第255回『Ank : a  mirroring ape 』

_AC_SY400_



内容
二〇二六年、京都で大暴動が起きる。京都暴動―人種国籍を超えて目の前の他人を襲う悪夢。原因はウイルス、化学物質、テロでもなく、一頭のチンパンジーだった。未知の災厄に立ち向かう霊長類研究者・鈴木望が見た真実とは…。吉川英治文学新人賞・大藪春彦賞、ダブル受賞の超弩級エンタメ小説!



まとめると、

「チンパンジーが叫ぶと、それを聞いた人間達が殺し合いを始める」

という一歩間違えればトンデモSFなストーリーですが、

それを巧みな構成と、知識、描写で傑作に仕上げる力はさすがです。


いくつかの視点で語られながら、

人類同士が殺し合う大惨事、
『京都暴動』までのカウントダウンが語られる。

そして、人類を救い、原因を突き止めるラストまで一気に駆け抜けます。


AI、進化論、など、しっかりとした知識に裏打ちされたストーリーになっているので、
迫真のリアリティに圧倒されること間違いなし。

乱歩賞受賞作『QJKJQ』とは結構雰囲気が違いますが、おすすめです。