February 21, 2007

不労所得という名の響き

投資を始めることに後ろめたさや罪悪感を感じている方へ。





って言っても大した事書いてないですけどね。

ただ、投資が日本や世界に貢献しているのは間違いないんですよ。



経済学的にも、為替レートに投機マネーが入らなければ、レートは今よりもっと乱降下します。

株式にしても、企業の応援ということが根幹です。だから、上昇前提のシステムになっていたんですよ。

指値注文しかなかったのはそういうことでしょう。



では、不労所得という言葉。どう捉えましょうか。

つい最近、友人に不労所得という言葉は、弊害あるから使わない方がいい。



と言われた。





実際、ネットしてて不労所得などと書かれていても、何も感じなかったが、

先日、ある方から不労所得を目指していらっしゃるんですか?との質問を受けた。



実際に聞かされてみると、
正直、僕は嫌な気分になった。







投資のどこに「不労」があるのだろうか。

完全なシステムトレードを作り上げた方でも、

裁量的トレードで利益を上げている方でも、



おおよそ、想像も出来ない努力・労力を費やしてきたのではないか。





それを「不労」と呼べるだろうか?



自分のやっていることが汚された気分になる。





投資は、以前にも述べたとおり、差別のない世界だ。

そこでは、努力したものだけが勝てる公平性がある。

特に、FXでは、それが顕著だ。

努力の差でしかない。

それは、労力をつぎ込んで獲得するものだ。





このような方法を取って利益を獲得することに、後ろめたさを感じる必要はこれっぽっちもない。







今は、流行りだした時期、これから日本は米国のように資産に対する金融商品の割合が増すと思う。



なるべく早く勉強を始めるべきだと思う。

ものごとは、みんながやり始める前が旬だ。



僕より、長生きしているであろう読者様方には、投資【生きるための方法の一つ】の必要性は十分にわかっていると思う。



投資の具体的なメリットは二つある。



・投資を通じて、自分の能力を高めることが出来る。課題と解決策のループがそうさせる。

・いつかの成功が、それ以降、持てる時間を大幅に増加させる。







そして、行きつく先は、



本当に自分が幸福で充足しているとき、やりたいことが自然と浮かんでくる。







今回は、人生を富めるものにする本を紹介したいと思う。

人間の土地



「星の王子様」で有名なサンテグ・ジュペリの本。

ふつふつとやる気がこみ上げてくること間違い無し。








更新応援してくれる方、ポチっと押して上げてください





FXに勝つための厳選書店



 



fxdreamer at 22:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!THE 心理面 | 雑記

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
1000通貨で勉強しましょう!
食べ物がたまにゲットできます。
 





条件は非常にいいです。

実戦向き
自己紹介
カウンター