FX 専業トレーダーの自由帳(改)

FXは学ぶだけでは絶対に勝てません!勝つための考え方を可能な限りお伝えしています!シグナル配信に頼っていてはいつまで経っても勝てるようにはなりません。自力で勝てる力を身に付けましょう!


早速ですが、問題です。


ドル円5分足
無題


画像内の赤色丸と黄色丸、どちらで売る方が良いと思いますか?

根拠も含めて考えてみてください。

考えられた方から以下をお読みください。

1日1回応援クリックをお願い致します。 ⇒ にほんブログ村 為替ブログへ 











まずは下の画像をご覧ください。


無題


その後の結果が見えていますし、今回の記事タイトルを見て多くの方が黄色丸で売る方が良いと考えられたかと思います。

ですが、普段のトレードでは赤色丸でエントリーしていませんか?

黄色丸まで待てていますか?

という問いに対して自信を持って答えられる方は少ないかと思います。


では、順番に説明したいと思います。


まず赤色丸ですが、私であればこのポイントでエントリーすることはほぼ100%ないと思います。

その理由は・・・

ちょっと考えてみてください。

ヒントはすべてチャートの左側にあります。





赤色丸で売ろうと考えられた方の根拠はピンク色枠のネックゾーン(ネックラインを引きにくかったのでゾーンにしています)を抜けたからだと思うのですが、こういうところで売っちゃう方は赤色丸までにすでにかなり売られているという事実を確認されていないと思いますし、高値を更新する起点となった緑色の水平線が引けていないか、引けていても注意されていないと思います。

今回はたまたま緑色の水平線を下抜けたのですが、白色丸をよ~くご覧になると下ヒゲが3本も出ています。

これは緑色の水平線が効いているという証拠であり、ここで売ってた人達が一斉に決済し、新規の買い注文がどんどん入ってくれば緑色線のように一気に上昇した可能性があります。

赤色丸でエントリーして緑色の水平線で大きく反発すれば恐らく建値ストップで逃げる暇もなく損切りになっちゃうかと思うのですが、こうなっちゃう原因は赤色丸から緑色の水平線までの値幅が5pips程度しかないからです。

つまり、第一目標までの値幅が無さ過ぎるからこそ逃げることができないんです。

今回はたまたま緑色の水平線を下抜けましたが、これはあくまでも偶然であり、このようなトレードを続けている限り勝率は安定しませんし、安定的な勝ちも遠いと思います。


その後ですが、


無題


赤色丸で売った場合、今回はたまたま緑色の水平線を下抜けてくれたのですが、その後オレンジ色丸辺りで決済することができますか?

これは安値圏のダブルボトムのネックラインである水色の水平線が引けていればそれほど難しいことではないと思うのですが、引けていなければかなり難しいと思います。

で、その後あれよあれよという間に上昇しちゃったのですが、上昇途中で迷わず決済ボタンを押すことができ、ある程度の利益を確保できれば良かったのですが、含み損を抱えた瞬間の赤色×辺りで損切りするというのが最悪のトレードとなります。

今回の内容とは直接関係ないのですが、ネックラインの重要性を改めてお感じ頂けたのではないかと思います。



さて、いよいよ本題なのですが、何故戻り売りが効果的なのかという理由は・・・

それは、上で書いた「その後あれよあれよという間に上昇しちゃったのですが」の意味をじっくり考えてみてください。

何故オレンジ色丸以降上昇したのかと言えば、それは水色の水平線=ネックラインが効いたからであり、


無題


黄色枠内で売ってた人達はもうこれ以上下に行けそうにないので一旦決済しておこうと考えたからだと思いますし、買いたい人からすればもうかなり売られた後なので逆張りを狙ってみようということで新規の買い注文を入れてきたと考えられます。

この売ってた人達の決済と新規の買いの勢いがあまりにも強く、黄色線で示したように一気に高値を更新してしまうとそもそも戻り売りは成立しないのですが、ピンク色枠のネックゾーン辺りで上昇の勢いが止まり、その後高値を切り下げた黄色丸辺りでトレーダーが何を考え、どう行動してくるのかということを考えて頂きたいんです。

赤色枠内で買った人達の願いはネックゾーンを上抜け、更には黄色線で示したように高値を一気に更新することだと思うのですが、ネックゾーンを抜けることなく、しかも高値を切り下げた黄色丸辺りで「もう伸びそうにないので決済しておこう」と考える筈です。

一方、売りたい人からすると、ネックゾーンで上昇の勢いが止まり、高値を切り下げたので新規で売ってみようと考えるでしょう。

つまり、黄色丸のポイントというのは赤色枠で買ってた人達の決済と新規の売り注文が入りやすいところであり、買ってた人達の決済=売りですし、新規の売り注文も当然売りですのでダブルパワーで伸びやすいということになります。

このことこそが戻り売りが効果的な理由です!

と書いても?マークが並ぶかもしれませんが、要するに戻っていない状態だと新規の売りだけが主戦力となるのですが、戻った後だと買ってた人達の決済と、それまでに売ってた人達が一旦決済した後だと売り直すことができますし、それまで全く参戦していなかった人も新規で売ることができるので一時的に強烈なパワーを出す可能性を秘めているからです。

エリオット波動の3波が伸びる理由が正にこのことであり、理屈が理解できればエリオット波動を知らなくても何の問題もありません。

と言いますか、理屈を理解せずエリオット波動の形だけで何とかしようとする方が危険だと思います。



戻り売りが効果的な理由ということで長々と書いてきたのですが、上記内容を一読しただけで理解できる方はかなり少ないと思います。

ですが、重要なのは理解できないことよりも、自分で考えるということです。

上記内容は誰かに教えてもらった訳ではなく、私が買いたい人と売りたい人の気持ちを考えながら出した結論であって、これが正解かどうかはわかりません。

正解かどうかはわかりませんが、勝ちに直結していますので自分なりの正解だとは思っています。

この自分なりの正解を導き出すためにトレーダーの心理(大衆心理)というものを考える訓練が必要となります。

誰かに教えてもらったことをそのまま実践して結果が出ればそれでも良いのかもしれませんが、自分で考え抜いたことが結果に繋がれば強力な武器となります。

この武器をいくつ持っているかが安定的に勝てるかどうかの決め手になると強く思います。


最後に応援クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓


早速ですが、問題です。


ドル円15分足
無題


私は赤色丸(111.529)で売りました。

1分足での細かなエントリーポイントは無視して頂き、私が赤色丸でエントリーした根拠を考えてみてください。

考えられた方から以下をお読みください。

1日1回応援クリックをお願い致します。 ⇒ にほんブログ村 為替ブログへ 











まずは下の画像をご覧ください。


無題


今回の記事タイトルの「損得勘定を考えた」というワードだけで「なるほどね」と察した方もたくさんいらっしゃるかと思うのですが、念のために説明したいと思います。


まず、チャートの真ん中辺りに緑色の縦線があるのですが、この縦線よりも右側しか見えないと仮定してみてください。

恐らく1分足であれば縦線よりも左側は見えないと思うのですが、黄色線で示したダブルボトムのネックラインを上抜けたので2ヶ所のピンク色丸辺りで買うのは教科書通りですし、私がエントリーした赤色丸辺りもちょっと遅いですが、買おうと思えば買えるポイントだったと思います。

というのが1分足しか見ていない人の目線であり考え方だと思います。

ですが、緑色の縦線よりも左側も見えるとなると考え方は大きく変わります。

チャートの左側からの流れを見れば明らかな下落の流れですので、基本戦略は戻ったら売るだけです。

どこまで戻ったら売れるのかという最初の目安となるのが大きく下落する起点となったオレンジ色丸辺りだと思うのですが、このオレンジ色丸が111.5のキリ番のすぐ近くなので111.5というキリ番を戻り売りの目安と考えている人が多かったのではないかと思います。

ですので、私は111.5のキリ番を僅かに上抜けるものの、その後上昇することなく下げ始めたので売ったということになります。

後々見ればかなり頂点付近で売れていることになるのですが、1分足しか見ていなければかなり危険な売りだと言えるかもしれません。


私がエントリーしたもう一つの理由が今回の記事タイトルと関係するのですが、


無題


赤色丸のポイントで買う方が美味しいのか、売る方が美味しいのかということを考えた結果、売る方が美味しいと判断したから売ったということになります。

この根拠ですが、赤色丸のポイントというのはダブルボトムの下限から見ればもうかなり買われた後ですし、赤色丸で買うにしても押していないので、そもそも赤色丸で買うという選択肢はありません。

それでも赤色丸で買うと仮定すると、エントリー前に利確目標を定めておく必要があります。

ここで画像内にたくさん引いた水色の水平線をご覧頂きたいのですが、6本引いた水色の水平線すべてが利確目標=この水平線から戻り売りを狙っている人がいるということになります。

ということは、赤色丸で買ってもすぐ上に壁だらけですし、ダブルボトムの下限からかなり買われた後ということは買いポジションがかなり溜まっている訳ですから、もう上に行けないとなると買ってた人達が一斉に決済すれば買いの利確=売りなので急落の可能性もあります。

このような損得勘定を考えた結果、赤色丸で売ったということになるのですが、文字にすると大変なのですが、いつも書いている通り、上記内容を私は数秒以内に判断しています。

これも何度も書いていますが、このような瞬間的な判断をするためには日々の訓練しかなく、今買う方が美味しいのか、それとも売る方が美味しいのかということをチャートの左側を見ながら考える訓練をひたすらすれば誰でもできるようになります。

誰でもできることなのですが、やるべきことをやらないからいつまで経ってもできないんです。


もう一点強調しておきたいのは、上でもちょっと触れた1分足と15分足では見える世界が違います。

1分足というのはあくまでもエントリー用に特化したものであり、戦略を考えるものではありません。

かなりのボラがあれば1分足だけでも十分トレードはできるのですが、低ボラの時に1分足だけを見るようなトレードをしているとちょっとした動きに翻弄され細かな損切りの連続ということになりかねません。

秒スキャとか分スキャと呼ばれるようなトレードを極めるのであれば1分足は最も重要かもしれませんが、強豪犇めく厳しい世界に無理に飛び込む必要はありませんので、細かな損切りが多いという方ほどもっと上位足を見て頂ければと思います。


最後に応援クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓

このページのトップヘ