昨年は、嫁がトレードを本格的に始めたことは変化の一つだったかもしれない。

やり方は、長期スイングでドル円のみ。100万円の資金に対して1万通貨というほとんどレバレッジを掛けないやり方。
リミットもストップも入れずの放置プレイ。

聞いた感じだと5年~10年単位で考えているようだけど
先日決済して、またさらに仕込んだりとちょっと計画とは変わってきているようだ。

売りから入れることも教えたら、売ったりしている。

まぁ銀行預金のような感覚らしい。

だからドル円80円~120円幅の長期スイングだとしたら80円近くなれば買い、120円近くなれば売るという感じだと思う。

それで日ごろのレートなど見ることもない嫁だが、私は見ているので時々気に掛ける。


そして先日は、売って だとか 買って とか言い出し、そのうち私のスマホで決済とかできない?と聞いてくる始末。

なんで?と聞くと

「 私が売買したいときにいつでもできるようにと思って。この前も買っていたら勝てたのに… 」という。

その数日後、「ここで買っておいて」

というので クリスマス休暇中だし、今買うのはちょっと・・・ と言うと、

「だから買うタイミングを逃すじゃない。前だって買っていたらさらに勝っていた」とかいう。


私の内心は読者には察しが付くと思うけど、

私は言われたとおりにやることにした。


ーーーーーーーーーーーーーーー

そして、先日 あれ!? 利食い決済 なっとるやん  +110pips

117.30あたりでの買いが高値超えの118.30あたりで決済。

昨年はトランプ相場直前の利食いで+550pips抜きを行っている。

現在は、112円の売りと113.50の買いの両建てで-150pipsの含み損を抱えている。

新たな買いは決済になったが、残りの両建てポジションはどうするのか。

私の意見は、120円で決済しておこう。買いを。そして売りは保有したままタイミング観て、高値で売りのナンピンというイメージ。

嫁の意見は違った。

このまま120円に言っても買いは決済しない。そのまま保有継続。

なぜなら、売りを決済したいからだという。
つまり、買いで捕まるのはいいが、売りで捕まるのが嫌なのだという。

なるほど ぜったいに「負け」たくないようだ。

だから、今の値からそのまま105円まで下がるような相場ならその時点で売りを利食いして買いを保有。
そのあとはタイミングを見て買いのナンピンを狙いたいようだ。
105円で買うのか、100円で買うのか、100円割れで買うのか それはわからないが、
とにかく処分する優先順位が私とは違う。

これを聞いたとき、

妻のほうがトレーダーに向いていると思った。

私はすでに買いを利食いたいくらいの気持ちでいるのにww 
そして、彼女からはこう言われている。

スイングトレード手法も検証しておいて…と…


しばらくはビギナーズラック中の彼女の言うことを聞くのも御利益あるかもw


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ

★★★★★★の最強6つ星本 
セットアップや手法の紹介の他に、トレードビジネスとして高い意識を持つことの大切さを専門的に教えてくれる。



★★★★★トレードの核を掴むのならこれは素晴らしい。
しっかり学べば、生き残る確率が上がり、将来性を見込めるようになる。
のこる課題は「相性」だけだが、カスタマイズできる汎用性も高くプライスアクションの原理原則を教えてくれる。




(注意)ボルマンの本を読んで、ぜんぜん理解できない、という人は
今はもう読まない方が良いだろう。トレード経験が不足しすぎている。
表面的には、非常に理解しやすい。
ただ、奥が深いのでそれを本当に理解するためには何度も実践を必要とする。
だから、「表面的な理解」さえも読解できないレベルであれば、
まずは他の本を読んでから、この本を手に取るべきだろう。