2012年08月24日

チャート分析するのはなぜ?



チャートを見てるだけで、いきなりトレードを始める。
何も考えずにポジションをとって、適当なところで決済。
以前は、こんなトレードをしてました。
勝てても偶然で、長続きしません。

これ以上負けられないところまで、追い詰められました。
そこで初めて、チャートを分析するようになりました。
最低限の基本的な分析だけです。

その分析に基いて、トレードするようにしました。
だんだん安定して勝ちが続くようになりました。

こんな理想的な話は、そんなにないと思いますが・・・(笑)



安定していませんが、月の収支は4年間黒字です。
負けていた頃と違うのは、チャート分析をするようになってから。
これは紛れもない事実です。
そのポイントを書いていきます。



チャート分析を行うことの主旨は
履歴データの検証を行い、今の方向性、流れを検討する。
今後の方向性、流れを予測して、意味のあるトレードを行う。

これだけでも意識してトレードすると、得られることがあります。
根拠のあるエントリーと決済で、後に検証できる。
検証結果をデータ化し、対策を立てることが可能。
勝ちパターンが認識できるようになり、勝つトレードが定着する。

チャートは、似たようなパターンの繰り返しです。
この似たパターンを、捉えることが出来るか。
捉えて、利益方向にエントリー出来るか。
適切な損切りと最大限の利益確保が出来るか。
この積み上げが、常勝トレーダーへの道だと思います。

FXもPDCAのサイクルです。
P)プラン:トレード戦略を立案
D)ドゥー:運用する
C)チェック:結果を検証
A)アクト:改善


                    

fxchartbasic at 07:00|PermalinkComments(0) チャート分析