2017年3月27日の要人発言一覧

2017年3月27日の要人発言一覧

麻生財務相
 「物価安定、日銀が対応するもの」
 「引き続き日銀と連携、デフレ脱却に取り組む」
 「経済の好循環の足取りを確かにする予算を、円滑かつ着実に実施へ」

中国人民銀行
 「人民元相場に関するシステムの深化を進める」

ラウテンシュレーガーECB理事
 「ECBは政策変更に備えるべき」

プラートECB理事
 「我々は経済の底堅く、幅広い拡張を確信している」
 「ここもとのインフレ上昇を注視しなければならない」
 「非常に緩和的な金融政策が依然として必要」

スメッツ・ベルギー中銀総裁
 「実体経済は良好」
 「ECBは年末までに何を行うかははっきりしている」

ワイトマン独連銀総裁
 「インフレは相対的に高いが、目標とおおむね一致している」
 「物価上昇の持続性が足りない」

エバンス米シカゴ連銀総裁
 「今年は2-3回の利上げが適切」
 「3月の利上げは完璧で、適切だった」
 「今年の成長率は2.25%を予想する」
 「コアPCEは2019年まで2%には到達しないだろう」
 「インフレが加速したら直ぐに対応することができる」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月27日~31日の主な予定一覧

2017年3月27日~31日の主な予定一覧
※予定は変更される可能性について留意してください。

26日(日)
 欧州は夏時間へ移行

27日(月)
 独Ifo景況感指数(3月)
 シカゴ連銀総裁、講演

28日(火)
 米消費者信頼感指数(3月)
 米S&Pケースシラー住宅価格(1月)
 イエレンFRB議長、講演
 パウエルFRB理事、講演
 ダラス連銀総裁、講演
 カンザスシティー連銀総裁、講演

29日(水)
 米中古住宅販売成約指数(2月)
 メイ英首相、EU離脱手続き開始を通告
 ボストン連銀総裁、講演
 シカゴ連銀総裁、講演
 サンフランシスコ連銀総裁、講演

30日(木)
 米GDP確定値(第4四半期)
 米新規失業保険申請件数(25日までの週)
 ダラス連銀総裁、講演
 サンフランシスコ連銀総裁、講演
 クリーブランド連銀総裁、講演

31日(金)
 日銀、当面の長期国債等の買い入れの運営について
 日本雇用統計(2月)
 日本消費者物価指数(2月)
 中国製造業PMI(3月)
 米個人所得支出(2月)

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月20~24日までの要人発言一覧

2017年3月20~24日までの要人発言一覧

2017年3月20日の要人発言一覧

ワイトマン独連銀総裁
 「主要国中心にインフレが上昇、デフレ懸念が後退」
 「先行き不透明感が強くなっているが、世界経済は堅調」
 「世界成長見押しはG20の期待よりは弱い」
 「現況は、拡張的な金融政策が適切であることを示している」

メルケル独首相
 「3月29日が、英国がEUの離脱を宣言する日になる」

エバンス米シカゴ連銀総裁
 「年内利上げ3回、あるいは2回、インフレ率が加速して、さらに上向きの状況となれば4回もありうる」
 「適切な利上げ回数は3回程度と考える」
 「米財政政策の詳細は依然として不透明」
 「現状の不透明感は依然として強い」
 「海外の成長は以前より改善」
 「インフレ率は2018年には2%に上昇へ」
 「米国は極めて完全雇用に近い」
 「投資の拡大の低さは、成長トレンドの低さを反映したもの」
 「さらなる不透明感の高まりを予想」
 「強いドルは低インフレを持続させてきた」
 「トランプ政権の政策や物価動向、6月には検証が可能になる」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
 「バランスシート調整のついての議論は行われている」
 「再投資停止を行う前に1%の利上げ、あるいは1.5%程度の利上げを行いたい」
 「インフレは多少オーバーシュートするだろう」
 「さらなる3回以上の年内利上げ実行を排除しない」

中国当局筋
 「米政権による最悪の政策に備えて対応策を準備」

コミーFBI長官
 「トランプ氏への盗聴を裏付ける証拠なし」

ロジャーズ米NSA(国家安全保障局)局長
 「ハッカーは2016年の選挙期間中に民主党陣営から情報を入手、共和党から情報を盗んだとの証拠はない」

OPEC(石油輸出国機構)筋
 「下半期も減産することを支持するが、非OPEC各国協力が必要」

ダイセルブルーム・ユーログループ議長
 「ギリシャと債権団の協議、ブリュッセルにて継続中」

2017年3月21日の要人発言一覧

麻生財務相
 「自由貿易の重要性をG20で共有した」
 「日米経済対話、具体的な中身は現在調整中だが建設的な議論が進められればいい」

ダドリー米NY連銀総裁
 「(トランプ政権指示の銀行規制の緩和が懸念となり得るか)述べるのは時期尚早」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「コアPCEはここ数カ月1.7%上昇、労働参加率は上昇継続」
 「欧州の銀行支援がうまくいくかどうか、イタリアの救済を注視している」
 「TLAC(破綻時に備えた損失吸収力の確保)要件の設定が、救済につながるとの見方は幻想」

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
 「FRBのバランスシート縮小は、おそらく早急に始まることはないだろう」

メスター米クリーブランド連銀総裁
 「全FOMCでの利上げは予想していない。利上げは年1回を上回る」
 「金利上昇が景気拡大を長期化させ、不均衡を回避させる」
 「今後1年間の成長は2%のトレンドを上回り、失業率は2年間5%を下回ると予想する」

2017年3月22日の要人発言一覧

布野日銀審議委員
 「強力な金融緩和をしっかりと推進していくことが重要である」
 「2%物価目標は、モメンタム力強さに欠けるため道半ばにある」
 「物価上昇率は18年度頃には+2.0%程度に達する可能性が高い」
 「2%目標達成の可能性はゼロではない」
 「米中経済はリスクだが、悲観するときではない」
 「マイナス金利はポジティブな結果」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
 「商業用不動産の利回りは、過去の基準では非常に低い水準にある」
 「商業用不動産は、景気後退の際には問題を増幅させる可能性があるため不安定さの原因」

黒田日銀総裁
 「日銀による国債買い入れで政府債務負担を減らすことはできない」
 「国債の無効化は政府債務の信認に悪影響」
 「政府債務の無効化や永久国債化では、政府の債務は減少できない」
 「昨年夏のジャクソンホールで紹介されたシムズ理論に対して、各国の中銀総裁は納得したわけではなく、実証研究も不十分」
 「G20で日本の金融政策に理解を得られた」
 「G20で文言変わったが、自由貿易から保護主義に移ったものではない」

麻生財務相
 「日銀の金融緩和政策は円安を目指しているわけではない」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「FRBの今年の利上げは3回が妥当」
 「FRBは、バランスシートの縮小は徐々に行うべき」
 「FRBの金融政策は依然として緩和的」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「ECB緩和策、今は解除する時期ではない」
 「インフレ率は2019年に目標水準に収れんすると確信」

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)
 「政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートを1.75%に据え置き」
 「成長の均衡のためにはさらなる為替レートの下落が必要」
 「2月以降の実効為替レートの下落は勇気づけられる要因」
 「依然としてグローバルな地政学面の不透明感が課題」
 「金融政策は相当な期間において緩和的」
 「グローバルに刺激的な金融政策が続くことを期待、ただし継続性は」
 「国内経済の見通しは依然としてポジティブ」
 「乳製品価格は変動が大きく、見通しは不透明」

2017年3月23日の要人発言一覧 

欧州中央銀行(ECB)調査
 「ユーロ圏第1四半期成長率は堅調な伸び」
 「世界的先行き不透明感は強い」
 「ユーロ圏の景気は着実に回復している」

IMF(国際通貨基金)
 「ギリシャ債務の協議継続、進展あり」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
 「経済の勢いは非常にポジティブ」
 「2017年、3回あるいはそれ以上の利上げを予想」
 「利上げの行方はデータ次第」
 「FF金利2.5%から3%がニューノーマル」

ラウテンシュレーガー欧州中央銀行(ECB)理事
 「危機以降、自己規制は信じ難い」
 「現在の規制は緩やかで不適切」
 「米銀行規制の行方は不透明」

フィル・ロー米下院議員
 「下院のヘルスケアに関する投票は明日にずれ込むだろう」

アマッシュ米共和党下院議員(下院自由議員連盟メンバー)
 「トランプ大統領との会合で新たな成果は得られず、今夜投票すれば失敗に終わるだろう」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「労働市場は健全だが、依然として弛みがある」
 「FRBはインフレ加速に対する強力な手段を持っている」
 「FRB内にコンセンサスが出来上がればバランスシート調整の計画を策定へ」

米下院
 「ヘルスケア代替法案の投票延期」

2017年3月24日の要人発言

カプラン米ダラス連銀総裁
 「金融緩和の解除は、段階的かつ忍耐強く進めるべき」
 「バランスシートの縮小は、段階的かつ予想可能な方法で進めるべき」
 「国境税は消費者物価の大幅上昇につながる可能性がある」
 「今年3回の利上げは妥当なシナリオだが、ペースを速める可能性も緩める可能性もある」

ムニューシン米財務相
 「税制改革は難航が見込まれるも、8月までの実施に楽観」
 「ドル高と株高はトランプ政権を反映」

ブラード米セントルイス連銀総裁
 「労働市場の改善は緩慢」
 「FRBは財政政策の進展を待つことができる」
 「バランスシート正常化へ向け、良い時期にある」
 「年内あと1回の利上げは可能」
 「積極的な利上げは必要ない」
 「景況感などソフトデータは4%の成長を、ハードデータは2%の成長を示唆」
 「ソフトデータではなく、ハードデータを頼りにすべき」
 「規制緩和は生産性に良い影響を与える」
 「税制改革は生産性に大きな影響を与え、成長を押し上げる」
 「政策金利に関して予断を持つべきではない」
 「FRBが積極的になりすぎれば、株価は下落へ」
 「FRBが積極的になりすぎれば、ドルは強くなる」
 「2017年下半期にはバランスシート縮小へ」

ダドリー米NY連銀総裁
 「雇用とインフレの目標、達成に近い」
 「利上げは極めて緩慢」
 「インフレ問題を回避するために、多少緩和を後退させたい」
 「多少の金利引き上げなら、雇用を維持して、インフレを現状に保つ緩やかな着地を達成できる」
 「現在の利上げパスなら経済は対応できる」
 「10年債金利は非常に低い」
 「債券投資の魅力は希薄に」
 「FF金利、依然として低位」
 「FRBは利上げに対して慎重」

ユンケル欧州委員長
 「(ギリシャ追加支援の問題)解決はそう遠くない」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
 「過熱気味の政策の長すぎる維持はインフレを加速させる」
 「中銀はインフレ期待を2%以下へとどめることが重要」
 「FRBは、長年の弱い物価を押し上げるために、インフレ率を意図的に2%以上に引き上げるようなことはしない」
 「政策金利を低位に維持するのなら、高いインフレ目標やインフレ率を目標に合致させるための手段を真剣に考えなければならない」
 「まだバランスシートを縮小する段階になっていない」
 「進路の変更には政策金利が十分な高さにあると確信できなければならない」
 「バランスシートの大きさは中立金利の水準推計に影響を及ぼし、この面からも保有資産の縮小の際に注意が必要」

ライアン米下院議長
 「ヘルスケア法案は下院を通過できないだろう」
 「他の課題へ移行」

トランプ米大統領
 「共和党はおそらく税制改革へ取り組む」
 「ヘルスケア法案、近い将来に採決せず」

ロジャース議員
 「ヘルスケア断念で、次の重要な政策課題は税制改革」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月24日の要人発言

2017年3月24日の要人発言

カプラン米ダラス連銀総裁
 「金融緩和の解除は、段階的かつ忍耐強く進めるべき」
 「バランスシートの縮小は、段階的かつ予想可能な方法で進めるべき」
 「国境税は消費者物価の大幅上昇につながる可能性がある」
 「今年3回の利上げは妥当なシナリオだが、ペースを速める可能性も緩める可能性もある」

ムニューシン米財務相
 「税制改革は難航が見込まれるも、8月までの実施に楽観」
 「ドル高と株高はトランプ政権を反映」

ブラード米セントルイス連銀総裁
 「労働市場の改善は緩慢」
 「FRBは財政政策の進展を待つことができる」
 「バランスシート正常化へ向け、良い時期にある」
 「年内あと1回の利上げは可能」
 「積極的な利上げは必要ない」
 「景況感などソフトデータは4%の成長を、ハードデータは2%の成長を示唆」
 「ソフトデータではなく、ハードデータを頼りにすべき」
 「規制緩和は生産性に良い影響を与える」
 「税制改革は生産性に大きな影響を与え、成長を押し上げる」
 「政策金利に関して予断を持つべきではない」
 「FRBが積極的になりすぎれば、株価は下落へ」
 「FRBが積極的になりすぎれば、ドルは強くなる」
 「2017年下半期にはバランスシート縮小へ」

ダドリー米NY連銀総裁
 「雇用とインフレの目標、達成に近い」
 「利上げは極めて緩慢」
 「インフレ問題を回避するために、多少緩和を後退させたい」
 「多少の金利引き上げなら、雇用を維持して、インフレを現状に保つ緩やかな着地を達成できる」
 「現在の利上げパスなら経済は対応できる」
 「10年債金利は非常に低い」
 「債券投資の魅力は希薄に」
 「FF金利、依然として低位」
 「FRBは利上げに対して慎重」

ユンケル欧州委員長
 「(ギリシャ追加支援の問題)解決はそう遠くない」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
 「過熱気味の政策の長すぎる維持はインフレを加速させる」
 「中銀はインフレ期待を2%以下へとどめることが重要」
 「FRBは、長年の弱い物価を押し上げるために、インフレ率を意図的に2%以上に引き上げるようなことはしない」
 「政策金利を低位に維持するのなら、高いインフレ目標やインフレ率を目標に合致させるための手段を真剣に考えなければならない」
 「まだバランスシートを縮小する段階になっていない」
 「進路の変更には政策金利が十分な高さにあると確信できなければならない」
 「バランスシートの大きさは中立金利の水準推計に影響を及ぼし、この面からも保有資産の縮小の際に注意が必要」

ライアン米下院議長
 「ヘルスケア法案は下院を通過できないだろう」
 「他の課題へ移行」

トランプ米大統領
 「共和党はおそらく税制改革へ取り組む」
 「ヘルスケア法案、近い将来に採決せず」

ロジャース議員
 「ヘルスケア断念で、次の重要な政策課題は税制改革」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月23日の要人発言一覧

2017年3月23日の要人発言一覧 

欧州中央銀行(ECB)調査
 「ユーロ圏第1四半期成長率は堅調な伸び」
 「世界的先行き不透明感は強い」
 「ユーロ圏の景気は着実に回復している」

IMF(国際通貨基金)
 「ギリシャ債務の協議継続、進展あり」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
 「経済の勢いは非常にポジティブ」
 「2017年、3回あるいはそれ以上の利上げを予想」
 「利上げの行方はデータ次第」
 「FF金利2.5%から3%がニューノーマル」

ラウテンシュレーガー欧州中央銀行(ECB)理事
 「危機以降、自己規制は信じ難い」
 「現在の規制は緩やかで不適切」
 「米銀行規制の行方は不透明」

フィル・ロー米下院議員
 「下院のヘルスケアに関する投票は明日にずれ込むだろう」

アマッシュ米共和党下院議員(下院自由議員連盟メンバー)
 「トランプ大統領との会合で新たな成果は得られず、今夜投票すれば失敗に終わるだろう」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「労働市場は健全だが、依然として弛みがある」
 「FRBはインフレ加速に対する強力な手段を持っている」
 「FRB内にコンセンサスが出来上がればバランスシート調整の計画を策定へ」

米下院
 「ヘルスケア代替法案の投票延期」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月22日の要人発言一覧

2017年3月22日の要人発言一覧

布野日銀審議委員
 「強力な金融緩和をしっかりと推進していくことが重要である」
 「2%物価目標は、モメンタム力強さに欠けるため道半ばにある」
 「物価上昇率は18年度頃には+2.0%程度に達する可能性が高い」
 「2%目標達成の可能性はゼロではない」
 「米中経済はリスクだが、悲観するときではない」
 「マイナス金利はポジティブな結果」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
 「商業用不動産の利回りは、過去の基準では非常に低い水準にある」
 「商業用不動産は、景気後退の際には問題を増幅させる可能性があるため不安定さの原因」

黒田日銀総裁
 「日銀による国債買い入れで政府債務負担を減らすことはできない」
 「国債の無効化は政府債務の信認に悪影響」
 「政府債務の無効化や永久国債化では、政府の債務は減少できない」
 「昨年夏のジャクソンホールで紹介されたシムズ理論に対して、各国の中銀総裁は納得したわけではなく、実証研究も不十分」
 「G20で日本の金融政策に理解を得られた」
 「G20で文言変わったが、自由貿易から保護主義に移ったものではない」

麻生財務相
 「日銀の金融緩和政策は円安を目指しているわけではない」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「FRBの今年の利上げは3回が妥当」
 「FRBは、バランスシートの縮小は徐々に行うべき」
 「FRBの金融政策は依然として緩和的」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「ECB緩和策、今は解除する時期ではない」
 「インフレ率は2019年に目標水準に収れんすると確信」

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)
 「政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートを1.75%に据え置き」
 「成長の均衡のためにはさらなる為替レートの下落が必要」
 「2月以降の実効為替レートの下落は勇気づけられる要因」
 「依然としてグローバルな地政学面の不透明感が課題」
 「金融政策は相当な期間において緩和的」
 「グローバルに刺激的な金融政策が続くことを期待、ただし継続性は」
 「国内経済の見通しは依然としてポジティブ」
 「乳製品価格は変動が大きく、見通しは不透明」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月21日の要人発言一覧

2017年3月21日の要人発言一覧

麻生財務相
 「自由貿易の重要性をG20で共有した」
 「日米経済対話、具体的な中身は現在調整中だが建設的な議論が進められればいい」

ダドリー米NY連銀総裁
 「(トランプ政権指示の銀行規制の緩和が懸念となり得るか)述べるのは時期尚早」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「コアPCEはここ数カ月1.7%上昇、労働参加率は上昇継続」
 「欧州の銀行支援がうまくいくかどうか、イタリアの救済を注視している」
 「TLAC(破綻時に備えた損失吸収力の確保)要件の設定が、救済につながるとの見方は幻想」

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
 「FRBのバランスシート縮小は、おそらく早急に始まることはないだろう」

メスター米クリーブランド連銀総裁
 「全FOMCでの利上げは予想していない。利上げは年1回を上回る」
 「金利上昇が景気拡大を長期化させ、不均衡を回避させる」
 「今後1年間の成長は2%のトレンドを上回り、失業率は2年間5%を下回ると予想する」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月20日の要人発言一覧

2017年3月20日の要人発言一覧

ワイトマン独連銀総裁
 「主要国中心にインフレが上昇、デフレ懸念が後退」
 「先行き不透明感が強くなっているが、世界経済は堅調」
 「世界成長見押しはG20の期待よりは弱い」
 「現況は、拡張的な金融政策が適切であることを示している」

メルケル独首相
 「3月29日が、英国がEUの離脱を宣言する日になる」

エバンス米シカゴ連銀総裁
 「年内利上げ3回、あるいは2回、インフレ率が加速して、さらに上向きの状況となれば4回もありうる」
 「適切な利上げ回数は3回程度と考える」
 「米財政政策の詳細は依然として不透明」
 「現状の不透明感は依然として強い」
 「海外の成長は以前より改善」
 「インフレ率は2018年には2%に上昇へ」
 「米国は極めて完全雇用に近い」
 「投資の拡大の低さは、成長トレンドの低さを反映したもの」
 「さらなる不透明感の高まりを予想」
 「強いドルは低インフレを持続させてきた」
 「トランプ政権の政策や物価動向、6月には検証が可能になる」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
 「バランスシート調整のついての議論は行われている」
 「再投資停止を行う前に1%の利上げ、あるいは1.5%程度の利上げを行いたい」
 「インフレは多少オーバーシュートするだろう」
 「さらなる3回以上の年内利上げ実行を排除しない」

中国当局筋
 「米政権による最悪の政策に備えて対応策を準備」

コミーFBI長官
 「トランプ氏への盗聴を裏付ける証拠なし」

ロジャーズ米NSA(国家安全保障局)局長
 「ハッカーは2016年の選挙期間中に民主党陣営から情報を入手、共和党から情報を盗んだとの証拠はない」

OPEC(石油輸出国機構)筋
 「下半期も減産することを支持するが、非OPEC各国協力が必要」

ダイセルブルーム・ユーログループ議長
 「ギリシャと債権団の協議、ブリュッセルにて継続中」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月13~17日の要人発言一覧

2017年3月13~17日の要人発言一覧

2017年3月13日の要人発言一覧

ビスコ伊中銀総裁
 「米に利上げペース加速の恐れ」
 「米経済は完全雇用に近い」
 「米はトランプ政権での財政支出拡大で景気過熱の恐れ」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「ユーロ圏がインフレへ回帰するとの懸念、誇張され過ぎ」

ラウテンシュレーガー欧州中央銀行(ECB)理事
 「金融規制の緩和、次の危機につながる」

ドラギECB総裁
 「ユーロ圏の低い生産性の解決が優先事項」

トランプ米大統領
 「すべての人が利用可能な健康保険プランを約束」

ワイトマン独連銀総裁
 「独政府がユーロ安を利用して米国を食い物にしているとの批判は的外れ」

スタージョン・スコットランド自治政府首相
 「手遅れとなる前の2018年秋から19年春までの間に(独立の)選択なされるべき」

メルケル独首相
 「独米の双方にとって貿易は利益」

米ホワイトハウス
 「米独首脳会談は天候要因によって(明日14日から)17日に延期」

米上院民主党
 「4月後半までに暫定予算案が通過しなければ、政府機関閉鎖の可能性」

マールゾウク・クウェート石油相
 「6月以降も減産合意を延長すること支持」

米財務省高官
 「米国はG20各国に為替合意の順守を要求する」

ブロックRBA総裁補佐
 「必要なら、さらなるマクロプルーデンシャルな政策を講じる」

2017年3月14日の要人発言一覧

ライトハイザー次期USTR(米通商代表部)代表
 「米国はアメリカ・ファーストの貿易政策を持つべきだ」
 「米国は公平な貿易確保に努めるべき」
 「中国が為替操作を行っているかどうかムニューチン財務長官が判断」
 「農業輸出の拡大における日本の優先順位は高い」

ショイブレ独財務相
 「政策金利は低すぎる」
 「政策金利の引き上げはグローバルな課題」

石油輸出国機構(OPEC)月報
 「1月の先進国の原油・石油関連製品在庫、5年平均を2億7800万バレル上回る」

IMF(国際通貨基金)
 「G20各国は短期的な需要支援と構造改革による成長引き上げが必要」
 「米利上げは新興国への資金流出に悪影響を与える」
 「米国の見通しは、拡張的な財政政策と信頼感の上昇が支援となり強い」

ペスコフ・ロシア大統領報道官
 「(主要産油国による減産合意の延長)統一的な見解なし」

2017年3月15日の要人発言一覧

ライトハイザー次期USTR(米通商代表部)代表
 「中国の為替操作は過去におけるものだとみる」
 「現在、操作を行っているかは不透明」

李中国首相
 「中国はクローバリーゼーションと自由貿易を支持する」
 「中国は米国との貿易戦争を望んでいない」
 「中国経済は、国内外でいくつかのリスクに直面するが、対応する政策手段を持ち合わせている」
 「中国の6.5%前後の経済成長率目標は低くなく、達成は容易ではない」
 「朝鮮半島の緊張は紛争につながる恐れがあり、緊張緩和には対話が必要」
 「中国は輸出を促進するために人民元を引き下げていない。中国は、適切な水準での人民元の安定的な推移を望んでいる」
 「中国は、一つの中国の原則を維持する」
 「今年成長目標6.5%達成は容易ではない」
 「ハードランディングを予想すべきではない」
 「中国経済は依然内外のリスクに見舞われている」
 「米国との貿易戦争は望んでいない」
 「中国の金融システムは総じて安定している」

プラートECB理事
 「ECBはまだ超緩和策を解除する状況にはない」
 「ユーロ圏の成長見通しは改善している」
 「体制の転換や正常化が話題になり始めたら要注意」

米連邦公開市場委員会(FOMC)
 「目標レンジ25bp引き上げ0.75-1.00%」
 「インフレ目標の達成に接近」
 「(バランスシート)再投資の方針維持」


FOMC予想
 「2017年度の利上げ見通し あと2回(12月時点 今回を含め3回)」
 「2017年末のFF金利1.4%(12月時点予想1.4%)」
 「2018年末のFF金利2.1%(12月時点予想2.1%)」
 「2019年末のFF金利3.0%(12月時点予想2.9%)」
 「FF金利長期予想3.0%(12月時点予想3.0%)」
 「2017年GDP+2.1%(12月時点予想+2.1%)」
 「2017年失業率4.5%(12月時点予想4.5%)」
 「2017年PCE価格指数+1.9%(12月時点予想1.9%)」
 「2017年コアPCE価格指数+1.9%(12月時点予想1.8%)」
 「GDP長期予想1.8%(12月時点予想1.8%)」
 「失業率長期予想4.7%(12月時点予想4.8%)」


イエレンFRB議長
 「利上げ待ち過ぎれば、今後に一段と急速な引き上げが必要になりうる」
 「政策の変更は、見通しの変更を表したものではない」
 「政策は引き続き緩和的」
 「FF金利、中立水準まで引き上げる必要ない」
 「いずれ最終的に再投資の方針を変更することを議論」
 「債券ポートフォリオの変更、決定には至らず」
 「経済見通しには強い不確実性」
 「財政政策の変更は見通しに影響する」
 「バランスシートを縮小する前に、経済に関して確信を持ちたい」
 「財政政策について述べるのは尚早」
 「金融政策は予断を持たず」
 「利上げの根幹となるのは経済の進展」
 「インフレが行き過ぎた状態が続くようであれば、政策を調整」
 「国境調整がドルにどのような影響を与えるかわからず」
 「財務長官との強い連携を期待」
 「賃金に上昇余地も、生産性の弛みが抑制要因に」
 「政権は成長加速へ向けた財政政策を検討すべき」

格付け会社ムーディーズ
 「ブラジル格付け見通しを『ネガティブ』から『安定的』へ引き上げ」

2017年3月16日の要人発言一覧

黒田日銀総裁
 「景気は緩やかな回復基調を維持」
 「先行き景気は緩やかながら拡大に転じていく」
 「物価見通しの弱い局面は継続」
 「安定的に物価目標2%を超えるまでマネタリーペース拡大方針を継続」
 「基調的物価、一進一退の動き」
 「日米欧の消費者物価、基調的な動きに差が生じている」
 「物価目標達成に向けたモメンタムは維持されているが、力強さが欠けている」
 「今後も強力な金融緩和を推進していく方針は変わらない」
 「春闘4年連続でベアは、経済の好循環の実現を後押し」
 「国際金融情勢が新興国に与える影響に注視」
 「米金利上昇、新興国に深刻な影響を与える状況ではない」
 「長期金利の操作目標、毎回の会合で判断」
 「現状では2%物価目標に距離、早期実現には強力な金融緩和が適切」
 「為替政策の考え方、国際的合意ができている」
 「原油価格、非常に動きが荒い」
 「米財政政策と構造改革不明で不確実性が残っている」
 「長期金利操作目標の変更、物価(除エネルギー)や経済などで総合的に判断」
 「米金利が上昇したから、国内金利上げる必要はない」
 「為替は金利格差だけではなく、様々な要因で動く」
 「経済・物価は上方向より下振れリスクの方が大きい」
 「マイナス金利の深掘りの可能性、ゼロではない」
 「今の時点ではマイナス金利深堀は考えていない」
 「長短金利操作、保険や年金への影響を考慮している」
 「金融政策の効果がないとか効果が低下したとの考えは持っていない」
 「米利上げ、日本の金融政策に直接的な影響はない」
 「米国が今年3回利上げしても、マイナスになると思わない」
 「長短金利操作、外国の金利に影響されることはない」
 「日米経済対話、具体的にどうなるかは承知していない」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「SNBには為替操作や介入の余地がある」
 「SNBは介入とさらなる利下げを行う圧力を有する」
 「SNBは為替操作を行っていない」

メイ英首相
 「いまは2度目のスコットランド独立投票をすべき時でなく、ブレグジットについてともに働くべき時」
 「現時点でのスコットランド独立は十分な情報もなく人々にとって不公正」

ショイブレ独財務相
 「孤立主義は常に良い選択とはならない」
 「我々は単に債務を抱え込みすぎた」
 「超金融緩和は支援とならない」
 「ポピュリズム阻止のためにも、社会的不正と戦かわなければならない」
 「金融政策への依存脱却が好ましい」
 「ロンドンの金融センターとしての機能消失を懸念」
 「仏(大統領)選挙では、賢明な選択が行われると楽観」
 「米・独、市場安定のために協力が必要」
 「ムニューチン氏の話の、すべてに同意しているわけではない」
 「ECBはユーロ圏19カ国すべてを考慮して政策を決めている」

メルケル独首相・習近平中国国家主席声明
 「オープンな市場を守っていくことを再確認」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「ユーロ圏にデフレリスクは見当たらず」
 「主要政策金利の引き上げに先がけ、預金金利の引き上げ行うことも」

スタージョン英スコットランド自治政府首相
 「独立投票を妨げることは非民主的」
 「(妨害)メイ英首相がスコットランドの人々の評決を恐れていることを示している」

EU当局者
 「債権団とギリシャには依然として大きな隔たり」

ラガルドIMF専務理事
 「米政策によって、ドル高・金利上昇、新興国からの資金流出が起こりうる」
 「G20による協力が必要」

G20関係筋
 「G20声明の保護主義に関する文言を削除との独提案を拒否する国も」

ムニューシン米財務相
 「米・独の連携は重要」
 「長期的な視点におけるドル高は良い」
 「短期的には問題も」
 「安定的な準備通貨としてのドルに着目」
 「持続可能な米成長率は3%」※従来の見解の繰り返し」
 「税制改革について、まだ結論は出ていない」
 「ユーロの水準は多くの点において影響がある」
 「ドルやユーロの水準への言及は回避」
 「ユーロ圏は単一で通貨を持つ米国とは大きく異なる」

プラートECB理事
 「手助けになるような金融政策の変更を待つとの誤解を銀行に与えている」
 「経済見通しは、ここ数年のうちでも良い状態」
 「潜在的なインフレ圧力は依然として大きい」

2017年3月17日の要人発言一覧

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「経済指標は利上げを支持するような内容になっていない」
 「インフレはまだ目標に届いておらず、労働市場には弛みがある」
 「ひとたび指標が利上げを支持するような内容となったら、FRBはただちにプランを示してバランスシート正常化を開始すべき」
 「プランを示すことで市場の反応を抑制できる」
 「プランの提示自体が引き締め効果をもたらす」
 「緩やかな利上げは、後手に回って急激な利上げを行うよりはまし」

麻生財務相
 「現状の為替動向について、やりとりはなかった」
 「為替について、日米財務当局間で緊密にコミュニケーションを継続していくこと確認」
 「米財務長官とG7やG20におけるこれまでの合意を維持することで一致」
 「保護主義に抵抗する必要との発言について、米財務長官から反論なかった」

財務省関係者
 「(日米財務相会談)金融政策について話なかった」
 「米財務長官は、今までの為替を巡る議論の蓄積をしっかり認識」

黒田日銀総裁
 「G20は米財務長官が何と発言するか注視している」
 「自由貿易の推進がコンセンサス」
 「コンセンサスが急に変わるとは思えず」
 「物価2%目標達成まで強力な金融緩和を続けるとG20で述べたい」

ショイブレ独財務相
 「(G20声明)オープンな世界貿易について、正しく表現することが課題」

ナビウリナ・ロシア中銀総裁
 「BRICKS諸国は保護主義が成長に与える影響を考慮」

メルケル独首相
 「貿易は公正であるべき」

トランプ米大統領
 「孤立主義を信条するわけではないが貿易は公正であるべき」
 「独は貿易交渉において優位にある」

メイレレス・ブラジル財務相
 「G20の大多数は自由貿易を支持」

格付け会社ムーディーズ
 「トルコ格付け見通し『安定的』から、『ネガティブ』へ引き下げ」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月17日の要人発言一覧

2017年3月17日の要人発言一覧

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「経済指標は利上げを支持するような内容になっていない」
 「インフレはまだ目標に届いておらず、労働市場には弛みがある」
 「ひとたび指標が利上げを支持するような内容となったら、FRBはただちにプランを示してバランスシート正常化を開始すべき」
 「プランを示すことで市場の反応を抑制できる」
 「プランの提示自体が引き締め効果をもたらす」
 「緩やかな利上げは、後手に回って急激な利上げを行うよりはまし」

麻生財務相
 「現状の為替動向について、やりとりはなかった」
 「為替について、日米財務当局間で緊密にコミュニケーションを継続していくこと確認」
 「米財務長官とG7やG20におけるこれまでの合意を維持することで一致」
 「保護主義に抵抗する必要との発言について、米財務長官から反論なかった」

財務省関係者
 「(日米財務相会談)金融政策について話なかった」
 「米財務長官は、今までの為替を巡る議論の蓄積をしっかり認識」

黒田日銀総裁
 「G20は米財務長官が何と発言するか注視している」
 「自由貿易の推進がコンセンサス」
 「コンセンサスが急に変わるとは思えず」
 「物価2%目標達成まで強力な金融緩和を続けるとG20で述べたい」

ショイブレ独財務相
 「(G20声明)オープンな世界貿易について、正しく表現することが課題」

ナビウリナ・ロシア中銀総裁
 「BRICKS諸国は保護主義が成長に与える影響を考慮」

メルケル独首相
 「貿易は公正であるべき」

トランプ米大統領
 「孤立主義を信条するわけではないが貿易は公正であるべき」
 「独は貿易交渉において優位にある」

メイレレス・ブラジル財務相
 「G20の大多数は自由貿易を支持」

格付け会社ムーディーズ
 「トルコ格付け見通し『安定的』から、『ネガティブ』へ引き下げ」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月16日の要人発言一覧

2017年3月16日の要人発言一覧

黒田日銀総裁
 「景気は緩やかな回復基調を維持」
 「先行き景気は緩やかながら拡大に転じていく」
 「物価見通しの弱い局面は継続」
 「安定的に物価目標2%を超えるまでマネタリーペース拡大方針を継続」
 「基調的物価、一進一退の動き」
 「日米欧の消費者物価、基調的な動きに差が生じている」
 「物価目標達成に向けたモメンタムは維持されているが、力強さが欠けている」
 「今後も強力な金融緩和を推進していく方針は変わらない」
 「春闘4年連続でベアは、経済の好循環の実現を後押し」
 「国際金融情勢が新興国に与える影響に注視」
 「米金利上昇、新興国に深刻な影響を与える状況ではない」
 「長期金利の操作目標、毎回の会合で判断」
 「現状では2%物価目標に距離、早期実現には強力な金融緩和が適切」
 「為替政策の考え方、国際的合意ができている」
 「原油価格、非常に動きが荒い」
 「米財政政策と構造改革不明で不確実性が残っている」
 「長期金利操作目標の変更、物価(除エネルギー)や経済などで総合的に判断」
 「米金利が上昇したから、国内金利上げる必要はない」
 「為替は金利格差だけではなく、様々な要因で動く」
 「経済・物価は上方向より下振れリスクの方が大きい」
 「マイナス金利の深掘りの可能性、ゼロではない」
 「今の時点ではマイナス金利深堀は考えていない」
 「長短金利操作、保険や年金への影響を考慮している」
 「金融政策の効果がないとか効果が低下したとの考えは持っていない」
 「米利上げ、日本の金融政策に直接的な影響はない」
 「米国が今年3回利上げしても、マイナスになると思わない」
 「長短金利操作、外国の金利に影響されることはない」
 「日米経済対話、具体的にどうなるかは承知していない」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「SNBには為替操作や介入の余地がある」
 「SNBは介入とさらなる利下げを行う圧力を有する」
 「SNBは為替操作を行っていない」

メイ英首相
 「いまは2度目のスコットランド独立投票をすべき時でなく、ブレグジットについてともに働くべき時」
 「現時点でのスコットランド独立は十分な情報もなく人々にとって不公正」

ショイブレ独財務相
 「孤立主義は常に良い選択とはならない」
 「我々は単に債務を抱え込みすぎた」
 「超金融緩和は支援とならない」
 「ポピュリズム阻止のためにも、社会的不正と戦かわなければならない」
 「金融政策への依存脱却が好ましい」
 「ロンドンの金融センターとしての機能消失を懸念」
 「仏(大統領)選挙では、賢明な選択が行われると楽観」
 「米・独、市場安定のために協力が必要」
 「ムニューチン氏の話の、すべてに同意しているわけではない」
 「ECBはユーロ圏19カ国すべてを考慮して政策を決めている」

メルケル独首相・習近平中国国家主席声明
 「オープンな市場を守っていくことを再確認」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「ユーロ圏にデフレリスクは見当たらず」
 「主要政策金利の引き上げに先がけ、預金金利の引き上げ行うことも」

スタージョン英スコットランド自治政府首相
 「独立投票を妨げることは非民主的」
 「(妨害)メイ英首相がスコットランドの人々の評決を恐れていることを示している」

EU当局者
 「債権団とギリシャには依然として大きな隔たり」

ラガルドIMF専務理事
 「米政策によって、ドル高・金利上昇、新興国からの資金流出が起こりうる」
 「G20による協力が必要」

G20関係筋
 「G20声明の保護主義に関する文言を削除との独提案を拒否する国も」

ムニューシン米財務相
 「米・独の連携は重要」
 「長期的な視点におけるドル高は良い」
 「短期的には問題も」
 「安定的な準備通貨としてのドルに着目」
 「持続可能な米成長率は3%」※従来の見解の繰り返し」
 「税制改革について、まだ結論は出ていない」
 「ユーロの水準は多くの点において影響がある」
 「ドルやユーロの水準への言及は回避」
 「ユーロ圏は単一で通貨を持つ米国とは大きく異なる」

プラートECB理事
 「手助けになるような金融政策の変更を待つとの誤解を銀行に与えている」
 「経済見通しは、ここ数年のうちでも良い状態」
 「潜在的なインフレ圧力は依然として大きい」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月15日の要人発言一覧

2017年3月15日の要人発言一覧

ライトハイザー次期USTR(米通商代表部)代表
 「中国の為替操作は過去におけるものだとみる」
 「現在、操作を行っているかは不透明」

李中国首相
 「中国はクローバリーゼーションと自由貿易を支持する」
 「中国は米国との貿易戦争を望んでいない」
 「中国経済は、国内外でいくつかのリスクに直面するが、対応する政策手段を持ち合わせている」
 「中国の6.5%前後の経済成長率目標は低くなく、達成は容易ではない」
 「朝鮮半島の緊張は紛争につながる恐れがあり、緊張緩和には対話が必要」
 「中国は輸出を促進するために人民元を引き下げていない。中国は、適切な水準での人民元の安定的な推移を望んでいる」
 「中国は、一つの中国の原則を維持する」
 「今年成長目標6.5%達成は容易ではない」
 「ハードランディングを予想すべきではない」
 「中国経済は依然内外のリスクに見舞われている」
 「米国との貿易戦争は望んでいない」
 「中国の金融システムは総じて安定している」

プラートECB理事
 「ECBはまだ超緩和策を解除する状況にはない」
 「ユーロ圏の成長見通しは改善している」
 「体制の転換や正常化が話題になり始めたら要注意」

米連邦公開市場委員会(FOMC)
 「目標レンジ25bp引き上げ0.75-1.00%」
 「インフレ目標の達成に接近」
 「(バランスシート)再投資の方針維持」


FOMC予想
 「2017年度の利上げ見通し あと2回(12月時点 今回を含め3回)」
 「2017年末のFF金利1.4%(12月時点予想1.4%)」
 「2018年末のFF金利2.1%(12月時点予想2.1%)」
 「2019年末のFF金利3.0%(12月時点予想2.9%)」
 「FF金利長期予想3.0%(12月時点予想3.0%)」
 「2017年GDP+2.1%(12月時点予想+2.1%)」
 「2017年失業率4.5%(12月時点予想4.5%)」
 「2017年PCE価格指数+1.9%(12月時点予想1.9%)」
 「2017年コアPCE価格指数+1.9%(12月時点予想1.8%)」
 「GDP長期予想1.8%(12月時点予想1.8%)」
 「失業率長期予想4.7%(12月時点予想4.8%)」


イエレンFRB議長
 「利上げ待ち過ぎれば、今後に一段と急速な引き上げが必要になりうる」
 「政策の変更は、見通しの変更を表したものではない」
 「政策は引き続き緩和的」
 「FF金利、中立水準まで引き上げる必要ない」
 「いずれ最終的に再投資の方針を変更することを議論」
 「債券ポートフォリオの変更、決定には至らず」
 「経済見通しには強い不確実性」
 「財政政策の変更は見通しに影響する」
 「バランスシートを縮小する前に、経済に関して確信を持ちたい」
 「財政政策について述べるのは尚早」
 「金融政策は予断を持たず」
 「利上げの根幹となるのは経済の進展」
 「インフレが行き過ぎた状態が続くようであれば、政策を調整」
 「国境調整がドルにどのような影響を与えるかわからず」
 「財務長官との強い連携を期待」
 「賃金に上昇余地も、生産性の弛みが抑制要因に」
 「政権は成長加速へ向けた財政政策を検討すべき」

格付け会社ムーディーズ
 「ブラジル格付け見通しを『ネガティブ』から『安定的』へ引き上げ」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月14日の要人発言一覧

2017年3月14日の要人発言一覧

ライトハイザー次期USTR(米通商代表部)代表
 「米国はアメリカ・ファーストの貿易政策を持つべきだ」
 「米国は公平な貿易確保に努めるべき」
 「中国が為替操作を行っているかどうかムニューチン財務長官が判断」
 「農業輸出の拡大における日本の優先順位は高い」

ショイブレ独財務相
 「政策金利は低すぎる」
 「政策金利の引き上げはグローバルな課題」

石油輸出国機構(OPEC)月報
 「1月の先進国の原油・石油関連製品在庫、5年平均を2億7800万バレル上回る」

IMF(国際通貨基金)
 「G20各国は短期的な需要支援と構造改革による成長引き上げが必要」
 「米利上げは新興国への資金流出に悪影響を与える」
 「米国の見通しは、拡張的な財政政策と信頼感の上昇が支援となり強い」

ペスコフ・ロシア大統領報道官
 「(主要産油国による減産合意の延長)統一的な見解なし」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月13日の要人発言一覧

2017年3月13日の要人発言一覧

ビスコ伊中銀総裁
 「米に利上げペース加速の恐れ」
 「米経済は完全雇用に近い」
 「米はトランプ政権での財政支出拡大で景気過熱の恐れ」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「ユーロ圏がインフレへ回帰するとの懸念、誇張され過ぎ」

ラウテンシュレーガー欧州中央銀行(ECB)理事
 「金融規制の緩和、次の危機につながる」

ドラギECB総裁
 「ユーロ圏の低い生産性の解決が優先事項」

トランプ米大統領
 「すべての人が利用可能な健康保険プランを約束」

ワイトマン独連銀総裁
 「独政府がユーロ安を利用して米国を食い物にしているとの批判は的外れ」

スタージョン・スコットランド自治政府首相
 「手遅れとなる前の2018年秋から19年春までの間に(独立の)選択なされるべき」

メルケル独首相
 「独米の双方にとって貿易は利益」

米ホワイトハウス
 「米独首脳会談は天候要因によって(明日14日から)17日に延期」

米上院民主党
 「4月後半までに暫定予算案が通過しなければ、政府機関閉鎖の可能性」

マールゾウク・クウェート石油相
 「6月以降も減産合意を延長すること支持」

米財務省高官
 「米国はG20各国に為替合意の順守を要求する」

ブロックRBA総裁補佐
 「必要なら、さらなるマクロプルーデンシャルな政策を講じる」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月6日~10日までの要人発言一覧

2017年3月6日~10日までの要人発言一覧

2017年3月6日の要人発言一覧

中国人民銀行
 「金利上げを結論するにはまだ中国経済の状況を考慮する必要がある」
 「人民元は安定的に正当なレベルを維持する」

ナバロ米NTC(国家通商会議)委員長
 「米国が交渉によって貿易赤字を低減できれば、成長率は増大する」
 「日本との間には非常に大きな非関税貿易障壁がある」
 「中国・日本・独・インドとの貿易上の公平性を疑問視している」
 「中国が為替操作を行っているかについては、4月の為替報告書を待つ必要がある」

独財務省
 「銀行の資本増強を総じて歓迎」

政井日銀審議委員
 「物価安定の目標に向けたモメンタムを維持するため、必要な政策の調整を行っていく」
 「2%の物価安定の目標の実現に向けて、きわめて緩和的な金融環境を維持」
 「為替が比較的短期間に上下に大きく変動する状況は、経営の舵取りを難しくさせた」
 「このような状況が続く場合、企業マインドに及ぼす悪影響を懸念」

2017年3月7日の要人発言一覧

サウジ・エネルギー相
 「年後半の減産どうするか決まっていない」

当局筋
 「3月20日(ユーロ圏財務相会合)までのギリシャ支援合意は難しい」

ロス米商務長官
 「ドル強すぎないが、他通貨が弱い」

2017年3月8日の要人発言一覧

ハモンド英財務相
 「英政府は17年度英GDP見通しを+2.0%に上方修正、昨年11月時点は+1.4%」

政井日銀審議委員
 「基調的な消費者物価(除く生鮮食品・エネルギー)はプラスに転じ、2年半以上にわたってプラス圏で推移」
 「2%物価安定の目標実現に向け、きわめて緩和的な金融環境を維持」

2017年3月9日の要人発言一覧

黒田日銀総裁
 「シムズ理論は、実証的な研究が行われていない」

雨宮日銀理事
 「金融緩和政策はデフレ脱却に有効」
 「量的金融緩和政策により物価情勢は大変好転した」

欧州中央銀行(ECB)
 「金利は長期にわたり現水準またはそれ以下にとどまるだろう」

ドラギECB総裁
 「好ましい状況となるまで方針維持」
 「非常に規模の大きな緩和が必要」
 「潜在的なインフレ動向さえず」
 「データ改善への信頼感は増幅」
 「政策が域内の需要を支援」
 「世界経済には強い回復の兆候」
 「ユーロ圏の成長を構造改革のまずさが阻害」
 「リスクは下方へ傾斜」
 「潜在的インフレ率が上向きの兆候ない、上昇は緩やか」
 「インフレへの勝利宣言は尚早」
 「すべてのユーロ圏の国々に構造改革の必要ある」
 「金利引き下げを予想せず」
 「TLTROに関して新たに議論はしなかった」
 「QEからの出口についての議論なかった」
 「ユーロ相場は歴史的な平均からかい離していない」

ECBスタッフ見通し
 ユーロ圏GDP
 2017年1.8%(12月時点1.7%)
 2018年1.7%(12月時点1.6%)
 2019年1.6%(12月時点1.6%)

ユーロ圏インフレ率
 2017年1.7%(12月時点1.3%)
 2018年1.6%(12月時点1.5%)
 2019年1.7%(12月時点1.7%)

欧州安定メカニズム(ESM)報道官
 「追加融資へ向けたギリシャと国際債権団の協議が進展」

クーレECB理事
 「デフレリスクはほぼ消失も、刺激策の継続が必要」

ラガルドIMF専務理事
 「EU離脱はフランスに大きな不透明感と困窮をもたらすだろう」

2017年3月10日の要人発言一覧

韓国憲法裁判所
 「朴大統領の弾劾は妥当と判断、全会一致」

周中国人民銀行総裁
 「金融規制はより有効なレベルに引き上げることが可能である」

ロス米商務長官
 「(貿易において)日本の優先度は高い」

米NY連銀
 「ナウキャスト(GDP予想)、米1-3月期の成長率は3.19%となり、前回3日時点の3.09%から改善」
 「本日発表の雇用統計など堅調な米指標結果を反映した算出結果」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月10日の要人発言一覧

2017年3月10日の要人発言一覧

韓国憲法裁判所
 「朴大統領の弾劾は妥当と判断、全会一致」

周中国人民銀行総裁
 「金融規制はより有効なレベルに引き上げることが可能である」

ロス米商務長官
 「(貿易において)日本の優先度は高い」

米NY連銀
 「ナウキャスト(GDP予想)、米1-3月期の成長率は3.19%となり、前回3日時点の3.09%から改善」
 「本日発表の雇用統計など堅調な米指標結果を反映した算出結果」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月9日の要人発言一覧

2017年3月9日の要人発言一覧

黒田日銀総裁
 「シムズ理論は、実証的な研究が行われていない」

雨宮日銀理事
 「金融緩和政策はデフレ脱却に有効」
 「量的金融緩和政策により物価情勢は大変好転した」

欧州中央銀行(ECB)
 「金利は長期にわたり現水準またはそれ以下にとどまるだろう」

ドラギECB総裁
 「好ましい状況となるまで方針維持」
 「非常に規模の大きな緩和が必要」
 「潜在的なインフレ動向さえず」
 「データ改善への信頼感は増幅」
 「政策が域内の需要を支援」
 「世界経済には強い回復の兆候」
 「ユーロ圏の成長を構造改革のまずさが阻害」
 「リスクは下方へ傾斜」
 「潜在的インフレ率が上向きの兆候ない、上昇は緩やか」
 「インフレへの勝利宣言は尚早」
 「すべてのユーロ圏の国々に構造改革の必要ある」
 「金利引き下げを予想せず」
 「TLTROに関して新たに議論はしなかった」
 「QEからの出口についての議論なかった」
 「ユーロ相場は歴史的な平均からかい離していない」

ECBスタッフ見通し
 ユーロ圏GDP
 2017年1.8%(12月時点1.7%)
 2018年1.7%(12月時点1.6%)
 2019年1.6%(12月時点1.6%)

ユーロ圏インフレ率
 2017年1.7%(12月時点1.3%)
 2018年1.6%(12月時点1.5%)
 2019年1.7%(12月時点1.7%)

欧州安定メカニズム(ESM)報道官
 「追加融資へ向けたギリシャと国際債権団の協議が進展」

クーレECB理事
 「デフレリスクはほぼ消失も、刺激策の継続が必要」

ラガルドIMF専務理事
 「EU離脱はフランスに大きな不透明感と困窮をもたらすだろう」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。




2017年3月8日の要人発言一覧

2017年3月8日の要人発言一覧

ハモンド英財務相
 「英政府は17年度英GDP見通しを+2.0%に上方修正、昨年11月時点は+1.4%」

政井日銀審議委員
 「基調的な消費者物価(除く生鮮食品・エネルギー)はプラスに転じ、2年半以上にわたってプラス圏で推移」
 「2%物価安定の目標実現に向け、きわめて緩和的な金融環境を維持」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年3月7日の要人発言一覧

2017年3月7日の要人発言一覧

サウジ・エネルギー相
 「年後半の減産どうするか決まっていない」

当局筋
 「3月20日(ユーロ圏財務相会合)までのギリシャ支援合意は難しい」

ロス米商務長官
 「ドル強すぎないが、他通貨が弱い」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。



2017年3月6日の要人発言一覧

2017年3月6日の要人発言一覧

中国人民銀行
 「金利上げを結論するにはまだ中国経済の状況を考慮する必要がある」
 「人民元は安定的に正当なレベルを維持する」

ナバロ米NTC(国家通商会議)委員長
 「米国が交渉によって貿易赤字を低減できれば、成長率は増大する」
 「日本との間には非常に大きな非関税貿易障壁がある」
 「中国・日本・独・インドとの貿易上の公平性を疑問視している」
 「中国が為替操作を行っているかについては、4月の為替報告書を待つ必要がある」

独財務省
 「銀行の資本増強を総じて歓迎」

政井日銀審議委員
 「物価安定の目標に向けたモメンタムを維持するため、必要な政策の調整を行っていく」
 「2%の物価安定の目標の実現に向けて、きわめて緩和的な金融環境を維持」
 「為替が比較的短期間に上下に大きく変動する状況は、経営の舵取りを難しくさせた」
 「このような状況が続く場合、企業マインドに及ぼす悪影響を懸念」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。




最新記事
カテゴリー
■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。経済指標はコチラから一覧をチェックできます。