第241回 長岡弘樹 『白衣の嘘』

_AC_SY400_

内容

苦手な縫合の練習のため、シミュレーターに向かう内科医の副島。彼が担当した女性患者はある秘密を抱えていた(「最後の良薬」)。バレーボール日本代表の彩夏と、医者である姉の多佳子。2人は実家に向かう途中でトンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。運転席に閉じ込められた妹に対して多佳子がとった意外な行動とは(「涙の成分比」)。医療の現場を舞台に描き出す、鮮やかな謎と予想外の結末。名手による傑作ミステリ集。



作品のほとんどが短編である著者の病院ミステリー。
もちろんこちらも6つの短編が収められた作品です。

シリーズものでなく、ほとんどの作品が短編というミステリー小説家も珍しいんだとか。


それぞれの短編はひとつひとつ完結していますが、
しいていうならタイトルの『白衣の嘘』というのが共通しているかなと思います。
表題作は無いので全てに通じるイメージなのかなと。


予想外の結末という触れ込みで、
もちろん、どんでん返し系ミステリーではあるんですが、

ひっくり返る衝撃というよりは、
結末の鮮やかさ、オシャレさが際立ってるなという感じ。


特に最後の一行の着地は綺麗。
読者への感謝の一文のように、スッと話を終わらせながらも余韻も出てる。スゴい。

完璧な演技をした体操選手を見てるよう。
選手が綺麗に着地して、それを見た観客が瞬間に歓声をあげる感じ。



あとは、割りと感動系というか心温まる系の物語なんですが、
そういうストーリーにありがちな善意の押し付けがましさがなくて、
控えめなところもお気に入りです。

個人的には『涙の成分比』好きです。


医療ミステリーといっても、専門的なことは殆どないし読みやすいので、
読書初心者はこういう話から入ったら好きになるだろうなとも思うし、

本の虫みたいな人も逆に好きになるような気もする良い本。