トップページ » 活動報告
活動報告

松田隆智先生の訃報によせて

 去る七月二十四日、松田隆智先生がお亡くなりになりました。松田先生は当倶楽部代表の鎗田と古くから親交があり、先生からは、講話会や講習会など、さまざまなかたちで当倶楽部の活動にたいしてご支援をいただいておりました。ご著書のなかでの武術研究家としてのお姿だけではなく、武術家としてのお姿にも触れることができたことは、我々にとっての大きな財産となっております。松田先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

東京陳式太極拳倶楽部 事務局


fyotphskfyotphsk  at 23:41 この記事をクリップ! 

会員専用掲示板パスワード変更について

 Web管理担当者です。

 セキュリティのため、本日午前0時をもちまして、会員専用掲示板のパスワードの定期更新を行いました。
 新パスワードにかんしましては、すでに本年会費納入済みの会員各位にはご通知を差し上げてありますが、もしも手違い等ありましたら、お問い合わせください。また、本年会費未納のかたは、継続の意思をメール等で事務局までご連絡ください。
 お手数とは思いますが、よろしくご協力お願いいたします。

fyotphskfyotphsk  at 00:00 この記事をクリップ! 

倶楽部体制変更のお知らせ

7月より東京陳式太極拳倶楽部の体制が変更となります。

2012年6月30日をもちまして、羽根田淳子講師が当倶楽部を退会されることとなりました。今後は独立し、新しい陳式太極拳の教室を立ち上げられます。それにともない、7月1日以降、以下の次第で倶楽部の運営体制を変更させていただきます。

(1)倶楽部代表は、鎗田勝司講師に再度お引き受けいただきます。

(2)代表以外の倶楽部の運営スタッフは、引き続き会計業務を北村恭子、その他の事務を滝沢正之が務めます。また、滝沢は助講師として、北村は講師助手として、鎗田講師の指導の補佐も担当します。

(3)練習は現行の通常練習のみとし、一カ月のうち、木曜日夜間に三回、日曜日午後に一回、計四回を基本とします。そのすべてを鎗田講師が指導します。会場はこれまでどおり西神田コスモス館となります。

(4)特別講習会および初級講習会は無期限の休止といたします。

(5)入会金、保険料、練習参加費などの制度はこれまでどおりとします。

以上です。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 東京陳式太極拳倶楽部事務局

fyotphskfyotphsk  at 14:43 この記事をクリップ! 

会員専用掲示板パスワード変更について

 Web管理担当者です。

 セキュリティのため、本日午前0時をもちまして、会員専用掲示板のパスワードの定期更新を行いました。
 新パスワードにかんしましては、すでに本年会費納入済みの会員各位にはご通知を差し上げてありますが、もしも手違い等ありましたら、お問い合わせください。また、本年会費未納のかたは、継続の意思をメール等で事務局までご連絡ください。
 お手数とは思いますが、よろしくご協力お願いいたします。

fyotphskfyotphsk  at 10:22 この記事をクリップ! 

東京陳式太極拳倶楽部運営方針変更のお知らせ

 急なことで大変にご迷惑をおかけしますが、当倶楽部の運営方針を大幅に変更せざるをえないこととなりましたので、現状と今後の方針をご報告させていただきます。
 この1月中旬より、鎗田先生のお仕事の勤務地が移動となり、休日が日曜日ではなくなってしまったとのことです。そのため、これまでのように毎週日曜日に練習日を設定し、鎗田先生にご指導をいただくことが不可能となりました。
 しかしながら、ここまで続いてきた東京陳式太極拳倶楽部をそのまま休止あるいは解散させてしまうのは、あまりにも損失が大きいと考えます。そこで、鎗田先生ともご相談したうえで、大幅に運営方針を変更したうえで、発展的な存続の道を探っていくという方針を採ることとなりました。
 そこで、東京陳式太極拳倶楽部の以降の運営にかんしまして、以下のように方針を変更させていただきたいと思います。

1:2月の練習について

 2012年2月の練習にかんしましては、すべて自主練習とします。また、2月の特別講習会は中止となります。それに伴い、2月分の月謝は発生しないこととさせていただきます。場所、時間などの詳細はこれまでどおりウェブログおよびウェブサイトで告知いたします。

2:倶楽部の組織について

 現在、鎗田先生に代表をお願いしておりますが、以上のような事情で、すべての練習にかんして責任をとることが不可能とのことです。そこで、2012年3月より、鎗田先生に「東京陳式太極拳倶楽部顧問」を引き受けていただき、「東京陳式太極拳倶楽部代表」は羽根田が担当させていただきます。また、現在、羽根田が統括しております事務局業務のうち、会計業務を北村、その他の事務局業務を滝沢が分担して引き継ぐこととします。

3:通常練習の形態および日程について

 通常練習ですが、現行の日曜日の時間帯以外では参加しにくい方が多いと予想されます。また、同時に、可能であれば鎗田先生に引き続きご指導いただきたい、という声も多くいただきました。そこで、通常練習にかんしましては、2012年3月より、曜日をずらして設定する、という方向で調整したいと思います。たとえば以下のようなかたちとなります。

鎗田教室:1カ月に2回、水曜日の夜間など、1時間30分。
羽根田教室:1カ月に2回、日曜日午後(これまでどおり)、1時間30分×2。

 こちらにつきましても、場所、時間などの詳細はこれまでどおりウェブログおよびウェブサイトで順次告知いたします。

4:特別講習会について

 毎月一回第二日曜日に開講しておりました特別講習会ですが、2012年3月より、羽根田が講師を担当するかたちで継続したいと思います。内容は、陳式太極拳老架一路および四正推手を中心とし、適宜用法なども織り交ぜていく予定です。倶楽部会員の参加費はこれまでどおり無料とし(2012年4月より変更いたします)、会員外の皆さまの参加費は一回1,000円とします。

5:会費について

 これまでとは大幅に異なる運営形態となりますが、会費につきましては会場費や事務費などであまり余裕がないこともあり、2012年3月以降も現行のままで据え置きとさせていただきます(2012年4月より変更いたします)。

 以上です。会員および講習会参加者の皆さまにはどうぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。ご意見やご不明な点がありましたら、遠慮なくご質問ください。


東京陳式太極拳倶楽部
事務局長 羽根田 淳子


fyotphskfyotphsk  at 12:38 この記事をクリップ! 

「王西安老師指導研修会」報告

当倶楽部の羽根田淳子講師が参加された、太極拳発祥の地、陳家溝における研修会のレポートです。陳家溝四傑のひとり、王西安老師に直接ご指導いただきました。

・・・・・・

 8月7日から14日まで東京陳式太極拳研究会主催「王西安老師指導研修会」に参加してきました。大まかな日程と内容などをご報告いたします。

7日
 09:30羽田発
 12:00北京着 14:40北京発
 16:00鄭州着 バスにて登封に移動
 20:00少林寺にて「音響大典」を観劇
 少林寺内「禅居飯店」宿泊

 移動と少林寺のショーで一日が終わりました。
 少林寺での音響大典ですが、山一個を舞台にした音と光の一大ショーで、浦安にある○○ランドのパレードのようでした。少林寺が世界遺産に認定されたそうで、観光客目当ての大掛かりな仕掛けがしてありました。
 宿泊した禅居飯店はカビ臭い部屋でしたが、私のところはまだましな方で、水回りが全滅の部屋もあったようでした。

201108_01

 (少林寺)

8日
 午前中 少林寺を散策
 午後 龍門石窟を見学 バスにて温県に移動
 「温県銀苑酒店」宿泊

 少林寺では達磨大師が面壁した洞窟まで登りましたが、これが結構きつい。年配の方は途中で下山することになりました。
 龍門石窟の川沿いに彫られた仏像の数々は一見の価値あり。ここも世界遺産です。
 一日が観光で終わりましたが、いずれにせよかなり歩くので、体力が必要です。
 銀苑酒店の部屋は禅居飯店よりもましでしたが、今度は大変タバコ臭い。
 夜には王西安老師と対面しました。フランスから帰国されたばかりとの事で、お疲れのご様子でした。

201108_04

 (ここを登ります)

9日
 09:30〜12:00練習
 15:30〜18:00練習

 銀苑酒店内の会議室にて老架1路 起勢〜単鞭まで。
 起勢から右へ展開する時の右手の動き。
 金剛の脚のひきあげ。
 六封四閉の手型。
 単鞭の左手の軌跡。
 以上が主な注意点でした。あとは、ひたすら繰り返し。
 太極拳道交会の方々と香港、イタリアなどから来られた方々と、多国籍、多人数での練習になりましたが、会場が狭い。年会(大会)前という事もあり続々と人が集まってくるのですが、王老師はお一人な訳で、会場内を渡り歩いておられました。最終的には40名程度に人数が増えていました。

10日
 08:30〜10:30練習
 11:30〜13:00陳家溝訪問
 15:30〜17:30練習

 前日の復習およびアオ歩前まで。
 白鶴の脚の回転。
 斜行の上下の一致。
 以上が主な注意点でした。
 会場都合により練習時間がずれ、日中に陳家溝を訪問しました。ど田舎にどかんと不釣り合いな建物と怪しい壁画があり、そこが太極拳博物館でした。楊露禅が学んだという家も見学しました。楊露禅が持ち上げて鍛錬したという石にチャレンジするも返り討ちになりました。50〜60キロくらいあったでしょうか?

201108_06

 (怪しげな壁画)

11日
 09:30〜11:30練習
 15:30〜17:30練習

 高探馬まで。
 撤身捶の定式。
 左股関節の引き込み、両手の位置。
 倒巻肘で手の回転と腰の一致。
 以上が主な注意点でした。
 王老師の発勁はすごいものでした。今回は、上記の二つの動作にほとんどの時間を割いて教えていだだきました。

12日
 09:30〜11:30練習
 15:30〜18:00練習
 18:00〜19:30テレビ取材を兼ねて王老師の教え子達と交流。

 撃地捶まで。
 ドンイーゲンから撃地捶までの歩法。
 小チンダではなくチンナでの用法。
 以上が主な注意点でした。
 指の関節技に重点をおいて練習をしました。

13日
 09:00〜11:00練習
 12:00温県からバスにて鄭州へ移動
 15:00鄭州発16:00北京着
 20:00京劇観賞
 「前門建国飯店」宿泊

 玉女チャンソウまで。
 玉女の体幹部の使い方、胸の開合が主な注意点でした。
 本来、午前中から北京へ移動のはずだったのですが、練習に切り替えていただきました。
 夜の京劇はいまいちでした。

14日
 17:00北京発21:00羽田着

 前門通りと空港で買い物をしました。
 飛行機が大幅に遅れ、時間を持て余しました。


 日本、中国とも搭乗の際は水100ミリリットル以上、ライターが持ち込み禁止になっており手荷物検査で没収されるので注意してください。私はペットボトルのお茶と、中国内で小さなハサミを没収されました。

 剣を購入しましたが、これも危険物扱いで普通に出てこず、別の行李所(荷物所)までで取りにいきました。中国の飛行機はかなり保守が厳しくなっているようです。

201108_05

 (戦利品の剣)

 宿泊所は衛生面では期待できません。水廻りのトラブルが多く、バスルームが水浸しになるので、シャワーの際はサンダルを着用しました。トイレットペーパーもほとんどないので、持っていった方がいいようです。

 ホテルの内、外いずれでするにせよ、食事もあまり衛生的ではないですが、気にしていたらなにも食べられません。また、唐辛子、ニンニク、香草、羊肉が多いので、これらに好き嫌いがある方は正直無理かと思います。

201108_03

 (鶏の足まるごと)

 温県から先はホテルでも国際電話が通じず、また、携帯の設定をミスった為、ほぼ一週間日本との連絡が不通になってしまいました。仕事先と自宅と連絡が取れずに大変往生したので、携帯は海外設定して持って行くのを忘れないようにしてください。

 今回はツアー参加のため、あまり自由に行動出来ず、幾つか心残りができてしまいました。しかし、それでもツアーには、確実に王老師に習える、というメリットがあります。前述したように各国から習いに来ている方がいましたが、直接には習えない方の方が多いのではないかと思います。野口先生との信頼関係もあって、我々にここまで時間を割いて下さったように思いました。目の前で王老師の動きを見ることができたうえに、体に触らせてもらえたのは幸いでした。

 想定外だったこととしては、いつの間にか人数が増えていて、最終的には多国籍軍50名近くになり、かなり練習会場が狭くなってしまったことがあります。蹴散らす覚悟で参加しましたが、殆どの皆さんは大人なので、喧嘩になる事はありませんでした。これだけの人数なので、ある程度はアピールしないとアドバイスを貰えません。多少は図々しく行った方がいいと思います。

 また、日常のトラブルにはガイドが対応してくれてありがたかったのですが、日本人はあまりにガイドに頼りすぎているようにも感じました。日本からは年配の方も多かったので、仕方ない面もありますが。

 色々ありましたが、個人的には無理をしてでも行って良かったと思える研修でした。ここでは書けない諸々のお話はまた別の機会に。

 丁寧に教えて下さった王西安老師、また快くツアー参加を受け入れて下さった野口敦子先生に感謝いたします。

201108_02

 (王西安老師と)

     (羽根田淳子)

fyotphskfyotphsk  at 01:17 この記事をクリップ! 

第二回・松田隆智先生を囲む会

 去る2010年5月23日、東京陳式太極拳倶楽部主催の「松田隆智先生を囲む会」第二回が行われました。
 松田先生をお迎えしての勉強会も二回目ということで、今回は事前に私たちの側から質問を募り、それに先生にお答えしていただくという形式を採りました。

20100523 先生がこれまで交流されてこられた達人たちの真の実力について、中国武術と日本武術との共通点と差異について、さまざまな中国武術の併習のありかたについて、等々、私たちが陳式太極拳などを学ぶなかで行きあたったさまざまな疑問にたいして、ひとつひとつ丁寧にお答えをいただき、たいへんに勉強になりました。


 さらに、会場を移して行われた喫茶店での二次会では、お好きな音楽のお話を皮切りに、これまでのご旅行のエピソードから、過去の武勇譚など、少々過激なところにまで話題は及び、前回以上に充実した勉強会となりました。
 当会にも、松田先生のご著書から中国武術の道に入った者が少なくありません。今回、憧れの先生から直接にお話しを聞き、各々が各々なりに、自分がこれからどのようにして武術に向かいあうかを問い直す貴重なきっかけを得ることができたと思います。
 松田先生、今回もほんとうにありがとうございました。

fyotphskfyotphsk  at 16:01 この記事をクリップ! 

会員専用掲示板パスワード変更について

 Web管理担当者です。

 セキュリティのため、本日午前0時をもちまして、会員専用掲示板のパスワードの定期更新を行いました。
 新パスワードにかんしましては、すでに会員各位には事務局からメールでご通知を差し上げてありますが、もしも手違い等ありましたら、お問い合わせください。
 お手数とは思いますが、よろしくご協力お願いいたします。

fyotphskfyotphsk  at 00:00 この記事をクリップ! 

会員専用掲示板パスワード変更について

 Web管理担当者です。

 セキュリティのため、本日午前0時をもちまして、会員専用掲示板のパスワードの定期更新を行いました。
 新パスワードにかんしましては、すでに会員各位には事務局からメールでご通知を差し上げてありますが、もしも手違い等ありましたら、お問い合わせください。
 お手数とは思いますが、よろしくご協力お願いいたします。


fyotphskfyotphsk  at 00:00 この記事をクリップ! 

掲示板設置のお知らせ

Web管理担当者です。

東京陳式太極拳倶楽部会員専用の掲示板を設置いたしました。
アドレスは以下のとおりです。

http://8728.teacup.com/taijiquan/bbs

右側メニューのLinksというカテゴリーから移動できます。
閲覧および書き込みにはパスワードが必要となります。
会員でパスワードが不明のかたは、事務局までお問い合わせください。
なお、セキュリティのためパスワードは定期的に変更されます。

設置した目的は、練習の出欠席スケジュールの報告の簡略化にありますが、
その他の用途に自由に使ってくださって結構です。
よろしくお願いいたします。

fyotphskfyotphsk  at 20:15 この記事をクリップ!