FXブログ@トレードで勝つためのルール

みんな気になる、FXで勝つ方法をまとめています。トレードで勝つというのはマーケットの中にしっかり入りこんで、マーケットの流れにしっかり身をゆだねていかないといけません。

ポンド円は週足レベルの154.90円のサポートラインの影響がどこまで及ぶか?に注目でしょう。

※チャート画像は後程掲載

日足レベルで着々と値を下げて、上値をのばす余地を全く見せなかったものの、週足レベルで見える154.90円のサポートラインに下値を止められたような感じになりました。
日足レベルで陽線が2本続けて出て、今までにない買いの強さが産まれていることもわかります。

週明けにこの流れが続くかどうかは、結果を見てみないとわからないものの、少なくとも4時間足以下ではロング傾向が強いとみてトレードプランを考えるのが良いと考えています。
さしあたって現在のところは4時間足ですでにボリンジャーバンドが横ばいに推移し始めていますので、トレンドの憩いがだいぶ弱まっているとみて良いです。なのでボリンジャーバンド2シグマを目指す動きになるとみているし、
159.90円のレジスタンスラインまで目立ったラインがないので、そこまで伸ばす余地があるとみています。

逆に下値を確実に伸ばしてくるといえるのは、157.25円のサポートラインを抜けてから。このラインを下回ってきたら直近安値ま出を狙ってショートしていきたいですね。

ポンド円は158.20円の反発下落がどこまで続くか?が見極めどころになるとみています。

■1時間足
20160226gbpjpy1h


■4時間足
20160226gbpjpy4h


4時間足では移動平均線を上抜けして着ました。158.20円まで値を戻してきましたが、この水準はレジスタンスラインがあるともいえないところ。

もしかしたら反発下落の勢いが強まる可能性が十分にあります。下落の流れがはっきりするとすれば、157.10円のラインを下抜けしたところでしょう。

このラインを抜けるようなことがあれば、売って言っても良いと思います。ただもしくは157.10円に反発して上昇する素振りがあればロングする余地があります。





ポンド円はもしかしたら短期的にトレンド転換する可能性があります。


■1時間足
20160225gbpjpy1h

■4時間足
20160225gbpjpy4h


■本日の重要指標
18:30 イギリス GDP(前期比)
22:30 アメリカ  新規失業保険申請件数


4時間足で見る限りボリンジャーバンド1σ~2σの間を推移していて、理想的な下落相場となっています。
圧倒的にショート優位と言える場面なんですが、気持ち悪いのは1時間足以下の値動きです。

1時間足では直近の戻り高値である155.95円ラインを上に抜けてきてしまいました。
目先の動きだけ考えると、このラインが今度はサポートラインのように機能をしてさらに上値をのばすんじゃないか?そんな風に見ることもできます。

なので、このトレンドがはっきりするであろう156.35円のレジスタンスラインを抜けきれるかどうか?が、現在の相場の注目ポイントになります。
このラインを上抜けしてきた場合、上値のめどがかなりがら空きになっているので、ロングを余地があるとみています。

↑このページのトップヘ