小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、元私設秘書池田光智容疑者(32)が「小沢先生へ 畳の部屋」と、2007年に小沢氏宅へ4億円を運んだ状況を記した手帳を、東京地検特捜部が押収していたことが22日、関係者の話で分かった。
 池田容疑者は、この4億円を陸山会の口座から引き出したのに、同会の収支報告書に記載しなかったことを認めているが、小沢氏の関与は否定。特捜部は23日に行われる事情聴取で、虚偽記載についての小沢氏の認識をただすとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

補助金2年間ゼロに=第一藍野学院の虚偽申請-私学事業団(時事通信)
「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める-大阪高裁(時事通信)
ハイチに陸自部隊を派遣、復旧活動に参加(読売新聞)
長期化で裁判員裁判審理は困難 替え玉殺人中国人妻に無期(産経新聞)
施政方針演説概要「人間のための経済」へ転換(読売新聞)