以前、ヒゲに注目するだけでトレードが変わる! FXという記事を書きそこそこのアクセス数だったのですが、最近色んな方とお話する中でヒゲを有効に活用できている方は少ないのではと思いましたので、改めてヒゲに関して書いてみたいと思います。

個人的にはややこしいインジケーターよりもわかりやすく、一瞬でサインを発してくれるヒゲこそが最強の勝つための武器だと思うのですが、なんとなく「ヒゲが出たな~」くらいにしか感じ取れないようでは何の役にも立たないと思います。

例えば、


無題


上記画像の赤色丸内の下ヒゲを見て、あなたなら何を感じ、この後どういう行動をすべきだと考えますか?

水平線を1本引いて考えられる限りのことを考えてみてください。

何も考えずに私が書いていることを読むだけではいつまで経ってもヒゲのことは理解できないですし、ヒゲを有効的に活用するなど夢物語となってしまいます。

と言ってもヒゲに何百通りもの考え方がある訳ではなく、せいぜい数通りなので何も難しいことはないです。


考えられた方から以下をご覧になってみてください。

1日1回応援クリックをお願い致します。 ⇒
 にほんブログ村 為替ブログへ 











早速ですが、下の画像をご覧ください。


1


1本水平線を引いて頂きたかった場所は直近安値である黄色丸のところです。

ここに1本ラインを引くだけで赤色丸のヒゲの意味がわかるのではないかと思うのですが、要するに直近安値まで一気に下げてきたので「直近安値まで来たので利確しておこう」と売っていた人達が考えただけのことです。

下ヒゲが出ずに迷うことなく一気に黄色丸を下抜ければ売っていた人達はポジションをキープしたかもしれませんが、売っていた人達の当面の目標は黄色丸でしたので、この近辺で反発する動きを見れば利確する人が多いです。

それは、ご自身がある程度上の方から売っていた場合のことをお考え頂ければ容易に想像できると思います。

つまり、ヒゲというのは何の意味もない場所で出現することは少なく、チャートの左側を見ればヒゲが出そうな場所というのは大体想定できます。

この想定ができれば、例えば売っている時に下ヒゲが出れば利確のサインとなりますし、売ろうかどうしようかと悩んでいる時に下ヒゲが出ればしばらく様子見をした方がいいです。

更には下ヒゲが出たということは、ここより下には行かせたくないという意思表示ですので、逆張りのチャンスでもあります。

具体的には、


4


黄色丸で下ヒゲが出たので、私であればこの段階で売りは考えません。

売るのであれば、下ヒゲを下抜けてから考えます。

その後、赤色丸で2本連続で下ヒゲとなっています。

しかも、黄色丸と比較すると安値を切り上げているので、2本目の下ヒゲの足が確定した後に上昇し始めたことを確認してからピンク色丸辺りで買えば美味しいということになります。

注意すべきは、連続で下ヒゲが出たとしても3本目、4本目が出る可能性もありますので、下ヒゲが出て上昇するのを確認してから入るようにしてください。

売りの勢いが強ければ下ヒゲが出た後に即下げるということも十分ありますので。

ですが、ピンク色丸辺りで買えば損切りも少なくても済みますので、こういうところで買うのは怖いとお考えの方は同じような場面でしっかり訓練して頂ければと思います。


今日の記事タイトルは「ヒゲの有効的な活用方法」ですので、まとめると、


・ヒゲは利確のサイン


・ヒゲが出たら一旦様子見する


・ヒゲは逆張りのチャンス


の3つです。


ある程度の含み益がある段階で長めのヒゲが出れば貰っておいた方が良いでしょうし、今売ろう・買おうと考えている時に長めのヒゲが出れば一旦様子見した方が 良いですし、逆張りを考えているのであれば、ヒゲが出た後に例えば買いを考えているのであれば安値切り上げを確認してから入れば最安値付近でエントリーす ることも可能です。

結局のところ、ヒゲに注目するだけでエントリーのサインにも利確のサインにもなりますし、売ろうと考えている時に長めの下ヒゲが出れば様子見することもできるという万能の存在です。

これほど素晴らしい機能を搭載した最強の武器であるにも関わらず、有効に使えている人が少ないのはあまりにも勿体無いと思います。

私はヒゲ1本1本の意味を考えながらというか、感じながらトレードしているので「今入っても無駄だ」とか「そろそろエントリーチャンスだ」なんてことを瞬時に判断できます。

もっとヒゲに注目し、ヒゲの意味を考えればエントリー後に即逆行などということは極端に減らすことができます。

是非ともヒゲの達人になって頂きたいと思います。



*今回も旧ブログ時代の記事を再掲載しております。

どんどん新記事を書いてくれと思われる方もいらっしゃるでしょうが、情報過多になることは弊害の方が多いのではと個人的には考えております。

Aの本がダメならB、Cの商材がダメならDなんてことをやってるうちはどう頑張っても勝てないのですが、ポイントを絞ってそのことに関して徹底的に考え、検証し、訓練すれば「これならやれそう!」とか「何か自信がついてきた!」と感じられるようになるかと思います。

ですが、こういうことをせずに目移りばかりしちゃうから結局何一つ自らのモノとできず、自分としては頑張っているつもりでも全く結果が残せないんです。

これは私自身が嫌というほど経験していることで、私はもう読む本がないというくらいFX関連の本を読みました。

ですが、今現在何一つ頭に残っていません。

それは、本の内容に関して自分で考え、検証し、訓練するということを一切してこなかったからです。

私はFX関連の本そのものを否定している訳ではなく、勿論有益な本もあると思うのですが、問題はその本を読んだ後の行動であり、読んだ内容に関して「本当にそうなのか?」と自分なりに考え、納得できたのであれば本の内容を検証し、実際にエントリーする訓練をすることでやっとその本を自らのモノとできます。

ここまでのことができないのであれば本を読む意味はほとんどありませんし、数ヵ月もすれば読んだ内容を忘れているでしょう。

これはブログも同じで、ブログを読むだけでは大した効果は期待できず、ブログの内容に関して自分なりに考え、検証し、訓練することでやっと自らのモノとなります。

こういうことがしっかりできていればブログの内容も頭に残りやすいかと思うのですが、色んな方の負けトレードを見ていると私のブログを読むだけで終わっている人があまりにも多いと感じています。

「この負けって以前ブログに書いてますやんっ!」と突っ込みたくなる負けトレードがあまりにも多いのですが、これはブログの内容に関して自分で考え、検証し、訓練するということができていない何よりの証拠であり、最も重要な負けトレードを潰すという作業ができていないことを如実に証明しています。


ダラダラと書いてきたのですが、結局何が言いたいかといえば、一つのことですら自らのモノとできていない方が目移りすることほど危険なことはありませんので、ポイントを一つに絞ってそのことだけに集中してください。

負けトレードを潰せていない方は、環境認識と並行してやるということ以外は一切無視して負けトレードだけに集中してください。

負けトレードを潰せて検証をされる方は、まずは検証テーマを一つに絞り、このテーマに関して極めてください。

そうすれば他のことも知らず知らずのうちに見えてくるようになり、次の検証テーマも簡単に見付かると思います。


今回の記事とはあまり関係のない内容だったかもしれませんが、ヒゲに関しては自らの負けの原因を考える際の参考程度にお考え頂ければと思いますし、過去の負けトレードを見直して頂ければ下ヒゲが出た直後に売って秒殺されるなんていう負けトレードがたくさんあるかと思います。


最後に応援クリックをお願いします!
↓ ↓ ↓