トップページ » 2008年09月
2008年09月

ピアノの発勁

 何週間か前の練習中に、鎗田先生が…あの時は春日カイロに行かれた後だったと思います…“骨”の話を少しされていました。そのとき確か「力は骨より発し…」とおっしゃっていたと思います。私はその時“なぜ硬い骨から力が出るのだろう??力は筋肉から出すのでは??”と不思議に思っていました。でも私はいつもの様に、疑問はそのまま放ったらかしにて、何週間もボーッと過ごし、今、何となく”発勁”という熟語をネットのウィキぺディアで検索して読んでいました。

 その中に『力は骨より発し、勁は筋より発する』という一文が目にとまりました。この言葉を見た瞬間、鎗田先生と、なぜか後もう一人の先生の事を思い出して衝撃をうけました。私のボーッとしている脳に突き刺さったもう一人の先生は、…本当は痛くなんか無いはずなのに…私の頭の前側より少し上の方に突き刺さったきり、今でもビリビリ痛みを感じます。

 T先生というその方は、私の小学校の頃のピアノの先生でした。この先生に、初めてお会いした時、「何か弾いてみろ」と言われ、私は渋々、バッハの曲の一つを弾きました。弾き終わる最後まで、先生が黙っていらしたのは、作曲家バッハに対する敬意のためだけだった様で、弾き終わってホットしている私の頭ごなしに、「全く弾き方が違う!!」と口惜しそうに言われ、「ピアノの才能は全く無い。それでもピアノを弾きたいのか!?」と言われました。黙り込んでしまった親を尻目に、私は泣きながら「弾きたい」と言い返してしまいました。「練習は厳しいぞ!!」と念のためにダメダシもされました。それからは、確かに厳しい練習が始まりました。その厳しい練習とは、基本練習どころかそれ以前の練習で、それだけを3ヶ月以上やっていたと思います。(その後,その練習方法は、調子が出ない時やスランプに陥ったときの…運動をする前の準備体操の前の深呼吸の様に…私の大切な練習方法になっています。)

 その練習内容は、ピアノの椅子の座り方に始まり、先生の指示した姿勢で、先生の指示した肩の位置、肘の位置、手首の位置で、ピアノの鍵盤の上に先生の指示した形で指を置き、座って正しい姿勢を保つ程度の筋力以外は全ての力を抜いて、右手と左手の親指でそれぞれの位置の“ド”を弾くというものでした。しばらくの間、私は先生に「まだ力が入っているぞ!!」と怒鳴られ、弾いている最中に「ここに力が入っているんだ!!」と手首や肘、肩をグリグリつかまれ、“先生がつかんでいるから弾けないんだ”と心の中でののしり、泣きながら鼻水を垂らして歯を食いしばりピアノの“ド”を弾いていたのを覚えています。(泣くのも歯を食いしばるのも力が入るのでダメなんですけど。)

 …もちろん、ピアノの鍵盤というのは、ある程度の速さと力を使わなければ押すことはできないし、鍵盤を押す事によって、その先にあるハンマーを振り上げて、ピアノ線を叩かなければ全く音など出ません…で、ピアノの鍵盤に、力を抜いて指をのせただけの私は、初めのうちは音さえも出す事はできませんでした。私の家族もこの練習方法にはびっくりして、本当にこれが先生の教え方なのかと心配していました。そのうち、腰周辺の筋肉を少し動かして(両足は椅子の前側1/3 に掛けただけの腰を支えるためだけに少し足をひらいて、力を抜いてゆかの上に置いておきます。)からだ全体の重みを指先にこめる事が出来る様になりました。その“こつ”をつかんでからは、信じられないくらい指を速く動かせる様になりました。小さい音も大きい音も表現は思いのままで、しかも、力を入れて弾いていないので、疲れずに何時間も練習することができるようになりました。

 どんなに大きな音を出すときも指を鍵盤から離さないのは、指を高速で動かさなければならないので距離が有ると時間がかかるし、正確に動かせないからで(ピアニストがよく大げさに腕を振り上げたりするのは、感情的な高ぶりを表現しているだけに過ぎません。)、体のほとんどの力を抜くのは、筋肉が緊張していたら腰周辺の小さな動きがそれぞれの関節に伝わらない上、自在な関節の動きの妨げになりますし、最終的にその動きを、指先に伝えて鍵盤を押すことができないからでした。でも、この基本的な弾き方が出来る様になっても、指揮棒で手の甲をたたかれ、怒鳴られる練習はその後もずっと続きましたが…ピアノのレッスンにも体育会系があるようです。

・力は骨に由り、肩背に没して発することが出来ない
・勁は筋に由り、能く発して四肢に達することが出来る
・力は有形であり、勁は無形である
・力は方(四角)であり、勁は円である
・力は滞り、勁は暢やかである
・力は遅く、勁は速い
・力は散じ、勁は集まる
・力は浮き、勁は沈む
・力は鈍く、勁は鋭い
 
 陳炎林談

 ウィキペディアの説明を読み進めながら、「肘や手首は左右、あるいは上下に円を描く様に回しながら指の位置を変えるんだ!!」とピアノの先生の言葉をようやくはっきり思いだした私は、この…太極拳に似ていなくも無い…貴重な思い出をこれからドーやって生かしていったら良いのか、また、ボーッと考えています。

 追:子供の頃は怒ってばかりいるピアノの先生が怖かったのですが、何故か嫌いではありませんでした。その理由はスッカリ大人になってから解りました。先生はピアノに対して、音楽に対して真面目で真剣だったからでした。泣きべそをかいて鼻をズルズルさせている私を脇に立たせて、先生がいつもお手本で曲を弾いてくださった時、どんなに簡単なフレーズであろうとそのピアノを弾く姿は真摯でした。そこには、“たとえ一音でも音楽である。ゆえにそこには常に理想がある。”という態度が表れていたからでしょうか、子供であっても何となく感じる物があったのだと思います。

 (Sさん よりいただいた練習の感想です)

fyotphskfyotphsk  at 00:27 この記事をクリップ! 

第十三回特別講習会

講師 鎗田 勝司
内容 陳式太極拳老架一路と推手および用法
日時 10月12日(日) 12:30〜15:00(前回と異なります)
場所 文京スポーツセンター 
剣道場(前回と異なります)
 〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-2 
(TEL.03-3944-2271)
受講料 2,000円

*詳細は事務局までお問い合わせください。

fyotphskfyotphsk  at 00:53 この記事をクリップ! 

2008年10月練習日程

10月5日 通常練習(西神田コスモス館 13:30〜)
10月12日 第十三回特別講習会(文京スポーツセンター 12:30〜)
10月19日 通常練習(西神田コスモス館 13:30〜)
10月26日 通常練習(西神田コスモス館 13:30〜)

fyotphskfyotphsk  at 00:50 この記事をクリップ! 

王宗岳の「太極拳論」

王宗岳の「太極拳論」


東京陳式太極拳倶楽部 代表
鎗田 勝司



 太極拳を練習するものにとっての聖典ともいうべき、王宗岳の「太極拳論」(もしくは、太極拳経)の日本語訳です。
 この拳論は太極拳理論の原典で、各伝統太極拳門派の先達が理論的に自分の拳を語るとき引用されるものであり、太極拳と言う名称もこの拳論から起こったと言われています。全文は400字とわずかなものですが、内容は宇宙の根本原理から武術の極意を説明するというもので、この拳法がなぜ太極拳というのか、また拳法はどうあるべきなのかといった、私たちの練習における目標、進むべき道といったものを示唆してくれる非常に深い意味を含んだ内容となっています。
 この拳論は武派太極拳の開祖で、楊露禅の門人であり、後に陳青萍(陳式)に師事した、武禹襄が1852年に河南省舞陽県塩店において入手し、武派一門より各派の太極拳にも広まったということです。
 この拳論が書かれた時期は、はっきりとはわかっていません。また、作者の王宗岳は謎の人物で、近年では王宗岳は実在の人物ではなく、武禹襄のペンネームだったのではないか、という説を唱える人もいます。
 いずれにせよ、実戦的な太極拳をやっているからこそ、その内容の深さを理解できると思われますので、良く研究し各自自分の拳の向上に役立てることを期待しつつ、ここに記します。

《太極拳論》  王宗岳


太極は無極より生ずる  陰陽の母なり  動ずれば分かれ  静で合する
互いに過不足なく  曲伸自在に  人が剛ならば  我は柔でこれをかわす
人、逆らえば  我、従ってまといつく
動き急なればそれに応じ  動き緩ければそれに従う
千変万化なれども  道理は一貫したものなり
老練によりトウ勁を悟り  トウ勁により極致の域に及ぶ
力を用いずこと久しい成果であって 突然に悟るものにあらず
うなじを伸ばし、精神集中 冷静にして
気は丹田に沈める
かたむき揺るがず  忽然と現われるかと思えば隠れる
左へ右へと、虚実の変化つかみどころなく
上空へはより高く  地へはより深くの意をこめ
前進、後退ともに際限なき余裕を持つ
一枚の羽根の重さを感じる敏感さ
うじ虫の如きも落とすことのない綿密な技
人に我を知らさず  我のみ人を知る
英雄向うところ敵なく
これ以上優れたるものなし
門外の技はなはだ多く  技もまたさまざまであっても
中身は外観ほどではなかろう
緩慢なれど、気配すばやく、手の快慢を自在に
これすべて先天自然の本領であり
天からの授かりもの
四肢の巧みな合力で、千斤をもはじくの言句は
力のみで勝つにあらず
齢をかさねても  人々の模範とされ
いかようにも快速にこなす
立てば姿勢端正にして
動けば車輪の如し
一方にかたむけば全体がくるい
虚実がなければ停止する
数年の鍛錬を経ても勁を連ね
動きをかわせない者は  自らを人に制せられる
虚実の道理  いまだ悟れぬゆえんであり
この欠点を改めようとするならば
陰陽を知るべきであり
相手にふれてかわす
動きは粘着に
陽は陰に離れず
陰は陽に離れず
陰陽をともに存在させることで
正しい勁を知り
勁を知れば  鍛錬はますます精進す
黙々と真を求めれば
おのずと心の欲するままになり
真に己を捨て
人に従うことができる
あせって近道をすれば  誤り多く
1ミリの差が  千里の誤りとなる
学ぶ者は不明瞭のままであってはならない
これを論とする
長拳は  長江大海の如く
滔々と絶えざるなり
朋履斉按採列肘靠*
これ八卦なり
前進  後退  左右  中間
これ五行なり
朋履斉按
すなわち乾坤坎離(東西南北)の四方をいう
採列肘靠
すなわち巽震兌艮(東北、北西、西南、東南)
四斜角なり
進退左右中間
すなわち金木水火土なり
合わせてこれを十三勢となす。

 (*いくつかの箇所で漢字の手へんを省略してあります。)

 歴史を習うことは、今の現在やっていることの意味を改めて考えることになります。
 世間には文献からのみ歴史を語る中国武術研究家も多いですが、私は基本的には技または套路そのものの歴史的変遷の観点から、太極拳のルーツをさぐり、太極拳とはなんぞやという問に答えていきたいと思っています。これは私個人の考えですが、太極拳の技法の変化のなかにこそ中国武術の本質が隠されているように思っています。なぜ八極門でゆっくり練習することを秘伝としたのでしょうか。もともとは長拳のような拳法が、なぜ柔派と呼ばれるような動きに変化したのでしょうか。なぜ金剛搗碓は陳式にしかないのでしょうか。
 おいおいこのようなことについて考察を深めていこうと思います。

fyotphskfyotphsk  at 23:37 この記事をクリップ!