昨日、債券市場が反落しました。
時事通信が、来年1月の金融政策決定会合で利上げが議論される見通しと報じたとの事。しかし、利上げを決定するのかどうかはともかく利上げが議論されるというのは当然のことで、この反応は、材料が乏しい事の象徴だと思われます。
そんな中、あえて、ズバリです。

*ユーロ/ドル
    1.3091買いライン
    1.3054難平ライン

年末年始は、仕掛け的な動きが起きることが多いので、油断は禁物