこ連れで京都をお楽しみになりたい方の参考になれば幸いです♪

ペット可(ケージor抱っこ)
・野宮神社
・天龍寺
・嵐山の渡月橋
・金閣寺
・京都御苑
・梨木神社
・哲学の道
・銀閣寺
・壬生寺
・東寺
・清水寺
・円山公園
・八坂神社
・南禅寺
・稲荷伏見大社
・宇治上神社
・平等院

ペット不可
・仁和寺
・竜安寺
・清明神社
・京都御所
・二条城
・八木邸
・西本願寺
・三十三間堂
・知恩院
・醍醐寺
・寺田屋
・宇治公園
・喜撰橋

January 16, 2017

遅れながらの、迎春

2017年、始まりましたね。
…てか始まって暫く経ちましたが(笑)

今年は私にとって、初めての経験が多く気持ちが重いです。
年初からこのような事を書くのはどうかとも思うのですが…。
年越しも例年の紅白を見ながらではなく、別の局を観ていました。

なんかね〜…、気持ちが晴れない。
と言いつつも日々は過ぎて、日常の毎日を過ごしています。

年初には家族で初詣に出掛けました。
神社には午前中に参拝した方が気が澄んでいて良いとの事で、
朝早くから車で出発しました。
お陰様で昨年のような酷い渋滞になる前に神社に到着し、
昨年のお礼と同時に今年の良き願いをしてきました。

そして神社には恒例の干支の銅像が。
今年は酉年という事で立派に羽を携えた鶏が製作され飾られていました。
迎春170115












毎年思うのですが、これを製作している方、
凄いなぁ。
初詣の一つの楽しみになっています。

例年なら初詣の後は、神社近くのショッピングモールで買い物をし映画を見るのですが、
今年は朝早かった事もあり、何より心惹かれる映画が見当たらなかったので却下。
ゆったりと実家で過ごしました。
そして親戚が新年の挨拶に来てくれて談笑。
お正月という感じです。

でも甥っ子が年末からRSウイルスに感染し、
40度の高熱で嘔吐や下痢や咳などで苦しんでいたので、可哀想で…。
妹もお正月関係なく看病していました。
生後10ヶ月になり少し大きくなったお手ての写メを乗せたかったのですが断念。
でも今は快方に向かい、笑い声をあげて遊んでいるムービーを貰い、一安心♪

新年。新しい年。
改めて気持ちを引き締めて踏ん張っていきたいです。
本年が皆さまにとって、幸多き年となりますよう…。

December 10, 2016

いよいよ師走、もう師走…

早いもので、今年ももう年末雰囲気ですね。
街のイルミネーションが眩しい季節到来です。

師走といえば、そろそろ年賀状の準備。
この季節になると、今年はどんな年賀状にしようか迷います。

世間では、子供の写真付き年賀状に対する賛否討論があるようですね。
独身の友人に対して子供の写真を送るのはどうなのかと…。
コレ毎年耳にしますが、私は賛成派です。

友人の子供の写真を見る度、
あの時にお祝いした子がこんな大きくなったんだぁって
他人事ながら嬉しくなります。
それが友人を含む家族写真だったりすると尚更です♪
家族仲良く元気にしているんだなぁって、勝手に微笑ましくほのぼのしてます(^▽^
いいよね〜♪

それに、私に年賀状をくれる友人たちは、
必ず直筆で一言添えてくれてあって。
それが年を跨いで行ったり来たりするのが更に楽しい!
来年もそんな風に一年が始まったら嬉しいです。

近年では、SMSやメールの浸透で、
それで年始の挨拶を済ませる方もいらっしゃるかと思いますが…。
私は正直、それは嫌だなぁ。
住所を知らないとかならともかく、
何の感情もこもっていない定形文の挨拶だけ送ってこられても、
手間を省かれた感しか沸きません。
一言でも、その人らしさがあれば良いのかもですが。

まあ、感じる事は人それぞれ。
皆さまが滞りなく年末年始を迎えられるよう、祈っています。


…最後に、一言、叫んでもいいですか…??

世界に一つだけの花、トリプルミリオン達成!!!
SMAP、おめでとうぅぅぅ〜〜〜♪

November 12, 2016

満を持してのデビュー

長年愛用してきたガラケーを卒業して、スマホデビューしました。
iPhone7 Plus Rosa Goldです。

キャリアがガラケー対応しなくなるまで
意地でもガラケーを使い続けようと思ってましたが、
メインバンクがガラケー非対応になり(メインバンクを変えて乗り越え)、
毎日覗いていた掲示板が非対応になり(PCで見る事で乗り越え)、
何度か危機を脱してきたのですが、もうこれにはマイッタ…。

YAHOO!のファイナンスのポートフォリオ(株価)のガラケー非対応へのお知らせ!
ガラケーでここをチェックするのは毎日のルーティンに組み込まれているので、
これをされたら流石に頑固な私も機種変更せざるを得ない。
で、悩んでいる時にiPhone7の発売のニュースを聞き、
あぁ、これは変え時だな、と決心しました。
発売直後は売切れ御免状態だろうなと暫く経ってから予約し、
秋も深まりつつある時についにiPhoneデビュー!

しかし、…使い方が全く分からないぃぃ!!!
説明書くれよぉぉぉ!!!
店頭で電話帳データだけは移行して貰えましたが、
店員さんは何の説明も無しに涼しい笑顔で「直ぐに使いこなせますよ」と。
「わぃふぁいてナニそれ、おいしいの」状態の私はマジ参りました(涙)
家は有線LANでそれをPC及びTVやBlu-rayに繋いでいるのですが、
無線LANに全て変えて設定しなおさなきゃなのか…と落胆し、
その設定直しの為の控えを取ろうとBlu-rayを弄っていたら、
Blu-rayがWi-Fiの親機になれる事を発見!
これで、Wi-Fi設定はクリア♪

問題は色々設定してあったサイトのIDとパスワードの再設定。
もうもう、どのサイトがどのIDなのかとか忘れてしまって、さぁ大変。
銀行や証券会社関係は控えを取っていたので大丈夫だけれど、
趣味系やBlu-rayの遠隔操作やmixiなど多岐に渡って忘れてる!
mixiに至っては登録アドレスどころか自分のニックネームまで忘れている(-_-;)
どなたか教えてくださいませ〜(泣)

色々入っているアプリもどれが必要でどれが不必要なのかは分からず仕舞い。
てか、入力速度も超遅いし、遣り難いし。
それでも家族や友人に使い方を教わりながら少しずつ慣れてきて、
家計簿アプリを追加し、カレンダーアプリを追加し、と色々弄っています。
最初の夜は、友人と呑んで帰ってから弄りだしたので、
キリが無くほぼ徹夜状態でiPhoneと格闘していました。
カレンダーアプリはアイコンの表示方法が分からず、
購入しなきゃいけないのかと約300円のアイコンを購入した後に、
それ以前に可愛いアイコンが標準装備されているのを発見し憤慨させられましたが、
なんやかんや少しずつカスタマイズしています。

写真やムービーもiCloudで移行できたし、
iPod nanoもiPhoneと一体化できたし、
これからiPhone Lifeを満喫していきたいと思います。
お薦めアプリがございましたら、是非お気軽にご一報を♪

October 09, 2016

愛犬の癌、急性腎不全

3年前の今日、2013年10月9日、
実家の愛犬「あずき」が亡くなりました。
急性腎不全でした。

その前に、あずきは癌を患っていました。
その事について語るべきか否か悩みましたが、
あずきの癌が判った時に大変励まされたBlogに出会えたので、
私達家族と同様にお悩みの方々のお役に立てたらと、書く事にしました。
しかし、感傷的でお見苦しい所や、
愛犬を家族と感じる事に拒否反応がある方、犬の病気にご興味ない方には
読み難い長文記事かと思いますので、ここでお引き返しください。

あずき遺影












全てのきっかけは父が亡くなった事でした。
父がいなくなってから、私達家族は様々な事を考えました。
父が生きた意味はなんだったんだろう
父が遺してくれたものは何なんだろう
人としての在り方、優しさ、思い遣り、背中。そして、繋いでくれた命。
その大きさに想いが溢れ、何かを遺したいと私は感じました。

そして、父がいなくなって淋しがっている愛犬あずきに赤ちゃんを…と考えました。
当時のあずきは五歳、高齢出産になります。
ですが家族全員があずきの子孫を望み、私達は繁殖をしてくれるブリーダーを捜し、
隣の市にあるダックス専門のブリーダーさんに相談しました。
あずきはスピッツとマルチーズとロングヘアーミニチュアダックスフンドのmixです。
ですがダックスの血が強いので、相手もダックスに決めました。
一度目の繁殖は残念ながら失敗。
しかし、ブリーダーさんが良心的な方で、
一度の料金(3万円)で二度まで繁殖行為をしてくださり、
あずきは二度目の繁殖でめでたく妊娠!
日に日に大きくなるお腹の写メを、
遠くに住んでいる私に家族が毎日のように送ってくれました。
近所の動物病院で定期的に診察を受け、
赤ちゃんが順調な事を確認していましたが、
予定日より1週間早くあずきは産気付きました。
私も帰省して仔犬の誕生を待ちましたが、あろうことか結果は死産…。
3匹の仔犬達は産声をあげませんでした。

その後のあずきの様子は可哀想すぎて書けません。
ご容赦ください。
ごめんね、あずき。

ですが、あずき自身の体調にも変化がありました。
自宅で死産し、仔犬達は出産と同時に動物病院に連れて行ったのですが、
あずきは少し落ち着いてからの三日目ぐらいに診察を受けに連れて行きました。
そこで陰部からの膿が止まらない事を獣医師に相談したのですが、
「死産の後はよくある事だから暫く様子見」との判断で。
それから1週間毎に診察に連れて行ったのですが、結果はいつも様子見。
しかし、2ヶ月が過ぎた頃「エコー診てみましょう」となり、
「脾臓が鮮明にみえない」と診察され、
「心配なら高額だが他の病院でCTかMRIを受ける事を奨める」と言われました。
近所のその動物病院には、そういった設備が無かったのです。
一旦家族で相談してからとなりましたが、皆「高額でも心配だし」と答えを出しました。

紹介された2つ隣の市の動物病院と連絡を早急にとり、
一番早くCTとMRIを受けれる日程を予約し電話で説明を受けました。
全身麻酔の為、当日は食事を与えず水も駄目。
費用は約7万円。結果はその日の午後に。

予約当日の朝、「ご飯くれないのぉ?」と言わんばかりのあずきを
大好きなドライブで誤魔化して動物病院に連れて行きました。
終わるまで時間が掛かる事が分かっていましたが長かった。
その間、私達は家で落ち着いている事が出来ず、
あちこちドライブしながら買い物をして時間が来るのを待ちました。
時間がようやくきて、あずきを迎えに動物病院に行き、
そして診断を受けました。

結果、あずきは卵巣癌でした。
通常なら数センチの卵巣がテニスボール程の大きさまでなっていて。
獣医師からそれを告げられた時、頭が真っ白になり、
片隅で妹が泣き崩れるのがみえました。
説明を丁寧にしてくださったのですが、何も頭に入ってきませんでした。
死産の原因はこれだったのです。

私達は獣医師に1日も早く癌摘出手術を依頼しました。
幸いにも翌日手術室が空いていたので、迷わず予約しました。
動物病院で「また明日来るのは大変だろうから」と、
あずきの入院を勧められましたが、一旦、家に連れて帰る事にしました。
そして翌日の手術。
結果はやはり右の卵巣癌。
足のリンパ腺にも転移がみられたが手術が難しく。
そして肺水&腹水からも同じ細胞が発見され、
全身に癌が転移している事が確認されました。

獣医師から「治療するか寿命を待つか」考えるよう言われましたが、
動物病院の待ち合い室の貼り紙で、そのキャミックと言う系列の動物病院では、
(リンクからは都内のみですが、キャミックは各都道府県にあるようです)
癌の免疫療法をやっている事を事前に知っていたので、
費用が掛かっても治療する事を私達家族は選択しました。
人にも、実費ですがこの癌の免疫療法は有効とされているようです。

そこから、あずきの癌闘病生活が始まりました。
2週間毎の抗がん剤の投与、
そして採血した血からあずきの白血球だけ培養してまた投与。
毎週のように動物病院通いが始まり、
道を覚えるのが得意なあずきは動物病院の近くに来るとブルブルと震えてました。
可哀想でしたが、少しでも長生きして欲しくて通いました。
抗がん剤は一種類だけではなく、色々と組み合わせて獣医師が選択してくれました。
治療費は疎らで一回につき3〜12万ぐらいでしょうか。
抗がん剤の種類によってばらつきがありました。
免疫療法は一回につき6万ぐらい。
それを2週間に一回全六回をワンクールで、回数を重ねました。
計算する気もありませんが、多分新車一台買えるぐらいになったと思います。
ですが、その治療の甲斐あって、
あずきの癌はそれ以上転移する事なく1年半が過ぎました。
動物病院に通う以外は、あずきの生活はそれまでと変わらず、
強いて言えば病院通いのご褒美に、帰りに大きな公園で走り回る事ぐらいです。

ですが、治療を続けても癌細胞を消す事は出来ず、
獣医師からこのまま治療を続けてるかどうするか聞かれ、
セカンドオピニオンを薦められました。
そして東京にある日本獣医生命科学大学付属動物医療センターに予約をとり、
腫瘍内科で診察を受けました。
私は東京で待っていましたが、実家から来る途中のサービスエリアのドックランで
楽しそうに走るあずきの写メが送られてきて、長旅でも元気なあずきに一安心。
そうして大学病院に向かい、検査をし、診察を受けたのですが、
「いま積極的に行っている治療が最先端でこれ以上は無い」との事でした。
希望を持って行ったので少々残念ではありましたが、
今の治療が間違っていない確信も頂き、安心しました。
地元の獣医師が言うには、獣医師雑誌に掲載されていた論文によると、
あずきと同じ状態で治療しなかったワンコは、
1年待たずに更に転移し亡くなったそうです。

そのように癌治療を続けていたのですが、
ある日あずきが嘔吐を繰り返し、
心配した家族が動物病院に急遽連れて行ったのですが、
担当獣医師が執刀中で院長が診察してくれました。
原因は解らず吐き気止めが注射されたとの事。
その日の夜、あずきは痙攣を起こし、翌日朝一で家族が病院に連れて行き、
担当獣医師に診て貰った所「もしかしたら脳に転移したかも」と。
即、入院し検査してもらい、母からきたメールで私は新幹線に飛び乗りました。

「あずき急性腎不全。危篤」

そのキャミック系列の動物病院は血液検査もやっており、
あずきの体調不良は癌転移では無かった事が判明しました。
夕方、動物病院に家族が集まり、
獣医師から既に効果的な点滴を二本打ったが改善せず、
「いつどうなってもおかしくない状態」と説明され、
意識が朦朧とするあずきの前で一時間近く悩み、家に連れて帰りました。
あずきが息を引き取ったのは翌朝でした。

何か形を遺したいと、紙粘土で足形をとりました。
今、あずきは父の眠るお寺の慰安碑に眠っています。

私が帰省すると、激しい抱っこ攻撃と痛いくらいのキスをくれて。
いつも夜眠る時は家族の部屋を回ってベッドに潜り込み、腕枕で眠って。
大好きなササミの入ったご飯を待つ時は、何故か首が斜めに傾いていて。
母がキッチンで包丁で何かを刻み始めると、
音がした瞬間キッチンに走っていって。
新聞を運ぶのがお仕事で。ご褒美のタマゴボールがお目当てで。
ドライブが大好きで車の扉を空けると一番に乗り込んで。
お散歩も大好きで出掛ける気配がすると自分からリードを持ってきて。
預けられるのが苦手でSMAPのコンサート中だけなのにご飯食べなくて、
お迎えに行ってご飯あげたらバクバク食べて。
家族が居れば何処でも平気で、
長野の父還暦祝旅行も、京都の母慰安旅行も、夜は腕枕でぐっすりで。
いつも家族の笑顔の中心で。
…こんなに「愛おしい」と感じた存在はあずきだけだよ。

こんな感傷的な長文をここまで読んでくださった方、有難うございます。
そして、もし貴方が愛犬の病気で悩んでおり、
このBlogが少しでもお役立て出来ていたら幸いです。

最後に。
もうワンコを家族にする事は無いだろうな。
別れが辛すぎるから。

あずき、私の人生が終わるその時まで、虹の橋で待っててね。

fwnp4154 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ワンコ | 雑談

September 09, 2016

断髪式

願掛けで、長年伸ばしてきた髪を30cm弱バッサリ切りました。
髪をこんなに短くするのは近年全くありません。

本当はもう少しキッチリパッツンとしたボブにしようと考えてたのですが、
美容師さんが私の髪質的にお手入れが大変になるから
もう少し長めでシャギー入れてと薦められ、お任せしました。
結果、肩につくかつかないかぐらいです。

髪を洗うのが大変でも、乾かすのに時間が掛かっても
背中の2/3までに長くしていた髪には
私的には色々な思い入れがありました。
単に好みの問題もありますが、
普段は束ねて楽チンで、お出掛けの時は巻いて可愛く、と
使い勝手が良かったのもあります。
でも、一番は幼い頃からの憧れでもありました。

幼少の頃から、母が髪を伸ばす事を許してくれなくて
ずっとショートヘアーでした。
清潔性の理由なのか、洗髪の理由なのか、単に母の好みなのか、
何故、髪を伸ばしてはいけないのか解らなかったけど、
母の言い付けを守って短い髪で過ごしました。
でも中学入学の頃から徐々に伸ばし始めて、
以来ずっとロングヘアーを保ってきました。

あ、でも学生時代に一度だけショートにしたなぁ。
失恋したと勝手に思い込んでバッサリいきました(笑)
(後に成就、そして破局)
それ以来のロングヘアーを切ったという事で
今回の私の想いを感じて頂ければ幸いです。

8月中旬、リオオリンピックの真っ最中、
真夏の深夜に私的に衝撃的な出来事が起こりました。
もう唖然として、茫然とするばかりでした。
打破しようにも難しい問題が立ちはだかり、
私にはどうする事も出来ません。
それでもと、少しずつ思う事を行動に移しましたが、
現状打破できないままで。

そこで、「禊」の意味も込め、断髪する事にしました。
痛んでケアが必要な部分はバッサリ切り落として、
新たに再生して伸びやかに長くなぁれ、と。
自己満足でもありますが。

でも、それでも、願いを込めて。
また長くなった髪を楽しめるように。
華麗なる逆襲を。
どうか届きますように。



August 07, 2016

残暑お見舞い申し上げます

毎日、本当に暑い日が続きますね。
私は早くも夏バテ気味です。

夏と冬とどちらが好きかと問われたら、迷わず「冬」と言うぐらい夏が苦手で、
この季節は毎年ゲンナリしちゃいます。
夏を満喫していた時期もあったのですが、年々暑さが身体に堪えます。

夜、眠る時もエアコンは切れません。
最初はタイマーにして眠っていたのですが、そうすると朝方暑さで目が覚めてしまうのですよね〜。
今は常時エアコン稼働中です。あぁ、電気代の請求が今から憂鬱(-_-;)

でも、梅雨明けの頃、そんな憂鬱を吹き飛ばす一枚の葉書が届きました。

160806_212741

甥っ子からの暑中見舞いです♪
ちっちゃなお手ての蟹さんに、ちっちゃなあんよのペンギンさん。
もうもう、眺めてるだけで伯母ちゃん頑張れるよp(^-^)q
…と思ったら蟹さんじゃ無くて、ニモだそうで(笑)

眺めていると余計甥っ子に会いたくなります。
一生懸命に覚えて甥っ子が喜んでくれた「おもちゃのチャチャチャ」フルバージョン(自己流振り付き)も
次に会った時も喜んでくれるといいのですが。
今は妹が送ってくれるムービーや写メを眺めながら癒されてます。

しかし暑いなぁ…。
子供の頃はこんなに暑く無かった気がするんですが。
夏休みも毎日外で遊んだりプール行ったり。
そう今、子供達は夏休みなんですよね。
高校二年生の親戚の子はバリにホームステイしに行っていて、
最近は海外に勉強しに行くのも早くなったもんだなぁと思ってたら、
友人の中学三年生になる娘ちゃんもニュージーランドにホームステイしに行っているそうで。

私も19歳の時にニュージーランドにホームステイ行ったなぁと懐かしくなりました。
ホストファミリーの家には四歳の女の子と二歳の男の子がいて。
大人達はゆっくりした英語を話してくれたので会話も出来たのですが、
子供達は超早いスピードの英語を矢継ぎ早に話してくるものだから、
聞き取りに苦労したのを今でも覚えています。
クライストチャーチの大学に午前中通って、
午後は学校がセッティングしてくれた予定をこなし(遊び)、
良い経験をさせて貰ったものです。
親戚の子も友人の娘ちゃんもそういった有意義な時間が過ごせていたらと願います。

夏は今からが本番。
…と思うと気が遠くなりそうですが、
夏バテ夏風邪熱中症には気をつけて過ごしましょ。
夏好きの方は、思いっきり焼けて満喫してくださいね(・∀・)ノ


fwnp4154 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

July 15, 2016

お施餓鬼@実家

お盆で帰省してます。
実家のある地区は新盆なので、7月がお盆です。
実家から車で約十分の父&母の本家は旧盆の8月なので、何処が境目なのか(笑)

元々は明治時代に西洋の新暦を取り入れた事で、
それに習う新盆の地区と
古くからの習わしだからとそのままの暦を使った旧盆の地区があるようで、
諸説ありでなかなか興味深いです。

幼い頃から、お盆は父&母の実家を回り(遊び)に行っていました。
「ご先祖さまが帰ってくるんだよ〜」と教わり、
帰って来る時は早く帰りたいから胡瓜のお馬さんで速く、
そして戻って行く時は戻りたくないから茄子のお牛さんでのろのろと。
おうちが分かるように迎え火を焚いて、
その火で花火をして遊んだものです。
お施餓鬼にはお寺に家族・親戚一同が集まって、
お坊様の唱えるお経を聞き、蓮の葉にお米・茄子・胡瓜を賽の目に切った物をお箸で弾き、
お昼には母の実家でお寿司をご馳走になり…
子供にとっては夏の一大イベントでした。

大人になってからは本家にも足を余り運ばなくなり、
お線香だけあげにお邪魔する程度になりました。

ですが、父が亡くなり、それから我が家にお仏壇ができ、
それからの夏は変わりました。
お墓をお掃除してミソハギとカヤをお供えし、盆棚を作り、
胡瓜の馬、茄子の牛、ぼた餅などを母が作り、
お施餓鬼では水向けのお米・茄子・胡瓜を盆棚に供え。
仏壇






元々、我が家は宗教に信仰があるわけではなく、
お墓も父が亡くなった時に慌てて近くのお寺にお願いしたくらいなので、
お盆も行事の一環として捉えていたぐらいですが、
今は幼い頃に祖母が言っていた「おじいちゃんが帰ってくるよ〜」を信じたい気持ちです。

亡くなった人の魂が、年に一度お盆の時期だけ帰ってくる。
父があずき達を連れて帰ってきてくれていたらいいなぁと思います。
そして、行事としてでは無く、年に一度、故人に思いを馳せてもよい時期として、
父達を偲びたいと思います。

妹も2月に産まれた甥っ子を連れて帰ってきています。
もうもう、伯母ちゃん(私)メロメロだよぉ(笑)
最初は「誰?このオバチャン?」的な眼差しだったのですが、
振り付きで歌ったりあやしている内に、
伯母ちゃんを見付けると笑いかけてくれるようになりました←相当嬉しい(笑)
キッチンで音楽をかけながら料理している時に、
SMAPのビートフルディがかかり、
この曲はコンサート終盤での最後の盛り上がる曲なので、
思わず全身で踊って盛り上がりを表現してしまったら、
妹に抱かれて伯母ちゃんを見ていた甥っ子がキャッキャッと声を上げて喜んで笑ってました。
いやん、こんなんで喜んでくれるなら、伯母ちゃん幾らでも踊っちゃうよ?(* ̄ー ̄)

そして、母が初孫の甥っ子をあやして色々な童謡を聞かせてあげてる姿を見て、
自分もこうやって可愛がられて育てられたんだなぁと
感慨深くなりました。
父にも逢って欲しかったな。

まだ寝返りは出来ませんが、随分と成長しました。
はると2






次に逢えるのは年末かな?
その頃にはハイハイができるかな?

それを楽しみに日々を乗り切ります。
暑い夏ですが、熱中症には気をつけて過ごしましょ。

fwnp4154 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談