TBS系で3月まで放送されたドラマ「特上カバチ!! 」で、行政書士が示談交渉を行っていたのは弁護士法違反に当たるとして、大阪弁護士会がTBSに抗議文書を送っていたことが9日、分かった。同弁護士会は「行政書士の仕事を誤解する可能性がある」として、DVD販売や再放送の自粛を求めている。
 ドラマは人気グループ「嵐」の桜井翔さんらが出演し、今年1月から放送。行政書士の補助者が法律家として成長する姿を描いた。同弁護士会は「ドラマでは毎回、行政書士が法律で認められていない示談交渉を行っていた。依頼主が誤解しないようにしてほしい」と主張している。
 TBSテレビ広報部は「行政書士と弁護士を混同しないように制作した。番組ホームページでは行政書士の仕事内容を紹介しており、誤解は与えないはずだ」としている。 

【関連ニュース】
アヴァンスを非弁活動で告発=無資格職員が債務交渉か
弁護士資格なく会社整理=容疑でコンサル会社捜索
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し
弁護士法違反で柔道整復師逮捕=無資格で示談交渉
100万円「事務所運営費に使用」=受領認め「謝礼」否認

<訃報>松谷浩一さん76歳=元ユニチカ専務(毎日新聞)
給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相-公務員法案、実質審議入り(時事通信)
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)
元社保庁職員無罪に検察上告=機関紙配布の国家公務員法違反(時事通信)
平沼新党、ネーミングは「たちあがれ日本」(読売新聞)