早速ですが、下の画像をご覧ください。


ポンド円15分足
無題


今朝私がチャートを見たのが赤色丸辺りだったのですが、チャートを見た瞬間に「やりにくいな~」とか「やっても獲れないだろうな~」ということをコンマ2秒くらいで判断しました。

何故このように考えたのかという根拠を考えてみてください。








如何でしたでしょうか?


普段から環境認識というものを強く意識し、しっかり訓練ができている方であればわざわざ答える必要もないレベルなのですが、環境認識というものができていない方にとってはもしかしたら難問だったかもしれません。


では、順番に説明したいと思います。

と言いましても、2本の水平線が引ければ解決で、


無題


赤色丸というのは赤色線で示した大きなダブルトップのネックラインと、オレンジ色線で示したダブルトップのネックラインの間に位置し、この2本の水平線を上下どちらかに抜けない限り動きにくい状態であることがわかります。


5分足だけを見ても動きにくいであろうことが簡単にわかるのですが、


1


赤色丸というのは青色で囲ったゾーンの中におり、このゾーンと言いますか波の上下をどちらかに抜けない限り動きにくいだろうな~ということが簡単にわかりました。


で、いよいよ今回の記事タイトルである「絶対に身に付けておくべき環境認識能力とは?」なのですが、チャートを見て瞬間的に今トレードすべきなのかどうか、また、今トレードして美味しいのかということを判断する能力が必要となります。

そもそもFXにおける環境認識というのは、自らがどこでトレードしようとしているのかを把握することであり、現在値は〇〇の〇〇付近だから、こんな感じのトレードをしたいということを考えるためにやるものです。

こういったトレード前の下準備を疎かにするから短期足の動きに翻弄されるだけのトレードとなってしまい、本日のような動きであれば相当短期スキャルが上手な方でないと勝つのは至難の業です。

このことがわかっていれば何もしないという選択肢を自信をもって選ぶことができるのですが、わかっていないととにかくトレードしようということばかり考えて無理なエントリーをし、小さな損切りの連続なんてことになっちゃうでしょう。

つまり、今日のような相場で負けちゃっているという方は環境認識ができていないか、値幅のない動きの中で勝つための技を習得できていないということになります。

値幅のない中で5pips程度を獲ることも必要かもしれませんが、環境認識がしっかりできれば値幅のない中を行ったり来たりしているということは上の画像の青色のゾーンをどちらかに抜けるまではポジションを持ったままという人が多くなるという判断ができます。

ということは、どんどんポジションが溜まる=次に大きく動くためのエネルギーを溜めている訳ですから、抜けた後の方が美味しいので今はエネルギーが溜まるのを待って、美味しいところだけを頂こうという積極的な待ちができます。


環境認識と言っても2~3本の水平線が引けて、売り買い両方の気持ちを考えることができれば上で説明したレベルのことは数秒もあれば十分な筈です。

と言いますか、数秒以内に判断できるようになるまで鍛えるべきで、環境認識ができずして安定的に勝つためにはハイパースキャルパーにでもならないと無理です。

わざわざ強豪犇めく世界に飛び込む必要もないので、高速で5pips程度を獲る技を磨くのであれば、まずは環境認識能力を鍛えて美味しいところだけでトレードするようにしてください。


今日のような動いていない相場で負けたら絶対ダメです!

負けたくないのであればスキャルの技を磨いてください。

でも、その前に環境認識能力を徹底的に鍛えてください!