待望のドミニオン繁栄でエラーボックス掴まされてそれ以前の問題になってる今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、この間のモチベーションの話から発展して、どうすればモチベーションを維持できるのかって具体論を考えていたんだけど、結局のところ良い案が思い浮かばず。
逆にモチベーションが奪われる行動がいくつか思い浮かんだので、たまには真面目に書いてみる。
気にしすぎてもしょうがないけど、これらをやらなけれはそれなりに楽しくゲーム出来るんではないかと。

1.ゲーム中に別の事をする
2.知ってる事を教えない
3.負けた人をバカにする
4.負けていると明らかに不機嫌になる
5.感想戦が公開処刑に

1.ゲーム中に別の事をする
ちょっと周りの人に声をかけられて答えるとか、ちょっとトイレとか電話が入ったとかそれくらいなら別に問題ない。
問題なのは、自分の番がくるまでの間、携帯をいじったり、本を読み出したりと明らかにやる気あんのかないのかわからないような行為。Twitterにちょっと書込みするくらい(〇〇なう位)なら個人的にはセーフかなとは思うけど、やり過ぎ(実況とか)は考えもの。

2.知ってる事を教えない
知ってるか知らないかで勝ち負けが全然変わるゲームというのはいくつかあるけれど、それをわざと教えないでさらに圧勝するとか。
インストする側の教え忘れとかもあるだろうけど、それなら「ごめん、教えるの忘れてた。今のゲームはノーカンにしてもっかいやろう。」とか次に繋げたい。

3.負けた人をバカにする
勝つのは嬉しいけれど、それで負けた人が劣っているという事にはならない。
負けた人をバカにするのはお門違い。
負けた人のプレイングにも敬意を払うべきで、なぜあのひとは負けたのか?を考える位の精神的余裕はほしいところ。(口に出すかどうかは相手と場の雰囲気次第で)

4.負けていると明らかに不機嫌になる
勝ちたいと言う気持ちが裏返って悪い方向にでちゃっている。
何かとネガティブなことを口走ったり、カードやコマの扱いが乱暴になったり。
こういう人は大体疲労がたまってるので「モルダー、あなた疲れてるのよ」とスカリーばりに優しくたしなめてあげましょう。

5.感想戦が公開処刑に
協力ゲーやプレイミスが他人へのトスになるゲームの場合に多い。
特にそのトスで不利益を被ったプレイヤーがミスをしたプレイヤーをやたら問い詰めるなんてよくある話で。
自分はミスしてないのに他人のミスで勝ちを攫われたらそりゃ納得も行かないだろうけど、そこはぐっとこらえてじゃあ自分は他に出来ることが無かったか考えるようにしたい。
聞くにしても、「あの時はこっちの方があなたにとって得だったんじゃない?」とやんわり教える位で行きたいところ。

大体こんなモンだろうか。余り気にしすぎても良くないけど、せめて楽しくゲームしたいとこです。