新型インフルエンザの予防接種のあり方を検討する厚生労働省厚生科学審議会の予防接種部会が27日開かれ、予防接種法が定める臨時接種の類型に、弱毒性ウイルスに応じた「2類」を創設することで合意した。
 現行の臨時接種は、致死率の高い強毒性新型インフルエンザや天然痘ウイルスを想定。社会経済機能の停滞防止を目的とし、定期接種の「1類」に準じて接種には努力義務が設けられている。弱毒性インフルエンザにはふさわしくなく、新たな枠組みが求められていた。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策
インフルワクチン製造で子会社設立=強毒向け、12年から販売-IHI
訪日外国人、過去2番目の減少=景気後退など響く

裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)
<オードリー>春日さんが骨折 TBSの番組収録中(毎日新聞)
普天間移設、現行案で決着も=岡田外相(時事通信)
創価学会の池田名誉会長が平和提言(産経新聞)
「ミスさっぽろ・雪の女王」に清沢、菅野さん(読売新聞)