ドル円1分足
無題


上記画像をご覧になるだけで赤色丸辺りが絶好の買いポイントだということがわかる方は、私の勝ちパターンの5をしっかり理解されているのではないかと思います。


一応説明しておきますと、1本細い赤色の水平線を引いているのですが、この水平線は先日の記事で紹介したHTさんのツールを使って引いています。

この水平線を下抜けた後に戻ってくるのですが、ピンク色丸辺りで売った人の願いはオレンジ色線で示したように一気に下に走ってくれることだと思います。

ですが、そうはならずにダブルボトムとなって上昇を始めると、ピンク色丸以降に売った人達はどういう行動をとりますか?

下の方で売っちゃった人はすぐに含み損になって損切りするかもしれませんし、ピンク色丸辺りで売れた人も伸びないんだったら決済しておこうと考えるでしょうし、チャートの左側の方で売ってた人の一部も決済してくるでしょう。

また、赤色丸以降の上昇を見て、いよいよ押し目買いだという人も買ってくれば一時的に買いが圧倒的に優勢になります。

つまり、私の勝ちパターン5というのは単なる押し目買いのことで、1分足で見ればネックラインを瞬間的に抜けてきますが、抜けた後にオレンジ色線のような動きにならなければ上で説明したようなことが起こりやすいので美味しいですよということを示しているだけのことです。

ネックラインを下抜ければ普通は売りを考えるでしょうが、私は逆にどこで買えるかということを考えます。

ということを書くと、ネックラインを下抜けたら無条件で買いを考える人が増えても困るのでしっかり説明しておきます。

ネックラインを下抜けても買いを考えるのは、それまでが上昇の流れであるという大前提が必要です。

今回の例ですと、1分足だけを見れば流れはよくわかりませんが、5分足以上を見れば上昇の流れであることは一目瞭然です。

このような時は朝の記事でも書きましたが、無理に売るのではなく、押したら買うということを最優先に考えるべきで、その買えるわかりやすいサインというのが勝ちパターン5となります。

ここでの注意点ですが、上記画像のピンク色丸辺りで売って頂いても特に問題はありません。

教科書通りの売りポイントなので。

ですが、ピンク色丸で売ってオレンジ色線で示したような動きになることを期待し過ぎてしまうと建値ストップで逃げることができず損切りになることも多々あるでしょう。

ピンク色丸辺りで売って最も注意すべきは直近の安値である緑色丸を下抜いてくるかどうかということで、ここで下抜けるか、反発して上昇するかで大きく考え方が変わります。

この緑色丸のポイントを注視できないのであればピンク色丸辺りで売るべきではなく、売るにしても緑色丸を明確に下抜けてからでも遅くはないですね。


もう1点、もし赤色丸辺りで買えず黄色丸辺りで買うのも可能と言えば可能ですが、赤色丸と比較すればそこそこ買われた後であるということと、目標が近くなっちゃいますので、目標が近いということをしっかり認識しどこで損切りするのかを明確にしてからエントリーすべきでしょう。


値幅が全然ないので赤色丸で買う必要はなかったかもしれませんが、考え方をしっかり理解し、訓練しまくれば勝ちパターン5はかなり強力な武器になると思います。