大阪府は28日、結核感染の有無を調べる血液検査(QFT検査)で、適切な検査器具を使わなかったため、約2200人の検査結果に誤りが生じた可能性があると発表した。実際には感染している人が陰性と判定された可能性があり、府保健所は今後、約2200人の健康状態を調査して再度レントゲン検査などを行う。
 府健康医療部によると、府保健所はQFT検査を始めた2006年以降、本来使用すべき検査器具以外の器具を使って約5600人の検査を実施。09年10月に外部の医療機関から「検査結果がおかしい」と指摘を受け、改めてデータを確認した結果、約2200人の検査結果に誤りが生じた可能性があることが分かった。 

【関連ニュース】
新型インフル疑い患者が死亡=呼吸器疾患の90代男性

<秋葉原殺傷>「事実明かし償う」加藤被告表情硬く(毎日新聞)
元教員側が逆転敗訴=日の丸・君が代訴訟-東京高裁(時事通信)
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)
悔い無き最期、迎えるために 求められる「死の予習」(産経新聞)
日航のハイチ支援 ツイッター後押し(産経新聞)