2018年11月19日の要人発言一覧

2018年11月19日の要人発言一覧

黒田日銀総裁
 「わが国の金融システムは安定性を維持していると判断」
 「銀行のリスクテイクが過度に積極化する可能性には注意が必要」
 「金融機関のリスクテイク姿勢が慎重化する傾向があるだけに、金融面から実体経済に及ぼす影響も含め、注意していく必要」
 「デフレの原因は金融政策以外にもあるが、中銀の責任は物価安定を中長期的に実現すること」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「欧州中央銀行(ECB)は、必要ならば、新たな貸出条件付きの流動性供給オペ(TLTRO)を検討すべき」

ディマイオ伊副首相
 「来年の伊予算について欧州委員会と協議する用意がある」
 「予算を巡る欧州委員会からの制裁の可能性を懸念せず」

サルビーニ伊副首相
 「独仏共同のユーロ圏予算案には反対する」
 「政府はイタリアに害がある申し出は同意しないだろう」

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
 「今はブレグジット交渉の最終的な段階」
 「移行期間の延長方法に関する手順などで依然合意が必要」

英首相報道官
 「政府は移行期間の延長は必要ないと信じているが、バックストップ措置の代替案となっていることは確か」
 「ブレグジット交渉は非常に進展しており、数日中にさらに突っ込んだ協議となるだろう」

トリア伊財務相
 「近年、フランスはイタリアよりもずっと大きな財政赤字を抱えている」

ルメール仏財務相
 「ルノーのガバナンス安定を確保する」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
 「米経済は非常に堅調。労働市場の成長は良好」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月12日~16日の要人発言一覧

2018年11月12日~16日の要人発言一覧

2018年11月12日の要人発言一覧

中国財務相
 「輸出企業に対する税負担を低くする」

ペンス米副大統領
 「安倍首相と貿易合意について話す」

菅官房長官
 「安倍首相とペンス米副大統領は、貿易投資拡大などを議論する」

ファリハ・サウジアラビア・エネルギー相
 「10月の水準から日量100万バレルの減産が必要と見込む」

ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
 「第4四半期GDPが減速する兆候がある」
 「英国の賃金は著しく高い」
 「国内のインフレ圧力の兆しが見られる」

デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
 「イタリア発の悪影響は限定的」

ユンケル欧州委員長
 「貿易に関する欧州連合(EU)と米国の休戦は年末まで」

ゼーホーファー独内相
 「キリスト教社会同盟(CSU)党首を辞任するが、内相は続ける予定」

ディマイオ伊副首相
 「欧州連合(EU)の財政規律を順守することは、自殺行為」

ユンケル欧州委員長
 「イタリアとEUの関係を懸念している」

英首相報道官
 「バルニエ首席交渉官ついてのFT紙報道には懐疑的」

トランプ米大統領
 「サウジやOPEC諸国は原油の減産をすべきではない」
 「原油価格は更に下がってもよい」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
 「漸進的な金利正常化を支持」
 「米労働市場に復帰する人は一段と増える可能性」

2018年11月13日の要人発言一覧

メイ英首相
 「ブレグジット交渉は現在、大詰めを迎えている」
 「ブレグジット交渉は極めて厳しい」
 「ブレグジット交渉は非常に困難」

麻生財務相
 「ペンス副大統領とは経済対話はしない」
 「自動車についても話さない」

李克強・中国首相
 「中国は話し合いで喜んで自由貿易を改善する」
 「世界は自由貿易から利益を得ている」

プラートECB理事
 「インフレが目標に達成するためにあらゆる措置の調整があり得る」
 「ユーロ圏経済に幾分減速が見られる」
 「大規模な金融刺激策が依然として必要」

ハント英外務相
 「ブレグジット交渉がいつ合意に辿りつくのか分からない」
 「95%は合意しているが、残り5%で難航している」

リディントン英内閣府担当相
 「ブレグジットに関して、24時間以内に合意に達するかもしれないが、確定的ではない」

ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相
 「ブレグジット交渉の進展に自信がある」

ティマーマン欧州委員
 「ブレグジット交渉は依然として続行中」

ユンケル欧州委員長
 「ブレグジットは悲劇であり歴史的な間違いだが、我々は最善を尽くさねばならない」
 「欧州は英国との関係を構築する積極的ムードではないが、罰したいわけではない」

コンテ伊首相
 「欧州委員会への予算提出期限についてEUと会談を望む」

クドロー国家経済会議(NEC)委員長
 「米国は中国と再度貿易について協議する」

英首相報道官
 「離脱交渉で解決しなければならない細かい問題は残っている」

イアン・ダンカン・スミス元英保守党党首
 「もしブレグジット合意内容が報道通りなら、メイ内閣は長続きしないだろう」

2018年11月14日の要人発言一覧

フォスター民主統一党(DUP)党首
 「EU側が決めた北アイルランドに対する通商ルールは受け入れ難い」
 「英国を分断させるような離脱協定であれば支持できない」

中国国家統計局
 「インフレが穏やかにとどまるなか、政策調整余地は依然として比較的大きい」

サルビーニ伊副首相
 「欧州委員会がイタリアに制裁金を課した場合、間違いをおかすことになる」

アルトマイヤー独経済相
 「独経済は依然として良好な状態」
 「第3四半期GDPは自動車セクターの問題が直撃した」

北アイルランドのウィルソン民主統一党(DUP)報道官
 「このブレグジットという屈辱に賛成票を投じないだろう」

ワイトマン独連銀総裁
 「欧州中央銀行(ECB)の金融政策正常化は、不必要に延期すべきではない」

石油輸出国機構(OPEC)関係筋
 「OPEC加盟国と非加盟国は、2019年に日量最大140万バレルの減産を検討している」

マルムストローム欧州委員(通商担当)
 「米国が自動車関税を発動した場合、欧州は報復する」

欧州連合(EU)
 「イタリア予算に関する見解を11月21日に公表する予定」

メイ英首相
 「英国にとって良い合意を交渉している」
 「ブレグジット協定は英国の雇用と品位を守る」
 「バックストップ措置は一時的でなければいけない」
 「草案は議会に支持されるだろう」
 「ブレグジット協定原案、内閣の支持を得られた」
 「決定は英国にとって最大の利益となる判断」

クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長
 「当面の間、強い経済を継続できる」
 「米労働市場の成長は持続可能、経済は非常に強い」

欧州委員会
 「バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官が日本時間5時に声明発表」

2018年11月15日の要人発言一覧

ユンケル欧州委員長
 「ブレグジット交渉で大きな進展がみられた」

欧州連合(EU)によるブレグジット声明
 「英国とEUは等価性に基づいて互いの市場にアクセスする」

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
 「移行期間は期限を限定し延長することが可能」
 「アイルランド国境問題でハードボーダーを避ける解決法をみつけた」
 「北アイルランドは他の英地域に自由にアクセスできる」

パウエルFRB議長
 「経済の状態にとても満足している」
 「経済が引き続きポジティブな方向に進む正当な理由がある」
 「経済界では懸念を表明しているが、FRBは通商論争での影響は今のところあまり見えていない」
 「FRBは両サイドの行き過ぎたリスクを真剣に見なければいけない。回復を遅れさせたり、インフレがコントロールが出来ないようになってはいけない」
 「バランスシートの正常化は非常に順調だが、適切な終了時期はまだ分からない」
 「経済は貿易で利益を得ている、貿易は自由で公平であるべき」
 「全ての米連邦公開市場委員会(FOMC)がこれからライブになる」
 「負債は新たな問題ではなく、中長期的な問題点」
 「負債はFRBがコントロールするものではない」
 「株式市場は気にしてるが主な焦点は実体経済」
 「賃金上昇率はインフレや生産性を反映したレンジ内にある」

ペンス米副大統領
 「シンガポールで中国当局者と会う予定はない」

トゥスクEU大統領
 「ブレグジット合意を承認するためEUサミットを今月25日に開催」

スターマー英労働党議員(影のEU離脱相)
 「労働党はメイ英首相のブレグジット案を支持しない可能性」

メイ英首相
 「昨日の合意は最終的な形ではない」
 「欧州連合は北アイルランドを巡るバックストップ措置なしに合意しない」
 「我々は簡単ではないが、正しい選択を行なっている」
 「私はブレグジットに関して身を引かない」
 「私は正しい側にいると信じている」
 「閣僚辞任について謝罪する」
 「バックストップ案について懸念があることは承知している」
 「英国の利益を第一として判断している」

プラートECB理事
 「ECBは緩和的な金融政策を継続すべき」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
 「利上げは慎重に進めるべき」
 「経済データを注視しながら政策金利を決定」
 「2021年の成長率は1.8%から2%程度を予測」
 「中立金利は2.5%-3.5%と考える」

メキシコ中銀
 「内的・外的要因により、メキシコペソには依然として下方圧力がかかっている」
 「メキシコペソは新空港建設中止や新政権の政策への懸念に影響された」

ロス米商務長官
 「米国は依然として来年1月に対中関税を25%に引き上げる」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「経済が過熱している兆しは見られない」
 「インフレが加速すればいつでも利上げは可能」

2018年11月16日の要人発言一覧

米政府高官
 「G20では中国との通商問題において大きな進展は望めない」
 「通商問題についての中国側の提案に懐疑的」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「米金利は中立金利にかなり近い」
 「利上げの必要性は見受けられない」
 「大統領の発言はFRBの政策決定に影響なし」

メイ英首相
 「新たなEU離脱担当相はまだ指名していない。近日中に行なう予定」
 「3月に英国はEUを離脱する」
 「政権支持についてフォスター民主統一党(DUP)党首と揉めていない」

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
 「成長やインフレ見通しのリスクは依然として均衡している」
 「QEは12月に終わるだろう」
 「フォワードガイダンスは将来の金利道筋を予想することに効果的」
 「足もとで成長の勢いは失われているが、経済拡大は今後数年続くだろう」

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
 「FRBの正常化に向けた動きは行き過ぎでも速過ぎでもない」
 「金利は中立水準に近づいている」
 「今後の政策は経済データ次第」
 「世界経済の成長鈍化傾向が見られる」

バイトマン独連銀総裁
 「金融政策はインフレの責務に効果的であるべき」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「2019-20年の経済成長は今年をいくぶん下回る見通し」
 「世界のリスクは下向き」
 「インフレ圧力は上昇。ただ急ではない」
 「FRBは数回追加利上げを実施するだろう」

バラッカー・アイルランド首相
 「ブレグジット再交渉への余地はほとんど無い」
 「合意なき離脱となれば大きな混乱につながるだろう」
 「ハードボーダーを避けるには協定合意しなかい」

英首相報道官
 「メイ首相がブレグジット交渉の先頭に」
 「離脱担当省の権限は縮小される」

エバンズ米シカゴ連銀総裁
 「経済は良好」
 「今年のGDP成長率見通しは3.25%前後。トレンドを上回る」
 「経済見通しを考えると、政策金利は3.25%まで引き上げることが合理的」
 「インフレ率は2.5%まで上昇しても驚かない」
 「世界経済の鈍化を懸念している人々がいるが、それが経済データに基づくかは不明」
 「この先6カ月の経済指標がとても重要になる」

トランプ米大統領
 「中国と貿易合意できるだろう」
 「中国を悪い状況にしたくない」
 「中国製品に対しさらなる関税は不要かもしれない」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。




2018年11月16日の要人発言一覧

2018年11月16日の要人発言一覧

米政府高官
 「G20では中国との通商問題において大きな進展は望めない」
 「通商問題についての中国側の提案に懐疑的」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「米金利は中立金利にかなり近い」
 「利上げの必要性は見受けられない」
 「大統領の発言はFRBの政策決定に影響なし」

メイ英首相
 「新たなEU離脱担当相はまだ指名していない。近日中に行なう予定」
 「3月に英国はEUを離脱する」
 「政権支持についてフォスター民主統一党(DUP)党首と揉めていない」

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
 「成長やインフレ見通しのリスクは依然として均衡している」
 「QEは12月に終わるだろう」
 「フォワードガイダンスは将来の金利道筋を予想することに効果的」
 「足もとで成長の勢いは失われているが、経済拡大は今後数年続くだろう」

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
 「FRBの正常化に向けた動きは行き過ぎでも速過ぎでもない」
 「金利は中立水準に近づいている」
 「今後の政策は経済データ次第」
 「世界経済の成長鈍化傾向が見られる」

バイトマン独連銀総裁
 「金融政策はインフレの責務に効果的であるべき」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「2019-20年の経済成長は今年をいくぶん下回る見通し」
 「世界のリスクは下向き」
 「インフレ圧力は上昇。ただ急ではない」
 「FRBは数回追加利上げを実施するだろう」

バラッカー・アイルランド首相
 「ブレグジット再交渉への余地はほとんど無い」
 「合意なき離脱となれば大きな混乱につながるだろう」
 「ハードボーダーを避けるには協定合意しなかい」

英首相報道官
 「メイ首相がブレグジット交渉の先頭に」
 「離脱担当省の権限は縮小される」

エバンズ米シカゴ連銀総裁
 「経済は良好」
 「今年のGDP成長率見通しは3.25%前後。トレンドを上回る」
 「経済見通しを考えると、政策金利は3.25%まで引き上げることが合理的」
 「インフレ率は2.5%まで上昇しても驚かない」
 「世界経済の鈍化を懸念している人々がいるが、それが経済データに基づくかは不明」
 「この先6カ月の経済指標がとても重要になる」

トランプ米大統領
 「中国と貿易合意できるだろう」
 「中国を悪い状況にしたくない」
 「中国製品に対しさらなる関税は不要かもしれない」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月15日の要人発言一覧

2018年11月15日の要人発言一覧

ユンケル欧州委員長
 「ブレグジット交渉で大きな進展がみられた」

欧州連合(EU)によるブレグジット声明
 「英国とEUは等価性に基づいて互いの市場にアクセスする」

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
 「移行期間は期限を限定し延長することが可能」
 「アイルランド国境問題でハードボーダーを避ける解決法をみつけた」
 「北アイルランドは他の英地域に自由にアクセスできる」

パウエルFRB議長
 「経済の状態にとても満足している」
 「経済が引き続きポジティブな方向に進む正当な理由がある」
 「経済界では懸念を表明しているが、FRBは通商論争での影響は今のところあまり見えていない」
 「FRBは両サイドの行き過ぎたリスクを真剣に見なければいけない。回復を遅れさせたり、インフレがコントロールが出来ないようになってはいけない」
 「バランスシートの正常化は非常に順調だが、適切な終了時期はまだ分からない」
 「経済は貿易で利益を得ている、貿易は自由で公平であるべき」
 「全ての米連邦公開市場委員会(FOMC)がこれからライブになる」
 「負債は新たな問題ではなく、中長期的な問題点」
 「負債はFRBがコントロールするものではない」
 「株式市場は気にしてるが主な焦点は実体経済」
 「賃金上昇率はインフレや生産性を反映したレンジ内にある」

ペンス米副大統領
 「シンガポールで中国当局者と会う予定はない」

トゥスクEU大統領
 「ブレグジット合意を承認するためEUサミットを今月25日に開催」

スターマー英労働党議員(影のEU離脱相)
 「労働党はメイ英首相のブレグジット案を支持しない可能性」

メイ英首相
 「昨日の合意は最終的な形ではない」
 「欧州連合は北アイルランドを巡るバックストップ措置なしに合意しない」
 「我々は簡単ではないが、正しい選択を行なっている」
 「私はブレグジットに関して身を引かない」
 「私は正しい側にいると信じている」
 「閣僚辞任について謝罪する」
 「バックストップ案について懸念があることは承知している」
 「英国の利益を第一として判断している」

プラートECB理事
 「ECBは緩和的な金融政策を継続すべき」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
 「利上げは慎重に進めるべき」
 「経済データを注視しながら政策金利を決定」
 「2021年の成長率は1.8%から2%程度を予測」
 「中立金利は2.5%-3.5%と考える」

メキシコ中銀
 「内的・外的要因により、メキシコペソには依然として下方圧力がかかっている」
 「メキシコペソは新空港建設中止や新政権の政策への懸念に影響された」

ロス米商務長官
 「米国は依然として来年1月に対中関税を25%に引き上げる」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
 「経済が過熱している兆しは見られない」
 「インフレが加速すればいつでも利上げは可能」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月14日の要人発言一覧

2018年11月14日の要人発言一覧

フォスター民主統一党(DUP)党首
 「EU側が決めた北アイルランドに対する通商ルールは受け入れ難い」
 「英国を分断させるような離脱協定であれば支持できない」

中国国家統計局
 「インフレが穏やかにとどまるなか、政策調整余地は依然として比較的大きい」

サルビーニ伊副首相
 「欧州委員会がイタリアに制裁金を課した場合、間違いをおかすことになる」

アルトマイヤー独経済相
 「独経済は依然として良好な状態」
 「第3四半期GDPは自動車セクターの問題が直撃した」

北アイルランドのウィルソン民主統一党(DUP)報道官
 「このブレグジットという屈辱に賛成票を投じないだろう」

ワイトマン独連銀総裁
 「欧州中央銀行(ECB)の金融政策正常化は、不必要に延期すべきではない」

石油輸出国機構(OPEC)関係筋
 「OPEC加盟国と非加盟国は、2019年に日量最大140万バレルの減産を検討している」

マルムストローム欧州委員(通商担当)
 「米国が自動車関税を発動した場合、欧州は報復する」

欧州連合(EU)
 「イタリア予算に関する見解を11月21日に公表する予定」

メイ英首相
 「英国にとって良い合意を交渉している」
 「ブレグジット協定は英国の雇用と品位を守る」
 「バックストップ措置は一時的でなければいけない」
 「草案は議会に支持されるだろう」
 「ブレグジット協定原案、内閣の支持を得られた」
 「決定は英国にとって最大の利益となる判断」

クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長
 「当面の間、強い経済を継続できる」
 「米労働市場の成長は持続可能、経済は非常に強い」

欧州委員会
 「バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官が日本時間5時に声明発表」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月13日の要人発言一覧

2018年11月13日の要人発言一覧

メイ英首相
 「ブレグジット交渉は現在、大詰めを迎えている」
 「ブレグジット交渉は極めて厳しい」
 「ブレグジット交渉は非常に困難」

麻生財務相
 「ペンス副大統領とは経済対話はしない」
 「自動車についても話さない」

李克強・中国首相
 「中国は話し合いで喜んで自由貿易を改善する」
 「世界は自由貿易から利益を得ている」

プラートECB理事
 「インフレが目標に達成するためにあらゆる措置の調整があり得る」
 「ユーロ圏経済に幾分減速が見られる」
 「大規模な金融刺激策が依然として必要」

ハント英外務相
 「ブレグジット交渉がいつ合意に辿りつくのか分からない」
 「95%は合意しているが、残り5%で難航している」

リディントン英内閣府担当相
 「ブレグジットに関して、24時間以内に合意に達するかもしれないが、確定的ではない」

ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相
 「ブレグジット交渉の進展に自信がある」

ティマーマン欧州委員
 「ブレグジット交渉は依然として続行中」

ユンケル欧州委員長
 「ブレグジットは悲劇であり歴史的な間違いだが、我々は最善を尽くさねばならない」
 「欧州は英国との関係を構築する積極的ムードではないが、罰したいわけではない」

コンテ伊首相
 「欧州委員会への予算提出期限についてEUと会談を望む」

クドロー国家経済会議(NEC)委員長
 「米国は中国と再度貿易について協議する」

英首相報道官
 「離脱交渉で解決しなければならない細かい問題は残っている」

イアン・ダンカン・スミス元英保守党党首
 「もしブレグジット合意内容が報道通りなら、メイ内閣は長続きしないだろう」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月12日の要人発言一覧

2018年11月12日の要人発言一覧

中国財務相
 「輸出企業に対する税負担を低くする」

ペンス米副大統領
 「安倍首相と貿易合意について話す」

菅官房長官
 「安倍首相とペンス米副大統領は、貿易投資拡大などを議論する」

ファリハ・サウジアラビア・エネルギー相
 「10月の水準から日量100万バレルの減産が必要と見込む」

ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
 「第4四半期GDPが減速する兆候がある」
 「英国の賃金は著しく高い」
 「国内のインフレ圧力の兆しが見られる」

デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
 「イタリア発の悪影響は限定的」

ユンケル欧州委員長
 「貿易に関する欧州連合(EU)と米国の休戦は年末まで」

ゼーホーファー独内相
 「キリスト教社会同盟(CSU)党首を辞任するが、内相は続ける予定」

ディマイオ伊副首相
 「欧州連合(EU)の財政規律を順守することは、自殺行為」

ユンケル欧州委員長
 「イタリアとEUの関係を懸念している」

英首相報道官
 「バルニエ首席交渉官ついてのFT紙報道には懐疑的」

トランプ米大統領
 「サウジやOPEC諸国は原油の減産をすべきではない」
 「原油価格は更に下がってもよい」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
 「漸進的な金利正常化を支持」
 「米労働市場に復帰する人は一段と増える可能性」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月5日~9日までの要人発言一覧

2018年11月5日~9日までの要人発言一覧

2018年11月5日の要人発言一覧

習近平・中国国家主席
 「各国は開かれた政策を進め、保護主義に反対すべき」
 「世界に市場開放を誓う」
 「輸入関税をさらに引き下げる」

黒田東彦日銀総裁
 「米国が正常化を進めているから日本もやらなければいけないということは全くない」
 「市場機能の副作用を減らすことを継続していきたい」
 「デフレではない状況の中で、2013年4月に打ち出したような従来と大きく違う政策を実施する必要はない」
 「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続ける」
 「当面は金利を引き上げると景気が悪くなる」
 「インフレターゲット、常に2%きっちりではなく一定の柔軟性はある」
 「FRBが早期に出口戦略を示したことは生産的ではなかった」

コベニー・アイルランド外相
 「時間限定や英国の一方的に終わらせるバックストップ案はEUもアイルランドも決して同意できない」

ポンペオ米国務長官
 「イラン産石油禁輸措置の暫定的な適用除外を日本などに認める」

ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
 「我々は経済データに焦点を当てている」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「21日にイタリアへ制裁を科すという報道はフェイクニュース」

トランプ米大統領
 「プーチン露大統領とパリで会談しないだろう」

2018年11月6日の要人発言一覧

米国務省
 「ポンペオ長官は金英哲・朝鮮労働党副委員長と8日にニューヨークで会談」
 「ポンペオ長官とマティス米国防長官、魏鳳和・中国国防相、楊・中国国務委員が9日にワシントンで会談を行う」

王岐山・中国国家副主席
 「貿易論争について米国と対話する用意」
 「米中は対立から多くの損失を被った」
 「保護主義や一国主義には反対」

馬駿中国人民銀行政策委員
 「1ドル=7元は重要な水準ではない」

フォックス英国際貿易相
 「まだブレグジットで解決しなくてはいけない多くの問題がある」
 「北アイルランドを別途に考えて交渉するのは許容できない」

バラッカー・アイルランド首相
 「秩序だったブレグジットを望む」

2018年11月7日の要人発言一覧

布野幸利日銀審議委員
 「先行きのわが国経済は、緩やかな拡大を続けるとみている」
 「消費者物価の前年比は、プラス2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えている」
 「当分の間、強力な金融緩和を緩めることはない」
 「経済・物価・金融情勢を踏まえて、適切な金融政策運営を行っていく方針」
 「急激な金利上昇は金融機関にとってマイナス」
 「金融緩和の長期化は金融機関の収益に負の影響」

トランプ米大統領
 「今夜は大成功だ。ありがとう」 
 「素晴らしい一日だった」
 「政策実現のため民主と一緒に取り組んで行きたい」
 「一部閣僚の交代を検討」
 「来年初頭の米朝首脳会談開催を期待」
 「北朝鮮を巡る動きに満足」

スイス政府関係者
 「ジョーダンSNB総裁はスイスフランはまだ過大評価されていると述べている」
 「SNB総裁はまだ低インフレで為替市場は不安定と述べている」
 「SNB総裁はマイナス金利と為替介入は依然必要と述べている」

バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
 「ブレグジットは双方にメリットのない(lose-lose)状況だ」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「2018年仏GDPは1.6%と予想」
 「仏CPIは引き続き2%近辺で制御されている」

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)声明
 「政策金利を2019年から2020年にかけてこの水準に維持すると予想」
 「政策金利は相当な期間緩和的な水準での維持が見込まれる」
 「利上げの予想時期は2020年第3四半期」
 「いつも通り、利上げの時期と方向はデータ次第」
 「インフレ見通しに対する上方向のリスクが存在」
 「成長見通しに対する下方向のリスクは依然としてある」
 「NZドルが輸出需要を支援すると予想」

2018年11月8日の要人発言一覧

オアNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁
「潜在力を超えて経済成長を進めることを望む」

菅官房長官
 「12-13日にペンス米副大統領が来日」
 「来日中に日米経済対話を行なう予定はない」

中国上級外交官
 「中米貿易戦争は話し合いで解決するべきだし、解決できる」

欧州中央銀行(ECB)月報
 「経済見通しを巡るリスクは概ねバランスがとれている」
 「少なくとも2019年夏まで金利は現水準で変更しない見込み」

バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
 「ブレグジットの時間は刻々と迫っている」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「イタリアの(経済見通し)予測は2019年の伊予算草稿による」
 「経済見通しは伊政府のものとは異なる」

習近平・中国国家主席
 「米国は中国の正当な利益を尊重するべき」
 「米国と話し合いで問題を解決する意思がある」

ドラギECB総裁
 「ユーロ圏経済は好調」
 「ユーロ圏の成長は依然として概ね均衡している」
 「大規模な金融刺激策は依然として必要」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「リセッションのリスクは見られない。成長は正常化」

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
 「労働市場が引き締まり続け、経済活動が力強い速度で拡大している」
 「FF金利の目標誘導レンジの将来的な調整のタイミングや規模について、委員会は最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価」
 「法律上与えられた責務に従って、雇用最大化と物価安定の促進を目指す」
 「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」
 「委員会はさらなる緩やかなFF金利の目標誘導レンジの引き上げが、経済活動の持続的な拡大、力強い労働市場の状況、中期的に委員会の対称的な目標である2%に近いインフレ率と整合すると予想」
 「政策を全会一致で決定」

2018年11月9日の要人発言一覧

菅官房長官
 「トランプ米大統領からは感謝の意が示された」

メクラー・スイス国立銀行(SNB)理事
 「金融引き締めの検討は時期尚早」
 「スイスフランは、過大評価されており、市場の状況は依然として不安定」

英民主統一党(DUP)関係者
 「北アイルランドがその他の英国と切り離されたブレグジット合意は支持しない」

ハモンド英財務相
 「第3四半期のGDPは経済の力強さの証し」

ウィルソン英民主統一党(DUP)議員
 「来週の金融法案を支持するかどうかは応えられない」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
 「持続的な成長は健全な雇用市場次第」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月9日の要人発言一覧

2018年11月9日の要人発言一覧

菅官房長官
 「トランプ米大統領からは感謝の意が示された」

メクラー・スイス国立銀行(SNB)理事
 「金融引き締めの検討は時期尚早」
 「スイスフランは、過大評価されており、市場の状況は依然として不安定」

英民主統一党(DUP)関係者
 「北アイルランドがその他の英国と切り離されたブレグジット合意は支持しない」

ハモンド英財務相
 「第3四半期のGDPは経済の力強さの証し」

ウィルソン英民主統一党(DUP)議員
 「来週の金融法案を支持するかどうかは応えられない」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
 「持続的な成長は健全な雇用市場次第」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月8日の要人発言一覧

2018年11月8日の要人発言一覧

オアNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁
「潜在力を超えて経済成長を進めることを望む」

菅官房長官
 「12-13日にペンス米副大統領が来日」
 「来日中に日米経済対話を行なう予定はない」

中国上級外交官
 「中米貿易戦争は話し合いで解決するべきだし、解決できる」

欧州中央銀行(ECB)月報
 「経済見通しを巡るリスクは概ねバランスがとれている」
 「少なくとも2019年夏まで金利は現水準で変更しない見込み」

バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
 「ブレグジットの時間は刻々と迫っている」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「イタリアの(経済見通し)予測は2019年の伊予算草稿による」
 「経済見通しは伊政府のものとは異なる」

習近平・中国国家主席
 「米国は中国の正当な利益を尊重するべき」
 「米国と話し合いで問題を解決する意思がある」

ドラギECB総裁
 「ユーロ圏経済は好調」
 「ユーロ圏の成長は依然として概ね均衡している」
 「大規模な金融刺激策は依然として必要」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「リセッションのリスクは見られない。成長は正常化」

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
 「労働市場が引き締まり続け、経済活動が力強い速度で拡大している」
 「FF金利の目標誘導レンジの将来的な調整のタイミングや規模について、委員会は最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価」
 「法律上与えられた責務に従って、雇用最大化と物価安定の促進を目指す」
 「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」
 「委員会はさらなる緩やかなFF金利の目標誘導レンジの引き上げが、経済活動の持続的な拡大、力強い労働市場の状況、中期的に委員会の対称的な目標である2%に近いインフレ率と整合すると予想」
 「政策を全会一致で決定」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月7日の要人発言一覧

2018年11月7日の要人発言一覧

布野幸利日銀審議委員
 「先行きのわが国経済は、緩やかな拡大を続けるとみている」
 「消費者物価の前年比は、プラス2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えている」
 「当分の間、強力な金融緩和を緩めることはない」
 「経済・物価・金融情勢を踏まえて、適切な金融政策運営を行っていく方針」
 「急激な金利上昇は金融機関にとってマイナス」
 「金融緩和の長期化は金融機関の収益に負の影響」

トランプ米大統領
 「今夜は大成功だ。ありがとう」 
 「素晴らしい一日だった」
 「政策実現のため民主と一緒に取り組んで行きたい」
 「一部閣僚の交代を検討」
 「来年初頭の米朝首脳会談開催を期待」
 「北朝鮮を巡る動きに満足」

スイス政府関係者
 「ジョーダンSNB総裁はスイスフランはまだ過大評価されていると述べている」
 「SNB総裁はまだ低インフレで為替市場は不安定と述べている」
 「SNB総裁はマイナス金利と為替介入は依然必要と述べている」

バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
 「ブレグジットは双方にメリットのない(lose-lose)状況だ」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
 「2018年仏GDPは1.6%と予想」
 「仏CPIは引き続き2%近辺で制御されている」

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)声明
 「政策金利を2019年から2020年にかけてこの水準に維持すると予想」
 「政策金利は相当な期間緩和的な水準での維持が見込まれる」
 「利上げの予想時期は2020年第3四半期」
 「いつも通り、利上げの時期と方向はデータ次第」
 「インフレ見通しに対する上方向のリスクが存在」
 「成長見通しに対する下方向のリスクは依然としてある」
 「NZドルが輸出需要を支援すると予想」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月6日の要人発言一覧

2018年11月6日の要人発言一覧

米国務省
 「ポンペオ長官は金英哲・朝鮮労働党副委員長と8日にニューヨークで会談」
 「ポンペオ長官とマティス米国防長官、魏鳳和・中国国防相、楊・中国国務委員が9日にワシントンで会談を行う」

王岐山・中国国家副主席
 「貿易論争について米国と対話する用意」
 「米中は対立から多くの損失を被った」
 「保護主義や一国主義には反対」

馬駿中国人民銀行政策委員
 「1ドル=7元は重要な水準ではない」

フォックス英国際貿易相
 「まだブレグジットで解決しなくてはいけない多くの問題がある」
 「北アイルランドを別途に考えて交渉するのは許容できない」

バラッカー・アイルランド首相
 「秩序だったブレグジットを望む」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月5日の要人発言一覧

2018年11月5日の要人発言一覧

習近平・中国国家主席
 「各国は開かれた政策を進め、保護主義に反対すべき」
 「世界に市場開放を誓う」
 「輸入関税をさらに引き下げる」

黒田東彦日銀総裁
 「米国が正常化を進めているから日本もやらなければいけないということは全くない」
 「市場機能の副作用を減らすことを継続していきたい」
 「デフレではない状況の中で、2013年4月に打ち出したような従来と大きく違う政策を実施する必要はない」
 「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続ける」
 「当面は金利を引き上げると景気が悪くなる」
 「インフレターゲット、常に2%きっちりではなく一定の柔軟性はある」
 「FRBが早期に出口戦略を示したことは生産的ではなかった」

コベニー・アイルランド外相
 「時間限定や英国の一方的に終わらせるバックストップ案はEUもアイルランドも決して同意できない」

ポンペオ米国務長官
 「イラン産石油禁輸措置の暫定的な適用除外を日本などに認める」

ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
 「我々は経済データに焦点を当てている」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「21日にイタリアへ制裁を科すという報道はフェイクニュース」

トランプ米大統領
 「プーチン露大統領とパリで会談しないだろう」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年10月29日~11月2日の要人発言一覧

2018年10月29日~11月2日の要人発言一覧

2018年10月29日の要人発言一覧

ボルソナロ・ブラジル大統領候補
 「私の選挙公約は全て実行する予定」
 「国民と共にこの国を変える」

中国商務省
 「米国やサウジアラビアからの一部化学製品輸入に、反ダンピング関税を適用する」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「ブレグジット交渉、合意できるとの考え」

独政府報道官
 「メルケル首相は2021年まで首相を続ける意向を表明」

メルケル独首相
 「12月のキリスト教民主同盟(CDU)党大会で党首選には出馬しない」
 「首相を務めるのは任期満了となる2021年まで」

ハモンド英財務相
 「緊縮財政の時代はようやく終わろうとしている」
 「VATの基準値は今後2年間は変更しない」

クガニャゴSARB(南ア準備銀行)総裁
 「南ア・ランド(ZAR)はかなり過小評価されている」
 「2016年からの回復は予想よりも緩やか」
 「政府の高負債は世界的な利上げ局面時でぜい弱になる」
 「投資家は過去のようにイールドに敏感ではなくなっている」
 「中期的なインフレ予測は通貨安と原油高で上昇」
 「実際的な政策ではなく、国家がポピュリズムに傾斜しすぎ」

2018年10月30日の要人発言一覧

トランプ米大統領
 「対中貿易で素晴らしい取引を見込んでいる」

安倍首相
 「3年で、しっかりデフレ脱却の道筋をつける」
 「金融政策は日銀にゆだねられるべきもの」
 「黒田日銀総裁の手腕を信頼」

ハモンド英財務相
 「合意なき離脱は、英経済にとって打撃」
 「合意なき離脱となれば財政刺激策が必要となる」

メイ英首相
 「総選挙の実施は予定せず」
 「北アイルランドとアイルランド間にハードボーダーは設けない」

コンテ伊首相
 「2019年度の予算案を変更するつもりはない」
 「財政赤字は対GDP比で2.4%を超えず」
 「第3四半期のGDPが弱いことは予想通り」

サルビーニ伊副首相
 「当初の案通りに予算計画を進める」

プラートECB理事
 「インフレが目標に達成するには時間がかかる」

2018年10月31日の要人発言一覧

ウィルキンスBOC副総裁
 「所得の伸びは3-4%のレンジまで強まりそうだ」
 「ギグエコノミーが賃金交渉力を損なわせるかもしれない」

ポロズBOC(カナダ銀行)総裁
 「人々に3%の金利が正常だと理解して欲しい」
 「カナダの世界的な街は世界的基準と比較して高くない」
 「利上げをもし急いだら潜在的な成長よりも経済を鈍化させてしまうかもしれない、そしてそれは行いたくない」
 「利上げをすることの早いリスクと遅いリスクのバランスをとる必要がある」

安倍首相
 「資産購入については日銀の判断のもと、金融政策の一環として実施」

黒田東彦日銀総裁
 「日本の経済や物価は、ともに下振れリスクが大きい」
 「保護主義的な通商政策が世界経済に影響を及ぼす可能性」
 「米中間の貿易摩擦の影響は、日本経済にはこれまでのところ限定」
 「貿易摩擦の長期化は金融市場の不安定化という経路で影響が広がる可能性」
 「7月の措置により、国債市場では取り引きがいく分活発化し価格の連動性も回復」
 「YCC政策、そもそも金利変動を抑制する面あり」
 「物価見通しの全体像は大きく変わらない」
 「2018年度の物価見通し下方修正は、足元の物価がやや弱めだったため」
 「賃金・物価のモメンタムはしっかりと維持されている」 
 「株価動向が金融市場全体の動きにつながらず、為替市場は比較的安定的に推移」
 「米中間の貿易摩擦がエスカレートし、世界経済に与える下方リスクに最も着目」
 「さらに市場機能が低下する心配はしていない」
 「日銀の金融政策、物価安定のためであり為替水準を目的にしていない」
 「具体的に大きな下方リスクが顕在化した場合は金融政策を調整」
 「金融緩和の手段は、金利引き下げやマネタリーベース拡大、資産買入の拡大などいろいろとある」
 「デフレマインドが企業や家計から払拭されない」
 「長期金利ゼロ%程度を今変えるつもりは全くない」
 「長期金利の変動幅拡大は今考えていない」

チェティンカヤ・トルコ中銀総裁
 「2018年インフレ見通しは+23.5%と前回+13.4%から上方修正」
 「2019年インフレ見通しは+15.2%と前回+9.3%から上方修正」
 「リラ安による輸入価格の上昇で2018年のインフレは4.1%押し上げられた」

中国共産党政治局
 「慎重な金融政策を実施する」
 「安定的な経済政策を推し進める」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「ECBの景気見通しはわずかながらも下方修正」
 「イタリアの状況はユーロ圏に大きな影響を与えない」

トリア伊財務相
 「イタリアはEUやユーロを離脱するつもりはない」
 「予算案はEU諸国との成長格差を縮小させるもの」

レーン・フィンランド中銀総裁
 「第3四半期の成長減速は一時的なもの」

ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相
 「合意なきブレグジットは望んでいないし予期もしていない」
 「残っている問題を早急に解決し、合意に達したい」
 「多くの問題は解決し、かなりの進展がある」
 「合意は間近」
 「英EU離脱を巡る交渉は11月21日までに合意すると期待」

アルバイラク・トルコ財務相
 「減税は経済の均衡をとるためと、雇用とインフレに戦うため」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「貿易戦争はスイスフラン(CHF)に痛手を被る」
 「貿易戦争の緊張が金融政策を引き締めることになる」
 「スイスは貿易戦争で最悪な痛手を被る国のひとつ」

英ブレグジット担当局スポークスマン
 「交渉の結論を出す日付は設定されていない」

トランプ米大統領
 「中間選挙で民主党が勝利すれば株は下がるだろう。共和党勝利なら株は上がる」

クドロー国家経済会議(NEC)委員長
 「株式市場の不安定さの一因は中間選挙」

ハント英外務相
 「ブレグジット交渉が11月21日までに進展し決着することは十分可能」

2018年10月31日の要人発言一覧

ウィルキンスBOC副総裁
 「所得の伸びは3-4%のレンジまで強まりそうだ」
 「ギグエコノミーが賃金交渉力を損なわせるかもしれない」

ポロズBOC(カナダ銀行)総裁
 「人々に3%の金利が正常だと理解して欲しい」
 「カナダの世界的な街は世界的基準と比較して高くない」
 「利上げをもし急いだら潜在的な成長よりも経済を鈍化させてしまうかもしれない、そしてそれは行いたくない」
 「利上げをすることの早いリスクと遅いリスクのバランスをとる必要がある」

安倍首相
 「資産購入については日銀の判断のもと、金融政策の一環として実施」

黒田東彦日銀総裁
 「日本の経済や物価は、ともに下振れリスクが大きい」
 「保護主義的な通商政策が世界経済に影響を及ぼす可能性」
 「米中間の貿易摩擦の影響は、日本経済にはこれまでのところ限定」
 「貿易摩擦の長期化は金融市場の不安定化という経路で影響が広がる可能性」
 「7月の措置により、国債市場では取り引きがいく分活発化し価格の連動性も回復」
 「YCC政策、そもそも金利変動を抑制する面あり」
 「物価見通しの全体像は大きく変わらない」
 「2018年度の物価見通し下方修正は、足元の物価がやや弱めだったため」
 「賃金・物価のモメンタムはしっかりと維持されている」
 「株価動向が金融市場全体の動きにつながらず、為替市場は比較的安定的に推移」
 「米中間の貿易摩擦がエスカレートし、世界経済に与える下方リスクに最も着目」
 「さらに市場機能が低下する心配はしていない」
 「日銀の金融政策、物価安定のためであり為替水準を目的にしていない」
 「具体的に大きな下方リスクが顕在化した場合は金融政策を調整」
 「金融緩和の手段は、金利引き下げやマネタリーベース拡大、資産買入の拡大などいろいろとある」
 「デフレマインドが企業や家計から払拭されない」
 「長期金利ゼロ%程度を今変えるつもりは全くない」
 「長期金利の変動幅拡大は今考えていない」

チェティンカヤ・トルコ中銀総裁
 「2018年インフレ見通しは+23.5%と前回+13.4%から上方修正」
 「2019年インフレ見通しは+15.2%と前回+9.3%から上方修正」
 「リラ安による輸入価格の上昇で2018年のインフレは4.1%押し上げられた」

中国共産党政治局
 「慎重な金融政策を実施する」
 「安定的な経済政策を推し進める」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「ECBの景気見通しはわずかながらも下方修正」
 「イタリアの状況はユーロ圏に大きな影響を与えない」

トリア伊財務相
 「イタリアはEUやユーロを離脱するつもりはない」
 「予算案はEU諸国との成長格差を縮小させるもの」

レーン・フィンランド中銀総裁
 「第3四半期の成長減速は一時的なもの」

ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相
 「合意なきブレグジットは望んでいないし予期もしていない」
 「残っている問題を早急に解決し、合意に達したい」
 「多くの問題は解決し、かなりの進展がある」
 「合意は間近」
 「英EU離脱を巡る交渉は11月21日までに合意すると期待」

アルバイラク・トルコ財務相
 「減税は経済の均衡をとるためと、雇用とインフレに戦うため」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「貿易戦争はスイスフラン(CHF)に痛手を被る」
 「貿易戦争の緊張が金融政策を引き締めることになる」
 「スイスは貿易戦争で最悪な痛手を被る国のひとつ」

英ブレグジット担当局スポークスマン
 「交渉の結論を出す日付は設定されていない」

トランプ米大統領
 「中間選挙で民主党が勝利すれば株は下がるだろう。共和党勝利なら株は上がる」

クドロー国家経済会議(NEC)委員長
 「株式市場の不安定さの一因は中間選挙」

ハント英外務相
 「ブレグジット交渉が11月21日までに進展し決着することは十分可能」

2018年11月1日の要人発言一覧

格付け会社ムーディーズ
 「中国の所得税引き下げ計画は地方自治体にとってクレジットネガティブ」

李克強・中国首相
 「米国との相違を適切に解決することを望む」

EU報道官
 「バルニエ首席交渉官とラーブ英EU離脱担当相の会談日程は未定」

英首相報道官
 「金融サービスについての交渉は継続中」
 「英紙の合意報道は憶測」

英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
 「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」
 「いかなる利上げも緩やかなペースで、限られた範囲となる可能性が高い」
 「景気が予想通りに進展すれば継続的な引き締めが必要」
 「生産ギャップは解消しており、景気は2019年遅くに過熱する見込み」

イングランド銀行(BOE、英中銀)四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
 「2018年のGDP見通しは+1.3%に下方修正」
 「2019年のGDP見通しは+1.7%に下方修正」
 「2020年のGDP見通しを+1.7%に据え置き」
 「2021年のGDP見通しは+1.7%」
 「1年後のインフレ率は2.10%(前回2.15%)」
 「2年後のインフレ率は2.12%(前回2.09%)」
 「3年後のインフレ率は2.03%(前回2.03%)」

バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
 「ブレグジットと金融サービスについての報道は誤解を招く」

カーニーBOE総裁
 「金融市場はブレグジットに対しヘッジしている」
 「英経済はEUとの新しく、不透明な関係性に向け調整中」
 「ブレグジット後に何が起ころうとも、英中銀は物価安定を維持するために行動」
 「もし円滑なEU離脱となればポンドは強含む可能性も、そして、その逆もあり得る」
 「英経済は均衡しており、インフレも目標値を上回っている」
 「現在の金融政策を巡る状況は、ブレグジット国民投票の前とは違っている」
 「合意なき離脱とはならないだろうが、そのための準備は必要」
 「ブレグジット後の状況に対し、利上げも利下げもあり得る」
 「英経済指標を受けて、短期的には通常より大きなボラティリティとなる可能性」
 「EU離脱後に需要は回復するだろう」
 「市場金利はBOE目標値より高めのインフレ上昇を織り込んでいる」
 「合意なき離脱となれば、多くの企業のオペレーションに支障をきたす」
 「チェッカープランはBOEが想定していた平均のブレグジット案より良い」

クドロー国家経済会議(NEC)委員長
 「中国との交渉が成立しなかったら、トランプ米大統領は攻撃的になる」

トランプ米大統領
 「中国の習近平主席と長期間良い対話を続けてきた」
 「中国の習近平主席との貿易についての協議は順調」

ムボウェニ南アフリカ財務相
 「南アフリカ航空(SAA)に関する決定はゴーダン公共企業相が責任を持つ」
 「SAAによる損失は終わるべきだろう」
 「SAAは民間部門のパートナーを見つけることは無いだろう」

習近平・中国国家主席
 「G20でのトランプ米大統領との会談に前向き」

2018年11月2日の要人発言一覧

トランプ米大統領
 「習中国国家主席は貿易に関して公平な合意を望んでいる」
 「中国は取引を望んでおり、我々は正しい取引を行う」
 「米国は貿易問題で中国と合意するだろう」

安倍首相
 「リーマンショック級のことがない限り来年10月に消費増税を実施」
 「リーマンショック級の出来事は世界的経済危機や大震災などが考えられる」
 「日銀の金融政策は雇用についても着目していると理解」
 「日米の交渉中は日本車に自動車関税はかけないと確信」

茂木経済再生相
 「自動車の数量規制など、管理貿易につながりかねない措置は取らない」
 「為替の話は日米共同声明に入っていない」
 「いかなる国とも国益に反する合意はしない」

米政府高官
 「米国は、イラン制裁で日本を含む8カ国を石油禁輸適用から除外する」

ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
 「合意なきEU離脱の影響を予想するのは難しい」

中国人民銀行
 「米国との貿易摩擦で、中国経済はネガティブな影響を受けている」
 「マクロ経済や金融システムの安定性は増している」
 「不動産投資による高いレバレッジについては注意が必要」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「ECBは世界で最も独立した中銀」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月2日の要人発言一覧

2018年11月2日の要人発言一覧

トランプ米大統領
 「習中国国家主席は貿易に関して公平な合意を望んでいる」
 「中国は取引を望んでおり、我々は正しい取引を行う」
 「米国は貿易問題で中国と合意するだろう」

安倍首相
 「リーマンショック級のことがない限り来年10月に消費増税を実施」
 「リーマンショック級の出来事は世界的経済危機や大震災などが考えられる」
 「日銀の金融政策は雇用についても着目していると理解」
 「日米の交渉中は日本車に自動車関税はかけないと確信」

茂木経済再生相
 「自動車の数量規制など、管理貿易につながりかねない措置は取らない」
 「為替の話は日米共同声明に入っていない」
 「いかなる国とも国益に反する合意はしない」

米政府高官
 「米国は、イラン制裁で日本を含む8カ国を石油禁輸適用から除外する」

ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
 「合意なきEU離脱の影響を予想するのは難しい」

中国人民銀行
 「米国との貿易摩擦で、中国経済はネガティブな影響を受けている」
 「マクロ経済や金融システムの安定性は増している」
 「不動産投資による高いレバレッジについては注意が必要」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「ECBは世界で最も独立した中銀」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年11月1日の要人発言一覧

2018年11月1日の要人発言一覧

格付け会社ムーディーズ
 「中国の所得税引き下げ計画は地方自治体にとってクレジットネガティブ」

李克強・中国首相
 「米国との相違を適切に解決することを望む」

EU報道官
 「バルニエ首席交渉官とラーブ英EU離脱担当相の会談日程は未定」

英首相報道官
 「金融サービスについての交渉は継続中」
 「英紙の合意報道は憶測」

英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
 「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」
 「いかなる利上げも緩やかなペースで、限られた範囲となる可能性が高い」
 「景気が予想通りに進展すれば継続的な引き締めが必要」
 「生産ギャップは解消しており、景気は2019年遅くに過熱する見込み」

イングランド銀行(BOE、英中銀)四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
 「2018年のGDP見通しは+1.3%に下方修正」
 「2019年のGDP見通しは+1.7%に下方修正」
 「2020年のGDP見通しを+1.7%に据え置き」
 「2021年のGDP見通しは+1.7%」
 「1年後のインフレ率は2.10%(前回2.15%)」
 「2年後のインフレ率は2.12%(前回2.09%)」
 「3年後のインフレ率は2.03%(前回2.03%)」

バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
 「ブレグジットと金融サービスについての報道は誤解を招く」

カーニーBOE総裁
 「金融市場はブレグジットに対しヘッジしている」
 「英経済はEUとの新しく、不透明な関係性に向け調整中」
 「ブレグジット後に何が起ころうとも、英中銀は物価安定を維持するために行動」
 「もし円滑なEU離脱となればポンドは強含む可能性も、そして、その逆もあり得る」
 「英経済は均衡しており、インフレも目標値を上回っている」
 「現在の金融政策を巡る状況は、ブレグジット国民投票の前とは違っている」
 「合意なき離脱とはならないだろうが、そのための準備は必要」
 「ブレグジット後の状況に対し、利上げも利下げもあり得る」
 「英経済指標を受けて、短期的には通常より大きなボラティリティとなる可能性」
 「EU離脱後に需要は回復するだろう」
 「市場金利はBOE目標値より高めのインフレ上昇を織り込んでいる」
 「合意なき離脱となれば、多くの企業のオペレーションに支障をきたす」
 「チェッカープランはBOEが想定していた平均のブレグジット案より良い」

クドロー国家経済会議(NEC)委員長
 「中国との交渉が成立しなかったら、トランプ米大統領は攻撃的になる」

トランプ米大統領
 「中国の習近平主席と長期間良い対話を続けてきた」
 「中国の習近平主席との貿易についての協議は順調」

ムボウェニ南アフリカ財務相
 「南アフリカ航空(SAA)に関する決定はゴーダン公共企業相が責任を持つ」
 「SAAによる損失は終わるべきだろう」
 「SAAは民間部門のパートナーを見つけることは無いだろう」

習近平・中国国家主席
 「G20でのトランプ米大統領との会談に前向き」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年10月31日の要人発言一覧

2018年10月31日の要人発言一覧

ウィルキンスBOC副総裁
 「所得の伸びは3-4%のレンジまで強まりそうだ」
 「ギグエコノミーが賃金交渉力を損なわせるかもしれない」

ポロズBOC(カナダ銀行)総裁
 「人々に3%の金利が正常だと理解して欲しい」
 「カナダの世界的な街は世界的基準と比較して高くない」
 「利上げをもし急いだら潜在的な成長よりも経済を鈍化させてしまうかもしれない、そしてそれは行いたくない」
 「利上げをすることの早いリスクと遅いリスクのバランスをとる必要がある」

安倍首相
 「資産購入については日銀の判断のもと、金融政策の一環として実施」

黒田東彦日銀総裁
 「日本の経済や物価は、ともに下振れリスクが大きい」
 「保護主義的な通商政策が世界経済に影響を及ぼす可能性」
 「米中間の貿易摩擦の影響は、日本経済にはこれまでのところ限定」
 「貿易摩擦の長期化は金融市場の不安定化という経路で影響が広がる可能性」
 「7月の措置により、国債市場では取り引きがいく分活発化し価格の連動性も回復」
 「YCC政策、そもそも金利変動を抑制する面あり」
 「物価見通しの全体像は大きく変わらない」
 「2018年度の物価見通し下方修正は、足元の物価がやや弱めだったため」
 「賃金・物価のモメンタムはしっかりと維持されている」
 「株価動向が金融市場全体の動きにつながらず、為替市場は比較的安定的に推移」
 「米中間の貿易摩擦がエスカレートし、世界経済に与える下方リスクに最も着目」
 「さらに市場機能が低下する心配はしていない」
 「日銀の金融政策、物価安定のためであり為替水準を目的にしていない」
 「具体的に大きな下方リスクが顕在化した場合は金融政策を調整」
 「金融緩和の手段は、金利引き下げやマネタリーベース拡大、資産買入の拡大などいろいろとある」
 「デフレマインドが企業や家計から払拭されない」
 「長期金利ゼロ%程度を今変えるつもりは全くない」
 「長期金利の変動幅拡大は今考えていない」

チェティンカヤ・トルコ中銀総裁
 「2018年インフレ見通しは+23.5%と前回+13.4%から上方修正」
 「2019年インフレ見通しは+15.2%と前回+9.3%から上方修正」
 「リラ安による輸入価格の上昇で2018年のインフレは4.1%押し上げられた」

中国共産党政治局
 「慎重な金融政策を実施する」
 「安定的な経済政策を推し進める」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
 「ECBの景気見通しはわずかながらも下方修正」
 「イタリアの状況はユーロ圏に大きな影響を与えない」

トリア伊財務相
 「イタリアはEUやユーロを離脱するつもりはない」
 「予算案はEU諸国との成長格差を縮小させるもの」

レーン・フィンランド中銀総裁
 「第3四半期の成長減速は一時的なもの」

ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相
 「合意なきブレグジットは望んでいないし予期もしていない」
 「残っている問題を早急に解決し、合意に達したい」
 「多くの問題は解決し、かなりの進展がある」
 「合意は間近」
 「英EU離脱を巡る交渉は11月21日までに合意すると期待」

アルバイラク・トルコ財務相
 「減税は経済の均衡をとるためと、雇用とインフレに戦うため」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
 「貿易戦争はスイスフラン(CHF)に痛手を被る」
 「貿易戦争の緊張が金融政策を引き締めることになる」
 「スイスは貿易戦争で最悪な痛手を被る国のひとつ」

英ブレグジット担当局スポークスマン
 「交渉の結論を出す日付は設定されていない」

トランプ米大統領
 「中間選挙で民主党が勝利すれば株は下がるだろう。共和党勝利なら株は上がる」

クドロー国家経済会議(NEC)委員長
 「株式市場の不安定さの一因は中間選挙」

ハント英外務相
 「ブレグジット交渉が11月21日までに進展し決着することは十分可能」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年10月30日の要人発言一覧

2018年10月30日の要人発言一覧

トランプ米大統領
 「対中貿易で素晴らしい取引を見込んでいる」

安倍首相
 「3年で、しっかりデフレ脱却の道筋をつける」
 「金融政策は日銀にゆだねられるべきもの」
 「黒田日銀総裁の手腕を信頼」

ハモンド英財務相
 「合意なき離脱は、英経済にとって打撃」
 「合意なき離脱となれば財政刺激策が必要となる」

メイ英首相
 「総選挙の実施は予定せず」
 「北アイルランドとアイルランド間にハードボーダーは設けない」

コンテ伊首相
 「2019年度の予算案を変更するつもりはない」
 「財政赤字は対GDP比で2.4%を超えず」
 「第3四半期のGDPが弱いことは予想通り」

サルビーニ伊副首相
 「当初の案通りに予算計画を進める」

プラートECB理事
 「インフレが目標に達成するには時間がかかる」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年10月29日の要人発言一覧

2018年10月29日の要人発言一覧

ボルソナロ・ブラジル大統領候補
 「私の選挙公約は全て実行する予定」
 「国民と共にこの国を変える」

中国商務省
 「米国やサウジアラビアからの一部化学製品輸入に、反ダンピング関税を適用する」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「ブレグジット交渉、合意できるとの考え」

独政府報道官
 「メルケル首相は2021年まで首相を続ける意向を表明」

メルケル独首相
 「12月のキリスト教民主同盟(CDU)党大会で党首選には出馬しない」
 「首相を務めるのは任期満了となる2021年まで」

ハモンド英財務相
 「緊縮財政の時代はようやく終わろうとしている」
 「VATの基準値は今後2年間は変更しない」

クガニャゴSARB(南ア準備銀行)総裁
 「南ア・ランド(ZAR)はかなり過小評価されている」
 「2016年からの回復は予想よりも緩やか」
 「政府の高負債は世界的な利上げ局面時でぜい弱になる」
 「投資家は過去のようにイールドに敏感ではなくなっている」
 「中期的なインフレ予測は通貨安と原油高で上昇」
 「実際的な政策ではなく、国家がポピュリズムに傾斜しすぎ」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

2018年10月22日~26日までの要人発言一覧

2018年10月22日~26日までの要人発言一覧

2018年10月22日の要人発言一覧

アルトマイヤー独経済相
 「当面は、サウジアラビアに対する新たな国防関連の輸出は控える」

ファリハ・サウジアラビア・エネルギー産業鉱物資源相
 「1973年のような石油禁輸措置を取る意向はない」
 「原油価格が100ドルを超えないと保証することはできない」
 「石油輸出国機構(OPEC)は、12月に非加盟国と新たな無期限の合意締結を望む」

クルツ・オーストリア首相
 「欧州委員会は、イタリアの2019年予算案が修正されない場合は拒否すべき」

トリア伊財務相
 「2019年の予算案が欧州連合(EU)の財政規律違反というのは承知している」
 「2019年以降に、構造的な財政赤字を拡大させる意図はない」
 「2022年から構造的な財政赤字の削減に踏み出す予定」

メイ英首相
 「移行期間の延長は望まない」
 「ブレグジット全体像は明らかになっている」
 「北アイルランドの英本土への経済アクセスは守らなければならない」
 「2019年3月までEUに留まると保証」

英首相報道官
 「内閣は明日ブレグジット交渉について議論」

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のセンテーノ議長
 「伊政府と欧州委員会は伊予算について合意すると想定」

2018年10月23日の要人発言一覧

チャウショール・トルコ外務相
 「カショギ事件について依然として他国と情報を共有していない」
 「カショギ事件について国際調査に協力する」

内閣府幹部
 「金融市場は不安定な動きが続いていると黒田日銀総裁が発言」

ラマポーザ南アフリカ大統領
 「国内成長を再び活気付けるためにインフラ投資を行なう」
 「国内の企業信頼感は上がっている」
 「政府は汚職を一掃する」

エルドアン・トルコ大統領
 「カショギ氏が領事館で殺害されたことは明らか」
 「サウジ領事館は無能であるとサルマン国王に伝えた」
 「全容を明らかにすることでトランプ米大統領と合意」
 「カショギ事件は計画的犯罪」

レグリング欧州安定メカニズム(ESM)総裁
 「イタリアの財政計画は懸念されるが、他の欧州諸国への影響の波及は非常に限られているため、パニックになる理由はない」

コンテ伊首相
 「予算に関する代替案を否定」
 「2019年の対GDP比赤字は2.4%が上限」
 「イタレグジットの話が幅広く出ている」

アルバイラク・トルコ財務相
 「来年の世界成長は勢いを維持すると見込む」
 「インフレは徐々に低下すると予想」
 「観光面で今年は290億ドルの歳入が見込まれる」

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
 「米中間選挙後に新たな減税が発表される可能性」

欧州委員会
 「イタリアは2019年予算案を再提出すべき」

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
 「米中首脳はG20首脳会議の場で会談する予定」

ドンブロウスキス欧州副委員長
 「伊予算案についての説明は納得できるものではない」
 「伊政府は規律違反ということを自覚している」
 「3週間以内に予算案を修正することをのぞむ」

英首相報道官
 「北アイルランドは英本土と同じ関税条約を結ぶ」

ディマイオ伊副首相
 「イタリアの予算はイタリア人が作成する」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
 「経済は強く、FRBの政策支援は必要ない」
 「中立水準まであと2-3回は利上げが必要」
 「中立水準まで緩やかな利上げを支持」
 「今年は合計4回の利上げが適切」

カプラン米ダラス連銀総裁
 「2018年のGDPは3%程度を予想」
 「2019年2020年は成長率がやや鈍化する見通し」
 「FRBは政策金利を緩やかに中立にすべき」
 「あと2-3回の利上げで中立金利となる」

2018年10月24日の要人発言一覧

サルビーニ伊副首相
 「イタリアは予算を変更しない予定」
 「前政権と逆に進まなければいけない」

トゥスクEU大統領
 「条件が整えば、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に関する首脳会談を開催する」
 「ブレグジット移行期間の延長は容認できる」

ムボウェニ南アフリカ財務相
 「緊縮財政策の計画はない」

ムハンマド・サウジ皇太子
 「カショギ氏の事件は大変残念なことだ」
 「事件解決のためにあらゆる法的措置をとる」
 「サウジとトルコの関係に悪影響はない」

ウィルキンスBOC副総裁
 「金融政策は依然として刺激策のまま」
 「中立金利に戻すことに議論は集中した」
 「"斬新的な"を省いたのは、機械的な政策をしないということ」
 「利上げペースはインフレ見通しやリスク次第」
 「USMAは景気の先行き不透明感を取り除き、とても良いニュースだ」

ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
 「金融政策は依然として非常に緩和的」
 「ペースは速くも遅くもなる可能性」
 「カナダ経済に刺激策は必要ない」

トリア伊財務相
 「EUが伊予算案を拒否したのは驚き。いくつかの分析はとても表面的なもの。」
 「独・伊長期債のスプレッドが320bp以上も広がると、伊の金融システムに大きな影響を与える」
 「首相が言っているように、プランBはない」

メスター米クリーブランド連銀総裁
 「米経済のファンダメンタルズは強い」
 「関税は経済に潜在的なリスクをもたらす」
 「最近の市場の落ち込みで政策スタンスを調整しない」

ディマイオ伊副首相
 「予算について返答を早急にEUにする」

米地区連銀経済報告(ベージュブック)
 「米経済活動は緩やかなペースで拡大」
 「製造業はコストが上昇。貿易は不確実」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
 「いくつかの地域で賃金の上昇がみられない」
 「米経済はとても順調」

2018年10月25日の要人発言一覧

若田部日銀副総裁
 「資産価格の上昇に対して予防的に金融引き締め政策を取るべきかについては、依然として議論のあるところ」
 「金融危機の発生にあたっては、事後的な政策対応が極めて重要」

ディマイオ伊副首相
 「2019年財政赤字の対GDP比2.4%目標を変更すべきではない」
 「政府はユーロ離脱を望んでいない」
 「独伊債利回りのスプレッドは今後数週間で縮小すると自信」

サルビーニ伊副首相
 「予算に関してはトリア財務相およびコンテ首相と完全に合意」

ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相
 「EUが譲歩しない姿勢を示すなら合意なき離脱のリスクはある」
 「EUと最善の合意へ向けて努力している」

コーヴェニー・アイルランド外相
 「合意なきブレグジットならポンドは下落するだろう」

欧州中央銀行(ECB)声明
 「12月に債券買い入れを終了すると見込む」
 「資産買入れの終了は今後のデータ次第」
 「12月にかけては少なくとも月150億ユーロの資産を買い入れる」
 「2019年夏まで金利を変更しない予定」
 「必要な限り償還した資金の再投資は続ける」

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
 「最近の経済データは予想よりも弱い」
 「強力な刺激策がインフレにとって必要」
 「必要ならあらゆる手段を調整する用意がある」
 「経済成長に対するリスクは依然概ね均衡している」
 「インフレは現在時の水準あたりを維持するだろう」
 「基調的なインフレは中期的に上昇している」
 「イタリアについてメンバー間で大きな議論には至らなかった」
 「イタリアとEUが合意を見出すことに自信」
 「賃金の上昇は一時的ではない」
 「インフレに関する我々の自信を疑う理由がない」

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
 「ある程度の段階的な利上げが妥当」
 「米経済は引き続き拡大傾向、米金融政策は緩和的」
 「失業率、インフレを伴わずに一層の改善もあり得る」

トリア伊財務相
 「イタリアがユーロを離脱することはない」

2018年10月26日の要人発言一覧

メスター米クリーブランド連銀総裁
 「一段の穏やかな利上げを見込んでいる」
 「米経済は非常に良好に推移している」
 「GDP伸び率は今年3%を超え、来年は2.75-3.00%程度と予想」
 「経済見通しに対するリスクは依然として均衡している」
 「トランプ政権の税制改革によって長期的な見通しを変更することはない」
 「米経済の長期的な成長率は2%前後」
 「成長に幾分減速が見られるが、依然平均を上回っている」
 「足もとの金融市場のボラティリティを受けて見通しを変更しない」
 「金融市場では自然なことが起こっている」

李中国首相
 「人民元の競争的な切り下げは望まない」
 「人民元を相対的に安定維持へ」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
 「イタリアの欧州連合(EU)ルール逸脱は前代未聞」

格付け会社ムーディーズ
 「南アフリカの中期予算はクレジットネガティブ」
 「財政見通しの悪化を示している」

ラマポーザ南アフリカ大統領
 「国内の課題は克服できないことはない」
 「南アフリカは人権尊重をコミット」
 「土地改革が経済を転換するために重要」
 「成長や雇用創造に焦点を当てる」

エルドアン・トルコ大統領
 「経済の財政危機が課題」
 「トルコ国民へ忍耐を請う」
 「トルコ経済への攻撃は制御されている」

バニャイ伊上院議員(同盟)
 「ドラギECB総裁がイタリアの金融機関の健全性に関して警鐘を鳴らすのは不適切」
 「イタリアがユーロ圏を離脱するリスクはない」

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
 「中銀は財政従属(fiscal dominance)になってはいけない」

クーレ欧州中央銀行(ECB)理事
 「大規模な金融刺激策が依然として必要」

■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!
幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。
100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。
経済指標はコチラから一覧をチェックできます。

最新記事
カテゴリー
■初めてみたい方~資産100万円位の方へ!幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。
■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」「2.スワップがプラス・マイナス同じなのでスワップに惑わされずニュートラルにエントリーできる」「3.1000通貨単位で取引できる(最初から1万通貨以上で取引してもどーせ負ける事が多いと予想します)」「4.食品やポイントに惑わされない安定した精神で取引できる」ことから外為ジャパンをおしています。100万以上~300万円位の方にはポイント還元が付く同系列のDMM FXが良いと思います。経済指標はコチラから一覧をチェックできます。