おはようございます。


ドル円1時間足
無題


何度下を試しても下げることができないので徐々に売りたい人が諦めてきたように感じられますが、現在は1時間足レベルで見れば絶好の戻り売りポイントです。(ピンク色のゾーン)

その証拠に、赤色丸内をよ~くご覧になると上ヒゲが何本でも出ています。

これは、ここから上には行かせないという意思表示です。

「じゃあここからすぐに売りだ~!」というのは危険で、赤色丸内の下の方をご覧になると下ヒゲもたくさん出ています。

これは、なるべく下から買いたい人も多いということであり、今現在は売りたい人と買いたい人が激しく戦っている状態だと考えられます。


では、具体的にどのようにトレードするかですが、今現在は売りと買いが戦っている訳ですから無理する必要はなく、ピンク色のゾーンを明確に上抜けてくれば青色のゾーンまでは目立った壁がありません。

ただし、109.5のキリ番は当然意識されるでしょうから、ここをしっかり抜けた辺りから買っても遅くないでしょう。


また、日足レベルで見れば、


無題


大きく下げた後に軽く戻っている程度ですので、本格的に買えるのは上の方の黄色の水平線を上抜けてからであるということをしっかり意識しておいてください。


売る場合ですが、


無題


赤色丸内の下ヒゲを明確に下抜けてからでも遅くはなく、短期的には買いたい人の勢いの方が強いということをしっかり感じ取ってください。


尚、4月23日にはフランスの大統領選挙がありますので、本日のポジションは持ち越されないことを強くオススメします。

特にユーロでトレードされている方は。(勿論ユーロが激しく動けばドルやポンドも影響を受けます)