今日は毎月恒例の盛岡ボードゲームクラブのゲーム会にいつものように家族総出で参加してきたので、いつものようにオイラ主観でレポ。
今回プレイしたゲームは
・にわとりのしっぽ
・チャーリー
・○○○○○(製作者の都合により名前は伏せさせて頂きます)
・サバイブ
・ナビゲーター
ってところ。

・にわとりのしっぽ
1998年ドイツ年間ゲーム大賞子供特別賞受賞作。当時は子供ゲーム大賞は無かったので実質子供ゲーム大賞ですね。
で、内容は神経衰弱と双六を足した感じの追いかけっこゲームと言うか、次のマスの絵柄を伏せられたタイルから引き当てないと前に進めないというシンプルながら記憶力の減衰した大人には非常に厳しいゲーム。
次のタイルを当てるどころか、前の手番に引いたタイルをまた開けて「さっき開けたタイルじゃねーか!」と叫ぶこともしばしばw
結果としては途中から見ていた真ん中の息子が絶妙のアシスト(外部記憶装置ともいう)をしてくれたお陰で他2人のプレイヤーの尻尾をもぎ取ってなんとか勝利。
これは大人が苦しんで子供が強いタイプのゲームかも知れないですね。(うちの息子たちがプレイしたときも、真ん中の息子が勝ったらしいですし)

・チャーリー
こちらは、公開情報3枚と自分の手元に伏せられたカードから自分の手札をマネジメントして、誰かが開始を宣言したら手元の伏せカードを一斉にオープン、場において手札を廃棄していき、廃棄しきれなかった分点数を失っていくという変わったタイプのゲーム。
6人でプレイしましたが、手札をマネジメントする際の動きから相手の伏せカードを推理して堅実に手札を廃棄したオイラが1位タイ。
ハンドマネジメントするときに微妙にフェイクを入れると面白いかもと思いました。

・○○○○○
某氏が☓☓☓☓☓をプレイした感じからインスパイアされて作成したゲームのテストプレイに参加。
個人的には☓☓☓☓☓よりも面白いと思いました。
が、序盤の展開がゆっくりなのでどうしても時間がかかってしまう点、あと後半のダウンタイムの長さがちょっと気になりました。
中盤~終盤の展開が面白いところだと思うので、序盤をもうちょっと回転が早く出来る仕組みがあると良いかなとおもいます。(高い土地が最初から配置されているとか)
後半のダウンタイムは・・・システム上仕方ないと言えばそうなんですが、もうちょっとサクサクできないかなーと。まぁ、コレは序盤の展開が早まれば解決する問題かもしれないですが。
それと、デックビルドゲームは圧縮が命なので購入回数制限はルールとして不要と思いました。
あと、個人的にはもうちょっとスペル撃ちまくれるといいなーと(でなければ、スペルは完全に一回制限にしてしまうか。これはどっちのゲームっぽさに比重を置くかによると思いますが)。
それから資金。これは完全に除外してしまってスペル、アイテム等にくっつけてしまえば良いかも。そうすることで序盤のテンポも良くなると思いますし。
と一通り改善点を挙げてみますです。まずは根本システムがミソだと思うので出来うる限りシンプルにしたいですねぇ。
多分、「サンダーストーン」がデザインのヒントになるかと思うので是非一度プレイしませう。>某氏(今度の打ち合わせ会の時にでも持って行きますです。)

・サバイブ
遅めの昼飯を取った後、@47chikuさんが持ち込んでいたサバイブをプレイ。
3人でのプレイでしたが、MAXの4人でプレイして「サメが!
サメが!」とか「コイツを犠牲にしてでもアイツだけは生き残ってもらう!」とかギャーギャー騒ぐのが面白いゲームと思いました。
バカゲーと割りきって気楽に楽しめるゲームで良いと思います。(オイラがビリでしたがw)

・ナビゲーター
前回@47chikuさんにわざわざデッカイ箱を持ってきてもらっておいて未プレイだったので今度こそと@47chikuさんとタイマンプレイ。
コンポーネントは多いですが、一度全部出してしまえば出し入れする必要が無いのは良いですね。(大体、「電力会社」と同じくらいかな?)
噂のロンデルシステムもアクションの順番が悩ましく、中々に面白いシステムだと思いました。
それから、物価の上下の仕方が独特で、工場で生産する場合と植民地で生産する場合とで相場が上り下りするのも面白いと思います。(この辺は「ビール侯爵」に近い感じ)
オイラはさくっと労働者1人増員から造船所2基体制に持って行き、後はいざナガサキ~!という戦略でひたすら特攻。ラストにぴったり船が1隻になるように計算して特攻特攻。開拓者チップ(?)を大量ゲット。植民地量産プレイの@47chikuさんに何とか勝利(6点差位?)
勝ち筋も色々見えますし、非常に面白いゲームシステムだと思いました。
買うならビール侯爵よりは確実にこっちだなぁ。ビール侯爵のコンポーネントは可愛くて好きなんですがねー。
一応、欲しいものリストに追加かな。優先順位は大分下がるけど。

といったところで時間。ちなみに、うちの嫁さんはというと二日酔いと偏頭痛のダブルアタックのためずっと会場の隅っこで寝てましたw(ナビゲーターは嫁さんがいたら絶対勝たれてたと思う・・・)
コレでドイツゲーム賞1~5位は一通りプレイしたことになりますが、1位の7不思議、3位のトロワ、5位のアサラはオイラ向き、2位のブルゴーニュ、4位のナビゲーターは嫁さん向きのゲームかなーと思いました。
という訳で、今回も一緒に遊んで頂いた皆様、本当にありがとうございました!
毎回プレイする機会を逃してますが「アサラ」今度絶対遊びましょう!>@47chikuさん