FXとは外国為替証拠金取引という、証拠金を業者に預託して外貨
を売買し、その差額で利益を得る取引のことです。

FXは外貨預金と違い通貨を「買いから入る」以外に「売りから入
る」ことが出来ます。これは取引したい通貨の値段が下がりそうな
時に、通貨を売った後に売値よりも安く買戻し、その差額で利益を
得るということです。

FXはレバレッジという証拠金の倍率を上げることにより、証拠金
以上の取引が出来ます。倍率を高くすると得を増やせますが、大き
く損をするリスクもあります。

例えば証拠金10万円でレバレッジを10倍にし1米ドルを100
円で買った場合、101円になると1万円の含み益を得られますが、
99円になると1万円の含み損をします。しかし売るなどの決済を
しなければ損得は確定しません。

しかし含み損が増え続け、例えば証拠金の80%に損が達すると業
者のロスカットルールという自動的な強制損切り機能が実行され9
2円で売られてしまい損が確定してしまいます。この機能は証拠金
の追加を請求され更に損が拡大する追証のリスクを回避することが
出来ます。