361: Trader@Live! 投稿日:2016/02/20(土) 21:07:48.98 ID:McuCyAOX.ne
自分の見てる足で大陽線、大陰線
時間足レベルだと分かりやすい
ここで買ってた人も売ってた人も多い圧力が集まってたポイント
逆に動きたかった人達の心理を考える
反対のチャートをイメージ
戻ってきたら一度は反発する、じゃあ何故?
そこから更に戻してきて①押し目や戻りになるときと、②抜けたら一旦レジorサポになるときがある
①からしたら、2番天底になったとき、あとからレンジになりやすくなる
この場合ってのは積極的にブレイク資金が入ってもすんなり抜けない場合が多い

②この場合は2番天底ならず、平均価格も近づいてくる
ブレイクはこういうとこで仕掛ける

じゃあなぜ?それを掘り下げていくのが聖杯


365: ラブリー関取 ◆xq50573HuQ 投稿日:2016/02/20(土) 21:23:33.76 ID:tQcqMu9i.ne
>>361
ローソク足だけで勝てる、というレスをあちこちで目にしますので
EA制作を考えてます。(個人的に興味大です。)

そこで質問なのですが、「大陽線」「大陰線」は、どう定義しますか?

376: Trader@Live! 投稿日:2016/02/20(土) 22:04:30.18 ID:y1nv6IYD.ne
>>365
Open-Closeがプラスかマイナス、高値-安値=値幅のpip数。

やったけど、ワシには上手くいかんかったわ。