学園祭

  • November 06, 2010

学園祭先日の旅行中、学園祭にも顔を出しました。
屋外ステージがなく、狭い通路に所狭しと露店が並び、催しは各教室でされるので、賑わっているのかそうでないのかさっぱり解りません。
その一つの催しのサンバを聞きに行った折、なっちゃんの友人から挨拶された父は、「ええ子じゃのう」ととても喜んでくれました。
大学は違うぴいちゃんとは面識があり、会いたかったのにカナダ留学中で今回は再会不可能。
「あの子もええ子よのう、会いたかったのにのう」と残念がっておりました。

今川焼きそんな父が気に入ったのがこちらの今川焼き。
屋台で焼いているところを見てもヘタクソで、仕上がりも焦げ焦げでとても食べようと思わない代物なのですが・・・
「買うて来い」と父
味が3種類あって、最初カボチャを頼んだのに食べたらあんこ
それでも、「上手い。もっと買うて来い」と言うので、次は全種類買ったら、ハム・チーズの生地は煎餅状態
今川焼きのはずなのに、上下が完全に分離して具をサンドしている感じでした。
次に食べたカボチャが美味しかったらしく、もっと欲しいと。
この焦げてパリパリの生地が他では食べられない食感らしかったです。

今川焼き「もっと買うて来い。持って帰って食べる」というので、持ち帰りにしてもらったらこんなことに

「熱っ、熱っ」と渡された商品は、持つのもやっとの熱さ。
裏を見てみれば、容器が溶けてますよ


廊下を走る周ちゃん人がいない場所を見つけると走りたくなる4歳児と、
シルバーカーがないと歩けない76歳の父。
それに付き添う20歳の娘

実は最終日、なっちゃんの彼氏に会う予定でした。
こちらは大人数(私・父・兄・兄嫁)で気まずかろうと思い、なっちゃんがメールでさらっと招待したら、「僕も会いたい」と返信が来たようです。
あっさりと決まった途端、
「まさかOKするとは思わなかったよ。お母さんに対してどういう態度を取るのかすっごく興味があるわ」と、
ワクワクするなっちゃん。
当日朝、「ゴメン、熱が出た」とのメールに撃沈
39.1℃

父の開口一番は、「幼稚なのう」でした

会えるのを一番楽しみにしていたのかもしれません。

新幹線乗り場まで見送りに来てくれたなっちゃんへ、
「次に会うときまでによう体を鍛えておくように言うとけ」と次のメッセージを残しました

メッセージNo.1 メッセージNo.2

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲