大学の学部生(昼間部)が2008年11月までの1年間で支出した生活費が約67万6300円だったことが、独立行政法人日本学生支援機構の08年度学生生活調査で18日、分かった。不況が本格化する中、ピークだった00年度よりも27.8%減少した。
 収入ではアルバイト代が8年ぶりに増えて約35万8300円になった。不況が本格化する中、生活費は節約し、アルバイトや奨学金に頼る学生の暮らしぶりがうかがえた。
 調査は1968年度から隔年で実施。今回は国公私立の短大生、大学学部・院生の計4万1222人から回答を得た。
 学部生の収入では、アルバイト代が2年前の前回調査より6.5%増。奨学金も12.1%増の約33万6700円となった。仕送りなど「家庭からの給付」は3.1%減の約144万9400円だった。
 支出では生活費が6.6%減の約67万6300円となった。内訳を見ると住居・光熱費の11.6%減、食費の7.4%減が目立った。安上がりで済む自宅からの通学者が2.6ポイント増えて54.1%となったことも影響した。
 授業料などの学費は1.0%増の約118万3000円で過去最高を更新した。 

【関連ニュース】
留学生、最多の13万人=6割は中国人
奨学金滞納拡大の恐れ=学生支援機構、連絡取れず

<鳩山首相>「弟は弟」連携を否定 邦夫氏、離党で(毎日新聞)
大阪城公園の陥没事故 割れた排水管発見(産経新聞)
海岸に女性遺体、切断か=捜査本部設置-福岡県警(時事通信)
<車衝突>2人けが パトカー追跡 群馬(毎日新聞)
<普天間移設>「あくまで国外」 社民6都道県連、党本部に(毎日新聞)