2017年6月22日の要人発言一覧

2017年6月22日の要人発言一覧

岩田日銀副総裁
 「物価の上昇力は力強さを欠いており、物価2%にはなお距離がある」
 「実質金利を引き下げる金融緩和を粘り強く続ける必要」
 「予想物価上昇率が米国より低いため、実質短期金利は日本の方が高い」
 「金利を引き上げていく局面ではまったくなく、今後も強力な金融緩和を推進」
 「国債買入80兆円のめどを掲げてYCC(イールドカーブ・コントロール、長短金利操作)を行っているが市場に混乱ない」

PBOC前調査統計局長
 「中国人民銀行は、米連邦準備制度理事会(FRB)のようにバランスシート縮小の必要はない」
 「FRBのバランスシートは、2007年の金融危機以前の9000億ドルから現在の4.5兆ドルまで大幅に増大したが、同期間の中国人民銀行のバランスシートの増え方は2倍以下」

ハモンド英財務相
 「DUP(民主統一党)との協力交渉に自信」
 「EU離脱、クリフエッジ(※1)を回避して合意にこぎつけたい」
 ※1、合意がない離脱

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「英・EU離脱交渉、すべての英国の要求に合意するということはありえない」

S&P格付け責任者クレーマー氏
 「英格付け、引き下げるとしても1段階」
 「2段階以上の可能性は低い」

カーン・ロンドン市長
 「メイ首相にEU離脱後も欧州単一市場へのアクセス維持することを要望」

英首相報道官
 「保守党とDUP(民主統一党)の協議は進行中」
 「スコットランド政府はEU離脱の拒否権を有していないと述べている」

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表
 「フォードの中国への一部生産移転は非常に悩ませる」
 「フォードの計画が非経済的な理由であれば政府は措置を講じる」

ラブロフ・ロシア外務相
 「新たな制裁が米露間に容易ならないリスクにさせている」
 「米露間の正常化の関係への提案に対する答えを米国から待っている」

トランプ米大統領(ツイッター)
 「コミー前FBI長官との会話は録音していない」

フォーブス英MPC委員
 「MPCは金利変更が為替にどのような影響を与えるかたくさん議論している」
 「MPCメンバーの何人かにとっては個人消費が鍵」
 「メディアが言うようなブレグジットの不確定さはビジネスや消費者に影響を与えてはいない」
 「輸出企業のいくつかはブレグジットの不信感で投資を躊躇している」
 「ポンドはイングランド銀行(BOE)の政策よりも政治で動いている」
 「将来的にはもっと消費者とビジネスにブレグジットの不確実性が影響を与えるかもしれない」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月21日の要人発言一覧

2017年6月21日の要人発言一覧

麻生財務相
 「日銀がマネタリーベース増やしてもマネーサプライ増えてない]
 「民間に意欲が乏しい」

黒田日銀総裁
 「世界経済は昨年半ば以降、着実な改善」
 「成長のモメンタムが一段と強まっている」
 「わが国の景気の足取りも、よりしっかりとしたものに」
 「2%の物価安定の目標に向けたモメンタムはしっかりと維持されている」
 「物価動向、引き続き注意深く点検していく必要」
 「わが国経済、2018年度までの期間を中心に、景気の拡大が続き、潜在成長率を上回る成長を維持するとみている」
 「実体経済が着実に改善している割には、物価面は勢いを欠いた状況」

チプラス・ギリシャ首相
 「ユーロ圏財務相の決定は、ギリシャにとって支援状態からの出口への道筋を示すもの」

ホールデン英MPC(金融政策委員会)委員
 「下期に一部の刺激策を引きあげることが好ましい」

イラン石油相
 「OPECは追加減産を検討することが考えられるものの、まだ時間が掛かる可能性がある」

ショイブレ独財務相
 「中銀の独立性は重要だが、実体経済を考えないわけにはいかない」
 「他国からの税の競争があるので、法人税は何かしなくてはいけない」
 「拡張的金融政策が長引けばそれだけ大きなリスクがある」
 「不動産の信用融資バブルはドイツにはない」
 「住宅所有促進を促す」

ロシア政府
 「米国の新しい制裁はオバマ政権から引き継がれた破壊的な傾向が続いている」
 「米国務次官との面会の中止は米国の制裁に起因する」
 「米国はモスクワとの関係改善に実効性のあるものを提案していない」

メイ英首相
 「法人税を下げることに今後も専心する」

仏マクロン大統領
 「シリアのレッドラインは化学兵器の使用」
 「化学兵器を使用した場合はフランスは単独でも空爆する」
 「シリアの優先事項はテロとの戦い」

バラッソ上院共和党政策委員会議長
 「ヘルスケア法案は木曜に明らかにする」
 「アサド大統領はシリア国民の敵である、フランスの敵ではない」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月20日の要人発言一覧

2017年6月20日の要人発言一覧

エバンス米シカゴ連銀総裁
 「今年の利上げ、2回か、3-4回かはまだ分からない」
 「緩やかな利上げとゆっくりとしたバランスシートの縮小が必要」
 「FRBの利上げは目標達成見通しによって決められるべき」
 「米経済は完全雇用に戻った」
 「経済データは第2四半期GDPの力強い回復を示している」
 「低インフレは深刻な政策の失敗」
 「現在の状況は緩やかな利上げを後押し」
 「経済状況が良好で、利上げに反対しなかった」
 「バランスシートの縮小は今年に開始すべき」
 「追加利上げを検討するのは、年末まで待つに値する」
 「インフレが安定するだけはなく、上昇することも確認する必要」

周中国人民銀行総裁
 「金融危機の防止には、健全な金融機関が必要であり、自由化の推進が金融機関の体質を強化することになる」

フィッシャーFRB副議長
 「米金融は金融危機前より堅調だが、強固にするための追加措置は必要」

菅官房長官
 「好循環が生まれ、市場にとって好ましい動き」

カーニーBOE(イングランド銀行)総裁
 「インフレ圧力は抑制されている」
 「今は政策金利を引き上げる時ではない」

ケンプ独産業連盟(BDI)会長
 「景気の良さにはユーロ安や原油相場の落ち着き、欧州中央銀行(ECB)の緩和策が寄与」

フィリップ仏首相
 「今年の財政赤字、再び3%を上回る恐れも」

ハモンド英財務相
 「英・EUまたぐ取引に関する取り決めを定める手順が必要」
 「協力の枠組みは互いにとって恩恵・信頼があり、金融を安定させるものであることが必須」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「長期にわたる低金利継続は悪影響を及ぼす」
 「必要ならいつでも為替介入する用意」
 「拡張的な金融政策が依然として必要、出口を検討する時期ではない」
 「為替を取り巻く環境の複雑さは、他の経済圏とともに利下げへ動く理由がないことを意味する」

デギンドス・スペイン経財相
 「経済指標の改善を考慮して、2017・18年の成長予想を引き上げる可能性」

ムニューシン米財務長官
 「超長期債の発行、真剣に考慮」
 「減税とともに積極的な税制改革を行う」
 「FRBの資産縮小は正しいこと」
 「米中貿易障壁を排除へ」
 「海外からの米銀への投資は成長を支援」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
 「低金利は金融安定にとってリスク」

クーレECB理事
 「金融の決済機能をロンドン以外におくべき」

ギガバ南ア財務相
 「南ア準備銀行(SARB)の独立性は常に保たれるべきだ」
 「インフレターゲットは国のために役立っている」
 「SARBのインフレターゲットの権限は少しでも変えてはいけない」

ホワイトハウス
 「トランプ大統領が北朝鮮の金主席に会う可能性はより低くなってきている」
 「中国が北朝鮮に引き続き圧力をかけることを望んでいる」

トランプ米大統領
 ※Twitter
 「中国の北朝鮮への努力は感謝しているが、上手くいっていない」

シューマー民主党上院院内総務
 「富裕層への税引き下げを共和党が目指すのであれば、債務上限引き上げの支持は弱まるだろう」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「最近の弱いインフレ率は一時的なもの」
 「労働市場はきつめになり、最終的に賃金の上昇圧力になるだろう」
 「今年が終わる前にバランスシートの縮小を始めるべきだ」
 「インフレ率は比較的緩やかだが、それが悪いわけではない」
 「今年の成長率は2%を予測」
 「10年債の利回りが現状のレベルなら利上げは慎重にする必要がある」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月19日の要人発言一覧

2017年6月19日の要人発言一覧

ロウRBA総裁
 「豪経済はより強い成長が可能」
 「今後数年の豪経済はやや加速する公算」
 「雇用の伸びと企業の景況感は大幅に改善」

国際通貨基金(IMF)
 「日銀は持続的な緩和スタンスを維持すべき」
 「日本の消費税率は、15%に達するまで段階的な引き上げが必要」
 「日銀の対話枠組みの強化は、国債買入額への言及を控えることも一案」
 「日本のインフレ率は、2017年は+0.7%へ上昇、2018年は+0.6%に低下する見通し」

リプトン国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事
 「日銀は、下方リスクが顕在化した場合は、追加緩和に踏み切るべき」
 「アベノミクスは成果を上げてきており、今後も続けるべき」

ファリハ・サウジアラビアエネルギー産業鉱物資源相
 「石油市場のファンダメンタルズは正しい方向に向かっているが、不均衡の是正には時間がかかる見込み」

モラー特別検察官報道官
 「モラー氏のチームに12名の検察官が加わった」

スメッツ・ベルギー中銀総裁
 「ECBは年末以前にQEに関して決断すべき」

ジョンソン英外務相
 「想定されているより、欧州のパートナーは善意を持ち合わせている」
 「離脱協定の成立には現実的な見込みがある」

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
 「まず英・EU離脱の不透明感の払しょくに取り組まなければならない」

デービス英EU(欧州連合)離脱担当相
 「国民は良好な交渉に関心」
 「強いパートナーシップの構築を望む」

ダドリー米NY連銀総裁
 「インフレはFRBが望む見方より少し低い」
 「米経済は完全雇用に極めて接近」
 「信頼感は非常に非常に高い」
 「景気の拡大、長期継続を確信」
 「自動化が雇用を圧迫することを強く憂慮せず」
 「2-3年のうちに賃金3%へ上昇と予想」
 「利上げは、金融市場を引き締めてない」

ロス米商務長官
 「カナダ・メキシコとも為替操作をしていない」
 「新たなNAFTAによって、加・メキシコ通貨上昇も」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月9日~16日までの要人発言一覧

2017年6月9日~16日までの要人発言一覧

2017年6月9日の要人発言一覧

英労働党EU離脱担当報道官
 「英国は、メイ英首相のEU離脱構想に同意していないことが判明したことで、離脱構想お再考が必要となった」

コービン英労働党党首
 「この国に仕える準備はできている」
 「ブレグジットで欧州との話し合いでは貿易交渉が一番重要」
 「ブレグジットの話し合いを遅らせるかを英国が決めることはできない」
 「誰が選挙で勝ったかはかなり明らかだ」

ガブリエル独外相
 「英国がすぐにEUと交渉できる政府を組閣してくれることを望む」

菅官房長官
 「再来年10月の消費税引き上げ方針は変わってない」

ユンケル欧州委員長
 「話し合いの開始がこれ以上遅れないことを望む」
 「選挙の結果が話し合いに大きなインパクトを与えないことを望んでいる」

スタージョン英スコットランド自治政府首相
 「メイ首相は権限も信用も失った」
 「保守党に権限を与えないために他の政党と協力する」
 「保守党のハード・ブレグジット案は崩壊したに違いない」
 「何がスコットランドにとって最良かを熟考しなくてはいけない」
 「スコットランド独立の国民投票が敗北の原因であることは間違いない」

ファロン英自民党党首
 「悪い取引きよりも何もしない取引きのほうがましだ」
 「メイ首相は辞任するべきだ」
 「ブレグジットの交渉についての話し合いを保留するべきだ」

メイ英首相
 「政府は確実性を提供する」
 「今から組閣を始める」
 「ブレグジットを成功に導くために力を注ぐ」
 「長期的な繁栄を目指してEUと新しいパートナーシップを確実にする」
 「保守党のみが議会の中で過半数を確保し、安定性を提供できると確信している」
 「プロテスタント系民主統一党(DUP)と引き続き協力する」

トランプ米大統領
 「コミー氏証言で共謀・司法妨害は示されなかった」
 「録音テープの有無、いつか話すかもしれない」

2017年6月12日の要人発言一覧

デービス英EU(欧州連合)離脱担当相
 「単一市場や関税同盟から離脱を望む」

ルメール仏財務相
 「遠くはない、最善をつくすべき」

EU当局者
 「英とEU離脱交渉開始日の合意に至っていない」

ウィルキンスBOC(カナダ中央銀行)副総裁
 「BOCは刺激策を後退させることが必要かどうか評価する」

2017年6月13日の要人発言一覧

雨宮日銀理事
 「国債の入札が減っているのは適切な金利誘導をしている結果」
 「入札が減っているのは長期金利の上昇圧力後退が理由」

麻生財務相
 「米連邦準備制度理事会(FRB)が、仮に政策金利を引き上げれば、ドルは上昇する可能性が十分ある」

ムニューシン米財務長官
 「トランプ政権の成長目標を達成するためには、難しい予算編成をともなうことになるだろう」

ポロズBOC(カナダ中央銀行)総裁
 「ショックを吸収するために低金利が続いている」

ドムブロフスキス欧州副委員長
 「ギリシャ追加支援の結論が出るのは間近」
 「英・EU離脱交渉が早期に開始できることを望む」

メイ英首相
 「水曜日に北アイルランド・DUP(民主統一党)との閣外協力締結へ」

セッションズ米司法長官
 「トランプ氏の選挙運動とロシア当局の共謀について知っていることはない」
「メイフラワーホテルでロシア当局者と話し合いをしたことない」

スティーブ・ハーマンCNN記者
 「リッチマン・コロンビア大学教授、コミー氏(前FBI長官)作成の記録やメモをFBIに提出へ」
 ※リッチマン・コロンビア大学教授はコミー氏の友人

マクロン仏大統領
 「ドアは常に開かれている、英・EU離脱は帰結していない」
 「イギリスが再びドアを開く可能性は残されている」

2017年4月14日の要人発言一覧

独財務省報道官
 「ギリシャ、持続可能な策で合意へ」

トランプ米大統領
 「銃撃犯は死亡」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「数値を明示するのではなく、レンジ設定により目標緩和や広げること模索も」

米連邦公開市場委員会(FOMC)
 「目標レンジ25bp引き上げ1.00-1.25%」
 「インフレ動向を注視」
 「再投資の方針維持」※縮小計画を説明
 「バランスシートの縮小、今年開始へ」
 「カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は金利据え置きを主張して利上げへの反対票を投票」

FOMC再投資縮小計画詳細
 「米国債は月額60億ドル、MBSは40億ドル縮小で開始」
 「再投資の縮小 四半期ごとに米国債が月額300億ドル、MBS200億ドルになるまで縮小幅を広げ続ける」

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長
 「景気は第1四半期に減速した後、回復したもよう」
 「世界経済の回復が米輸出を押し上げ」
 「最近の労働参加率の上昇は、労働状況の進展の証」
 「労働市場はもう幾分進展へ」
 「雇用はおおむね持続可能なレベルの上限に達している」
 「緩やかな追加緩和ペースが適切」
 「今年のバランスシート縮小開始を想定」
 「任期満了まで職務遂行」
 「将来のプランについてトランプ大統領と会話していない」
 「資産縮小、市場に大きな反応を及ぼさないことを望む」
 「縮小は注意深く行う」
 「資産縮小、比較的早く行う可能性も」

2017年6月15日の要人発言一覧

スイス国立銀行(SNB)
 「17年GDPは+1.5%を予測」
 「18年インフレ見通しは+0.3%に下方修正(前回+0.4%)」
 「19年インフレ見通しは+1.0%に下方修正(前回+1.1%)」

トランプ米大統領
 「経済やマーケットには、多くの良い数字」
 「国内大工場について、近いうちに発表へ」

英政府
 「EU離脱交渉を19日に開始」

IMF(国際通貨基金)
 「ユーロ圏の金融政策は依然として緩和的であるべき」

グラメーニャ・ルクセンブルク財務相
 「ユーロ圏財務相は85億ユーロのギリシャ支援に合意」

2017年6月16日の要人発言一覧

麻生財務相
 「アジアインフラ投資銀行(AIIB)は融資や審査能力に疑問が残る」
 「AIIBはガバナンスが働いていない」

黒田日銀総裁
 「景気は緩やかに拡大に転じつつある」
 「需給ギャップ改善の割に物価が上昇していないのは指摘通り」
 「世界的な物価低迷の背景、現時点でコンセンサスは得られていない」
 「賃金上昇圧力は着実に高まっている」
 「物価上昇率は先行き緩やかに高まっていく」
 「日本はデフレマインド転換に時間がかかっている」
 「国債の買い入れ額についてあらかじめペースを決めることはない」
 「2%物価目標に向けての道はかなりある」
 「現時点で具体的なシミュレーションを示すことは混乱を招く」
 「現時点で具体的な手法・順序を示すのは難しい」
 「現時点で出口の収益を具体的な数字で示すのは難しい」
 「ETF買入、2%目標の早期実現に必要な政策」
 「一部には予想物価上昇率の上昇を示す指標もあらわれている」
 「国債買い入れ額はいろいろ要因で上下する」
 「物価安定目標は遠く、正常化や出口を議論すべき状況ではない」
 「2%目標を達成できないとか適切ではないとかということはない」
 「ETF買入の変更は毎回の会合で議論」
 「日銀が直に動かせるものとしては付利と国債の買い入れ」
 「正常化、普通は短期金利とバランスシート規模が焦点」
 「出口局面でハイパー・インフレの心配はない」
 「出口議論増えているのは、欧米金融政策や実体経済の改善が背景」
 「出口に差し掛かっているときにはいいが、まだ先の話」
 「市場との会話は今後もしっかりやっていく」
 「緩和長期化の副作用より目標達成と維持がはるかに重要」
 「時間がかかっているが、2%物価目標は達成できる」
 「実体経済の大幅な改善も踏まえている」

フォーブス英MPC委員
 「インフレの緩やかな推移には為替が大きく影響」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「コアインフレの落ち込みが一時的かどうかは、まだわからない」
 「今週、利上げすべきではなかった」
 「インフレの落ち込みが一時的なものか確信するのを待つべきだった」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「米家計は好調」
 「今年残りの期間での経済リバウンドを予想」
 「インフレは沈静化されている」 
 「追加利上げには非常に慎重であるべき」
 「インフレ上昇を確認する必要がある」
 「バランスシートの縮小は、年末以前に始めるべき」

ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事
 「できる限り早期のギリシャ債務査定の明確化を望む」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月15日の要人発言一覧

2017年6月15日の要人発言一覧

スイス国立銀行(SNB)
 「17年GDPは+1.5%を予測」
 「18年インフレ見通しは+0.3%に下方修正(前回+0.4%)」
 「19年インフレ見通しは+1.0%に下方修正(前回+1.1%)」

トランプ米大統領
 「経済やマーケットには、多くの良い数字」
 「国内大工場について、近いうちに発表へ」

英政府
 「EU離脱交渉を19日に開始」

IMF(国際通貨基金)
 「ユーロ圏の金融政策は依然として緩和的であるべき」

グラメーニャ・ルクセンブルク財務相
 「ユーロ圏財務相は85億ユーロのギリシャ支援に合意」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月16日の要人発言一覧

2017年6月16日の要人発言一覧

麻生財務相
 「アジアインフラ投資銀行(AIIB)は融資や審査能力に疑問が残る」
 「AIIBはガバナンスが働いていない」

黒田日銀総裁
 「景気は緩やかに拡大に転じつつある」
 「需給ギャップ改善の割に物価が上昇していないのは指摘通り」
 「世界的な物価低迷の背景、現時点でコンセンサスは得られていない」
 「賃金上昇圧力は着実に高まっている」
 「物価上昇率は先行き緩やかに高まっていく」
 「日本はデフレマインド転換に時間がかかっている」
 「国債の買い入れ額についてあらかじめペースを決めることはない」
 「2%物価目標に向けての道はかなりある」
 「現時点で具体的なシミュレーションを示すことは混乱を招く」
 「現時点で具体的な手法・順序を示すのは難しい」
 「現時点で出口の収益を具体的な数字で示すのは難しい」
 「ETF買入、2%目標の早期実現に必要な政策」
 「一部には予想物価上昇率の上昇を示す指標もあらわれている」
 「国債買い入れ額はいろいろ要因で上下する」
 「物価安定目標は遠く、正常化や出口を議論すべき状況ではない」
 「2%目標を達成できないとか適切ではないとかということはない」
 「ETF買入の変更は毎回の会合で議論」
 「日銀が直に動かせるものとしては付利と国債の買い入れ」
 「正常化、普通は短期金利とバランスシート規模が焦点」
 「出口局面でハイパー・インフレの心配はない」
 「出口議論増えているのは、欧米金融政策や実体経済の改善が背景」
 「出口に差し掛かっているときにはいいが、まだ先の話」
 「市場との会話は今後もしっかりやっていく」
 「緩和長期化の副作用より目標達成と維持がはるかに重要」
 「時間がかかっているが、2%物価目標は達成できる」
 「実体経済の大幅な改善も踏まえている」

フォーブス英MPC委員
 「インフレの緩やかな推移には為替が大きく影響」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「コアインフレの落ち込みが一時的かどうかは、まだわからない」
 「今週、利上げすべきではなかった」
 「インフレの落ち込みが一時的なものか確信するのを待つべきだった」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「米家計は好調」
 「今年残りの期間での経済リバウンドを予想」
 「インフレは沈静化されている」 
 「追加利上げには非常に慎重であるべき」
 「インフレ上昇を確認する必要がある」
 「バランスシートの縮小は、年末以前に始めるべき」

ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事
 「できる限り早期のギリシャ債務査定の明確化を望む」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年4月14日の要人発言一覧

2017年4月14日の要人発言一覧

独財務省報道官
 「ギリシャ、持続可能な策で合意へ」

トランプ米大統領
 「銃撃犯は死亡」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「数値を明示するのではなく、レンジ設定により目標緩和や広げること模索も」

米連邦公開市場委員会(FOMC)
 「目標レンジ25bp引き上げ1.00-1.25%」
 「インフレ動向を注視」
 「再投資の方針維持」※縮小計画を説明
 「バランスシートの縮小、今年開始へ」
 「カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁は金利据え置きを主張して利上げへの反対票を投票」

FOMC再投資縮小計画詳細
 「米国債は月額60億ドル、MBSは40億ドル縮小で開始」
 「再投資の縮小 四半期ごとに米国債が月額300億ドル、MBS200億ドルになるまで縮小幅を広げ続ける」

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長
 「景気は第1四半期に減速した後、回復したもよう」
 「世界経済の回復が米輸出を押し上げ」
 「最近の労働参加率の上昇は、労働状況の進展の証」
 「労働市場はもう幾分進展へ」
 「雇用はおおむね持続可能なレベルの上限に達している」
 「緩やかな追加緩和ペースが適切」
 「今年のバランスシート縮小開始を想定」
 「任期満了まで職務遂行」
 「将来のプランについてトランプ大統領と会話していない」
 「資産縮小、市場に大きな反応を及ぼさないことを望む」
 「縮小は注意深く行う」
 「資産縮小、比較的早く行う可能性も」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月13日の要人発言一覧

2017年6月13日の要人発言一覧

雨宮日銀理事
 「国債の入札が減っているのは適切な金利誘導をしている結果」
 「入札が減っているのは長期金利の上昇圧力後退が理由」

麻生財務相
 「米連邦準備制度理事会(FRB)が、仮に政策金利を引き上げれば、ドルは上昇する可能性が十分ある」

ムニューシン米財務長官
 「トランプ政権の成長目標を達成するためには、難しい予算編成をともなうことになるだろう」

ポロズBOC(カナダ中央銀行)総裁
 「ショックを吸収するために低金利が続いている」

ドムブロフスキス欧州副委員長
 「ギリシャ追加支援の結論が出るのは間近」
 「英・EU離脱交渉が早期に開始できることを望む」

メイ英首相
 「水曜日に北アイルランド・DUP(民主統一党)との閣外協力締結へ」

セッションズ米司法長官
 「トランプ氏の選挙運動とロシア当局の共謀について知っていることはない」
「メイフラワーホテルでロシア当局者と話し合いをしたことない」

スティーブ・ハーマンCNN記者
 「リッチマン・コロンビア大学教授、コミー氏(前FBI長官)作成の記録やメモをFBIに提出へ」
 ※リッチマン・コロンビア大学教授はコミー氏の友人

マクロン仏大統領
 「ドアは常に開かれている、英・EU離脱は帰結していない」
 「イギリスが再びドアを開く可能性は残されている」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月12日の要人発言一覧

2017年6月12日の要人発言一覧

デービス英EU(欧州連合)離脱担当相
 「単一市場や関税同盟から離脱を望む」

ルメール仏財務相
 「遠くはない、最善をつくすべき」

EU当局者
 「英とEU離脱交渉開始日の合意に至っていない」

ウィルキンスBOC(カナダ中央銀行)副総裁
 「BOCは刺激策を後退させることが必要かどうか評価する」


■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月9日の要人発言一覧

2017年6月9日の要人発言一覧

英労働党EU離脱担当報道官
 「英国は、メイ英首相のEU離脱構想に同意していないことが判明したことで、離脱構想お再考が必要となった」

コービン英労働党党首
 「この国に仕える準備はできている」
 「ブレグジットで欧州との話し合いでは貿易交渉が一番重要」
 「ブレグジットの話し合いを遅らせるかを英国が決めることはできない」
 「誰が選挙で勝ったかはかなり明らかだ」

ガブリエル独外相
 「英国がすぐにEUと交渉できる政府を組閣してくれることを望む」

菅官房長官
 「再来年10月の消費税引き上げ方針は変わってない」

ユンケル欧州委員長
 「話し合いの開始がこれ以上遅れないことを望む」
 「選挙の結果が話し合いに大きなインパクトを与えないことを望んでいる」

スタージョン英スコットランド自治政府首相
 「メイ首相は権限も信用も失った」
 「保守党に権限を与えないために他の政党と協力する」
 「保守党のハード・ブレグジット案は崩壊したに違いない」
 「何がスコットランドにとって最良かを熟考しなくてはいけない」
 「スコットランド独立の国民投票が敗北の原因であることは間違いない」

ファロン英自民党党首
 「悪い取引きよりも何もしない取引きのほうがましだ」
 「メイ首相は辞任するべきだ」
 「ブレグジットの交渉についての話し合いを保留するべきだ」

メイ英首相
 「政府は確実性を提供する」
 「今から組閣を始める」
 「ブレグジットを成功に導くために力を注ぐ」
 「長期的な繁栄を目指してEUと新しいパートナーシップを確実にする」
 「保守党のみが議会の中で過半数を確保し、安定性を提供できると確信している」
 「プロテスタント系民主統一党(DUP)と引き続き協力する」

トランプ米大統領
 「コミー氏証言で共謀・司法妨害は示されなかった」
 「録音テープの有無、いつか話すかもしれない」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月5~8日までの要人発言一覧

2017年6月5~8日までの要人発言一覧

2017年6月5日の要人発言一覧

プーチン露大統領
 「クシュナー米大統領上級顧問による秘密回線設置の提案は聞いていない」

ホワイトハウス
 「トランプ米大統領はコミー氏議会証言を阻止しない」


2017年6月6日の要人発言一覧

麻生財務相
 「20年度のPB(プライマリーバランス)黒字化目標に変わりない」
 「(骨太の方針)債務・GDP比率を引き下げる状況を作っていく重要性を示す」

メルケル独首相
 「保護主義は短期的には得るものがあるが、長期的にはダメージ」
 「いつでも米国とまた自由貿易について話し合う」
 「EUと米国の新たな貿易についての話し合いは9月の独選挙が終わるまで始めるべきではない」
 「ECBの低金利は独銀行の経営課題だが、私はECBの政策には判断は下せない」

ムニューシン米財務長官
 「対中不均衡の是正へ輸出押し上げが必要」
 「トランプ大統領は対中貿易不均衡を明確に問題視」
 「競争面での理由で為替を警戒」
 「米政権では為替を真剣に取り扱っている」

トランプ米大統領
 「コミー氏の幸運を祈る」
 「史上最大規模の減税を目指す」

2017年6月7日の要人発言一覧

南アフリカ財務省
 「2017年予算見通しの前提がGDP+1.3%だったため、8年ぶりのリセッションに陥ったことで財政目標にリスクが生じた」
 「現状の成長ペースでは国民1人当たりのGDPや所得さらに減少」
 「財政の持続性にリスクが生じる可能性」
 「社会サービスも低下へ」

経済協力開発機構(OECD)
 「日本は農家への補助を削減し貿易障壁を低くするべき」
 「財政信認のために消費税の健全化への道筋を」

コミー前FBI長官
 「トランプ大統領はフリン氏捜査の終了を希望」
 「トランプ大統領は忠誠を要求した」

2017年6月8日の要人発言一覧

麻生財務相
 「インフレ率+2%は目標として堅持すべき」
 「消費増税は予定通りに実施」

岩田日銀副総裁
 「出口局面では、適切に政策を運営するため、長期金利の急上昇は想定しづらい」
 「金利が1%上昇した場合、2017年3月末時点での保有国債の時価が24.6兆円減少。出口での日銀の収益は、受け取り利息も含めてバランスシート全体で予想すべきであり、現時点で予想するのは困難」

カーンSARB(南ア準備銀行)メンバー
 「GDPデータがリセッションを示したため、7月の成長率予測を低めるだろう」
 「利下げには消極的」
 「南ア・ランドはインフレ見通しの鍵」
 「金融政策は成長にインパクトをあたえるには限界がある、構造改革に焦点をあてるべきだ」

ドラギECB総裁
 「ユーロ圏のリスクは幅広くバランスしている」
 「経済成長は予想よりも早く拡大している」
 「ユーロ経済のモメンタムは力強い」
 「外的要因でのダウンサイドリスクはまだある」
 「ポジティブなモメンタムがより強い回復基調になっている」
 「潜在的インフレ率は低く、上昇は緩やか」
 「次月もインフレ率は現在と同じレベルだろう」
 「2017-19年の成長見通しを引き上げ」
 「2017-19年のインフレ見通しを下方修正」
 「QEの先行きについていつ発表するかは議論せず」
 「インフレについては辛抱が必要」
 「正常化について議論していない」

コミー前FBI長官
 「トランプ大統領が妨害を試みたか、自分は述べる立場にない」
 「解雇の理由はまったくのうそ」
 「ロシアが選挙に干渉を試みたことは疑い余地がない」
 「大統領はロシア・選挙調査を中止するように要請していない」
 「トランプ大統領は捜査対象ではなかった」
 「大統領が会合についてうそを付くだろうと懸念」
 「大統領はフリン氏調査の中止命令はしなかった」
 「特別検査官設置の期待で、メモ流出を望んだ」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月8日の要人発言一覧

2017年6月8日の要人発言一覧

麻生財務相
 「インフレ率+2%は目標として堅持すべき」
 「消費増税は予定通りに実施」

岩田日銀副総裁
 「出口局面では、適切に政策を運営するため、長期金利の急上昇は想定しづらい」
 「金利が1%上昇した場合、2017年3月末時点での保有国債の時価が24.6兆円減少。出口での日銀の収益は、受け取り利息も含めてバランスシート全体で予想すべきであり、現時点で予想するのは困難」

カーンSARB(南ア準備銀行)メンバー
 「GDPデータがリセッションを示したため、7月の成長率予測を低めるだろう」
 「利下げには消極的」
 「南ア・ランドはインフレ見通しの鍵」
 「金融政策は成長にインパクトをあたえるには限界がある、構造改革に焦点をあてるべきだ」

ドラギECB総裁
 「ユーロ圏のリスクは幅広くバランスしている」
 「経済成長は予想よりも早く拡大している」
 「ユーロ経済のモメンタムは力強い」
 「外的要因でのダウンサイドリスクはまだある」
 「ポジティブなモメンタムがより強い回復基調になっている」
 「潜在的インフレ率は低く、上昇は緩やか」
 「次月もインフレ率は現在と同じレベルだろう」
 「2017-19年の成長見通しを引き上げ」
 「2017-19年のインフレ見通しを下方修正」
 「QEの先行きについていつ発表するかは議論せず」
 「インフレについては辛抱が必要」
 「正常化について議論していない」

コミー前FBI長官
 「トランプ大統領が妨害を試みたか、自分は述べる立場にない」
 「解雇の理由はまったくのうそ」
 「ロシアが選挙に干渉を試みたことは疑い余地がない」
 「大統領はロシア・選挙調査を中止するように要請していない」
 「トランプ大統領は捜査対象ではなかった」
 「大統領が会合についてうそを付くだろうと懸念」
 「大統領はフリン氏調査の中止命令はしなかった」
 「特別検査官設置の期待で、メモ流出を望んだ」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月7日の要人発言一覧

2017年6月7日の要人発言一覧

南アフリカ財務省
 「2017年予算見通しの前提がGDP+1.3%だったため、8年ぶりのリセッションに陥ったことで財政目標にリスクが生じた」
 「現状の成長ペースでは国民1人当たりのGDPや所得さらに減少」
 「財政の持続性にリスクが生じる可能性」
 「社会サービスも低下へ」

経済協力開発機構(OECD)
 「日本は農家への補助を削減し貿易障壁を低くするべき」
 「財政信認のために消費税の健全化への道筋を」

コミー前FBI長官
 「トランプ大統領はフリン氏捜査の終了を希望」
 「トランプ大統領は忠誠を要求した」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月6日の要人発言一覧

2017年6月6日の要人発言一覧

麻生財務相
 「20年度のPB(プライマリーバランス)黒字化目標に変わりない」
 「(骨太の方針)債務・GDP比率を引き下げる状況を作っていく重要性を示す」

メルケル独首相
 「保護主義は短期的には得るものがあるが、長期的にはダメージ」
 「いつでも米国とまた自由貿易について話し合う」
 「EUと米国の新たな貿易についての話し合いは9月の独選挙が終わるまで始めるべきではない」
 「ECBの低金利は独銀行の経営課題だが、私はECBの政策には判断は下せない」

ムニューシン米財務長官
 「対中不均衡の是正へ輸出押し上げが必要」
 「トランプ大統領は対中貿易不均衡を明確に問題視」
 「競争面での理由で為替を警戒」
 「米政権では為替を真剣に取り扱っている」

トランプ米大統領
 「コミー氏の幸運を祈る」
 「史上最大規模の減税を目指す」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月5日の要人発言一覧

2017年6月5日の要人発言一覧

プーチン露大統領
 「クシュナー米大統領上級顧問による秘密回線設置の提案は聞いていない」

ホワイトハウス
 「トランプ米大統領はコミー氏議会証言を阻止しない」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年5月29日~6月2日までの要人発言一覧

2017年5月29日~6月2日までの要人発言一覧

2017年5月29日の要人発言一覧

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
 「バランスシートの縮小は2017年中に開始すべき」
 「段階的に利上げすることにより、景気の過熱を回避できる」
 「米国経済は、2つのFRBターゲットにこれまでで最も近い」
 「インフレ率の2%目標は、来年までに達成されるだろう」
 「市場に対し、むやみに混乱をあおることは最も避けなければならない」

ラッド英内務相
 「ドイツや他国と、貿易や防衛についての強力なパートナーであること再確認」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「伊・ポルトガル銀行問題の早期対応が必須」
 「ブレグジット後にロンドンで取引の清算ができるとは思わない」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「伊・ポルトガル・スペインなどの財政改善は良いニュース」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「金融危機の流れの中での回復は、歴史的な水準からすれば緩やか」
 「景気拡大しっかりすれば、賃金上昇しコアインフレ上昇も明確に」

中国外務省
 「国連決議に反する北朝鮮のミサイル発射に反対」
 「北朝鮮に対話への復帰を要請」
 「関係諸国へ平静・自制を求める」

ドラギECB総裁
 「経済のダウンサイド・リスクはより減少している」
 「欧州圏の経済見通しは改善」
 「フォワードガイダンスを含めた金融政策による支援はまだ必要だ」

ショイブレ独財務相
 「独仏は共有の法人税の枠組みを作ることをもう一度考えている」
 「新しい欧州内でのVAT(付加価値税)の解決策を考える必要がある」
 「金利には定額のキャピタルゲイン税を撤回することはできるが、配当にはできない」

コービン英労働党党首
 「指名されればEUとブレグジットの交渉を行う」
 「英国の外交政策は弱めない」

メイ英首相
 「ブレグジットの合意無くEUから離脱する用意がある」

2017年5月30日の要人発言一覧

ハンソン・エストニア中銀総裁
※ECB刺激策について
 「極めて慎重に行う必要」

ECB当局筋
 「緩和バイアスを変更する可能性」

ブレイナードFRB理事
 「早めの新たな利上げは適切だろう」
 「もしインフレの低下が続けば利上げは遅らせたい」
 「債券のポートフォリオはおそらく今年中に、遅くないうちに縮小したい」
 「世界経済の見通しは明るい」
 「米国の第二四半期のGDP成長率は回復するだろう」

ロス米商務長官
 「欧州と大きな貿易取引についての話を再開する準備はある」
 「EUは最大の貿易相手の一つ。交渉は各国毎でなくEUと行うべき」

2017年5月31日の要人発言一覧

クーレECB理事
 「6月15日のユーロ圏財務相会合までにギリシャ支援の合意に至ることが重要」

チャカロトス・ギリシャ財務相
 「IMFのギリシャ見通しは悲観的すぎる」
 「IMFはギリシャに対する姿勢決定する時にきている」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「インフレの進展は緩やか」
 「今年の失業率、さらに低下へ」
 「インフレは数年を要して2%に上昇へ」
 「労働市場にさして弛みはない」
 「緩和解除は辛抱強く、緩やかに行うべき」
 「FRBの行動は為替にインパクト与える、影響を注視」
 「あと2回の年内利上げを支持」
 「年内のバランスシート縮小開始が適切」
 「FRBの目標はバランスシート縮小の市場への影響を最小限にとどめること」

ラウテンシュレーガーECB理事
 「状況が変われば、ガイダンスも変更へ」
 「後手に回れば新たな問題が生じることも」

メルケル独首相
 「ブレグジット後も英国はパートナーであり友人だが、EUから去ることは代償を伴う」
 「EUの銀行管理部門はフランクフルトに移すべきだ」

ワイトマン独連銀総裁
 「ECBの支援が減っても欧州圏のインフレ率は上昇する」
 「ECBはいつフォワードガイダンスの調整をするかを話し始めるべきだ」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「世界の金利は1990年後半のレベルには戻らないだろう」
 「スイスフラン(CHF)のオーバーバリューが金融政策に圧力を与えている」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「経済成長と同時ならば低インフレは必ずしも悪くない」
 「インフレ率は長期にわたり低く推移する可能性もある」

2017年6月1日の要人発言一覧

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
 「将来的には、非伝統的金融政策が中央銀行の標準になる」
 「米経済は非常に好調」
 「今年3回の利上げが妥当、経済が加速なら4回も可能」
 「インフレ率が目標の2%から離れば、金融政策決定に影響」
 「米経済は非常に好調」
 「今年3回の利上げが妥当、経済が加速なら4回も可能」
 「インフレ率が目標の2%から離れば、金融政策決定に影響」

原田日銀審議委員
 「出口方法、マイナス金利解除と国債売却の二つが考えられる」
 「日銀が長期的に損失を負うことによる危険など存在しない」
 「失業率低下にともなって物価の上昇が期待できる」
 「利上げのためにも大胆な金融緩和で物価目標を達成することが必要」

ユンケル欧州委員長
 ドイツによる欧州連合・EU基金に関する提案についての答え
 「(そうすべきではない」

パウエルFRB理事
 「バランスシートの縮小に対する市場の反応、必ずしも大きくなるとは限らない」
 「今年中の縮小開始は適切」
 「緩やかな利上げ継続は適切」
 「緩やかなインフレ進行は、FRBが忍耐強くあるべきことを示している」
 「市場に資産逃避などの動き加速すれば、利上げの流れ調整も」
 「経済は健全、政策は正常化へ」
 「財政政策の見通しは困難」
 「長期的なバランスシートに関する計画は、縮小開始まで定めない」
 「労働市場が非常にタイトだとは思わない」
 「経済が過熱しているとは感じない」

ショイブレ独財務相
 「ECB政策、独にとってはやや緩和的過ぎる」

ホワイトハウス
 「エルサレムへの大使館移転は延期」
 「エルサレムへの大使館移転を行う方針は変わらないが、予定は未定」
 「イスラエルとパレスチナの和平交渉のため最大限の機会を作るためにも移転は延期」

トランプ米大統領
 「パリ協定から離脱する」
 「様々な交渉をしてパリ協定に再加入するか、米国に公平になるような新しい協定を作る」
 「パリ協定はアメリカにとって様々な面で不利だ」

2017年6月2日の要人発言一覧

菅官房長官
 「経済の好循環が生まれてきている」
 「米国のパリ協定脱退表明に懸念」

メルケル独首相
 「トランプ米大統領によるパリ協定に関する決断には大いに失望」

安倍首相
 「20年度までのPB(プライマリーバランス)黒字化、債務対GDP比の安定的な引き下げを」
 「人材への投資を通じた生産性向上がかぎ」

プーチン露大統領
 「意味のない、害しかないゴシップはやめるべきだ」※露の米選挙へのサイバー攻撃について。
 「国際関係と世界経済と安全保障にダメージを与えている」
 「適切な関係を築き始める必要がある」
 「米国の諜報機関の証拠はフェイクだ」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
 「年末付近にインフレ率は2%のターゲットまで上昇する」
 「2017年はGDP成長率は2.3%」
 「今年あと2回の利上げを予想」
 「5月の雇用指標は良い数字」
 「トランプ政権の税制改革はあいまいなため、ビジネスの投資に痛手を被っている」
 「米国経済の最大のリスクは財政の不確実性」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「メキシコとの貿易再交渉には楽観的」
 「停滞はあるものの完全雇用に近づいている」
 「貿易や移民が米国の雇用にネガティブな効果を与えているとは思わない」

メイ英首相
 「良いブレグジットは他のEUメンバーにも利益がある」
 「欧州の何人かの政治家はブレグジットに際して英国に罰を与えると話している」
 「ブレグジットで良い交渉が得られるという自信はあるが、英国のために立ち向かう必要がある」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月2日の要人発言一覧

2017年6月2日の要人発言一覧

菅官房長官
 「経済の好循環が生まれてきている」
 「米国のパリ協定脱退表明に懸念」

メルケル独首相
 「トランプ米大統領によるパリ協定に関する決断には大いに失望」

安倍首相
 「20年度までのPB(プライマリーバランス)黒字化、債務対GDP比の安定的な引き下げを」
 「人材への投資を通じた生産性向上がかぎ」

プーチン露大統領
 「意味のない、害しかないゴシップはやめるべきだ」※露の米選挙へのサイバー攻撃について。
 「国際関係と世界経済と安全保障にダメージを与えている」
 「適切な関係を築き始める必要がある」
 「米国の諜報機関の証拠はフェイクだ」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
 「年末付近にインフレ率は2%のターゲットまで上昇する」
 「2017年はGDP成長率は2.3%」
 「今年あと2回の利上げを予想」
 「5月の雇用指標は良い数字」
 「トランプ政権の税制改革はあいまいなため、ビジネスの投資に痛手を被っている」
 「米国経済の最大のリスクは財政の不確実性」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「メキシコとの貿易再交渉には楽観的」
 「停滞はあるものの完全雇用に近づいている」
 「貿易や移民が米国の雇用にネガティブな効果を与えているとは思わない」

メイ英首相
 「良いブレグジットは他のEUメンバーにも利益がある」
 「欧州の何人かの政治家はブレグジットに際して英国に罰を与えると話している」
 「ブレグジットで良い交渉が得られるという自信はあるが、英国のために立ち向かう必要がある」


■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年6月1日の要人発言一覧

2017年6月1日の要人発言一覧

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
 「将来的には、非伝統的金融政策が中央銀行の標準になる」
 「米経済は非常に好調」
 「今年3回の利上げが妥当、経済が加速なら4回も可能」
 「インフレ率が目標の2%から離れば、金融政策決定に影響」
 「米経済は非常に好調」
 「今年3回の利上げが妥当、経済が加速なら4回も可能」
 「インフレ率が目標の2%から離れば、金融政策決定に影響」

原田日銀審議委員
 「出口方法、マイナス金利解除と国債売却の二つが考えられる」
 「日銀が長期的に損失を負うことによる危険など存在しない」
 「失業率低下にともなって物価の上昇が期待できる」
 「利上げのためにも大胆な金融緩和で物価目標を達成することが必要」

ユンケル欧州委員長
 ドイツによる欧州連合・EU基金に関する提案についての答え
 「(そうすべきではない」

パウエルFRB理事
 「バランスシートの縮小に対する市場の反応、必ずしも大きくなるとは限らない」
 「今年中の縮小開始は適切」
 「緩やかな利上げ継続は適切」
 「緩やかなインフレ進行は、FRBが忍耐強くあるべきことを示している」
 「市場に資産逃避などの動き加速すれば、利上げの流れ調整も」
 「経済は健全、政策は正常化へ」
 「財政政策の見通しは困難」
 「長期的なバランスシートに関する計画は、縮小開始まで定めない」
 「労働市場が非常にタイトだとは思わない」
 「経済が過熱しているとは感じない」

ショイブレ独財務相
 「ECB政策、独にとってはやや緩和的過ぎる」

ホワイトハウス
 「エルサレムへの大使館移転は延期」
 「エルサレムへの大使館移転を行う方針は変わらないが、予定は未定」
 「イスラエルとパレスチナの和平交渉のため最大限の機会を作るためにも移転は延期」

トランプ米大統領
 「パリ協定から離脱する」
 「様々な交渉をしてパリ協定に再加入するか、米国に公平になるような新しい協定を作る」
 「パリ協定はアメリカにとって様々な面で不利だ」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2017年5月31日の要人発言一覧

2017年5月31日の要人発言一覧

クーレECB理事
 「6月15日のユーロ圏財務相会合までにギリシャ支援の合意に至ることが重要」

チャカロトス・ギリシャ財務相
 「IMFのギリシャ見通しは悲観的すぎる」
 「IMFはギリシャに対する姿勢決定する時にきている」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「インフレの進展は緩やか」
 「今年の失業率、さらに低下へ」
 「インフレは数年を要して2%に上昇へ」
 「労働市場にさして弛みはない」
 「緩和解除は辛抱強く、緩やかに行うべき」
 「FRBの行動は為替にインパクト与える、影響を注視」
 「あと2回の年内利上げを支持」
 「年内のバランスシート縮小開始が適切」
 「FRBの目標はバランスシート縮小の市場への影響を最小限にとどめること」

ラウテンシュレーガーECB理事
 「状況が変われば、ガイダンスも変更へ」
 「後手に回れば新たな問題が生じることも」

メルケル独首相
 「ブレグジット後も英国はパートナーであり友人だが、EUから去ることは代償を伴う」
 「EUの銀行管理部門はフランクフルトに移すべきだ」

ワイトマン独連銀総裁
 「ECBの支援が減っても欧州圏のインフレ率は上昇する」
 「ECBはいつフォワードガイダンスの調整をするかを話し始めるべきだ」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「世界の金利は1990年後半のレベルには戻らないだろう」
 「スイスフラン(CHF)のオーバーバリューが金融政策に圧力を与えている」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「経済成長と同時ならば低インフレは必ずしも悪くない」
 「インフレ率は長期にわたり低く推移する可能性もある」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

最新記事
カテゴリー
■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。経済指標はコチラから一覧をチェックできます。