2007年01月04日

金融先進国イギリス

今日の日経1面にイギリスの金融保険業界のことが出てました。

同分野で先進国であるイギリスでは

・家計金融資産に占める『年金・保険』は54%と日本の約2倍
・保険商品を比較する情報会社がある
・金融アドバイザーを積極育成している
・家計が主体的に自分のお金を生かせるように国が環境作りを推進している 等々

というものでした。

日本は、その点まだまだ遅れているのでしょうが、多分近い将来5年ほどで同じ時代がくるんでしょうね(年金・保険のマーケット規模は別として)。

最近、日本でも主体的に自分のお金を生かすための情報・勉強の場が多く見受けられるようになってきました。

その情報が、大量に溢れすぎると、今度は玉石混合の情報となり、情報の良し悪しの判断が必要になってきます。

その意味では、金融アドバイザー、いわゆるFPの仕事の役割は益々重要になってくると思います。

私も、今企業内FPとしての立場ですが、本当の意味で上述のような顧客の金融アドバイザーを務めるのなら、独立系FPじゃないとだめでしょうね。

fwpb5244 at 22:07│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔