FX 専業トレーダーの自由帳(改)

FXは学ぶだけでは絶対に勝てません!勝つための考え方を可能な限りお伝えしています!シグナル配信に頼っていてはいつまで経っても勝てるようにはなりません。自力で勝てる力を身に付けましょう!


本当は「勝つためのチャート活用術」という記事タイトルにしたかったですし、この方がアクセス数は伸びると思います。

ですが、当ブログでは再三、どうすれば勝てるのかということを考えるよりも、何故負けるのかということを考えてくださいと書いているので、「負けないため」というワードを記事タイトルに入れました。


さて、負けないためのチャート活用術ですが、今更新しいことを書く気はなく、新たな情報をどんどん提供しても情報過多となり、余計に勝てなくなる可能性があります。

以下に書く内容は以前にも書いたことがあるのですが、LINEグループにご投稿される負けトレード記録を見る限りでは、「チャートの〇〇に注目すればここで売りも買いもないんだけどな~」という負けトレードがあまりにも多いですし、もうこれ以上伸びないだろうというサインがしっかり出ているのに利確が遅れて結局損切りというトレードも多いです。

ということで、こういうトレードをなくすための考え方を説明したいのですが、いつも通り問題形式にしたいと思います。


無題


ドル円1分足のチャートですが、画像右端上部の赤色丸で買いを考えますか、売りを考えますか、それとも様子見しますか?


買う場合は買える根拠、売る場合は売る根拠、様子見の場合もその根拠をしっかりお考え頂いてから以下をお読みください。

読み進めて頂く前に応援クリックをお願い致します。 ⇒ にほんブログ村 為替ブログへ 











チャートの左側をしっかり見て、今がどういう状況なのかが判断できれば1秒以内に様子見という選択肢を選ぶことが可能なのですが、赤色丸付近でエントリーしちゃったという方は意外と多いのではないかと思います。

様子見という選択肢を選ばれたにしても、その根拠が明確でなければあまり意味がありませんので、以下に書く内容がご自身が考えられたこととどう違うのかをご確認頂ければと思います。


では、画像をご覧頂きたいのですが、


無題


当ブログをしっかりお読みになり、自分なりにしっかり考え、検証するということができている方であれば画像内の印をご覧になるだけで説明は不要かと思います。

それくらい一瞬で様子見という判断ができる場面でした。


最初に最も簡単な理由から説明しておきますと、白色丸3ヶ所をご覧になれば安値を切り上げていることがわかります。

一方、オレンジ色丸をご覧になると高値を切り下げています。

つまり、三角持ち合いの状態なので、赤色丸で売り買いすべきではないことが一瞬で判断できるということになります。

三角持ち合いになっているということがわかっていても、この間に十分な値幅があればトレードは可能ですが、今回の場合ですと全くと言っていいほど値幅がないのでトレードすべきではありません。

ということで、負けないためのチャート活用術の基本中の基本は安値切り上げ(切り下げ)、高値切り下げ(切り上げ)の状態が続いているかどうかをしっかり確認するということになります。

「それくらいはわかってます!」という方は多いかと思うのですが、例えば赤色丸で買いたいと考えた人は白色丸の安値切り上げはチェックしていたでしょうが、オレンジ色丸の高値切り下げに気付けてましたか?

気付けていないから赤色丸で買っちゃうと思うのですが、何度も書いている買いたい時にはまずは売りたい人の気持ちを考えるということが徹底できていれば、白色丸の安値切り上げよりも先にオレンジ色丸の高値切り下げに気付けていた筈です。

逆の立場の人のことを最初に考えることができれば、ここでエントリーすべきではないということに簡単に気付けます。

それは、例えば買いを考えた場合、最初に売りたい人の気持ちを考えて売りたい人も多そうという判断ができれば、売り買いが交錯しそうな場面だということに気付け、今入ってもどちらに行くか全くわからないな~という判断ができます。

とは言いましても、買いたい時にまずは売りたい人の気持ちを考えるなんてことはなかなかできないと思います。

ですが、これができないと買いたい時には買うことだけを考えてしまい、売りたい人の存在を無視してしまうからなかなか安定して勝てないんです。

逆の立場の人のことをまずは考えるなんてことはちょっと意識する程度ではできませんので、強制的にこの訓練専用の時間をとって頂ければと思います。

と書いても、恐らくほとんどの方はこのような訓練などされないでしょう。

やるやらないは自由ですが、やれば劇的に負けトレードが減ると言いますか、売り買いが交錯するだろうな~というところが簡単にわかるようになるので、トレード回数は間違いなく減らすことができます。


と、ここまでで終わってもいいのですが、もっとチャートを活用すればもっとレベルの高い判断も可能となります。


無題


まだ説明していない印がいくつもあるのですが、水色丸及び、この水色丸に引いた黄色の水平線にご注目ください。

この水色丸というのはチャートの左側の高値だったのですが、一番左のオレンジ色丸でこの高値を上抜けています。

もし黄色の水平線よりも下で売っていた人がこの水平線を上抜けることで損切りしてくれば、抜けた瞬間にもっと大きく上に走っても良かった筈です。

ですが、実際にはそうはならず、抜けた次の足で長めの陰線となり、1本前の陽線をほぼ全否定しました。

この段階で私であれば慌てて買うという選択肢は消え、買うにしても一番左のオレンジ色丸を上抜けてからか、しっかり押してからにします。

この辺りの感覚というのは訓練しないとなかなか身に付かないかもしれませんが、チャートの左側をしっかり見て、自分で考えるということができていれば十分判断できます。


無題


ここで新たに緑色枠を付け加えたのですが、この緑色枠でかなり急上昇しています。

最近の記事をしっかりお読みの方であればこの上昇の意味がわかるかと思うのですが、この上昇の原動力は売ってた人達の決済注文です。(勿論新規の買い注文も入っていますが)

この緑色枠内で売ってた人の多くが決済しちゃったので、黄色の水平線を上抜けても大して上に走らなかったと考えることができたかと思います。

水平線を上抜けるにしてもそれまでにどのような動きをしたのかということが重要で、今回のように一気に突き抜けるのと、黄色の水平線近辺で揉んだ後に抜けるのとでは全然考え方が違います。

ここではこの違いに関して説明しませんので、是非考えてみてください。

少々脱線したので戻ります。

上で、「私であれば慌てて買うという選択肢は消え」と書いたのですが、もし緑色枠の上昇が消極的な買いではなく、積極的な買いであれば2本の黄色矢印のように一気に一番左のオレンジ色を上抜けても良かったのですが、実際にはそうはなりませんでした。

ならなかったことで上昇の流れのリズムが崩れました。

波のリズムに関しては過去に何度か記事にしているのですが、


1
例えば現在値がピンク色丸だった場合、チャートの左側を見れば上昇の流れであることは一目瞭然ですので、緑色線のような赤色丸の高値を上抜けるという想定をしておきます。

赤色丸の高値を上抜ければ波のリズムは継続するのですが、青色線のように赤色丸には届かず高値を切り下げて失速することで一旦波のリズムは崩れます。

だからと言ってすぐに売れるかどうかというのは別問題なのですが、少なくとも波のリズムが崩れた段階で慌てて買うという選択肢さえ消してしまえば負けトレードも無駄なトレードも簡単に減らすことができます。

波のリズムというものを常に意識してくださいということは何度も書いているのですが、負けトレードを見る限りでは到底意識できているとは思えません。

また、波のリズムというものが意識できていれば、


2
もしオレンジ色丸辺りで買えていたのであれば、波のリズムが崩れた黄色丸辺りで利確しておけば後悔することはあまりないと思います。

今までずっと高値を切り上げていたのに、初めて高値を切り下げた段階で「あれ?」と気付けるかどうかだけの問題なのですが、残念ながら気付けていない方が多いようです。

気付けていないのであれば気付けるようになる訓練が必要ですし、例えば高値を切り上げ、安値も切り上げた段階でMT4上にチェックマークなどを入れるだけで解決します。

慣れてくればこんな面倒なことをする必要はないのですが、気付けない限り波のリズムが崩れているのに無理して買って損切りなんてことは今後も続けちゃうでしょう。


さて、今回は「負けないためのチャート活用術」という記事タイトルで色々と書いたのですが、今回書いた内容はすべて既出です。

冒頭にも書いた通り、新たな情報をどんどん提供しても情報過多となり、余計に勝てなくなる可能性がありますし、当ブログの内容をトレードに活かせている方があまりにも少ないようなので、今後も新たなことを書くつもりは今のところありません。

今回の内容は活用術と呼べるほどのものではないことは重々承知していますが、私が延々と活用術を書いたところで、自力でチャートを読み取るということができない限り勝ちトレードには繋がりません。

チャートの左側に十分過ぎるくらいのヒントがあるのに、折角のヒントに気付けていないとか無視しているから勝てないだけのことなので、折角のヒントを生かすも殺すもチャートを読み取る側の問題です。

圧倒的に勝っている人のチャートだけが特別という訳ではないですからね。


見るべきポイントを絞ればチャートを見るのが楽しくなると思いますし、効果的な水平線が引けるようになれば一見複雑に見える動きもとてもシンプルに見えてくると思います。

当ブログはこのような状態になるための考え方であったり、ヒントを提供しているに過ぎず、当ブログを読むだけで勝てるようになるなんてことは一言も書いていませんし、もしそのようなことを書いている人がいれば偽物だと思うべきでしょう。

勝ちたいと思う人の努力なしで勝てるようになる筈などないですから。

最近、勝てるようになりましたとか、チャートの見方がわかってきましたというような嬉しいコメントを何件か頂いているのですが、これはご本人さんの努力の賜物であり、私の力など微々たるものです。


あまり代わり映えのしない内容が続きますが、次々とネタが思い浮かぶほどFXは複雑なものではありませんので、基本中の基本を確実にこなせることを目標として日々邁進して頂ければと思います。

と言いますか、FXの世界で応用編と言えるほど難しいことなどなく、〇〇理論や〇〇波動などというようなものは無理矢理難しく相場というものを捉えようとしているとしか思えません。

FXの評論家になりたいのであればどんどん難しい知識を吸収する必要があるかもしれせんが、安定的に勝つということが目標なのであれば、基本中の基本をマスターするだけで十分勝てます。

負けトレードを完全に潰す、これと並行して環境認識能力を鍛える、そしてネックラインと高値(安値)を更新した起点に水平線を引き、今回説明した波のリズムというものを常に意識しながら売り買い両方の気持ちを考える。

その際に何度も登場している囲うということをやれば視覚的にもわかりやすくなります。

これらをすべて一気にやるのは大変でしょうが、負けトレードを完全に潰すということができていない方が余計なことを先にやっちゃうから、自らはどんどん勝ちに近付いているように思うかもしれませんが、実際にはどんどん遠退いていってるんです。

負けトレードを潰すということができない限り安定的な勝ちはないので本当は毎回負けトレードに関して書きたいくらいですが、それでは読者数が減る一方になるので別の記事も書いているとご理解頂ければと思います。

負けトレードを潰せた方専用のレベルの高い記事を書くブログを考えたこともあるのですが、レベルの高い話はVIPグループのチームビューアでしてるので今は必要ないかな~と思います。

レベルが高いと言っても、あくまでも基本の範囲内ですよ。


現在ご訪問者の13人に1人も応援クリックをして頂いておりません。
モチベーションが急降下中ですので、新記事を期待されるのであれば是非とも応援を宜しくお願い致します!
↓ ↓ ↓


最近ツイッターで、「トレーダーの心理を考えたけどわからない」というような内容のツイートを何度か見掛けました。

このツイート内容はご尤もだと思います。

だって、トレーダーの心理なんてわかりませんから。

「えっ、わからないの?」と思われるでしょうが、大々的なアンケートでもとらない限りトレーダーがどのように考えているかなんてわかりません。

ですが、ここで終わってしまっては何の成長も期待できません。

トレーダーの心理に関しては何度も書いている通り、自分ならどのように行動するのかということを考えることのみで徐々にトレーダーの心理を読み取れると言いますか、〇〇の時にトレーダーは〇〇の行動をすることが多いというデータを集めることができます。

ですので、「わからない」ではなく、自分ならどうするのかということを仮想のエントリーポイントをいくつも設けて、ここで売った場合、買った場合などいくつものパターンを考えて、その時に自分ならどう行動するのかということを考えるだけでいいんです。

考えた後にその後の動きを見て考えた通りの動きになれば、「他のトレーダーさんも私と同じように考えているんだ~」と思えるようになり、それが自信となります。

逆に毎回自分が考えたのとは違う動きをするのであれば、「私の考え方はマイナーなんだ、じゃあ他の人達の考え方に合わせた方がいいな~」と考えれば良いだけなんです。

この訓練では最初のうちは自らが考えたのとは逆の動きをすることの方が多いと思います。

何故なら、毎回自分が考えた通りの動きをするのなら、すでに勝てている筈ですので。

この訓練を続ければ、自分がちょっとした動きに翻弄されているだけということに気付けるでしょうし、本能のままにトレードしているだけなんだということにも気付けるでしょう。

このような気付きがとても重要なのですが、こういう訓練をせず、負けトレードにも目を向けないから何故負けるのかということにすら気付けないんです。


と、ここまでが前置きで、トレーダーの心理(大衆心理)をどのように考えるのかという練習問題を出題することで、練習方法であったり、考え方の参考になればと思います。


では、問題です。


1


画像右端の赤色丸のポイントで買いたい人と売りたい人がどのように考えているのかをチャートの左側をしっかり見ながら考えてみてください。

答えを見るだけではほとんど意味はありませんし、訓練にならないので、しっかり考えられた方から以下をお読みください。

読み進めて頂く前に応援クリックをお願い致します。 ⇒ にほんブログ村 為替ブログへ 











しっかり考えられましたでしょうか?

私の解説を読むことよりも自分で考えることの方が重要ですので、何も考えていないという方は以下は読まないようにして頂ければと思います。


では、まずは下の画像をご覧ください。


2


最初に買いたい人の気持ちを考えて頂きたいのですが、買いたい人は何故赤色丸で買いたいと考えたのでしょうか?

と問うまでもなく、黄色枠で大きく上昇したからだと思います。

ですが、急に動いたから買うといのは本能のままにトレードしている証拠で、買うのは押して反発してからという基本中の基本を無視していますし、陽線(陰線)が連続で出たら慌てて買わない(売らない)という、当ブログで10回以上書いていることも無視していることになります。

つまり、赤色丸辺りで買っちゃうというのは最もレベルの低いエントリーであり、こういうところでのエントリーを続けている限り安定的な勝ちなど訪れません。

と書いている私も昔はこういうところで入っていたのですが、同じパターンで何回も負ければ流石に「ここで入ったららダメだ」と気付ける筈です。

気付けてはいても入っちゃうというのは、こういうところでエントリーしないという訓練ができていない証拠ですし、そもそも何故黄色枠のような上昇をするのかという意味すら考えられていないのではないかと思います。

当ブログをしっかりお読みの方であれば、黄色枠の上昇は損切りがメインだということをしっかり理解されている筈です。

どういうことかと言いますと、安値圏のネックラインが緑色の水平線で、このネックラインを上抜けることで一気に走っているのがわかるかと思うのですが、ここでこのネックラインより下で売っている人の気持ちを考えて頂ければ黄色枠の動きの意味がわかるかと思います。

ネックラインよりも下で売っている人は、ネックラインを上抜ければ全員含み損になります。

ネックラインのすぐ下くらいで売った人であれば、ネックラインを多少上抜けても損切りしないかもしれませんが、ネックラインよりもかなり下の方で売った人はどんどん含み損が膨らみます。

この人達が損切りすることで売りの損切りなので買い注文が入り上昇します。

この上昇を見てネックラインよりも上で売ってた人も「どんどん含み益が少なくなってるので逃げておこう」と考えるでしょうし、このように考えて売ってた人が決済すれば更に上昇します。

この勢いに乗じて新規の買い注文が入って黄色枠の上昇が出来上がったという訳です。

ここで登場するのが何度か書いている消極的な買いという言葉で、黄色枠の上昇の中で勿論新規の買い注文は入っていますが、この上昇の原動力は売ってた人達の決済注文ということです。

積極的に買おうと考えた人が多くて上昇した訳ではなく、売ってた人達が仕方なく決済することで上昇したので消極的と表現している訳です。

ですので、急騰・急落というのは積極的な買い(売り)と考えるよりも売ってた(買ってた)人達の決済(その多くは損切り)注文であると考えた方がその後のトレードがしやすくなります。

つまり、赤色丸で買っちゃうというのは本当は消極的な買いなのに、それを積極的な買いだと勘違いしちゃってるということになります。

では、どうなれば買えるかですが、これは簡単で、しっかり押して反発してからという基本を守れば良いだけのことです。

ただし、問題文に「チャートの左側をしっかり見ながら考えてみてください」と書いているのですが、買う時に考えるのはどこが目標になるかということで、今回の場合だと下落の起点となったオレンジ色丸辺りをしっかり意識し、ここまでの値幅を考慮する必要があります。

ということは、赤色丸で買っちゃうというのは、このオレンジ色丸が見えていない、もしくは意識していない証拠で、買うにしてもオレンジ色丸が第一目標であるということが定まってない限り良いトレードとは言えません。

長々と書いたのですが、ここまでのことを書くと赤色丸で買うメリットがほとんどないことに気付かれたかと思います。

敢えて「ほとんど」と書いたのですが、もし黄色枠の上昇を見て積極的な新規の買い注文がどんどん入ればオレンジ色丸も一瞬で抜いて大きく上昇するという可能性は否定できません。

ですので、「ほとんど」という表現にしました。

ほとんどということは一気にオレンジ色丸を突き抜けるような動きはあまり見られず、特に東京時間で大トレンドが発生するようなこともほとんどありません。

これもあくまでも「ほとんど」であり、とんでもない株価の急変や要人発言で大トレンドが発生する可能性は否定できません。


赤色丸辺りで買ってはいけないということは先日ツイッターでも書きましたが、最初のうちはこういうところで入らないということさえ徹底できれば十分ですが、こういうところで入らないということが徹底できたのであれば何故買ってはいけないのかということも考えるようにしてください。

このように考えることを続けることで、今買うべきか売るべきか、それとも何もしない方が良いのかという判断が一瞬できるようになります。



次に売りたい人の気持ちを考えて頂きたいのですが、


2


赤色丸で売りを考える根拠は何でしょうか?

上で説明した買いたい人の気持ちを考えることで、ここでの買いはないから売るというのであればまだましなのですが、ただ単に急上昇したのでカウンターで狙ってやろうというのでは危険です。

と言いますのは、黄色枠内で新規の買い注文を入れている人も当然おり、この人達の第一目標はオレンジ色丸辺りだと思われます。

だとすると、赤色丸付近ではまだ目標地点まで若干の値幅があります。

ということは、買ってる人が赤色丸辺りで決済してくるかどうかはわかりません。

もし黄色枠の上昇がオレンジ色丸付近まで続き、このオレンジ色丸辺りで長めの上ヒゲが出れば損切りを浅くしてカウンターで売るというのはありかもしれませんが、カウンターで売り買いして一気に伸びるようなことはほぼほぼありません。

カウンターの売り買いというのはあくまでも押し目買いや戻り売りが入ってきそうなところまで限定のものであり、このことを理解せずポジションを放置していると建値ストップや損切りになることが多いです。

エントリーのタイミングも難しく、獲れたとしてもポンド円などの高ボラ通貨ペアでなければ10~20pips程度ですので、最低でも2回上(下)を試してから入る方が無難です。

2回上を試してからという意味ではピンク色丸辺りで売るのはありだと思います。

ですが、緑色の水平線=ネックラインをすでに上抜けているという事実があるので、狙うにしてもこのネックラインまでで、そこにすら到達しない可能性もあります。


以上、買いたい人と売りたい人の両方の立場を考えてみたのですが、このように考えた結果どのような結論が導き出されるでしょうか?

これは色んな考え方ができるので、これが正解だというものは明示できませんが、少なくとも何が何でも買いだとか売りだという判断はできない場面だと思います。

買うにしてもしっかり押してからオレンジ色丸辺りを目標にあくまでも上抜け期待のものであり、売るにしてもネックラインを下抜けなければ話にならず、ここを下抜けても画像内の最安値付近で反発するかもしれないので、売るにしても下抜け期待のものとなります。

じゃあどうすればいいかと言いますと、


無題


赤色枠のように囲って、この間は何もしなければいいんです。

買っても売ってもあくまでも抜け期待なのであれば、抜けてから考えても遅くないですし、抜けてからの方が大きく動く可能性が高いです。(ただし、これはあくまでも1分足での話なので、当然上位足も見ておく必要があります)

それは、この赤色枠を抜けることでこの間に買ってた(売ってた)人の損切りが出て、それに新規の買い(売り)注文が入って大きく動く可能性があるからです。

過去記事で何度も囲ってくださいと書いてきたのですが、何故囲う必要があるかと言えば、この枠内は上でも書いたような色んな思惑がぶつかり合っているので、何か強いファンダ的要因でも出てこない限り一方向にはなかなか動けないからです。

このことを理解しつつ10pips程度をサクサク獲っていくということができるのであれば良いのですが、かなり忙しいトレードになりますので、それであればどちらに動くのか全くわからないようなところでトレードするよりも買いたい(売りたい)人が諦めてから重役出勤しても遅くないですよということが言いたい訳です。

FXは待つのが仕事だとよく言われますが、何故待つのかという意味がわかっていなければあまり意味がありませんし、待つというよりも勝てるポイントが来たので入ってあげるくらいの気持ちの方が良いと思います。



さて、長々と書いてきたのですが、問題はたったの一問でした。

もっと多くの練習問題を出した方が良いのかもしれませんが、その気になれば練習問題など無限にあります。

チャートを開けて適当にマウスを左に動かして止まったところで上と同じような訓練をすればいいだけです。


例えば、


3


普段私があまりトレードしないポンドドルのチャートを開けて適当に左側に送り、止まった右端で赤色丸のようなポイントを設けます。

このポイントで買いたい人、売りたい人両方の気持ちを考えながらどのようにトレードすべきかということを考えます。

その際の判断材料はすべてチャートの左側にありますので、判断材料があまりにも少ないようであれば上位足を見る必要がありますし、1分足だけで十分判断できるのあれば「黄色の水平線が意識されそうなので、売るにしてもここを下抜けてからかな~?」とか、「買うにしてもオレンジ色丸の上ヒゲが気になるし、チャートの左側を見るとかなり買われた後なので、しっかり押してからかな~?」などということを可能な限り考えます。

そして、考えた後にチャートをちょっとずつ右に移動し、もしすでにエントリーしたのであれば利確や損切りポイント付近の動きを見て決済するかどうかを考えます。

まだエントリーしていないのであれば、どうなればエントリーできるのかということを事前に考えておいたトレードプランを参考に考えます。

このような訓練だとFT2(FT3)のような検証ツールは不要ですし、チャートをちょっとずつ動かすのがどうしても面倒なのであれば、その段階で検証ツールの購入を考えればいいんです。

検証ツールを買ってからどうしようかな~ではなかなか使いませんので、基本的にはなくても何とかなるという考え方で良いと思います。

というのが私の考え方ですし、検証もリアルチャートを見ながらやることの方が多いので、私は検証ツールを一切持っていません。

今のところ必要性を感じないので。

と言いましても、検証時間が土日にしかとれない方には検証ツールが力を発揮する場面は多々あるかと思いますので、検証ツールを購入されるにしても何故必要なのかということをしっかりお考え頂いてから検討されれば良いのではないかと思います。


少々脱線しましたが、練習問題など無限にありますので、問題を探すなどという無駄な時間を過ごすくらいならどんどん考えるということを最優先に考えて頂ければと思います。

また、LINEグループにご参加の方々であれば問題を出し寄ってチームビューアで議論するなどいくらでも動くネタはあります。

LINEグループは参加するだけでは何も変わりませんので、変わりたければ自ら積極的に行動して頂ければと思います。


現在ご訪問者の13人に1人も応援クリックをして頂いておりません。
モチベーションが急降下中ですので、新記事を期待されるのであれば是非とも応援を宜しくお願い致します!
↓ ↓ ↓

このページのトップヘ