第235回 芦沢央 『許されようとは思いません』

_AC_SY400_

内容

「これでおまえも一人前だな」入社三年目の夏、常に最下位だった営業成績を大きく上げた修哉。上司にも褒められ、誇らしい気持ちに。だが売上伝票を見返して全身が強張る。本来の注文の11倍もの誤受注をしていた―。躍進中の子役とその祖母、凄惨な運命を作品に刻む画家、姉の逮捕に混乱する主婦、祖母の納骨のため寒村を訪れた青年。人の心に潜む闇を巧緻なミステリーに昇華させた5編。




5つの短編が収められていて、どれも粒揃いの作品集です。

どんでん返しのストーリーも面白いですが、
文章が丁寧で明快なので非常に読みやすく、多くの人に指示されるのがよく分かる内容でした。


『目撃者はいなかった』
誰もがあり得る話で、
主人公が仕事のミスの隠蔽をすることでどんどん追い詰められてしまう内容。
身近なテーマなだけあって、臨場感があり、最後は自分自身にナイフを突きつけられるような緊張感ある内容で良かった。

『ありがとう、ばあば』
サイコパスの生成方法を見せられた。
どんどんばあばがエスカレートしていき、
最後にどんでん返しされる緊迫感が良い。

『絵の中の男』
悲劇の画家が描いた呪いの絵画、
作品の雰囲気は横溝正史のようやどろっとしたものがあり、1番好きです。
ラストも◎

『姉のように』
読者を欺く方向が意外と新鮮かな?と思いました。
どんでん返しもそうですが、子育てに追いこまれて、悲劇を起こす描写が流石です。

『許されようとは思いません』
表題作。謎解きどんでん返しでありながら、爽やかなラストの怪談でもある。
限られたページ数にいろんな要素が散りばめられていて、才能溢れる作品です。