FX 専業トレーダーの自由帳(別館)

FXに関する内容がメインではありますが、私の趣味に関することなどにも触れる何でもありのお気楽ブログです♪

  • カテゴリ:

7月16日にツイッターで「ポン円1分足。 私がエントリーしたのはどこでしょうか?」と呟き、


1


上記画像もすぐに投稿しました。

で、「500票以上の投票があれば解説記事を書きます」ということでしたので、早速解説したいと思います。

ですが、その前にたくさんのご投票ありがとうございました!



では、まず私がエントリーしたところですが、


それは・・・
















④番です!


何故私がここでエントリー(買い)したのかですが、私のブログやツイッターの熱心な読者であり、かつ、自分でしっかり考え、エントリーの訓練ができている方であればほぼノータイムで、

「勝ちパターン5ですやんっ!」って気付けた筈です。

それなのに、④番を選んだ方が一番少なかったのは大変残念ですし、ツイッターでのトレード報告をやめて正解だったと改めて感じております。

1・2回ならまだしも、勝ちパターン5に関しては「もう飽きたわ!」というくらい説明しているのですが、これだけ説明しても④番を選んで頂けないということは、そもそも勝ちパターン5などに興味がないとか、理屈は理解しているけど勝ちパターン5に気付けない、気付いているけど実際にはエントリーできない等の理由が考えられます。

これでは私がどれだけ説明してもほとんど意味がなく、上でも書いた「私のブログやツイッターの熱心な読者であり、かつ、自分でしっかり考え、エントリーの訓練ができている方」にしか意味がありません。

もしかしたら今回の解説記事を楽しみにして頂いていた方もいらっしゃるかもしれませんが、解説記事を読むのは最低限のことであって、重要なのはその後どう行動するかです。

ブログやツイッターを読むだけで終わっていては今後も④番を選べないかと思いますので、以下の解説を参考に、売り買い両方の気持ちを考える訓練や実際にエントリーする訓練を徹底して頂ければと思います。


まず、何故④番でエントリーしたのかに関しての説明はもういいかな~という気もするのですが、今一度説明しておきたいと思います。


2


上記画像だけでもわかる方にはわかるかと思うのですが、オレンジ色線で示したダブルトップとそのネックラインである黄色の水平線が引けている、もしくは、水平線を引けていなくても認識できているという状態でなければ、そもそも勝ちパターン5に気付くことすらできなかったかと思います。

何故気付けないのかは色んな理由があるかと思うのですが、ローソク足をしっかり追い掛けて、動きの意味を考えるということができていないと今後も気付くのは難しいかと思います。

この黄色の水平線が引けていれば、オレンジ色線で示したような動きが教科書通りの動きとなり、④という数字辺りで実際に売られた方もいらっしゃるかと思います。

オレンジ色線で示したように下げればすぐには買いにくいのですが、逆に、右側のピンク色丸辺りから上昇し始めるとすでに売っている人やこれから売りたい人はどう考えるでしょうか?

水色丸辺りで売った人からすると、オレンジ色線で示したような動きになってくれれば売りポジションを手放す必要はないのですが、思惑と違って右側のピンク色丸辺りから上昇し始めると「もう下は厳しいのかな~?」ということで決済しませんか?

水色丸辺りで売った人はまだ余裕があるのですが、④の数字辺りから売った人からすると右側のピンク色丸辺りから上昇し始めると一瞬で含み益はなくなるので焦る筈です。

反対に買いたい人の気持ちを考えると、オレンジ色線で示したような動きになっちゃうと慌てて買うということはできないのですが、そうはならずに右側のピンク色丸辺りから上昇し始めると「まだ上を目指すかも?」ということで買いやすいかと思います。

となると、売ってる人は下は厳しいとなるとどんどん決済=買い+新規の買いというダブルパワーで一気に上昇しやすいということになります。

上記説明だけでも十分かもしれませんが、もっと細かなところを見ると、


2


左側のピンク色丸辺りで下ヒゲを連発しています。

これは下には行かせたくないという意思表示であり、右側のピンク色丸辺りでも下ヒゲを連発しています。

となれば、ここを壁として買っても損切りはピンク色丸のちょっと下に置けるので僅か数pipsです。

また、売ったとしても2本の紫色線辺りが壁となるでしょうから、そもそも④辺りから売るメリットはほとんどなかったです。

流れ的にもポンド円はずっと上でしたし。

だったら売りはない訳なので、なるべく下から買っておけば良いという考えで、黄色の水平線=ネックラインさえ上抜けてくれたら画像内の最高値まで壁がないので、ここまではスっと上昇するのではと考えての買いとなります。

ただし、緑色丸がネックラインを上抜けていればもっと自信をもってエントリーできたのですが、ネックラインで跳ね返されたという事実がある訳なので、④で買ってもすぐに反発してその後揉み合いになったり、下げた可能性はあります。

ですが、上でも書いた通り、損切りは僅かで済むということと、ずっと上昇の流れであるということを考えるとこの程度のリスクは許容すべきですし、そもそも100%勝てるところなど存在しません。


長々と書いたのですが、勝ちパターン5が何故効果的かと言えば、ネックラインを下抜け、瞬間的に売りを考えたり、実際に売ってくる人がいるということです。

ここでの売りがあるからこそ、この売りの決済+新規の買いというダブルパワーで上昇しやすいということになります。

もっと簡単に言えば、こうなる筈がならないから買う(売る)という逆説的思考でのエントリーということになるのですが、常日頃から「こうなる筈」の部分を考えておかないとそもそも逆説など存在しないので、逆説的思考でのエントリーは難しいかと思います。



以上です。

で終わりたいくらいなのですが、私がエントリーした④番が正解かというと決してそうではなく、④番で入ってすぐに逆行して損切りになった可能性も十分あります。

これは相場に絶対はないということを理解できていれば当然の考え方です。

どこでエントリーしたのかということも重要かもしれませんが、もっと重要なのは、どのように考えてエントリーしたのか、また、どこを利確目標とし、どこで損切りするのかということを「事前に」準備しておくという「準備力」が重要だと思います。

「準備力」が不十分だから、売りなら売りだけしか考えられないとか、売るにしても1つのプランしか考えていない、利確目標も損切りラインも決めずにエントリーなんてことになっちゃうのだと思います。

この辺りのことは何度も書いていることなのでこれくらいにしておきます。



では、①番~③番に関しても簡単に説明したいのですが、結論から言いますと①でも②でも③でも買いエントリーは可能だったかと思います。

ですが、上でも書いた通り、どのように考えてエントリーしたのかということや、どこを利確目標にし、どこで損切りするのかということも考えられていないとあまり意味はないかと思います。


まず①番ですが、


3


赤色線で示した下げは気になります。

しかも、高値を更新する起点となった黄色の水平線も一応下抜けているのも気になります。

「だったら買いではなく売りじゃね?」と考えたくなる気持ちはわかるのですが、①で売ったとしても緑色丸辺りの壁は近いですし、戻っていないのに売ることになりますし、更には、ポンド円はずっと上昇の流れです。

ということを考えると、①で売るメリットはほとんどなく、売った瞬間に逆行するリスクがあるので、売るにしても戻ってからということになりますし、売っても「そんなに伸びないかな~?」ということを事前に考えておく必要があるかと思います。

となると、①での売りがないのであれば①で買うことは可能ですし、私の好きなエントリーポイントでもあります。

黄色の水平線をちょっと下抜けたことがダマしになれば・・・

という感じで考えるのですが、かと言って、①で買ってグングン伸びるということを期待しちゃうのは売りたい人の気持ちを全く考えていないことになります。

どういうことかと言いますと、上で「赤色線で示した下げは気になります」と書いたのですが、この下げを無視しちゃうとグングン上昇することしか考えられないかと思うのですが、この下げをしっかり認識できていれば、オレンジ色線で示したような戻り売りからの安値更新という動きを想定できたかと思います。

ということは、もし①で買っても瞬間的には上昇する可能性の方が高いかもしれないけれども、オレンジ色線で示したような動きになれば建値ストップにするとか、微損で決済するということを事前に考えられているかどうかということが重要となります。

と言いますか、カウンターで買って一気に上昇することの方が少ないので、オレンジ色線で示したような動きを想定しつつ、早めに買って後は放置くらいの気持ちでエントリーできるのあれば買ってもいいのかな~と思います。

私はカウンターで売り買いすることが多いのですが、数字の②辺りでゴチャゴチャするのを見るのが鬱陶しいので①辺りで早めに入り、伸び切った辺りで半分貰って後は放置ということを頻繁にやっています。

ですが、こういうトレードはあまりオススメはしません。

伸び切った辺りで半分、もしくは全決済できないのであれば。



次に②番ですが、


4


オレンジ色線で示したような動きにならなかったから買うという逆説的思考でのエントリーが可能だと考えられるのですが、逆説的思考でのエントリーが100%成功する訳ではありませんし、他にも注意すべき点があります。

今回の場合だと、②の位置だと確かに安値は切り上げているのですが、高値も切り下げています。

つまり、水色線で示したような三角持ち合いの状態であり、上の流れということを考えると上昇する可能性の方が高いかもしれませんが、下げた可能性も十分あります。

また、ピンク色丸の上ヒゲも連発も気になります。

何度か上に行こうとしたけど悉く跳ね返された訳ですので、②番で買ってもすぐに逆行した可能性もあります。

では、何故ピンク色丸で上ヒゲを連発したのかということですが、これは赤色線で示した下げに対する戻り売りを考え、実際に売ってきた人がいるから何度上を試してもすぐに売り注文が入ってきたと考えられます。

こういうことを理解しつつ、②番で買ってもピンク色丸すら上抜けずに下げてきたらすぐに逃げるということができるのであれば②番での買いもありだと思います。

諄いようですが、ずっと上昇の流れですので。



最後に③番ですが、


5


考え方としては②番とほぼ同じで、赤色線の急落を気になるけど、その後黄色丸で上ヒゲを連発しても下げないですし、オレンジ色線で示したような動きにならなかったので少なくとも売りよりも買いの方が勝てる可能性は高いと考えられます。

また、ピンク色丸で②番のピンク色丸のような上ヒゲを連発しておらず、ピンク色丸さえ上抜ければ壁もないので緑色丸の高値まではスっと上昇するのではと考えることもできます。

ですが、もうすでにかなり上昇した後ですので、緑色丸の高値を上抜けて一気に上昇するようなことがなければ買ってる人の決済で一気に下げるということを警戒しておく必要があるでしょう。



ということで、①~④まですべて買うことは可能だったのですが、直近の下げに対する戻り売りや、直前の上ヒゲ連発などに気付き、警戒できていたでしょうか?

更には、思惑通りの動きにならなかった時に建値決済とか、微損程度で決済できるでしょうか?

出来上がったチャートであれば後付けで何とでも説明できるのですが、リアルチャートで上で説明したようなことを瞬時に判断できないと逃げ遅れたり、決済すべきところでできないなんてことは多々あるかと思います。

では、どうすればリアルチャートで瞬時に判断できるようになるかと言えば、上で説明したようなことを考える訓練をひたすらやるしかありません。

とは言っても、慣れていないうちは瞬時に判断するのは難しいでしょうから、止まっているチャートでもいいですし、MT4であればF12ボタンを押しながらローソク足1本1本の意味や売り買い両方の気持ちを考えるという訓練が必要でしょう。

今回は例題がたったの4つでしたが、これを1000とか1万もやればかなり力が付くと思います。

ですが、こんな地味な訓練はやろうともしない方が大半ですし、一朝一夕で結果が目に見える訳でもないので多くの方が挫折しちゃうでしょう。

だからこそ、勝てるようになる人が全然増えないという理屈です。(勿論、勝てない理由はこれだけではなく、ルールを守れないというのも大きな理由だと思います。)


今回の解説記事がきっかけで、「地味な訓練をやるぞ~!」という方が増えることを願って終了したいと思うのですが、くれぐれも、「よっし~@と同じ選択肢だったのでわ~い♪」とか、「外してしまった。。。」、「誰が何と言おうと私は絶対に②番だ!」なんていうコメントはご遠慮頂きたいですし、全く興味がないですw

また、「地味な訓練をやるぞ~!」は大歓迎なのですが、自らの負けトレードを放置したままでは心許ないので、まずは負けトレードを潰すということを優先し、何故負けたのかということを考える延長線上として地味な訓練をお考え頂きたいと思います。

尚、当記事は投票数が450を超えた時に書き始めました。

これが準備力ですw




時々メインブログの新幹線をクリックして頂けると嬉しいです。

メインブログのアクセス数激減=当ブログのアクセス数激減になりますので。

宜しくお願い致します。 ⇒ http://blog.livedoor.jp/fxjiyuu/archives/19378705.html

  • カテゴリ:
1ヵ月以上ぶりの更新となります。

さて、いきなりですが、私が書きましたオリジナルのレポートを無料でプレゼントしたいと思います!

【無料】って書くと何か裏があるのではと思われるかもしれませんが、裏があると言えばあります。

どういうことかと言いますと、

レポートの目次は、


無題

こんな感じなのですが、実は第3章を書き始めてすぐくらいに執筆を中断し、その後色々と考えたのですが、書きたいことはすべてブログに書いているので、「もう改めて書かなくてもいいかな~」と思い断筆しました。

ということで、プレゼントと言いましても不完全な作品となります。(校正もしっかりとはやっていません)

と言いましても、第3章の初めまでで43ページありますので、読み応えはあるかと思います。



で、本当に無料なのかと言いますと、本当ですし、特に条件もありません。

ただ・・・

頑張って書きましたので、もし「参考になった!」というように感じて頂けたのであれば、私が強烈にオススメしており、私のメイン口座であるLAND-FXで口座開設して頂くなり、すでに口座をお持ちであればメイン、またはサブ口座としてどんどんトレードして頂ければ嬉しいです♪

LAND-FXをオススメする理由としては、海外口座としてはかなり低スプレッドで、ポンドドルで1.1前後なので国内業者とほぼ同じです。(ドル円やユーロドルは国内業者には負けますが、個人的にはこの2通貨ペアでトレードすることはあまりないので特に問題はありません)

また、MT4の動作もかなり安定しており、〇〇社のように米雇用統計発表時に数分間もMT4が固まるようこともありません。(勿論、PCのスペックにもよりますが)

宜しければどうぞ♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
e344ead0



と、軽く宣伝させて頂きましたので、オリジナルレポートは下のURLをクリック後、ページ下部の「このファイルをダウンロードする」をクリックしてダウンロードしてください。

注意点としましては、ダウンロードできるのは7月8日の14時51分までとなっており、再アップロードすることはありません。

面倒なので。

また、負けトレード記録を作成し、負けトレードを潰す作業に専念できるとお約束できない方が読まれてもほとんど意味がない内容となっております。


では、こちらをクリックしてダウンロードしてください!

↓ ↓ ↓




時々メインブログの新幹線をクリックして頂けると嬉しいです。

メインブログのアクセス数激減=当ブログのアクセス数激減になりますので。

宜しくお願い致します。 ⇒ http://blog.livedoor.jp/fxjiyuu/archives/19378705.html

4月2日以来の更新となります。

本日(4/27)は南北首脳会談という歴史的なイベントがあり、日本では日銀の金融政策決定会合がありました。

が、相場の方は特に動きはなく、あまりにも暇なので無理矢理記事を書いてみようと思います。


さて、先日私はこのデジカメを買いました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン COOLPIX A900 ブラック
価格:30420円(税込、送料無料) (2018/4/27時点)



何故このデジカメにしたのかということを語ると長くなるのですが、一言で言えばコスパですかね。

で、このデジカメですが、上で紹介している楽天ではなくAmazonで買ったのですが、1円も使わずに購入しました。

どうやって0円で買ったのかと言えば、何度も紹介している


モッピー!お金がたまるポイントサイト


こちらのモッピーでコツコツとポイントを貯め、貯めたポイントをAmazonギフト券に交換して買いました。

正確に言えばコツコツだけでなく、一発でドカンと貯めたこともあるのでFXと似てると言えば似てますね。


では、いよいよ今回の記事の本題なのですが、「行動力だけでFXの資金を稼ぐ方法」というのは上で紹介したモッピーに登録するだけでなく、しっかりと行動するということです。

私のブログ経由で現在102名の方がモッピーにご登録頂いているのですが、どれだけの方がしっかりと行動されていますでしょうか?

モッピーに登録するだけではほぼポイントは貯まらず、何らかの行動を起こさないと1円にもなりません。

ですが、逆に行動しまくればデジカメだって買えちゃいます。


私の場合、FXの資金は必要ないので好きなものを買ったのですが、ちょっと頑張れば数万円程度であれば貯まりますので、数万円あれば国内業者では厳しいですが、海外の業者であればトレードできるだけの資金を稼ぐことも可能です。

「でも、どうやってポイントを貯めるの?」

というのが自然な疑問だと思いますので、私がポイントを貯めた方法を今回特別に・・・

なんてことはなく、普通にお教えしたいと思います。


では、順番に説明したいのですが、ちょっと前まではモッピー経由で国内のFX業者の口座開設というのがオススメでした。

ですが、最近は条件が厳しくなり、口座開設だけではなく、口座開設後に100万通貨以上のトレードをしないとポイントを貰えないというところが増えてきたので、今現在国内業者の口座をお持ちでないとか、メイン業者以外にもう一つ口座を作っておきたいという方であればいいのですが、すでに複数の口座をお持ちの方にはあまりオススメできません。


FXの口座開設がダメとなると一番のオススメはクレジットカードの作成です。

クレジットカードを1枚作るだけで1万ポイント以上貰えるというのも決して珍しくないのですが、注意点があります。

高額なポイントのクレジットカードというのは、カード発行後に5000円以上カードを使ったお買い物というのが条件となっていることが多いです。

5000円使って1万ポイント=1万円貰えるのなら実質5000円のプラスなのですが、5000円以上実際に使うということに抵抗があるという方も多いかと思いますので、特に問題ないという方のみどんどん試されてもいいかと思います。

私も若干抵抗があったのですが、今は5000円でAmazonギフト券を買えばいいな~と考えています。

5000円のお買い物をする期限が決まっているので、必要のないものを買ってしまう可能性があるのですが、Amazonギフト券を買っておけば必要な時に必要なものを買えばいいので、無理矢理買わされた感はないかと思います。


それでもやはり何らかの抵抗はあるかと思いますので、こういう方にオススメなのが、カードの発行だけでポイントが貰えるというところです。

代表的なのが楽天カードなのですが、今日(4/27)だとカードの発行だけで8000ポイントも貰えちゃいます。(定期的にポイント数は変動しますのでご注意ください)

と言いましても、すでに楽天カードをお持ちという方は多いかと思いますので、


無題


モッピーにログイン後に、「無料で貯める」 ⇒ 「カード申込・発行」をクリックし、カード発行だけでポイントが貰えるところを探してください。

ただし、ここでも一点注意があります。

カード発行だけでポイントが貰えるにしても、カードの年会費が必要なところもあります。

例えば、カード発行で1000ポイント貰えるとしても、年会費が500円だと何してるのかわかりませんので、年会費を払ってでもこのカードを使いたいというのでなければ、年会費が永年無料というところを探してみてください。

気になるカードをクリックすると、


無題


このような「広告の詳細」というのがありますので必ずご確認頂くと共に、「広告の詳細」のすぐ右の「ポイント獲得条件」というのもしっかり確認しておいてください。



と説明してきたのですが、クレジットカードそのものに抵抗があるという方もいらっしゃるかと思います。

クレジットカード以外でも高ポイントの案件はあるのですが、不動産関係が多いので、ちょっと高ポイントは厳しいかな~という方用にコツコツ貯める方法も伝授したいと思います。


一番楽な方法は楽天でお買い物をされる場合、モッピー内で「楽天市場」と検索してみてください。


無題


すると、このような画面が出てきますので、赤色枠の「楽天市場」をクリック後に楽天でお買い物すれば購入金額の1%がモッピーポイントとして入ってきます。

Amazonでも0.5%の還元をやっていることもあるのですが、私が知る限りでは常時ではないのでご注意ください。(今日はやってるみたいですが)


「私はネットで一切買い物しないので・・・」という方でも方法はあります。


無題


モッピーのトップ画面の中に「毎日貯める」というのがあり、ビンゴとかガチャで低ポイントではありますが、毎日コツコツ稼ぐことができます。

コツコツと言っても、


無題


ビンゴで全ライン揃えばそこそこのポイントになりますので、毎日2回やってみてください。

ずっとやってると、どんどんアイテムが貯まってきますので、それを上手く使えば全ラインビンゴも可能ですよ。

スマホをお持ちの方は、スマホでもビンゴやガチャができますので、PCとスマホの両方でチャレンジしてみてください。


更には、スマホ版のモッピーだと、色んなアプリをインストールして起動するだけでポイントが貰えたり、特定のステージまでクリアすればポイントが貰えるというのもたくさんあります。

実は今私がハマってる「ロードモバイル」というスマホのゲームは、元々はモッピーのポイント目的で始めたのですが、今では生活の一部になっちゃってます。


という感じで色々と説明してきたのですが、モッピーに登録するだけではダメで、登録後にどう行動するかが勝負です。

これはFXでも同じで、FXの本を読むだけとか、ブログを読むだけではダメで、その後にどう行動するかが問題です。


資金が潤沢にある方にとってはどうでもいい情報だったかと思いますが、何とかしてFXの資金を捻出したいという方は是非行動してみてください!

私のようにポイント集めが趣味という方も是非♪



時々メインブログの新幹線をクリックして頂けると嬉しいです。

メインブログのアクセス数激減=当ブログのアクセス数激減になりますので。

宜しくお願い致します。 ⇒ http://blog.livedoor.jp/fxjiyuu/archives/19378705.html

  • カテゴリ:
こんにちは。


さて、いよいよ新年度が始まり、「今日から気合い入れてFXやるぞ~」という方も多いかと思うのですが、今まで勝ち続けることができなかった方が今までと同じことをやっていても結果は恐らく同じだと思います。

ここで改めて申し上げておきますと、「勝つ」というのと「勝ち続ける」というのは全くの別物です。

わかりやすいトレンド相場であれば無茶な逆張りをしなければ一時的に勝つことはそれほど難しくはないと思うのですが、勝ち続けるためには色んな相場に対応しなければなりません。

色んな相場に対応するためには相場の環境認識というものが必要となり、状況に合わせたトレードをプランを考えて実際にトレードする必要があります。

と言いましても、こういうことができている方は多いと思いますし、こういうことすらできない状況でリアルトレードをやるなど問題外で、環境認識ができず、トレードプランも考えずして勝てたとしてもそれは単なる偶然です。

ギャンブルトレードでも勝てればOKという考え方であれば、当ブログなど読まれる必要はないですし、お好きなようにトレードして頂ければと思うのですが、戦略的トレードで勝ち続けたいのであれば絶対に守るべきことがあります。

それは、


損切りの徹底です!


このことは何度となく申し上げていますし、多くの方がおっしゃっているかと思うのですが、それでも損切りができない理由というのは一体何なのでしょうか?

ここで自問自答して明確な答えが出せるのであれば以下の内容をお読み頂く必要はなく、答えの通り行動してみてください。

逆に明確な答えが出せない方は以下の内容をしっかりお読み頂きたいのですが、以下の内容と言っても何度も申し上げてきたことを繰り返すだけなので、興味がない方はそっとページを閉じてください。


では、何故損切りができないのかと言えばいくつか理由があると思うのですが、私が考える最大の理由はエントリー前に損切りポイントを定めていないことだと思います。

これは私の個別指導の生徒さんに、「このトレードでエントリー前にどこで損切りするか決めてましたか?」と聞くと、「決まってませんでした」という答えが多いので、多くのトレーダーさんも決まっていないことが多いのではないかと思います。

どこで損切りするか決めていないので逆行したら何となく損切りするという感じになっちゃうかと思うのですが、高ボラの通貨ペアであれば一瞬で20~30pips逆行しちゃいます。

この辺りで損切りできればまだ挽回も可能なのですが、「そのうち戻ってくるだろう」なんていう何の根拠もない理由で放置し続け、気付けば50とか100pipsも逆行し、泣く泣く損切りなんてことは多くのトレーダーさんが経験されているでしょうし、私も過去に数え切れないくらいやってきました。


ここでもう一点考えてみたいのですが、何故エントリー前に損切りポイントを定めることができないのでしょうか?

これは色んな考え方があるので一概には言えないかもしれませんが、損切りポイントが決まらないということは、そもそもエントリーの根拠がないとか、根拠が弱いと考えられます。

例えば、わかりやすいレジスタンス(サポート)ライン付近でエントリーすれば、レジサポラインを抜ければエントリーの根拠が崩れることになるので損切りすべきだと思うのですが、こういったところでのエントリーでない場合は直近高値(安値)やネックラインなどが根拠となる筈です。

こういうところを抜けても損切りできないということは、直近高値(安値)やネックラインというものを認識できていないか、認識が甘いと考えられます。

上記内容から言えることは、損切りができないということは、そもそもトレードすべき力を身に付けていないということになり、リアルトレードをやる暇があるのであればまずは基本からみっちり学ぶべきです。

当ブログでは何度もインプットよりもアウトプットが大切だと書いていますが、「基本的なことを学んだ後は」という前提条件があります。

基礎すら学ばずにアウトプットしまくるというのは無理がありますので、基礎すら身に付けていないという自覚がある方は一から再スタートした方が結局は近道だと思います。

FXではそんなに学ぶことなどありませんので。



と、長々と書いてきたのですが、当ブログを古くから読まれている方は流石に損切りポイントはエントリー前に定まっていると思います。

では、次に損切りポイントが定まっているのに切れない理由について考えてみたいのですが、これにも色んな理由があると思います。

私の経験で語らせて頂くと、損切りしたくないという気持ちが強過ぎるということと、利確=善で、損切り=悪というイメージが強過ぎるのではないかと思います。

損切りしたくない=負けたくないということだと思うのですが、このように考えてしまう気持ちは私自身も同じだったのでよ~くわかります。

ですが、私の場合、「相場に絶対はない」ということを強く認識してから損切りに対するイメージが変わりました。

どんなに上手な人でも損切りするんだから、それだったら上手に負けてやろうという意識改革をしてからは気持ちも楽になり、エントリーの根拠が崩れたので損切りできたのであれば自分で自分を褒めてあげようと考えた訳です。

適当にエントリーして100pips獲るよりも、根拠のある損切りができた方が将来的に安定的に勝てる可能性が圧倒的に高いということは、今現在安定的に勝てている方は納得して頂けると思うのですが、こう思えるまでに私は何年もかかっちゃいました。

最初は絶対に受け入れられない考え方かもしれませんが、この考え方を受け入れ、躊躇なく損切りできることでやっと「勝ち続ける」ためのレールに乗れたと言えるかと思います。


「そんなことはわかっているんだけれども損切りできないんだ!」という方が一番厄介かもしれないのですが、エントリーの根拠が崩れたので損切りするということができない限り、一時的には勝つことはあっても最終的には遅かれ早かれ確実に退場することになります。

これは断言してしまっても問題ないと思います。

以前、


こんな資産曲線になってませんか?


という記事を書いたのですが、この記事の内容に当てはまる方はかなり多いのではないかと思います。

ということは、一時的に勝てる力を身に付けている方は相当いらっしゃるかと思うのですが、最終的に0円になってしまうのであれば、今後同じことを続けても同じ結果になるだけです。

「そんなことはない!自分はやれるんだ!」というお気持ちは私も同じだったのでわかるのですが、残念ながら間違いなく同じことを繰り返すだけです。

この悪循環から抜け出すためには、まずはFXの基礎をしっかり学んで相場の環境認識ができるようになり、環境認識に基づいたトレードプランを考える必要があります。

そして、エントリー前に利確目標と損切りポイントを定め、エントリーの根拠が崩れたら迷うことなく切るということをしなければなりません。


ということを過去に何度となく書いてきたのですが、損切りの重要性は理解しているものの、実際にはできないという方が多いのではないかと思います。

これも何度も書いていますが、理解できたとしても実際にできなければ、理解していない人と結果だけを見れば同じなんです。

ということは、今日からFXを始めた人と、何年ものFX歴がある人も結果だけを見れば同じなんです。

こんなのって悔しくないですか?

悔しいんだったらどうすべきかということ考えるべきで、これは自らの現状を客観的に判断することから始めるべきだと思います。

そもそもどこでトレードすべきなのかがわからないのであれば基礎から学ぶべきですし、わかっていても損切りできないのであれば損切りの訓練をすべきです。

損切りの訓練なんて誰もやりたがらないでしょうが、「ここで損切りする!」というポイントが決まっているのにできないのであれば訓練するしかありません。

それでもできないのであればきっぱりFXをやめるべきで、続けている限り大切な資金を失うだけです。

それでもFXを続けたいのであれば固定損切りにすればいいだけの話で、国内業者の取引ツールの多くはエントリー時にストップ注文が入れられるかと思いますし、MT4でトレードされているのであれば私も使っている「MT4 スピード注文」という素晴らしいツールがあり、簡単な設定で最初からストップ注文を入れることが可能です。


ここまで書いて今日の記事タイトルが適切だったかどうか考えているのですが、勝ち続けることができない決定的な理由というのは適切なところで損切りできるかどうかに尽きると思います。

エントリーポイントは多くのトレーダーさんが同じようなところで入るので大差はないと思うのですが、どこで決済(特に損切り)するかは安定的に勝てている人とそうでない人とでは大差があると思います。

ということは、「損切り上手になれば安定的に勝てるようになるのでは?」というのが私の考え方なのですが、「私が安定的に勝てないのは手法が悪いからだ!」なんていう風に考えちゃうと今日からFXを始める人にも簡単に追い抜かされちゃいますよ。


「じゃあ、今日から損切り上手になる!」と決心して頂くのは大変素晴らしいことなのですが、損切り上手のイメージばかりが先行してしまうと、もっと肝心な環境認識やトレードプランというものが疎かになる恐れがあります。

損切り上手になるというのはあくまでもトレードできるだけの力量を身に付けてからの話であって、「今日は5回のトレードすべてで上手に損切りできた!」というのは決して褒められません。

5回連続負けトレードということはそもそも環境認識ができておらず、売り買いの思惑がぶつかっているところでトレードしている可能性が高いので。

ですので、当記事の美味しいところだけを抽出するのではなく、まずは自らの力量を客観的に判断してみてください。

自力での判断だと甘くなる可能性があるので、こういう時に意見を率直に交換できるトレード仲間がいるといいですね。



今日は特に動きもないので過去に書いたのとほぼ同じことを書いてみたのですが、一時的に資金を増やすことができても必ず0円になっちゃうという方は年度初めに意識改革し、エントリーの根拠が崩れたら迷うことなく切るという訓練をしてみてください。

そして、2回連続で損切りしたらその日は終了とか一旦休む等のルールを設定し、それを遵守してください。

トレードしたくてうずうずしてる時にこんなルールは守れないかもしれませんが、守れなければ確実に退場することになります。

ルールを守るためには頭で考えているだけではダメで、強制的にでもトレードを終了する等の行動を起こす必要があり、これはメンタル面の問題ではなく、訓練と慣れの問題です。

慣れれば機械的に損切りできるようになりますし、損切りしたからといって心がざわめくようなこともないです。

10万円の資金を50万円・100万円にする力はあるけど、気がついたら毎回0円になっているというのと、一気に増やす力はないけど、損切りが徹底できているので資金は着実に増えていますのどちらがいいですか?

という疑問形で終了したいと思います。





別件ですが、先日の記事で紹介したGEMFOREXさんですが、証拠金1万円のプレゼント企画をまた実施されています。

期間は4月8日(日)の23時59分59秒までなのですが、この期間内に口座開設の申し込みをするだけでなく、必要書類をアップロードしないとプレゼントの対象にはなりませんのでご注意ください。



時々メインブログの新幹線をクリックして頂けると嬉しいです。

メインブログのアクセス数激減=当ブログのアクセス数激減になりますので。

宜しくお願い致します。 ⇒ http://blog.livedoor.jp/fxjiyuu/archives/19378705.html

  • カテゴリ:
3月12日以来の更新となります。

さて、昨日・今日とツイッターで複数の方々が紹介されているFXの海外業者なのですが、私も先程口座開設しました。

海外口座は複数持ってるので、もう要らないと言えば要らないのですが、ボーナスに目がない私は迷わず申し込んじゃいました。


その業者というのがこちらとなります。


logo_mij


GEMFOREXという業者さんなのですが、今なら新規口座開設ですぐにトレードで使える


10000円が貰えちゃいます♪


入金金額に応じてボーナスが貰えるというのは多くの業者がやっているのですが、無条件で貰えるところというのは少なく、海外口座に不安がある方にとっては入出金が問題になることが多いのではないかと思います。

そういう意味ではすぐにトレードで使える1万円が貰えちゃいますので、海外口座の高レバレッジに慣れるためであったり、MT4でのトレードに慣れるためにも口座を作っておいて損はないかと思います。

労せずして貰った1万円をどこまで増やせるかなんていうチャレンジも面白いと思いますよ。

その他、気になる点としてはスプレッドだと思うのですが、海外業者としては低い方だと思います。


で、一点だけ面倒なことを書いておきますと、通常であれば海外口座の場合、身分や居住を証明するために運転免許証や住民票の画像をアップロードするのですが、こちらの業者は運転免許証などを持った自撮り画像も必要となります。

女子高生であれば自撮りには慣れているかもしれませんが、おっちゃんにはかなりの苦痛でしたw



個人的にはレバレッジ10倍問題が話題となっている国内業者を今後使う気は一切なく、複数の海外口座でトレードしたいと思っています。

海外でのメイン口座は右カラムの最上段に貼っているLAND-FXで決まりなのですが、サブ口座の筆頭になりうるGEMFOREXでもぼちぼちトレードしようと思っています。

尚、今回のキャンペーンの期限は明日(3月25日)までなので、とりあえず1万円貰って海外口座でトレードしたいという方はお急ぎください!

4月2日追記 4月2日(月)10時~ 4月8日(日)23時59分59秒まで10000円貰えるみたいです。
何か定期的にやってるみたいですね。


必要書類をアップロードしないとボーナスの対象にはなりませんので、口座開設の申し込みだけでなく、必ず必要書類もアップロードしてください!

お申込みは ⇒こちら からどうぞ!


このページのトップヘ