FXは株などと違い土曜日の早朝~月曜日の早朝までと世界の各国
の主要市場などの祝日などを除き、24時間リアルタイムで取引が
できます。これは世界の為替市場が活発に行われている取引時間が
過ぎたら、他の国に移っていくことによって可能になります。

例えば世界の三大市場と呼ばれる東京の取引時間(日本時間)は午
前8時~午後6時で、ロンドンは午後4時~午前3時で、ニューヨ
ークは午後9時~午前7時ですが、サマータイム(夏時間)を採用
している取引時間は午後8時~午前6時までです。またサマータイ
ムの採用期間は3月の始めから10月末くらいになります。多くの
FX会社では米国のサマータイムを主に採用しています。

またリアルタイムに手動で売買注文をしなくても売買の値段を決め
て注文する指値注文や売買の値段を決めて決済注文する逆指値注文
などで、取引できない時間でも注文することができます。自動で売
買注文することにより安値になりそうな時間に買い注文が、できた
り高値になりそうな取引時間に売り注文ができます。

FXなどの為替は主に米国経済に影響されやすいので、重要な経済
指標が発表される午後8時や午後9時30分などや、米国の株式市
場が開始する午後10時30分などの寄りの取引時間に注意するこ
とをお勧めします。

さらに定期的に発表される経済指数以外に要人による発言や原油な
どの資源や先物の動向によって為替の値段が変わってきます。特に
資源は資源国通貨と呼ばれるオーストラリア・ドルなどで影響がで
てきます。また日本の時間で朝にアジア諸国がドル安になるような
通貨に関する発言などをすると円高が進む場合も多々あります。