宮島

  • April 17, 2011

鳥居「お花見に行こう」と主人が誘うので、土師ダムかと思えば、「宮島に行こう」と
ここだって桜は散っているから宮島はもう遅いしネット情報でも「散り始め」と言うのに、水曜日のめざましテレビで紹介されて満開だったと言い張ります。
まぁ、花見もだけど弥山に登るのが目的だと思われるので行くことになりました

五重塔満開の桜曇り空と地震の影響か人出は少なく、めざましテレビで紹介された割には閑散としていました。
こんなに人がいない宮島は初めてです

ほとんど終わっていた桜の中でここの桜は満開

帰る頃にはお天気も良くなり、人もそれなりに増えてきました。



穴子重桜のわらびもちまずは岩惣で腹ごしらえ

こちらの穴子重は絶品

デザートは季節感たっぷりのわらびもちを挟んだ桜の最中でした。


桜が散っています新緑桜は散っていて、モミジの新緑が目に眩しいです


紅葉谷コース弥山登山ルートいつも紅葉谷から登るのですが、途中の立て看板に別のルートがあることが記されていたので、帰りは別ルートにすることにしました。
どちらも1時間半位のコースらしいです。
私達は主人の運動の為に登っているので、途中殆ど休ませては貰えないし、「ぜえぜえ」言う私の前で振り返っては無駄に飛び跳ねている主人、私を置いて先に行けばいいのに、それは寂しいらしいです。そんななので、1時間位で登るし、下りはもっと早いようです


弥山山頂の1本が満開展望台から頂上に1本満開の桜がありました

鹿と一緒にお花見です。


帰りは大聖院コースにしました。

土砂崩れ平成17年台風14号で流出砂防ダム


案内板に「白糸の滝」と書かれているが、どれが?潮が引いていき、人が歩き始めます2個目の砂防ダムと遊歩道


大聖院コース平成17年の土石流の後に修復されたらしいすごく立派な歩道ができていました。
ここまでの必要があるのかって位の立派な砂防ダムが2箇所あり、こんなにお金を掛けて3ルート維持する意味があるのかと疑問でしたが、下りて納得、そこには大聖院がありました。
なるほど、これを守る為に砂防ダムは必要ですね。

大聖院その大聖院に参拝してきました。
前日の火渡り神事は賑わったようですが、それでも例年の人出はなかったそうです。

こんなに外国人を見ない宮島も覚えがありません



厳島神社(裏から)千畳閣潮干狩りをする人々

潮が引いた辺りには人が出てきて、潮干狩りが始まっていました。
お天気も良くなってきたので楽しそうでした。

満開の桜標高535mの弥山頂上を後にして・・・道具もないし、そこまでの元気もないので、そのまま帰りました。

宮島も色んな楽しみ方ができるし、8月には水族館がリニューアルオープンするようなので、足を運ばれたら如何でしょうか?
(って、観光特使でもなんでもありません


この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲