菅財務相の財政演説に対する各党代表質問が20日午前、参院本会議でも始まった。

 鳩山首相は、小沢民主党幹事長の資金管理団体の土地取引を巡る事件で、小沢氏に「闘って下さい」と述べた問題について、「政権交代を成し遂げた同志であり、潔白の決意表明を了とした。検察への圧力の意図は全くない」と改めて釈明した。

 自らの偽装献金事件に関しては「私腹を肥やしたり、不正利得に手を染めたことはない」と述べ、そのうえで、「政権交代への国民の期待に応えることが私の使命だ」と強調した。

 自民党の尾辻秀久氏の質問に答えた。

 尾辻氏は偽装献金事件に関して、「天に恥じるところがあるなら即刻辞職すべきだ」と述べ、事件を「決着済み」とする首相の責任をただした。

 20日は引き続き、民主党の藤原正司氏、公明党の松あきら氏が質問。民主党は衆院で政府・与党の一体化を理由に代表質問を見送ったが、独自性を重視する参院では質問に立った。

 国会は同日午後、衆院予算委員会が開かれ、2009年度第2次補正予算案の審議に入る見通し。

「年収制限撤廃と数次ビザ」中国人外国客誘致でビザ緩和策(産経新聞)
日米外相会談 普天間めぐり平行線 同盟深化協議は開始へ(産経新聞)
名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)
<寒気>東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
首相動静(1月17日)(時事通信)