FX 専業トレーダーの自由帳(別館)

FXに関する内容がメインではありますが、私の趣味に関することなどにも触れる何でもありのお気楽ブログです♪

  • カテゴリ:
おはようございます。

久々の更新となります。


さて、8月27日から開始しております新企画ですが、遂にご参加者が100名を突破しました!

メインブログはもう更新していませんし、当ブログも不定期更新、かつ、FXネタをあまり書かないような状況でこれだけの方々にご参加頂けるとは思っていなかったので大変驚いております。

この場を借りてお礼申し上げます。

100名様以上に対してメールの返信をするのはかなり大変なのですが、期待して頂いている方がいらっしゃる限り頑張りたいと思います。

尚、当企画の締切は9月30日(土)となります。

9月30日までにLAND-FX様の口座開設が完了し、メールフォームより口座開設完了のご連絡を頂いた方が対象となりますので、ご検討中の方はそろそろ締切を意識して頂ければと思います。

また、企画の記事で「もし終了までに50名以上の方にご参加頂ければ12月か来年の1月頃に再募集させて頂きたいと思います」と書いたのですが、この条件をクリアしましたので、12月か来年の1月頃に再募集させて頂きたいと思います。

ただし、再募集ですので、実施期間はかなり短めに設定する予定です。


企画の詳細はこちらでご確認ください。



で、100名様突破記念という訳ではありませんが、久々にFXネタを書いてみたいと思います。

テーマは「ボーナス相場で勝つための考え方」なのですが、昨日(9月15日)のポンド円は1日で約500pipsも動きました。

ここ最近では最も動いたかと思うのですが、9年前頃はこの程度の動きは日常茶飯事で、1日に10円=1000pipsくらい動くこともありました。

このような動きを経験していれば昨日の動きはそれほど特別という訳ではないのですが、高ボラに慣れていないと恐怖心で見てるだけという方も多かったのではないかと思います。

ですが、高ボラのボーナス相場と言っても考え方ややることは同じで、激しく動いている時にどれだけの訓練ができているかの勝負だと思います。

ですので、個人的には見てるだけなんていう選択肢はなく、折角動いているのだからどうすれば勝てるのかということを考え、訓練しまくります。

勿論訓練はリアルトレードである必要はなく、こういう時にこそデモトレードというものを活用すべきだと思います。

ということはVIPグループのメンバーさんにも数え切れないくらい申し上げているのですが、折角のチャンスなのに激しい動きの時に訓練されている方は少ないようです。

訓練ができていないからこそ同じような場面で何もできないのであり、見てるだけということになっちゃうのだと思います。

訓練ができていないのであれば昨日のような動きでは何もすべきではないと思いますが、訓練がしっかりできているのであれば昨日の相場は間違いなくボーナス相場だったと思います。


では、具体的に私がどのように考えてトレードしたのかを説明したいと思います。


ポンド円5分足
無題


赤色丸の下落が北朝鮮のミサイル発射によるものなのですが、2ヶ所の黄色丸辺りから下を試し、赤色丸の下限を下抜ければ大きく下げる可能性がありました。

ですが、実際にはそうはならず、下を試しても失敗したので、赤色丸の下落が単なる押し目だったのではと考えます。

と言いましても、下落の起点である赤色の水平線辺りから売ってくる人もいるかと思うので、この赤色の水平線近辺の動きを注視しました。

で、この赤色の水平線を上抜けた後に軽く揉み、徐々に安値を切り上げていたのでオレンジ色丸で買いました。

当然目標は白色の水平線なのですが、ここを上抜けたので大きく狙えると思いポジションを放置し、最終的に200pips近く獲れました。

これだけ獲れればもう十分なのですが、利確後も更に伸び、下げる勢いが全く感じられないのでピンク色丸で買い、サクっと頂きました。


5分足ではわからないのですが、ピンク色丸で買って利確した頂上付近が日足でラインが引けるところだったので、ここを一気に上抜ければまだまだ買う予定だったのですが、それまでに見られなかった連続陰線が出たので、この段階でやっと売りの比重を上げました。

ということは、それまでは押したら買うということをメインに考え、慌てて売るという選択肢はなかったです。

昨日のツイッターで「これだけ上昇の勢いが強い時に慌てて売っても燃料にされるだけ。 ネックっぽいところを下抜けてから売りを考えても遅くないですね。」と呟いたのですが、これだけ買われたのだからそろそろ売ろうというお気持ちはわかるものの、このように考えて慌てて売ってくる人がいる限りいくらでも上昇します。

ということで、ネックっぽいところを下抜けた後の緑色丸で売り、一旦下げた後に戻ってきた水色丸でも売りました。

ですが、これはあくまでも1分足や5分足で見る世界でのトレードであり、上位足を見れば買いたい人がまだまだ諦める状況ではないので、押し目買いが入ってきそうなところまで限定の売りであるということを強く意識しておかなければなりません。

それと、私が実際にエントリーした訳ではなく、すでにポジションを持ってたので入りませんでしたが、紫色丸辺りが一番良いエントリーポイントだと思います。


以上が私の昨日のトレードなのですが、上で「高ボラのボーナス相場と言っても考え方ややることは同じ」と書いたのですが、上記説明は普段書いていることと同じです。

何が違うかと言えば動きが速く、一瞬で10とか20pips程度動いちゃうということくらいです。

この速い動きや一瞬で大きく動くという動きに対応できる訓練がしっかりできれば昨日のような相場はボーナス相場だと思いませんか?

だからこそ、折角動いている時に見てるだけなんてことをするくらいなら訓練しましょうよと何度も何度も申し上げている訳です。

繰り返しますが、訓練ができていないのであれば昨日のような相場は絶対に手を出すべきではありません。

損切りの嵐になるだけですので。


動きが激しい時にトレードすべきではないという考え方を否定はしませんが、何の訓練もせずに何もしないでは成長できないのではないかと思います。


以上です。



時々メインブログの新幹線をクリックして頂けると嬉しいです。

メインブログのアクセス数激減=当ブログのアクセス数激減になりますので。

宜しくお願い致します。 ⇒ http://blog.livedoor.jp/fxjiyuu/archives/19378705.html

  • カテゴリ:
おはようございます。


9月3日から6日まで5年ぶりの北海道に行ってきました。

個人的には雨男だと思っているのですが、旅行中はほぼ快晴が続き、数ヵ月前に買った日傘が大活躍でした。

日傘を差しながらUVパーカーを着て、しかもサングラスという超怪しい姿ですが、紫外線を長時間浴びられない体なので仕方ないです。

と言ってもジロジロ見られる訳でもなかったので、今後も日傘は積極的に使いたいと思います。



さて、今回の旅行で良かったもの・ことをランキング形式で発表したいと思います。



第3位! 新千歳空港で買ったえんがわチャンジャ





私が買ったのとは別物なのですが、見た目はほぼ同じで、新千歳空港で買った分がなくなればこちらで間違いなく注文します。

それくらい美味しくて、ご飯がどんどん進みます。

えんがわチャンジャ単独で食べると結構辛いのですが、白ご飯と食べるとちょうどいいくらいで、えんがわのプリプリとした食感と適度な辛さが病みつきになると思います。



第2位! 車で上る函館山


DIxhvrVVYAAn5Ta


函館山からの夜景は過去に5回くらい見ているのですが、昼間に函館市内を散策することは少なく、せいぜい函館競馬場に行くくらいでした。

今回の旅行ではお昼前に函館空港に着いたので十分時間があり、五稜郭タワーに行った後に函館山に行ってみました。(その前に定番のラッキーピエロでえびマヨバーガーを食べました)

車で上れるということは知っていたのですが、上るのにかなりの時間を要し、とんでもない通行料を取られると思っていたので今まではチャレンジしませんでした。

ですが、実際には通行料は無料でしたし、しかも頂上の駐車場も無料でした。

上る時間も大したことはなく、写真は撮れませんでしたが上っている途中の景色も最高でした。



第1位! 湯の川プリンスホテル渚亭の食事と部屋風呂


DIyzxWtVoAIHr4D
部屋風呂から見る漁火


こちらの宿の存在は初めて函館に行った20数年前から知っているのですが、「お高いんでしょ?」ということで選択肢にも入りませんでした。

ちなみに前回の旅行時には一泊7500円の宿に泊まりました。

今回渚亭さんを選んだ理由は部屋に温泉があるということで、海を見ながら何の気兼ねもなく温泉に入るというのが長年の夢で、結局1泊2日で合計5回部屋風呂に入りました。

お風呂入ってビール飲んで、またお風呂入ってビール飲んでを繰り返してました。


で、夕食はなしのプランを選び、宿のすぐ近くの「雷門鮨」さんで食べる予定でした。

ですが、函館駅近辺でお祭りというかイベントみたいなのをやっててやたら人が多かったのでちょっと嫌な予感はしてました。

案の定と言いますか、「雷門鮨」さんは予約で一杯で、もう一軒宿の方にお店を紹介して頂いたのですが、こちらもダメでした。

仕方なくという感じで宿のビュッフェをお願いしたのですが、これが大当たりでお腹が破裂しそうなくらい食べて飲みました。

マグロのトロやイサキ、イカ焼き、エビやイカの天ぷらなどが特に最高で、こちらの宿の食事の評判が良いのは納得でした。

朝食は、


jpg large


こんな感じの海鮮丼にしたので、朝市で食べる必要はなかったです。

大して金額が変わらない2日目の宿とは雲泥の差でしたので、今後もご贔屓にしたい宿です。



来年も北海道に行き、良い宿に泊まれるよう精進したいと思います。


以上です。

8月9日に、


次の検証テーマはこれです!


という記事を書きました。

で、本日が検証の最終日でしたので結果をご報告したいと思います。


まずは、こちらのグラフをご覧ください。


無題


赤色の縦線より右側がスーパーバームを飲んだ20日間で、左側が飲んでいない20日間となります。

スーパーバームを飲み始めてすぐにカレーライス&カレーうどん、更にはミートスパゲティなどのTHE炭水化物の夕飯が続き一気に増えちゃいました。

その後、8月22日に飲みに出たのでこの時も増えました。

ということで、結果だけを見ると8月11日にスーパーバームを飲み始めた時の体重が66.25kgで、本日が65.90kgなので350gのみの減少となりました。

一方、スーパーバームを飲む前の7月18日が67.5kgで、スーパーバームを飲む前日の8月10日が66.45kgなので、この間に1.05kg減りました。


結果だけを見ればスーパーバームを飲む必要は全くなかったように感じられるなのですが、8月17日に67.15kgだった体重が3日後の8月20日には1kg減の66.15kgだったので効果が出ているようにも見えます。

何とも中途半端な結果となったのですが、実際に飲んでみた感想としてはレビューにあるような物凄く汗をかくというのは実感できませんでした。

火曜日以外はプールで1時間歩いているので発汗は元々感じられないのですが、火曜日のみランニングマシーンで歩いているので発汗状態の比較はできます。

また、1時間プールで歩くと600~650kg体重が減るのですが、スーパーバームを飲んでも結果は同じでした。


結論としましては、1時間の運動では足りないのかもしれませんが、少なくとも個人的にはスーパーバームの効果はほとんど感じられませんでした。

値段が値段なので残念ながらリピートはないですね。

期待してただけに残念です。

とは言え、旅行に行く9月3日までに65kg台にするという目標は何とか達成できました!

やる時はやります!



尚、本日(9月2日)の午後9時頃~9月6日の夕方頃までは夏季休暇のため、

こちらの企画記事にありますメールフォームは一旦削除させて頂きます。


ですので、ご連絡は本日の午後9時までにお願いしたいと思いますし、すでに当方から連絡させて頂いている方は、できましたら9月6日の夕方頃まではメールをお送り頂くのを控えて頂くと助かります。

帰宅してメールが溜まってると一気に現実に引き戻されて萎えちゃいますので。

何卒ご協力のほど宜しくお願い致します。

  • カテゴリ:
おはようございます。


昨日(9月1日)、私はドル円109.662で買いました。


ドル円1分足
無題


赤色丸がエントリーポイントなのですが、ここで入った理由は1分足だけでもわかるかもしれません。

ですが、米雇用統計発表時にトレードする際には事前の準備が重要ということは何度も書いており、米雇用統計だけでなく、普段のトレードでも事前の準備の方が大切だと言っても過言ではないと思います。

ここで1時間足をご覧頂きたいのですが、


無題


黄色丸は米雇用統計発表直前のローソク足です。

この段階で雇用統計発表の初動で上に行った場合と下に行った場合にどのようなトレードをしたいのかということを考えてみてください。

ただし、今回は雇用統計の結果が弱く初動で下げましたので、初動で下げた時のトレードのみ考えてみてください。

私の考え方は続き以下に書いておりますので、必ずご自身で考えてから続き以下をご覧になってください。




【米雇用統計発表時のトレードの考え方】の続きを読む

  • カテゴリ:
おはようございます。


昨晩、ドル円108.680でロングエントリーし、朝起きたら約100pips獲れてました。

約定履歴はツイッターにアップしています。


さて、何度か書いたことがあるのですが、競馬の万馬券とFXの100pipsは狙わないと獲れません。(放置してたらたまたま獲れたということはあるでしょうが・・・)

と言いましても、毎回毎回大きく狙ってもそうそう万馬券や100pipsは獲れません。

では、どういう時に大きく狙うかと言えば、それはチャートを見て判断するしかありません。


ドル円1時間足
無題


私がエントリーしたのは赤色丸のポイントなのですが、恐らく移動平均線を重視されている方はどこで売ろうかということを考えられていたかと思います。

ですが、私の考え方は全く違います。

ここで注目して頂きたいのが黄色丸内の下ヒゲ連発で、これは何度も下を試して跳ね返されたということを示しています。

何度も下を試して跳ね返されているという事実を確認しているのに赤色丸で売るというのは、目の前にエベレストという高い壁があるのにそれに対して果敢に挑戦するようなものです。

高い壁であればあるほど、その壁を登り切った後には大草原が広がっているかもしれませんが、高い壁を登るのは登山好きの方にお任せすればいいというのが私の考え方で、黄色丸を下抜ければ恐らくそこそこ下に走るでしょう。

何故かと言えば、黄色丸で何度も反発したということはそれまでに売ってた人達の一部が決済しているでしょう。

ということは、黄色丸を下抜ければ売り直すことができます。

また、黄色丸で反発したということは、この反発時に新規で買っている人もいます。

ここで買った人達は黄色丸を下抜ければどんどん損切りしてくるでしょうから、新規の売り注文とダブルパワーとなって下げる筈です。

このような動きが想定できるのですが、これはあくまでも黄色丸を下抜けてからの話であり、抜ける前に高い壁が立ち塞がっています。

であれば、高い壁を登るのはお任せして、抜けてから美味しいところだけを頂けば良いというのが私の基本的な考え方です。

ボロ負けしてた頃は何度も何度も高い壁に挑戦し、身も心もボロボロになってましたが、流石に負け続ければハイエナ的思考に変わってくるかと思います。


上記内容では今回の記事タイトルの説明にはなっていないのですが、大変重要なことなので最初に説明してみました。

では、実際に私がどのように考えてトレードしたかと言いますと、黄色丸内の一番長い下ヒゲを見た段階で売りはなかったです。

これはあくまでも慌てて売るということがないというだけであって、黄色丸を下抜けてくれば当然売ります。

慌てて売るという選択肢が消えたので、残るは何もしないか買うなのですが、赤色丸で買ってオレンジ色枠のゾーンさえ上抜けてくれれば、その後は緑色の水平線まではほぼフリーですし、この緑色の水平線も上抜けてくれたら水色の水平線までもほぼフリーです。

こんなに都合良く上に行ってくれると最初から期待してた訳ではないですが、昨日は北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したということで一気に動きました。

ですが、追い撃ちをかけるような出来事がない限り一過性の動きになるのではと考え、1円近く急落し、その後新たな下げるネタがなければ売ってた人達の一斉決済+新規の買い注文で全戻しの可能性もあると考えた訳です。

色々と説明してきたのですが、上記内容が理解できないのであれば、見るべきポイントというのは今現在どれだけ売り(買い)注文が溜まっているかということと、今売る方が美味しいのか、買う方が美味しいのかということを考えることだと思います。

このように書くと常に逆張り的発想になっちゃうのはちょっと危険なのですが、散々売られた後に更に下げるためにはしっかり戻すか、ある程度の時間揉んで売り買いのポジションを溜める必要があります。

このような状態になっていないのにどんどん下げると期待しちゃうから慌てて売って損切りになっちゃうんです。


記事タイトルの説明はあまりできていないのですが、100pips獲るためには直前に100pips近く動いたという事実が必要ですし、また、重要なレジサポ付近でかなりの時間揉むということも必要になってきます。

この2つの要素がない時に100pips以上獲れる可能性があるのは、重要指標であったり、要人発言などがないと厳しいと思います。

スイングトレードならいくらでもあるかもしれませんが・・・



時々メインブログの新幹線をクリックして頂けると嬉しいです。

メインブログのアクセス数激減=当ブログのアクセス数激減になりますので。

宜しくお願い致します。 ⇒ http://blog.livedoor.jp/fxjiyuu/archives/19378705.html

このページのトップヘ