12日午前8時20分ごろ、羽田発ソウル・金浦行き全日空1291便の副操縦士(40)が、羽田空港の乗員室に操縦免許を置き忘れたまま搭乗し、同空港を出発した。
 飛行中、羽田空港の同社関係者が置き忘れに気付き、共同運航している後続のアシアナ航空便で操縦免許を金浦空港に届けたが、その後この副操縦士が乗務する予定だった金浦-羽田便の出発が約4時間半遅れるなど、3便に遅れが出る見通し。
 全日空が詳しい事情を調べている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
全日空、3月の貨物サーチャージを引き上げ
航空機座席の検査記録ねつ造=世界32社で使用
強風、大雪に警戒呼び掛け=北・東日本で冬型続く

野党揺さぶり、国会証言要求や予算審議に言及(読売新聞)
死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減-「大したことない」と逃走増加・警察庁(時事通信)
神栖市職員ら4人を逮捕=競売入札妨害で-茨城県警(時事通信)
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売(産経新聞)
「総裁の名は捨てろ」堀内氏が自民批判寄稿(読売新聞)