写真拡大「警戒される日本の累積財政赤字額と国債格下げと円暴落」■ドットコモディティの「海外先物取引」なら安心して世界の取引所へ注文できます。
・「マイクロ・ゴールド」なら約5万円の資金銭で海外先物が可能!
・CQG Trader のデモ取引を、今すぐ、無償で試して頂くことが出来ます。
(くわしくはこちら)http://www.commodity.co.jp/overseas/tool/CQG_Trader/demo.html

(6 /3更新)
おはようございます。
昨夜のユーロドルの値動きは劇的。大幅に続落する流れから激しい落ち込み相場となっていた流れが、ドスンと棒下げすると、そこから急反発。チャートは代表的な「v字」回復となって1ユーロ=1.44ドルまで上昇すると約1カ月ぶりの高値圏まで大きく反発した。
財政健全化を推進するため、ギリシャがEUとIMFと合意したことがユーロ高につながった。一連の機関からギリシャに対する追加の財政支援規模は64億ユーロと伝えられた。
為替に関しては、この6月が大転換の時期になりそうだとの予測がしめやかに部分的アナリストらの間で囁かれていたが、昨晩のユーロの急騰は、その幕開けになるのだろうかと考えたりする。
今回はユーロドルでの激しい動きがみられたが、ドル円有るいはユーロ円でも激しい動きがこれから生じる可能性も少なく無い。つまり円の暴落の可能性で有る。日本の考ええられ無い程の財政赤字は既に「ジャックと豆の木」状態に陥っており、借入金銭,政府短期証券を含む「日本全体の債務残高」は、6月3日午前7時現今、1135兆5223億9000万円。更に、この額に対する国民一人当たりの債務残高は890万5300円で有る。旦那婦2人・子供2人の4人家族の場合の債務は3562万1200円。日本国民の平均年間所得が291万円(内閣府が今年4月26日に発表した2008年度の県民経済白書)だから、なんと12年2カ月分で有る。
米格付け企業ムーディーズが日本の国債を「格下げ対象」に分類したが、それは、当然の帰結であり、様は政府等がうーんと頭をひねっているより、より深刻で有るといえる。
ちなみに、ムーディーズは、「日本の経済成長に対する懸念が深まっているうえ、財政赤字削減に向けた信頼完了する対策が不足している。格付け展望を格下げ対象に分類」としている。「格下げ対象」は「ネガティブ」より悪い評価。日本政府の財政赤字は東日本大地震のために増え続けており、OECDは来年まで日本政府の財政赤字がGDP比219%に増えると予想。参考までに、日本国債に対するムーディーズの格付けは現今「Aa2」。フィッチは日本国債を「AA-」と評価したが、格付け展望を「ネガティブ」に引き下げている。またS&Pは今年1月、日本国債を最高より3段階低い「AA-」に格下げし、4月には格付け展望も「ネガティブ」に引き下げている。
なお、前出の日本の財政赤字だが、「リアルタイム・カウンター」なるサイトが有る。僕が言う「ジャックと豆の木」という表現がけっして大袈裟では無いことが数値の跳ね上がりから分かってもらえるはずだ。
http://www.kh-web.org/fin/
また来週も宜しくお付き合いください。
============================================================
(本レポート筆者のご紹介)
【小針秀旦那氏】
トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表取締役
東京工業品取引所日報編集長を経て、2001年にトーキョー・トレーダーズ・タイムズを設立。
現今は「コモディティ・ジャーナリスト」として各メディアで活躍中。

1)本レポートは、ドットコモディティ株式企業が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確で有るとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する金額、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは前途の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは前途の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と重責において使用されるものであり、本レポートに有る情報の使用による結果についてドットコモディティ株式企業が重責を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願良いたします。
2)本レポートに記載されている中身の著作権は、原則ドットコモディティ株式企業に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式企業の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。


<企業概要>
企業名 : ドットコモディティ株式企業(http://www.commodity.co.jp/ )
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
代表者 : 舟田 仁(じん)
資本金銭 : 18 億9,999 万円
事業中味:商品取引受託業務、海外商品先物取引業務、店頭商品デリバティブ取引                                                
     経済産業省・農林水産省許可商品取引企業



News2uリリース詳細へ

関連URL:
http://www.commodity.co.jp/index.html



朝来市:基金問題 販売元の会社4社、賠償額9億1000万円 市が試算発表 /兵庫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000291-mailo-l28




FX最新情報