今回は前置き一切なしでいきなり問題です。


ドル円1時間足
無題


現在値は赤色丸ですが、この後どのようにトレードしたいかを考えてみてください。

ヒントを出すと簡単かもしれませんので、ノーヒントで考えてみてください。
 
1日1回応援クリックをお願い致します。 ⇒  にほんブログ村 為替ブログへ










普段から環境認識の訓練がしっかりできている方にとってはあまりにも簡単だったかと思いますが、自分で考えて環境認識をやるという訓練ができていない方にとってはもしかしたら難問だったかもしれません。

では、順番に説明したいと思います。

まずチャート内に、


無題


2本の水平線が引ければスッキリすると言いますか、どのようにトレードすべきかが見えてくるのではないかと思います。

引いた水平線はいつも書いているネックライン(黄色の水平線)と高値を更新した起点(オレンジ色の水平線)です。

ダウ理論的にどうのこうのとか、エリオット波動的には・・・なんていうややこしいことを考えなくても、無条件でネックラインと高値(安値)を更新した起点に水平線を引くだけで今どういうところでトレードしようとしているのかが簡単にわかります。

この2本の水平線を引いた後に、チャートの左側からの流れを追っていきます。


無題


チャートのちょうど真ん中の最下部辺りから一気に上昇するのですが、ダブルトップとなり、その後このダブルトップのネックラインを下抜けてきました。

「ネックラインを下抜けたので売りだ~!」と考えたくなるでしょうが、ネックラインを下抜けた後に戻ってきた水色丸辺りで売れたのであれば良かったのですが、今現在は水色丸から見るともうそこそこ売られた後です。

つまり、売るにしてはもう乗り遅れています。

「じゃあ、買いだ~!」というのはあまりにも短絡的な考え方であり、ダブルトップの右肩辺りからの下げの勢いは無視できません。

ではどうすれば良いのかと言えば、現在値の赤色丸というのは黄色の水平線とオレンジ色の水平線のちょうど真ん中付近であり、ネックラインを下抜けたことを重視する人はどんどん売りたいでしょうが、1時間足の大きな波を重視している人からするとオレンジ色の水平線辺りは絶好の押し目買いポイントです。

赤色丸から売っても目標はオレンジ色の水平線までであり、オレンジ色の水平線辺りで買いたい人が待ち伏せしていると考えると、赤色丸辺りから積極的に売ろうと考える人は少ない筈です。

目標までの値幅があまりないので。

一方、赤色丸から買っても短期的には下落の流れであり、買ってもネックラインが目標となり、こちらもあまり値幅がないので何が何でも買いだという人も少ないでしょう。

つまり、2本の水平線の中間地点付近は売り買い両方の思惑がぶつかるところであり、こういうところで入って獲れたとしても偶然としか言いようがありません。

ということは、こういうところでは何もしないのが一番です。

売っても買っても目標が近いということを理解しつつ、最初から大きく狙わないという限定的なトレードであれば良いのですが、残念ながらこのようなトレードができる方は少ないですし、限定的なトレードだということがわかっていても目標付近の動きを見て迷わず決済ボタンを押せる方も少ないです。

であれば、2本の水平線に引き付けてからであればそこそこの値幅を期待できますし、この2本の水平線を上下どちらかに抜けてからトレードを考えても良いですし、結果的には待った方が大きく獲れる可能性は高いでしょう。

なかなか勝てるようにならない方の多くは待てないというのが敗因であることが多いかと思うのですが、待つというよりも勝てるポイントが来たので入ってあげるくらいの上から目線の方が良いということは何度となく書いています。

環境認識ができないから待てないかと思うのですが、環境認識ができるようになれば今入って美味しいのかどうかが簡単にわかるようになります。

この差は歴然ですね。



さて、今回は「瞬間的な判断能力を鍛える練習問題」ということで書いてきたのですが、最終目標はチャートを見て瞬時に上記内容を理解することです。

「そんなことは無理だ~」と思われる方も多いかと思うのですが、このように言い切れるまで訓練をされましたか?

ちょっとやった程度で瞬時に環境認識ができるのであればFXの世界で勝てるようになる人はもっと増えるでしょうし、勝てるようになる人が増えれば今よりもレベルの高い争いになるでしょう。

ですが、私が日々トレードする中でトレーダーのレベルが上がったと感じられることはありません。

つまり、それだけ訓練している人が少ないということであり、言い換えればしっかり訓練すれば十分勝てるようになりますよということです。

FXの世界で安定的な勝者が1割と言われるのは、勝つ力を身に付けていない人までもがリアルトレードに参戦するからであり、FXでリアルトレードをするための検定試験でもあればもっとレベルの高い争いになるでしょうということは以前にも書きました。

とは言っても、検定試験などあれば証券会社は困るので、今後も勝つ力を身に付けていない人がどんどんリアルトレードに参入してきます。

これって物凄いチャンスだと思うのですが、チャンスだと思えるためには環境認識能力を鍛え、これと並行して自らの負けトレードを潰し、検証し、訓練するしかありませんね。

何度同じことを書いてもなかなか気付けない方が多いのですが、気付けない限り勝てるようにならないのは仕方ないですね。


最後に応援クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓